ステップメールの書き方と高成約率の裏シナリオ

ステップメール書き方の参考例と全体図

ステップメール書き方をどうすればいいのか難しいですよね。
でも、ステップメールを構築することができれば、
教育から販売までを自動化することができるので
メルマガを本格的にやっていくには必要な機能である。

なので、この記事では、
ステップメールで高成約率を叩き出すための書き方を
1つの事例を参考に解説していきます。

読者集客から販売までの一貫性が大事

そもそもステップメールでメールを配信するためには、
集客ルートが必要になり販売する商品やサービスに
興味がある人を集客できているのかが大事になる。

転売に興味のある属性を集客しているのに、
メルマガ登録して自動配信されるのは
アフィリエイトのことだったら多くの方が響かないですよね。

なので、販売する商品やサービスを最初に決めて
そこからターゲット像を理解して集客することで、
ステップメールで自動で販売できる仕組みを構築できます。

メールの中身よりも全体図の構築を

確かに1つ1つのメールの中身も大事ですが、
ステップメールを活用して高成約率を出すには
1つのメールという考えよりも何通かのメールで
読者さんにセールスを行う必要があります。

なので販売するプロセスの中で、
全体図を理解して1つ1つのメールの役割を
考えてから書いていく方法がオススメです。

1つの転売に関しての電子書籍の販売だったら…

成約をゴールとした場合には、
電子書籍を買ってもらうことになります。

その場合の全体図としては…

・登録→ステップメール→購入
という流れの中で、
このステップメールでは何を伝えれば
購入してもらえると思いますか?

