LINE公式アカウント

LINEで「ブロック」と「非表示」を使い分けていますか?初心者向けに解説!

ビジネスやプライベート問わず、
LINEをしていると…

■「このアカウント、
ブロックしたいな〜」

■「ん?この非表示って何?」

と思うケースもあると思います。

感覚的な話になりますが、
「ブロック」は簡単に
想像出来る人は多いと思います。

ですが、
「非表示」って、
「これだ!」と明確なイメージが
出来ませんからね。

それか、
LINEの使用歴が長い人であれば、
ブロックしたい相手がいた場合、
「ブロックするのか?」
「非表示でもいいのか?」
迷うケースもあると思います。

そこで、当記事では、
LINEの「ブロック」と「非表示」
の違いについて詳しくご紹介しますので、
参考にしてみて下さいね。

LINEの「ブロック」
「非表示」はどう違う?
自分と相手の見え方は?

相手とLINEをもうやりとりしたくない、
相手のメッセージを見たくない
という場合がありますよね。

その際に、
ブロックと非表示がどう違うのか?
が気になります。

LINEのブロックと非表示の違いですが、
ブロックは、
友達自体をブロックしてしまいますので、
メッセージのやり取りも
一切しないようにする方法です。

非表示は、その名の通り
「友だちリスト」や「トークリスト」で
その相手を非表示にする方法となります。

ブロックと非表示は
意味合いが異なりますので、
実際に自分と相手で
どのような画面になるのか
などを知っておいた方が良いですね。

それでは、
ブロックと非表示で相互にどうなるのか?
を詳しくご紹介しますので、
見ていきませんか。

・ブロックを
自分がした場合はどうなる?

まず、
ブロックを自分がした場合ですが、
相手が「友だちリスト」や
「トークリスト」から消えるだけでなく、
メッセージのやり取りができなくなります。

スタンプなども送れなくなります。

ただし、
グループLINEについては、
そこに相手が入っている場合は可能ですので
知っておきましょう。

実際にブロックした相手から
メッセージが送られてきた場合ですが、
ブロックしていると
自分には表示されず届きません。

1対1のトークルームで
一切やり取りをしたくない場合は
ブロックをすることで
相手のメッセージを見なくて済みます。

更に、トークができない状態になります。

・ブロックをされた
相手はどうなる?

実際にブロックされた相手はどうなるか?
ですが、
ブロックされたという通知は、
相手には届きませんので心配いりません。

ただ、
相手がメッセージを送ったのに
いつまでも既読が付かないことで、
やがて気付くようになるでしょう。

何回電話をしても
繋がらない状態となってわかります。

タイムラインの
その友達の投稿も消えてしまうので
気付かれてしまう可能性はあります。

・非表示に自分がした場合は?

次にLINEで自分が
非表示にした場合にどうなるか?
ですが、

「友だちリスト」や
「トークリスト」から

その相手のものが非表示になり、
全部消えます。

タイムラインの
相手の表示も見えなくなります。

非表示にした相手との
メッセージのやり取りについては、
相手が送信してくれば
またトークルームに
メッセージが普通に届くようになります。

・非表示にされた
相手はどうなる?

