スモールキーワードのブログ記事でアクセス急増!?

スモールキーワードを選定してブログ記事を書くことによりアクセスアップを狙う事ができます。特にブログ設立して初期の頃というのはドメインが評価されていません。

なので、いくら質の高い記事を書いたとしてもビックキーワードでは競合が強いので上位表示する事ができないんですね。(ビックキーワードというのも副業やビジネスなど)

いくら頑張って記事を書いてもアクセス解析をみたら永遠と数人しかアクセスきていなかったら挫折するのも仕方ないので、そうならないためにもスモールキーワードを選定してブログ記事を書くことをお勧めします。

この記事ではスモールキーワードでブログ記事を書くメリットや探し方を解説していきます。先日以下のツイートをしました。

【ブログ初期はスモールキーワードから】 ブログの初期の頃はドメインも評価されていないですし、なかなか上位表示されない。だからこそ競合が弱いスモールキーワードを狙って記事を書いていくのがいいです😆ビックキーワード狙いだと、アクセスは伸びていかないのでチマチマ最強です。

スモールキーワードのブログ記事でアクセス急増!?

スモールキーワードを狙って記事を書くことにより、競合が弱ければすぐに上位表示することが可能になり、10アクセスでも10記事あれば100アクセスになり全体のアクセスにつながります。

同じ10アクセスでもビックキーワードを狙って書いた記事で、5ページ目くらいに表示されているのと、スモールキーワードで1ページ目に表示されているのでは天と地の差な訳です。

スモールキーワードとは!?

先ほどから「スモールキーワード」という表現を使っていますが、わからない人もいると思いますが、私の解釈としては以下のものになります。

・検索回数が少ないキーワード

・強い競合サイトが少ないキーワード

・具体的な内容で検索をするキーワード

ブログを書くときにキーワードをリサーチした上で、このような3つの部分をチェックしてスモールキーワードを見つける必要があります。

検索数に関してはGoogleキーワードプランナーを利用すれば、キーワードごとの検索ボリュームを出すことができ、有料のキーワードツールでも可能になります。

競合サイトが強いのかどうかは、Majesticというサイトを使って、競合のURLから被リンク数やドメインの運用暦などを見ることができますが、サイト全体の記事数や記事の質が高いかどうかも重要です。

またスモールキーワードになるので、調べるキーワードがより具体的で、そのニーズに解決できる記事を書く必要があります。

ビックキーワードは競合が多くて上位表示されない

そもそもビックキーワードでブログ記事を書いてしまうと、ドメインが評価されていない初期の頃だと、競合が多くて上位表示されません。

ビックキーワードの考えとしては下記のものになります。

・検索回数が多いキーワード

・強い競合サイトが多いキーワード

スモールキーワードの反対なので、上位表示されれば多くのアクセスが期待できる反面、ガチでSEOを学びサイト運営している人が多いので数年単位でかかる場合もあります。

当然ブログ初期では検索にすら引っかからなかったりするので、同じ文字数でブログ記事を書くのであればキーワードをリサーチしてスモールキーワードを狙っていく方が効率的です。

スモールキーワードでブログを書く理由

スモールキーワードでブログ記事を書く理由として、一番は上位表示されやすいのでアクセスを期待できることです。

また1つの記事ごとのアクセスが集まっていうことで、SEO的にも評価されやすく全体の記事の順位がグイグイ上がっていきますので、記事数とドメインが評価されればビックキーワードでも表示される可能性もあります。

サイト評価が上がると記事が上位表示されやすくなる

サイト評価されていくと全体の順位が上がっていくので、そのためにはスモールキーワードでまずは記事を増やしていく必要があります。

もちろんどのジャンルのブログかにもよりますが、最低でも100記事はまずは書くことを目標にやっていくのがいいです。

これもサイトが評価されてアクセスが集まっていく最低ラインだと複数のコンテンツでも言われていて、私の運営しているサイトでも同じような結果が出ています。

仮に1日1記事でも約3ヶ月程度で達成することができますし、外注化して記事を書いてもらうなどの手段もあるので狙ったスモールキーワードでまずは100記事書くべきです。

そうするとサイトが評価されて順位が上がりアクセスアッップにつながるので、LINE@やメルマガの登録率も増えますし、ブログは1つの資産ともなります。

メルマガを継続する3つの効果と方法

将来的にはビッグキーワードでの上位表示も可能

またサイトが評価されていけば、ビックキーワードでも上位表示される可能性が高いです。

私も昔からやっている1つのサイトで軸のキーワードから複合キーワードやスモールキーワードを狙って記事を書き進めていたら軸のビックキーワードで3位くらいまで上がったこともあります。

その理由はサイトが評価されたのと、軸のキーワードを関連するキーワードで記事を書いたことにより上位表示されたので、スモールキーワードだけまずは狙っていくのがオススメです。

スモールキーワードの探し方

ここまでの内容からビックキーワードで書いても上位表示されないからアクセスがこないことが理解できたと思います。

同じ記事を書くならスモールキーワードで狙った記事を書きサイトが評価されていくのを意識することです。では、どのように見つけていくのかを解説していきます。

サジェストキーワードを深掘りしていく

サジェストキーワードとは予測変換のことをさし、GoogleやYahooの検索窓からキーワードを入力して検索した時に表示されるものです。

例えば「情報発信」と検索した場合。

このように関連するキーワードが検索窓の下に表示されます。そして「情報発信 ブログ」を検索してみると、下記のように次は表示されます。

「情報発信 ブログ 書き方」「情報発信 ブログ 書き方」が表示されたので、仮にこの場合ならこの2つのキーワードがスモールキーワードになります。

なのでサジェストキーワードを使って掘り下げていくとキーワードを見つけることができます。

また、下記のようなサイトでもサジェストキーワードを取得することが可能です。サジェストキーワード一括DLツール

競合サイトからキーワードを抜き出す

次に競合サイトをリサーチしていき、どのようなキーワードで記事を書いているのかを調べてスモールキーワードを見つけるのもオススメです。

特に同じような方法でスモールキーワードからブログ記事を書いている人なら選定してブログ記事を書いていますし、それでアクセスが集まっているよなら自分も書くべきです。

なので狙っていくキーワードで上位表示されているサイトなど、サイトマップを見てどのような記事でキーワードを狙っているのかをリサーチしてみてください。

まとめ

同じ記事と文字数と時間をかけるのであれば、アクセスがあtまりサイトが評価された方がいいですよね。

なので、書きたい記事も大事ですが、スモールキーワードを選定して記事を書くことをオススメします。記事が増えれば評価されて全体の順位も上がりますので継続が重要ですね。

何より3ヶ月で90記事書けるのか10記事だけなのかなど、それだけでかなりの差が出てきますので、狙っていくキーワードを決めて記事数をまずは増やす努力をしましょう。

時間がなくて苦手なら外注化するのもありなので、どうすれば自分にあった方法で記事をかけるのかを考えてみてくださいね。

メルマガ始めたきっかけと挫折から成功したある方法

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中