メルマガ解除できない3つの対策と発行者が必ず行う設定

メルマガ解除できない!
そんな経験あったりしませんか?

メルマガの配信解除は、
読者さんが解除する手段として
本来メールの本文に
記載する必要があります。

これがない場合、
読者さんが解除できなく
最悪迷惑メールとして報告
される事もあるので注意が必要。

逆に読者さんからしたら、
解除できないメルマガの場合
どうすればいいのか、

この記事で
メルマガの解除の方法と
発信者側の対策をお伝えします。

先日に下記のツイートをしました。

\メルマガが解除できない/ごく稀にメルマガの中に、解除URLが入っていない内容を見かけますが自分の首を締めているだけです。解除方法が分からずに迷惑メールに通報されたらメルマガが汚れてしまい到達率が下がってしまうなどかなりリスクがあるので、解除URLは必ず載せましょう!!

 

メルマガ解除できない時の対策

では、メルマガ解除できな場合、
どのようにして解除していいか
分からないですよね。

そこで読者さん側と、
発信者側での解除URLの設定などを
解説していきます。

読者さんが側としての3つの解除方法

自らメルマガ登録した場合、
もしくは迷惑メールフォルダなどに、
身に覚えのないメルマガが
届いている事も多いと思います。

大半のメルマガは、
メールの最後などに
解除URLが記載されていて、

クリックするだけのものや、
メールアドレスを入力して
解除できるものがあります。

その解除URLがない場合。

自らメルマガ解除する事は
残念ながらできないです。

そのような場合の
対象方法を3つご紹介します。

1.メルマガ配信者にメールして手動で解除してもらう

メルマガが届いたアドレスに返信して、
解除したい旨を伝える事によって、
メールを見ている発信者の方であれば
手動で解除してくれる事もあります。

意図的に解除URLを載せない人は、
その辺りのメールも見ないとかスルーして
対処にはなりませんが、

解除URLを載せ忘れていたなど、
不具合がある事も考えるので、
まずはメールを送ってみる事です。

少し手間ですが、
一番最適な解除の方法になります。

2.迷惑メールとして報告する

次にメール受信フォルダから、
迷惑メールとして報告する方法です。

gmailの場合だと下記のような報告します。

迷惑メール報告する事で、
今後は迷惑メールフォルダに
メールが届くようになりますし、

多くの報告がある事で、
システム上同じようなメールは
迷惑メールに届くようです。

メルマガ解除にはならないが、
迷惑メールフォルダに届き
普段目にしない事ができます。

3.受信をブロックする

迷惑メールを報告して、
迷惑メールフォルダに届いたら
画像のようにブロックができます。

迷惑メールフォルダも
整理していらないメルマガも
排除したい場合にはこの手順で
ブロックすれば届きません。

この方法もメルマガ解除ではなく、
自分のメールに届かないための
設定方法になるので、

理想は手動で解除してもらうよう、
メルマガ発行者に連絡する方法が
ベストな選択肢になります。

メルマガ解除しないと永遠と届く事も…

迷惑メールやブロックなど、
実質メルマガを
届かない設定ができますが、

仮に発行者が違うアドレスや、
別のメルマガで送ってきた場合は
受信フォルダに届きます。

中にはメールアドレスを、
仲間内で共有している人もいるようなので、
知らないメールが届くのは
それも理由の1つになります。

専用のアドレスを用意するのがベスト

そもそもメルマガ登録したり、
何かの登録でメールアドレスを
入力する時用のアドレスを
1つ持っているといいです。

大事な登録だけは、
メインのアドレスだけにすれば、

知らないメールも届かずに
大事なメールを見逃さないので
管理がしやすくなります。

デメリットとしては、
複数のアドレスでメール確認すると
時間的な手間がある事ですね。

発信者側は解除URLを必ず記載しましょう

逆にメルマガ発行者の場合は、
解除URLを必ずメール内に記載して
興味のない読者さんには
ドンドン解除してもらいましょう。

実はメルマガ解除される事は、
発行者側からして悪い事ではないです。

解除されるという事は、
・メールを開いてもらっている
・到達率が高いので目に止まる
という事ですよね。

その中でも興味ない人に
今後メールを送り続けても、
何かのセールスを行った段階で
買われる可能性が低いです。

なので、読んでくれている
濃い読者さんだけにメルマガを
届けていけばいいという事ですね。

到達率や迷惑メールフォルダに入りやすくなる

読者さん側の対象方法で、
「迷惑メールとして報告」
を紹介していきましたが、

メルマガ発行者側からしたら、
これを一番されちゃいけません。

この報告が溜まる事によって、
あなたのメルマガは迷惑メールと
システム上で判断されてしまい、

到達率が下がってしまったり、
迷惑メールフォルダに届くようになる
リスクがあるからなんです。

そうなってしまえば、
開封率やクリック率も下がるので、
登録したけどそもそも読まれない
メルマガになる可能性もあります。

そういう理由もあって、
解除URLを載せて
自ら解除してもらう事が
発行者として重要です。

なので、多くの発行者が、
メールの冒頭と最後に記載して
すぐに解除できるように
メールを構成しています。

逆に解除してもらうと、
読まれている、リンクをクリック
などポジティブ判定を受けるので
到達率なども上がってきます。

解除URLの記載方法

メールの冒頭と最後に
解除URLを載せておきましょう。

配信停止はこちら
⇒URL

 

のような感じで、
メールに記載すればよく
解除URLはメルマガスタンドによって
方法は変わってきます。

私が使用している
MyASP(マイスピー)では
「置き換え文字の挿入」
で解除URLを設定できます。

ワンクリック解除が
一番手間が少ないですが、
誤ってクリックされる可能性もあるので
2クリック解除が適切です。

このように解除URLを設定して、
興味のない読者さんには
ドンドン解除してもらいましょう。

メルマガを毎日発信するのは古い!メリットとデメリットを解説

まとめ

メルマガ解除できない
場合の対策として、

1.メルマガ配信者にメールして手動で解除してもらう
2.迷惑メールとして報告する
3.受信をブロックする

この3つの方法を紹介しましたが、
メルマガを完全に解除するには
発行者に手動でやってもらうしかないです。

悪質な発行者だと、
他の配信メルマガから送ったりと
永遠に届く場合もあるので、

専用のサブアドレスを用意して
使い分ける事をお勧めします。

また、発行者側からすれば、
「迷惑メールとして報告」
されるのが一番ダメです。

なのでメールの冒頭と最後に
必ず解除URLを載せておき
解除してもらうようにしましょう。

一般的なメルマガでは、
解除URLがないという事は
ほとんどないと思いますが、

仮にメルマガ解除できない場合、
参考にしてみてくださいね。

稼げないメルマガアフィリエイトの特徴と改善点

 

 

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中