独自コンテンツの作り方!メルマガで初心者でも稼げる秘密

独自コンテンツというのも、人の商品をアフィリエイトするのと違って企画してコンテンツ作成して販売、セールスまで全てを行う必要がありますが、販売価格=売上になるのが大きなメリットになります。

アフィリエイトだとしても報酬は販売価格の30%〜50%くらいが多いので、1万円の商品でも報酬5000円程度では微妙と感じちゃいます。

特にメルマガでのセールスを経験すると分かりますがセールスの部分はアフィリエイト商品よりも独自コンテンツの方が成約率も高くすることができますし、商品の価値などに左右されません。

その理油として自分のメルマガ読者さんの属性にあった独自コンテンツをピンポイントに作れるわけなので、コンセプトからマッチすることができるので興味関心も高いということです。

皆が独自コンテンツを販売した方が稼げるという認識を持っているが「作り方」や「販売方法」が分からないから独自コンテンツに踏み出せない人も多いはずです。

そこで、この記事では独自コンテンツの作り方と初心者でも稼ぎだすための方法について解説していきます。

 

独自コンテンツの作り方と初心者でも稼ぎだす方法

独自コンテンツ販売を私は中心い今流行っていますが、メルマガを始めた頃は特に情報商材のアフィリエイトばかりしていたんですね。

(特に情報商材の場合は物販と比べて報酬単価が高く確定率もほぼ100%と言うメリットがあるので、特にメルマガなどの初期の頃は情報商材のアフィリエイトがオススメです。)

なぜそこから独自コンテンツを作って販売するようになったかというと、単純に売上の問題になります。

結局アフィリエイトだと報酬金額と販売価格との差があるので読者さんにとったら高い費用を払うことになって報酬が約半分ならWinWinな関係性ではないと感じたんですよね。

例えば、同じレベルのコンテンツなら下記の考えができます。

【情報商材のアフィリエイト】

販売価格:29,800円 アフィリエイト報酬:15,000円

【独自コンテンツの場合】

販売価格:19,800円 売上:19,800円

 

仮に紹介する案件があり同じくらいのレベルのコンテンツであれば、読者さんは安く情報やノウハウを手に入れられるわけなので、読者さんと自分にとってもメリットが大きいのが独自コンテンツということになりますよね。

情報商材のアフィリエイトして儲かるのは基本的には販売者です。

それにコンセプトも読者さんとマッチするものも少なく最近の傾向としても新しい商材も販売する人が少なく、独自コンテンツ販売に切り替えている人が増えている印象なんです。

またインフォトップなどのASPに情報商材を掲載すればコンテンツの価値は日に日に下がっていきます。

なぜなら情報やノウハウは新しいものほど価値が高いと感じてしまうので、販売開始日とかわかってしまい価値が下がってしまうデメリットも存在するこということです。

このような理由から私は独自コンテンツを作りメルマガ内で販売を続けているんです。

 

独自コンテンツの作り方

私がどのようにして独自コンテンツを作り販売しセールスを行っているのかを解説していきますが、いきなりコンテンツを作ればいいというわけではなく、重要なのはコンセプトになります。

変な話…コンテンツは購入してからしか内容はわからず、よくある「1クリックで100万円」などの高額プログラムも内容よりもコンセプトやセールスがうまいから成立しているんですよね。

あの手の高額プログラムは特に参加してみたけど内容がしょぼかったとかよくある話なので、2期や3期の募集をしないのも納得です。

私の独自コンテンツの作り方としては以下の5ステップになります。

①コンセプト設計

②LP作成(セールス手順)

③コンテンツ作成(動画や音声)

④購入者サイトの作成

⑤決済サービスの導入

 

①コンセプト設計

独自コンテンツの作り方の1つ目として誰に対してのコンテンツを作って販売するかというコンセプト設計になります。

仮にメルマガ読者さんの層として初心者の方が多いのであれば月に5~10万円稼ぐというコンセプトが思い浮かびますが、その層にあっていないコンテンツを作っても成約率はガクッと下がってしまいます。

