アフィリエイト購入者特典は必要?コンテンツの作り方【4選】

アフィリエイトの購入者特典コンテンツを作ることによって、成約率を格段にあげることができます。

物販のアフィリエイトの場合は、特典コンテンツを配布することができず禁止されている行為になりますが、情報商材アフィリエイトの場合は違います。

情報商材のASPであるインフォトップでは特典コンテンツをアップロードして特典付きようのアフィリリンクを通じて購入してもらえれば、購入者が特典をダウンロードできる。

なので、情報商材のアフィリエイトや独自コンテンツの販売をするときなど購入者限定特典など作って付加価値をつけることができます。

特に情報商材の場合は、検索してみるとレビューサイトなどでてきたり特典が山ほど付いているページなども見つかり、購入者も今は「特典があるからこの人から買う」という傾向にあります。

そこで、この記事ではアフィリエイト購入者特典コンテンツの作り方に関してお伝えしていきます。

 

アフィリエイト購入者特典コンテンツの作り方

独自コンテンツや情報商材のアフィリエイに特典コンテンツを作って配布する場合であっても、ただ特典があれば良いというものではありません。

特典と言ってもコンテンツ同様に必要と感じて価値を感じてもらえないと「欲しい」に変わらないんですよね。

そのため紹介する商品を欲しいユーザーに反応が取れる特典コンテンツを作らないといけません。

特典コンテンツというのも、PDFや音声・動画などで作成したコンテンツや再配布権利があるものであれば他の方が作成したコンテンツも配布することができます。

配布する方法としては、データをそのまま配布するのもいいですし、記事にパスワードをかけてそのURLとパスワードを教えるでもいいです。

データをそのまま配布すると記事に埋め込んだりする作業がなくていいですが、コンテンツを独自サーバーにアップロードされて無断使用されてしまうケースもあります。

逆に記事にパスワードをかける分にはパスワードを定期的に変更するなどで、無断使用などを避けることができるようになります。

まあ変更後のパスワードもリークされてしまえば結果は同じなので完璧に無断使用などを阻止するのは少し難しいという感じです。

で、その反応の取れる特典コンテンツとして内容が以下の4つになります。

  1. 紹介するコンテンツを補う特典
  2. +αの実践的なノウハウなど
  3. 個別でのサポートなど(権利)
  4. 再配布権利が可能なコンテンツ

 

紹介するコンテンツを補う特典

独自コンテンツを作成してメルマガやブログで紹介する際には、商品を補うコンテンツというのはないと思いますが、情報商材のアフィリエイトをする場合であれば少なからず欠点もあるはずです。

例えば、「メルマガのセールスに関しては書かれているけど集客に関してはあまり触れられていない商材」など。

この場合であればメルマガのセールスは学ぶことはできるけど、「どうやって集客すればいいのか?」という部分が不明確になってしまっているので、当然購入者が欲しいコンテンツの1つになります。

なので、メインのコンテンツの他にも「これもあったほうがうまくいく!、結果の出る可能性が1%でも高くなる」などの意味も込めて特典コンテンツを作ってあげるのがベストです。

コンテンツの他にも例えば、「ワードプレスのテーマにSEO対策の方法に関してのコンテンツ」など、テーマに加えてノウハウもつけることによって、1つの商材を購入するだけで実践できるというメリットも生まれてきます。

参考:独自コンテンツの作り方!メルマガで初心者でも稼げる秘密

 

+αの実践的なノウハウなど

メインのコンテンツの弱点となる部分を補うための特典コンテンツではなくて、「そのメインのコンテンツに加えて実践的にどのように活用すればうまくいくのか」を特典として作っていく方法になります。

この場合であれば、実演している動画コンテンツや戦略などのノウハウ系のコンテンツを作成するのが特典として向いていて、購入するユーザーからすれば結果の出る実践的な方法を学ぶことができるメリットがあります。