非表示にされた相手がどうなるか?
ですが、
相手には何も通知が届きませんので
わかりません。

何も影響がなく、
メッセージを送れば通常通り届きます。

ブロックされていなければ、
自由に今まで通りメッセージを
送ることができます。

ブロックされたか非表示か?は、
主に相手に伝わる所から見ても、
意味合いが異なることが
このことからわかるでしょう。

非表示にされた相手は、
自由にメッセージを
送ることができますので、
影響は出ません。

つまり、非表示にした自分だけが、
相手が見えなくなるのが非表示です。

LINEでブロックされたか?
非表示されたか?かを知るには

ブロックされたか?非表示されたか?を、
相手がどんなことで知るのかも気になりますよね。

知る方法についてもご紹介します。

確認するには、
相手が持っていないスタンプを
多数プレゼントしてみるのが
おすすめの方法です。

いくつかプレゼントしても、
「〇〇さんはこのスタンプを
持っているためプレゼントできません。」
となった場合は、

相手がブロックしている可能性が高くなります。

相手が持っていない
スタンプなのにプレゼントできない状態は、
相手がブロックしている状態と言えます。

また、
相手にLINEの無料通話を何回掛けても
相手が出ずに強制終了となって
何の連絡もない場合は、
ブロックの可能性があります。

ブロックすると
無料通話もできなくなりますので
それで確認できます。

このように
ブロックされた場合は、
いろいろな確認方法が他にもあります。

非表示の場合には、
通常通りいろいろな事ができますが、
ブロックをされるとできなくなります。

これらの確認方法で
確認してみることが出来、おすすめです。

LINE
「ブロック」「非表示」の
オススメの使い分けは?

ブロックするのは、
メッセージのやり取りを
もうしたくない時となります。

非表示にするときは、
相手が煩わしいや
相手とのメッセージを見たくない、
誰かに見せたくない時などです。

相手とのやり取りをしたくないのか?
表示させたくないのか?
で使い分けるといいでしょう。

・非表示にすると便利な例

非表示にする具体的な例は、
「相手のLINEを見たくない」
「面倒だ」という時などです。

煩わしさを解決するために
することが多いでしょう。

自分からLINEを送ることもないので、
その相手を整理して
表示しないようにしたい時は
非表示にします。

ブロックまではしなくても、
非表示にして
煩わしくないようにすると便利です。

「友だちリスト」にも
表示させたくない時も非表示にします。

「友だちリスト」や
「トークリスト」を整理したいという時、
誰かに見せたくないという時にも
非表示にしておくと便利です。

LINEの
「ブロック→削除」
「非表示→削除」
はどう違う?

また、
友だちリストからも
削除してしまいたい時に、
ブロックしてから削除と
非表示にしてから削除する方法
存在します。

ブロックリストから削除する場合と
非表示リストから削除する方法について、
それぞれの違いについても
見ていきますので参考にして下さい。

・ブロック→削除の場合

ブロックしてから削除した場合ですが、
相手からメッセージが届いても
「ブロック中」で
メッセージのやり取りが出来ません。

一切1対1でのやり取りが
できなくなるのがブロック→削除です。

相手は電話できますが、
電話もこちらにはかかってこなくなり、
相手のタイムラインも見えなくなります。

「ブロック」しただけですと
「ブロック解除」ができますが、
削除すると残っている
トークルームなどから再度「追加」をして
復活させる方法を取る必要があります。

ただ、
ブロック→削除した場合も、
グループLINEに相手が入っていれば、
そこでは今まで通りのやり取りが可能です。

・非表示→削除の場合

繰り返しますが、
非表示から削除の場合、
相手からのメッセージは普通に届きます。

ただし
LINEの「プライバシー管理」の
「メッセージ受信拒否」
の設定をオンにしておくと、

「友だち以外からのメッセージの
受信を拒否します。」となります。

友だちリストの非表示リストから
削除した相手のメッセージは
届かなくなります。

自分からは、
メッセージが送れますが、
相手のメッセージは
友だちではないため
「メッセージ受信拒否」になります。

例えば「メッセージ受信拒否」
した相手から電話が来た場合は、
着信音自体はその時点で
鳴らない状態になります。

「〇〇からの着信がありました。
友だち追加後に、通話が可能です。」
と通知が来ます。

その後、
友だち追加をあらためてすることで
通話が可能になります。

つまり、
自分の「プライバシー管理」の設定次第では、
非表示→削除で友だちとして見なされずに
やり取りができなくなるでしょう。

LINEのブロックと
非表示の違いは大きい


ここまでLINEのブロックと
非表示の違いをご紹介しました。

ブロックするのと
非表示にするのには
大きな違いがあります。

ブロックすると
メッセージのやり取りを
行わないのが前提です。

相手のメッセージが
表示されなくなるだけでなく、
もう何もやり取りしたくない時に行うのが
おすすめです。

とりあえず、
煩わしくて見たくない時、
見せたくない時は
非表示にしておく方法を
取るのがいい方法と言えます。

上手に違いを知って
使い分けるといいでしょう。

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!