ノマドワーカーになる方法を現役のノマドが徹底伝授

ノマドワーカーになる方法をご存知ですか?

そもそも会社員のように1つの場所にとらわれない働き方をすることをノマドワーカーとも最近呼び、その背景にはネットで完結する仕事が増えてきたのも1つの原因になっています。

「旅をしながら自由に働くことができる」と考えただけでも素敵ですよね。

実際私も今(2018年10月現在)で約2年半はノマドワーカーとも言われる生活をしていて、好きな時に好きな場所に出かける自由な生活を送っています。

仕事は、ブログやアフィリエイトなどを中心にその経験やスキルを発信し、個別でのコンサルティングやコンテンツ販売など幅広くやっていますが、共通していえるのが「ネットがあれば場所を問わない」ということ。

仮にこれが在庫を持つビジネスや人にリアルで合うような仕事であれば、場所の自由な失われるのでノマドワーカーにはなることが残念ながらできないんですよね。

特別な才能があったからできたのか?

これも違います。私は以前は建築やデザインといった仕事や学校に通っていたので、パソコンスキル0の状態で経営やマーケティングなどの知識もない状態でした。

それなのに今となっては「ネット環境あればどこでも仕事ができる」と言っているんですから不思議ですよね。

で、この記事ではそんな私が考える「ノマドワーカーになる方法」をお伝えしていきます。

 

ノマドワーカーになる方法の鍵はPC1台で〇〇

ノマドワーカーになるために必要な条件として「どこでも働くことができる」ですよね。

なので、在庫やリアルに人と会ったり特定の場所に行かなければ働けないことをしていてはノマドワーカーには残念ながらなることができません。

「どこでも働くことができる」とは何か?考えてみるとPC1台で収益をあげるビジネスをする必要があるんです。

PC1台であればネット環境があればどこでも働くことができますし、最悪PCでなくでもスマホやタブレットだけ持っていれば大丈夫って場合もあります。

PC1台あれば可能なことは実は多いです。

  • ブログ運営して広告で収益をあげる
  • 記者やカメラマン
  • WEBで完結するコンサルティング
  • 記事を書き人に伝えるライター
  • デザイナーやプログラマー

など

ノマドワーカーってどんな仕事をしているのかというと、普段から目にするような仕事をしている人が多いですが、その違いとして会社に属せずにフリーランスとしてやっているかどうかなんですね。

なので、会社のように言われたことをやっていれば給料がもらえる環境ではなく、自分で仕事をとってきたりビジネスを作り上げていく必要がある大変さがあるのも事実です。

でも、今はクラウドソーシング(仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチする)のサービスが多くあるので、スキルがあれば個人で仕事を受注して稼ぐこともしやすい環境にあるんです。

ですが、ノマドワーカーにもメリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリット

「ノマドワーカーって自由な生活で好きな時に仕事をして楽で楽しそう!」というイメージを多くの方が持っていますが、残念ながら不安なデメリットの部分も実は多いんです。

ノマドワーカーのメリット

  • 好きな時に好きな場所で働くことができる
  • 休みなど自由に決めることができる
  • 場所を選ばないので働く環境が必要ない
  • ストレスフリーな毎日を送ることができる

一番のメリットとして、時間を自由に使うことができて好きな時に仕事をすることができることですよね。

私の場合だと過去にブラック企業で自宅に帰ってきて次の日の出勤まで自由な時間は8時間くらいしか睡眠も含めてなかったので時間の重要性をすごく感じているんですね。

それが24時間を自由に使えれば実質4倍近く、自分の好きなことをできるようになるので、1日の満足度や数年単位で考えた時に会社に縛られているのと比較しても大きなメリットになります。

その時間を海外旅行やのんびり国内旅行をするのもありですし、場所を選ばないので私も旅先に行ってもよく仕事していたりします。

ノマドワーカーのデメリット

  • 収入が安定しない
  • 将来的な不安が多い
  • モチベーションの維持が大変
  • 孤独になる

デメリットとして一番は収入の問題で、時間があって好きな場所で働けてもお金がなければどこにも行くことができないです。

会社員のように固定の給料がないので収入の波はもちろんありますし、固定費用の家賃や携帯代などはかかってくるわけなので、時間と収入のバランスをうまく取る必要があります。

またその影響もあって将来的な不安も抱えることになるので、周りの会社員との安定性で行くとやはりノマドワーカーは低いと感じます。

 

普段ノマドワーカーはどこで働いているのか

ノマドワーカーは普段から旅行して旅先で働いているかというと、ごくわずかな人だけになります。

私の場合だと普段は自宅で働くことも多いですが、日中に自宅だと集中できないという理由で外で働く習慣をつけています。

なので近くのスターバックスやドトールやマクドナルドなどに加えてコワーキングスペースに行って仕事をしていることもあります。

平日の昼間からいつもパソコンをカフェでカタカタしている人も多いので、普段は自宅を拠点にして近くのカフェなどで働くケースが多いです。

情報発信ビジネスで稼げない人の5つの特徴

 