なので、コンセプト設計の前に「メルマガ読者さんは何に悩んでいてどんな情報コンテンツが欲しいのか?」をリサーチするかして知っておく必要があります。

すでに知っているのであれば、悩みを解決できる求めている独自コンテンツを作って販売すればその時点で興味関心があるわけなので反応も高くなるわけです。

コンセプトとして稼ぐ系であれば、「〇〇ヶ月以内に〇〇万円」を目指すなどの目的をまず決めてあげるのがよくて、「それを達成するためには〇〇」というようなオファーになります。

「広告関連をやりたい人なのでブログ書きましょう」といっても反応が下がるだけなので目的と手法をマッチさせる必要があります。

手法というのも例えばPPCアフィリエイトで月に5万円を稼ぐのと30万円を稼ぐのでは同じ方法でやっていては無理なので、目的に応じた手法がありそれがコンセプトにも反映されるということです。

 

メルマガ読者さんは何に悩んでいてどんな情報コンテンツが欲しいのか?

まだ明確になっていないのであれば、先に確かめてから独自コンテンツを作った方が間違いなく売れます。

その方法としてアンケートをとってリアルな声を聞くのが一番の方法になりますので、メルマガ内で回答者にプレゼントなどつけてアンケートをやってみると明確になります。

読者層は変化していくので、定期的に行うと求めている情報などの日々の発信にも役立てることができます。

 

②LP作成(セールス手順)

コンセプトが出来上がったらLP作成と言うよりも、じゃあなんのコンテンツを作ればいいのかを考える必要があります。

コンセプトによって初心者向けであれば登録の仕方など細かく解説する必要もあれば中級者に向けた独自コンテンツなら、その辺りはコンテンツ化しなくてもいい場合があります。

なので、なんでもかんでもコンテンツ化する必要はなくコンセプト設計にあったコンテンツをまずリスト化しましょう。

そしてザックリでもいいので、LPを作成しておくと販売開始してからかなり楽になりますし、コンセプト設計が固まっていればLPもスラスラ書けるようになっているはずです。

 

また、セールス手順によってもLP作成が不要な場合があり、自分のメルマガだけで紹介するのであれば動画解説をしてその下に決済リンクでも良かったりします。

その場合、動画セールスが必須になりますが成約率も高くなりますしLP作成しなくてもいいことを考えるとかなり楽です。

(逆にアフィリエイトを目的として他の人にも紹介してもらうならLPは必須になりますので、作成しないといけません。)

なので、どのように独自コンテンツをセールスするかにもよりますし、メルマガ内のセールスでも何日間かけてどういう手順でセールスをしていくのかも考えておく必要があります。

参考:メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法

 

③コンテンツ作成(動画や音声)

どんなコンテンツを作るのかがリスト化できたら、コンテンツ作成の手順になります。

PDF、音声、動画というようにコンテンツにするにも種類はありますが、一番楽で作成しやすく満足度も高いのは動画になります。

なぜかというと、PDFはみるのも面倒くさいですし、作るのもいちいち写真を添付したり文字ベースで打たないといけないので時間がかなりかかるんですよね。

動画の場合であれば、画面収録をしながら実践しているところを解説しながら収録するだけで動画コンテンツになるので用意する手間もなく情報量も多く動画コンテンツの場合は可能です。

動画収録もMacならもともと入っている「Quick Time Player」でWindowsも最近おバージョンのPCであればデフォルトで収録する機能があり、なければフリーソフトで「画面収録」など調べればでてきます。

 

最初は動画を撮りながら解説していくのには、マインドブロックがかかると思いますが、何を話すかカンペみたいなものを用意するとか何回も撮り直しできるので実践して練習するべきです。

(私も最初の頃は何度も収録を撮り直していました。)

内容どうこうよりも、聞きやすい動画を意識して、特に早口になってしまうのでゆっくり話すことを意識するだけで動画の質としては上がっていきます。

(会社の後輩に仕事を教えるのと同じ感覚でやるといいです)

メルマガで動画マーケティングをして成約率をググッと上げる方法

 

