メルマガの配信時間で読む習慣をつけさせる秘密

メルマガを発行していて、
一番最初に考えてしまうのが
「配信時間はどうすればいいのか?」
ということになります。

配信時間によっては、
見込み客が読んでくれなかったり、
開封率が下がってしまうこともあるので
メルマガでは注意が必要なんです。

でも「〇〇時が確実」ということもなく
あなたの読者層にライフスタイルから
配信時間を決定することをお勧めします。

メルマガの配信時間で左右されること

メルマガの配信時間が何時だからといって、
大きく影響されるのかというと、そうでもなく
結果的には内容(コンテンツ)の質が高ければ
何時であろうと読者さんは読みたいと感じてもらえます。

なので、読者さんの求める情報を届けること
をまずは意識として高めるのがメルマガで重要です。

メルマガの配信時間は読者層による

メルマガの配信時間を見たときに、
一概に何時がいいと言い切れることがなく
それは発行メルマガごとに読者層が違うからになります。

そのため最初に考えてもらいたいのは、
メルマガの読者層のライフスタイルを考えるということ。
(これから発行するならターゲット層の部分)

会社員の人が多いメルマガなのであれば、
日中は仕事で個人のメールをこまめにチェックする人は少なく
通勤時や自宅に帰ってからメールを開く
なんてことが想像つくと思います。

なので、19時やそれ以降の配信時間にすると
より読んでくれる可能性が高くなるということなんです。

読んで貰えるということは、
その人にとって個人のメールをチェックできる
時間にゆとりがある時ということなので、
読者層やターゲット層を思い受けべてみてください。

ビジネス系の読者層

仮にビジネス系の読者層であったら、
男性30代〜50代前後がメイン層になりますので、
多くの方は会社員の可能性が高いです。

なので、先ほども書いたような、
仕事終わりの時間帯に配信をするのか
朝の通勤時に読んでもらえるようにするのか
基本的にはこの2つの配信時間が効果的です。

主婦や学生の読者層

逆に会社員ではない読者層であれば、
朝や夜の時間帯よりも日中の方が
時間にゆとりがあると想像できると思います。

例えば主婦の場合であれば、
朝はバタバタしている人が多いですし、
午前中は家事やパートなどに行くかもしれません。

そこから一息ついて時間にゆとりがあるなら
夕方の15時〜18時程度などになります。

その時間にドラマの再放送であったり
テレビでよく放送されているのは
この時間帯に見られるからとも言われています。

メルマガ配信する曜日はどうなのか

配信時間を見ていきましたが、
ユーザーにとってメルマガの配信時間は変わってきます。
では配信する曜日によっての変化があるのか調べてみました。

火曜日の配信で開封率が上昇

海外のマーケティング会社によるデータだと、
一週間の中で火曜日が一番開封率が高い結果になっているようです。

ですが、平日だけで見た時には
その開封率のデータの差はごくわずかになっていて
休日になると減少する傾向にあるようです。

休日は外に出かけれいたりとか、
自分の時間がない人も多いので平日よりも
ゆっくりメールを見る時間がないということになります。

このデータから見ても、
週1回などの定期でメルマガ配信するなら
休日よりは平日に送った方が効果的といえます。

配信時間の固定で読む習慣をつけさせる

メルマガの配信時間といのは、
その読者層のライフスタイルに左右されるものでもあり、
それ以上に大切になってくるのが「読む習慣」になります。

例えば…

ドラマやバラエティを見てもわかる通りで、
毎週何曜日の何時からと決まっていますよね。

それによってこの時間に放送されているから
「先週も見たし今日もみようかな」
というように見る習慣をつけさせているんです。

また最近だとYouTubeの動画であっても
「毎日20時に動画公開していきます」
と言っているユーチューバーもいるんですが、
これも時間によって習慣をつけさているんです。

これによってメルマガも見る習慣をつけて
あなたにファンを作ることに繋がりますし、
商品のセールスやリピートにも影響していきます。

〇〇時に配信してくる〇〇さん

そのため毎日配信して毎日同じ配信時間で
メルマガを配信していくのが効果的です。
(*ステップメールを活用して)

それによって時間を超えてもになったら、
「メルマガのテクニックを公開してくれる
Aさんのメールが届いているから見てみよう」
と読者さんは思うようになるんです。

開封率も上がっていきますし、
信頼関係の構築にも繋がっていきます。

不定期な配信は認知されにくい

逆にバラバラな時間帯や曜日でのメルマガ配信は、
不定期なため習慣化されにくくなります。

その影響で毎回読んでくれるファンを失いますし、
大事な情報を伝えたいのに開封すらしてくれない
なんてことも実際にありますので、
習慣化つけるメルマガの配信時間を心かけてください。

メルマガ配信時間(私の場合)

そのようなことから、
私が発行しているビジネス系のメルマガでは
19時での配信を毎日行っています。

読者層からという考え方もありますが、
同ジャンルのメルマガ発行者がこの時間が多く
他の人のメルマガを読んでくれる時に
私のも開封してもらうという狙いもあります。

皆が配信しない時間帯に自分だけ遅れば
目立つことも可能ですが、
他のメルマガに便乗して見てもらうのであれば
私のように皆と同じ時間に配信するのも効果的ですよ。

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です