特に情報商材のアフィリエイトなど行うと問題なのが、「その基礎をどう実践に落とし込んでいくか」になります。

特にこれから何かを新しく始めようと思っている人にとったらマニュアルよりも実演しているほうがわかりやすい場合も多いので、メインのコンテンツに加えて+αの実践的なノウハウとなる特典もおすすめになります。

 

個別でのサポートなど(権利)

独自コンテンツでも情報商材のアフィリエイトの特典でも活用できるのが、個別でのサポートや権利に関してです。

先に説明した2つに関しては特典コンテンツとして実践的なノウハウなどを作る必要がありますが、サポートや権利は違います。

例えば、情報商材のアフィリエイトでサポートがなければメールサポートなどあたなが変わりに質問できる環境を作ってあげるのもいいですし、30分のコンサル権利などもありです。

コンテンツよりもあなた自身に対しての価値がサポートや権利では必要で、自分の時間を使う変わりにコンテンツなど作成しなくていいメリットもあります。

もちろんサポートやコンサルなどやったことがないし苦手と思うかもしれませんが、あなたが得意なことで実践している商品などの特典であれば購入する人の大半はあなたよりもできていない人が多いです。

月に1万円稼げている人が100万円稼いでいる人に教えるのは無理でも、「これから1万円を稼げるようになりたい」という人たちであれば自分が経験したことなどがコンテンツ化できるということになります。

最近ではサポートなどもついていない情報商材なども多いので、個別でのサポートをつけるだけでも反応がググッと変わってきます。

 

再配布権利が可能なコンテンツ

今まで解説してきた特典コンテンツは自分で作ることが必須でしたが、一番楽に特典を作るのは「再配布権利のあるコンテンツ」を手に入れることになります。

情報商材のASP、インフォトップにも再配布権利付の商材が販売されていたり、もしくは無料レポートスタンドのメルぞうで「再配布権利」と検索してみてもレポートが手に入ります。

特典の価値や求めている情報とは違うので自分で作成したコンテンツがベストですが、特典数を増やすという意味ではありです。

 

どのように購入者特典を作るのか

特典コンテンツの形式としては一般的にはPDF・音声・動画の3つがありますが、質も高く作成しやすいのは動画コンテンツになります。

パワポなど作って収録しながら解説するのもいいですが、作成する手間もあるので、実演形式で自分がやっているところを動画収録しながら解説するのが一番手間もかからずに質の高いコンテンツを作成できます。

動画収録の仕方はMacならQuickTimePlayerのアプリを使うことでできますし、Windowsの場合もフリーのソフトで収録できるものがあるので収録してYouTubeやVimeoなどの動画サービスにアップして提供する形になります。

YouTubeやVimeoなどの動画サービスに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

参考:YouTubeとVimeoを徹底検証!動画提供に優れているのは

 

1つの企画として成立させるオファーをする

そして購入者特典を作る時には何を作るかよりも紹介するメインのコンテンツを含めて1つの企画として考えてあげる必要があります。

「誰をターゲットにして目標として何を達成するか」というポイントが明確になっていないと、購入者特典の内容も大きく変わっていきます。

だって、100万円を目指しているのに「毎月1万円を稼ぐ方法」が特典としてあってもユーザーには刺さらないので、特典コンテンツもマッチする必要があるということなんですね。

なので、「3ヶ月以内に10万円を稼ぐ」が目標ならメインのコンテンツの他にも達成するために必要なコンテンツを提供してあげた方が目標達成できる確率が上がっていきます。

自分が10万円稼ぐまでに実践した内容や、ノウハウ、戦略などがあるとより再現性も高いですし、ユーザーにもマッチし購入後にその目標を達成できたら尚満足度も高くなりリピートにもつながります。

特典コンテンツをとりあえず用意するだけじゃ意味がなく、紹介するコンテンツ+特典コンテンツで1つの企画として成立するレベルまで作り上げるのが成約率をあげるために大きな鍵になります。

参考:メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中