今からノマドワーカーになるオススメの方法

ノマドワーカーのメリットやデメリットをみた中でも、ノマドライフも私もおくりたいという人も多いと思います。

そういう人に向けて現在会社員(PCのスキルなども一般レベル)の状況からノマドワーカーになる方法をお伝えします。

その一番目にやらなきゃいけないのは0→1を達成するということです。

 

①0→1を達成する

じゃあ「ノマドワーカーになるから会社を明日やめます」と行っても収益がないので会社員に戻ることになりますよね。

そうならないためにも会社員の時に収益を何かしらで発生させておく必要があります。

もちろんクラウドソーシングで仕事を受ける選択肢もありますが、本当の自由ではないですし人に雇われている感覚は変わらないため収益の限界もあり、ビジネスを作る方が長期的にみたら重要。

なので、アフィリエイトやブログ運営やライター業などなんでもいいので会社いいん以外の収益を数万円でも作ることをしてください。

仮に何かしらのスキル(プログラミングができる、コンサルティング業をやっていた)などがあれば0→1を達成しなくてもそのスキルを活用することができます。

次に何が必要なのかというと、人にその情報やスキルを伝えていくということ。

 

②自分の経験を人に伝えていく

0→1を達成した方法や今までの経験や特別なスキルがあれば、それを人に伝えていきましょう。

SNSやブログもそうですし、最近だとYouTubeも発信の媒体として強くYouTuberだって情報を伝えていくが本質的な部分になります。

なので日々の発信を継続にしていく必要があり続けていく先にはアクセスやフォローワー、再生数など、あなたの情報を求めている人が集まってきます。

例えば、アフィリエイトで1万円稼げたとしても多くの人は会社の給料以外に1万円を毎月欲しいかと聞いたらイエスと大半は答えると思いますし、その情報には価値があるということなんです。

③自分のスキルは有料で販売できる時代

自分の経験やスキルをみてくれるファンを集めることができたら、その情報にはとても価値があり求めているということですよね。

そこでノウハウや方法を書きまとめた情報を販売して行くんです(情報発信ビジネス)。

勘違いしちゃいけないのが、あなたの経験やスキルは価値があり、他の人はその情報をお金を出してでも手に入れて自分も同じように学んであなたにみたいになりたいと思っています。

なので、アフィリエイトで1万円しか稼いでいない人でも、その方法を5000円で販売して100万円以上稼いだことがあるという話も聞いたことがあります。

何せ情報は在庫がないので、一度作成してしまえばそれは永久的に販売することもできるということですよね。

また情報発信ビジネスで結果の出た方法を人に伝えて同じようにやっていけばいいんです。

 

④全てが自動で収益を稼げる仕組みを構築することも可能

人に情報を伝えていきファンを増やす(集客)そして情報を販売する(セールス)これは時間をかけて構築していけば全て自動ですることができます。

特にブログなどそうですが、一度記事を作成してしまえばアクセスが集まりますし、販売もメルマガLINE@のステップ機能を使えば自動配信でき、全てを構築すれば自動化につながるわけです。

 

ノマドワーカーになるには情報発信ビジネス

ノマドワーカーになる方法として特別のスキルのない会社員(昔の私)が、会社をやめてフリーランスとなるには情報発信ビジネスしかありません。

特に人に雇われることもせずに「自分の経験を知りたい人に届けていく」これが本質にあり、数年後もこの考え方は変わりません。

結局ノマドワーカーと言っても時間をかけないと収益にならない働き方だと本当の自由なライフスタイルは実現できなく、そのためには自動で収益を構築できることが長期的にみたら必要になってきます。

そのためには0→1をまずは達成してその方法をブログやSNSなど人に伝えてみてください。

私がノマドワーカーになった1つの方法なので、同じようにPCのスキルもなくても実現可能なビジネスモデルになるのでノマドワーカーになりたい人は今のうちから日々行動していくべきです。

情報発信ビジネスとは?王道の稼ぎ方はこれ

 

まとめ

収益と時間のバランスがうまくできないと、理想を描いているようなノマドワーカーになることはできません。

そのためには会社員や今後も目標としてノマドワーカーがあるなら、今のうちから収益をあげることをしていくべきなんですよね。

0→1を達成するには色々ありますが、結局は行動できるかどうかで、私もPCスキル0の状態でしたが学んで実践してを繰り返していることで実現することができています。

なので、「難しそう…」などで挫折していけはその先はないので、目標としてノマドライフを実現するために今の行動があるということを認識して日々の行動を変えていってみてくださいね。

そんな私はこの記事をスターバックスでコーヒーの飲みながら平日の昼間に書いています(笑)

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中