④購入者サイトの作成

コンテンツまで完成できたら、購入者に対してどのように配信をするかになります。

購入者サイトを作るかメルマガ内で都度コンテンツを配布するかが今では主流になっていますが、見え方として一番いいのは購入者サイトを作ることです。

購入者サイトといってもドメインを取得して、ワードプレスを導入しパスワードをかけれるプラグインを入れればそれだけで購入者サイトとして機能することができます。

「購入者サイト ワードプレス」など検索すると手順が解説されていますので、購入者サイトを作る時になったら調べてみてください。

 

⑤決済サービスの導入

そして独自コンテンツの場合は、決済も自分で行わないといけないので決済サービスに登録して決済リンクを取得する必要があります。

厳しい決済サービスは審査があったりしますが、無料でもサクッとで決済サービスを利用するならPayPal(ペイパル)が一番です。

無料であっても数万円ほどの決済であれば利用することができますし、何よりPayPal(ペイパル)の場合振込申請を行えば、数日で最近では振り込まれるのがいい部分になります。

なので、広告を使って集客して独自コンテンツを販売して売上を引き出して広告費にするということも可能になるので、ビジネスを加速させることにもつながります。

PayPal(ペイパル)は多くの方が使っているので調べてみると登録から決済の手順まで書かれているので参考にしてみてください。

 

独自コンテンツで売上を数倍にするためには!?

では、独自コンテンツを導入できたとして、さらに売上アップを目指していきたいですよね。

メルマガの場合であれば読者数(集客)とセールス(成約率)の数字で成約数というのは決まってきちゃうので、簡単に改善できるのは成約率の部分になります。

コンテンツ以外にも特典コンテンツをさらにつけるとか独自コンテンツの内容をさらに増やしセールス部分を改善することで成約率はあげることができます。

読者数の集客の部分だと無料の媒体だと限りがあるので、費用対効果が合えば広告を使って集客することで売上アップにもつながりますが、広告運用経験がない方だと失敗するのでやめておいたほうがいいです。

じゃあ、その他に独自コンテンツでの売上をあげる方法を2つ紹介します。

①販売価格を上げる

②高額なプログラムを1つ作り上げる

 

①販売価格を上げる

出来上がった独自コンテンツの販売価格は安すぎてはいませんか?仮に相場以下であるのであれば、今よりも販売価格をあげることによって売上はだいぶ変わっています。

というのも数千円や1万円、2万円程度の価格帯であれば買う人は買いますし、販売価格が1.5倍になれば単純に全体の売上も変わってきますし、購入してくれる人はモチベーションの高い人です。

なのでそれで結果を出してくれれば、コンテンツの価値もあげることができるわけですよね。

安売りを独自コンテンツではしないで、適正な販売価格にすることが一番手っ取り早く売上をアップさせるには必要です。

 

②高額なプログラムを1つ作り上げる

独自コンテンツの販売をする中で、結局は「顧客単価をどれだけあげれるのか」が重要になってきます。

なので数万円のコンテンツをいくら販売しても集客数に応じて上限の売上も見えてきてしまいますよね。

それに独自コンテンツを作って販売セールスする手順は1万円のコンテンツでも10万円のコンテンツでも同じなので、同じ労力を使うのであれば1つでも高額なプログラムを作ることをオススメします。

バックエンドとしての販売でもいいですし、メルマガ読者さんの中には一番いいサービスを受けたい人も存在しますし、結果にコミットした内容であればそれだけの価値を見出せるということです。

 

まとめ

独自コンテンツの作り方を解説しましたが、コンテンツ作成より私はコンセプト設計で全てが決まると思っています。

そのためには誰をターゲットにした商品なのかを明確にする必要がありますし、セールス手順まで落とし込んでおくと全てがつながり一貫性が生まれてきます。

コンセプトと読者層がズレていても変われませんし、コンセプトがよくてもセールス方法で伝わらなければ欲しいとは思いません。

なので独自コンテンツだから稼げるのではなくて、マッチした商品を提供できるからアフィリエイトするよりも高い反応を取れますし、販売価格なども自由に設定できるメリットもあります。

「私にはまだ独自コンテンツを作るのは早い…」そう思うかもしれませんが、あなたの情報やノウハウを欲しい人はたくさんいるので、その人に向けて最高のコンテンツを提供してみてくださいね。

アフィリエイトのコンサルを行うための3つのポイント

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中