私が思い浮かんだのは、
・必要性を感じるかどうか
・価格以上の価値を伝えれるか
この2つだと思っています。

必要性を感じてもらえなければ
そもそも「必要じゃないよね」と言う判断で
商品の中身すらも見てくれません。
稼げないメルマガアフィリエイトの特徴と改善点

仮に今それが必要と感じれば、
その解決策としての選択肢として
この商品に興味を持つわけです。

興味を持ったはいいが、
価格以上に価値を感じなければ
「購入」という行動には移りません。

なので、商品をオファーする前に
価格以上の価値を理解させることで
オファーした時の反応がまるで違います。

・1万円の商品を5万円以上の価値で感じた
・5万円の商品を1万円の価値と感じた
これでは天と地の差が出るということですね。

必要性と価値を届けることを、
ステップメールで書いた場合には
どのようなメールを送ればいいのか
見ていきます。

登録時:ありがとうございます

登録時に送るメールの内容は、
まずは登録してくれた感謝の気持ちと
登録時のプレゼントの配布になります。

基本的には登録するメリットとして
特典などつけることが大事になるので
必ず登録特典はつけましょう。

・発行者の自己紹介
・このメルマガの目的

またメールを見る中で、
〇〇の人と読者さんに理解してもらう必要があり、
どんな人でどのような内容や情報を届けてくれるのか
を知ってもらう必要があります。

これは次の共感にも繋がる部分で
最初のメールで少しでも違うと感じれば
明日からのメールも見てくれないので
同じ立場や状況だったのが望ましいです。

「〇〇だった私が・・・」
のような体験談を書くようなイメージで、
「私は毎月1000万円を稼いで高級車に乗って…」
だと逆に引かれちゃうので要注意です。

あくまでも共感を得ることが大事です。

1日目:悩みの共感と解決策

あなた(読者さん)の悩みを一番理解している、
この人は私のことを分かっている存在だと
認識してもらう必要があります。

そのためには悩みの共感で、
「こんなことに悩んでいませんか?」
など先にピンポイントで投げかけてあげて
理解していることを伝えるのが効果的です。

でも悩みを共感していただけでは、
私と同じ人というの認識しかもたれないので
悩みに対する解決策を提示してください。

「もし転売で稼いでいきたいなら、
国内転売よりも輸入転売でカメラを扱うのがいいです」

のような具体性をもたせてあげると、
より信憑性として効果がありますし、
ここがオファーする商品との関連させます。

この1日目のステップメールでは、
「悩みの解決は〇〇がいいらしい」
と思ってくれればいいです。

2日目:具体的な解決策の提示

1日目のステップメールから、
「輸入転売でカメラを扱ってどう稼ぐのか」
ここが読者さんの知りたい情報なので
そこを書く前にさらに必要性を感じてもらいましょう。

そのためにメールで書くのが、
他の手法との比較をしてあげることです。

その理由というのも・・・

「国内転売よりも輸入転売でカメラを扱うのがいいのはなぜ!?」
という疑問が確実にあるわけなので、
いきなり解説をメールで初めても納得しないと
その先にいけない人がいます。

ようは「輸入転売でカメラを扱うの必要性」
を2日目のステップメールでは理解してもらい
「転売で稼ぐならこの方法で間違えない」
と確信に近づき必要性を感じてもらいましょう。

3日目:解決策のノウハウを公開

必要性を感じた場合には、
「その情報をもっと細かく知りたい」
と読者さんの気持ちは出てきます。

なのでノウハウなり情報を
メールや動画などの解説でもいいので
情報の価値を届けましょう。

ここで理想なのは無料以上の
価値のある情報やノウハウを伝えることで
これを見たり聞いたりした時に
「知っている」と感じるのが最悪なんです。

「私の知らない情報を教えてくれた
このメルマガの人はすごい人だから
これを実践したらもしかしたら・・・」

のように思ってくれるのが、
この3日目のステップメールで
ここで関係性として確立されます。

4日目:他社との比較

今回の場合で輸入のカメラ転売の、
土俵にあなたは入ったわけなので
次に読者さんの考えることは、
この市場での比較になります。

輸入のカメラ転売の必要性を感じ、
いざやろうと思った時には
誰しもその分野で一番人気の情報や
王道な商品を欲しがります。

なので他社商品との比較して
「他は〇〇だけど私の場合は・・・」
みたく私の商品を選ぶ理由をつけてあげることで
オファー時の反応も変わってきます。

5日目:付加価値をつける

他との比較をして、
サービスの内容や価格などに関して
価値を感じてもらった状態で
さらに価値をたかめるのが付加価値です。

サプライズの演出ですが、
魅力的な特典をつけることによって

「この価格でも特典があるからお得だし
他よりもこっちの商品の方がいいよね」
と選ぶ基準や行動にも変換されていきます。

これによって
価格以上の価値を感じてもらえるので
必要性と価格以上の価値をステップメールの中で
読者さんに感じてもらうことになります。

6日目:募集開始

その状態にステップメールで教育して、
肝心な商品の販売のスタートになります。

ここで重要になってくるのが、
限定性を出すために期限を設けてあげて
行動をさせる必要があります。

これがいつでも買える状態であれば、
「いつでも買えるからまた後で・・・」
と先伸ばしにされてしまうので
「今すぐに買う理由」をつけるわけです。

募集期間もそうですし、
初日限定の特典をつけるのもいいですし
何かしらの理由をつけてあげましょう。

基本的には募集初日と最終日が、
一番成約される日になりますので
そこは理解する必要があります。

ステップメールの書き方のまとめ

このようにステップメールでの全体図から
どんなメールを書いていき
必要性と価値を感じてもらえるのか
理解できたでしょうか?

なんとなくメールを書いていっても
そのメールでどう感じてもらえるのかを
発行者が理解しなければいけないですし
それが情報の価値というものです。

なので今回の例のような形で、
1つ1つのメールには意味があり
目的のゴールのために細分化された
メールを書いて送らなければいけません。

これを完成させることによって
ステップメールで自動化して販売やオファーをし
自動で稼げる仕組みの構築になりますので、
是非チャレンジしてみてくださいね!
実績がなくてもメルマガアフィリエイトで成功する理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です