ブログを書く気がおきないを逆転させる7つの対策方法

ブログを書く気がおきない時って必ずありますよね。

私もこの記事を書くときについ「ブログを書く気がおきない」と検索してしまい、全くやる気が出なく長く続けていくと、モチベーションの波は必ず存在します。

その時に、「今日くらい書かなくていいや…」と思うのか「継続しているから意地でも書こう」となるかで、ブログを書く習慣化の意識が変わってきます。

では、ブログ記事を書く気がおきない状態からスラスラと集中力を高めて書くにはどうすればいいのか、この記事でお伝えしていきます。

 

ブログを書く気がおきない状態を変貌させる7ステップ

私はここ毎日ブログ記事を書いている中でも、書きたいモチベーションにならない時間帯もありますし、朝起きて「ブログ書くぞ!!」とモチベーションが高い時もあります。

必ず波は存在しているということで、1日単位や時間によって変わってくるんです。

24時間ある中でもモチベーションが高い状態の時にブログを書いた方が質も高いですし短時間で書き切ることが多くて、逆だと時間もかかるしどうしても質が落ちてしまいます。

なので、私として意識しているのは、「ブログを書きたい」と思った瞬間に手を動かすことや、パッとこれ系の記事書こうと思った瞬間に書くということです。

そのとき書きたい内容を書くのが一番スラスラ書くことができますし、24時間の中でもモチベーションの高い状態で書くことや、意識的にそう持っていく必要があるわけです。

では、ブログを書く気がおきない時にはどのような事をして意識を変えるのか以下の7つの方法があります。

  1. ブログを書く時間的な習慣をつける
  2. 場所を変える(自宅の中)
  3. 外でブログを書く(カフェなど)
  4. まずはインプットする(本やコンテンツ)
  5. SNSでブロガーさんの投稿を見る
  6. パソコンに向かって手を動かす
  7. 運動をしてマインドを変化させる

1.ブログを書く時間的な習慣をつける

ブログを書くという作業と習慣化することによって、書きたくない気分に関係なく、この時間にやるというような意識を持つことができます。

私の場合は…優先的なタスクや予定がなければ、朝起きて一番最初のブログ記事を書くようにしていて午前中には投稿まで終わるように時間的な目安を立てています。

(*この記事は書く気が起きなかったので夜に書いています。)

そうすることで、まずはブログを書いてから他の作業をするという風に変わりますし、午前中にしているのも夕方や夜に残してしまうとやる気が上がりにくいからになります。

それも意思力の問題で、1日の中でも夜になれば低下して正しい判断ができなかったり、他への誘惑に意思が持っていかれます。(お酒を飲みたい・テレビを見たい・漫画を読みたいなど)

なので、夜は考えないでもできる作業をやる事を心がけていて記事を書いたり戦略やメルマガを書くということは日中のできるだけ早い時間にやるといいです。

参考:1つのことを続ける秘訣は【情報の遮断】

 

2.場所を変える(自宅の中)

普段の生活でも、ブログを書く事を自宅の特定の場所(デスク)でやっている方も多いと思います。

その場所の環境を日々変える事でブログ記事を書く気分も変わってきて、ブログを書いている時に周りの見える環境が変わるという事です。

なので、普段は私もデスクで椅子に座ってブログ記事を書いていますが、書く気が起きなかったり気分によってはベッドで寝ながら書いたり、別の机で書いたりしています。

「非効率でしょ!」とも言われそうですが、書かないでウダウダしているよりはベッドで寝ながらでも少し書いてみるとモチベーションが上がっていきスラスラ書けたりするんですよね。

 

3.外でブログを書く(カフェなど)

夜になると意思の低下があると話しましたが、特に副業でブログを書いている人は日中仕事をして、自宅に帰ってから作業に取り掛かることはとても大変なことです。

テレビを見たりお酒を飲んだりゆっくりしたい時間を過ごしたかったり、それが習慣化されていてば自宅に帰ってブログ記事を書くモチベーションは上がりません。

なので、自宅に帰る前に寄り道して書く習慣をつけるのがいいです。

最寄駅にあるカフェ(スタバやドトール)や遅い時間であればマクドナルドなど、数百円のドリンク一杯頼むだけに利用することができます。

私も日中にやる気が出なければ近くのカフェにほぼ毎日行きますし、そのときにはパソコンしか触れない環境とやる事を明確にする事をお勧めします。

 

カフェで作業する場合は短時間でやる事を明確にする

結局グダグダとカフェでコーヒーを飲みながらタスクをこなしていても時間の無駄です。

しかも私は集中力は2時間も持てば限界だと思っているので、その時間内でやる事を明確にして終わったらお店を出るようにしています。

こうする事であれもこれもではなくて、1つの事をやりきることができますし、そのときに本やスマホなど他の選択肢をなくすためにバッグに入れておきます。

また、パソコンの画面も他のタブなど表示させておくと、そっちに意識が持って行かれちゃうので、ブログを書くのであればブログ投稿画面だけを残しておくとさらにいいです。

 

4.まずはインプットする(本やコンテンツ)

場所を変更することができなかったり、行動するのがめんどくさい事もありますよね。

それにブログを継続してけば書ける記事もドンドン思いつかなくなってくるので、インプットする習慣をつけるとその内容をブログでアウトプットすることができます。

例えば…(本を読む・音声をきく・動画コンテンツをみる)などなんでもいいので、インプットすることによって、意識が変化されます。

特に自己啓発系やマインド系の内容を聞くことで、行動に変換されるので、見ているうちに「ブログ書こう」と意識が変わることが私の場合は多いです。

 

5.SNSでブロガーさんの投稿を見る

インプットと同様に他の人を見て刺激されてモチベーションに変化させる手段としては、SNSで意識の高い人の投稿などみるといいです。

特にTwitterはブロガーさんが頻繁に投稿しているアカウントが多いので、その内容などを見ていると自分の基準が低いことが分かりますし、やらなきゃいけないに意識が変わってきます。

(*基準というのも、私は毎日ブログ更新が基準になっていますが、周りには何記事も毎日投稿する人がいるので、自分がどれだけやっていないかの差を知ることです)

参考:情報発信ビジネスを成功させるには【基準値を上げる】

 

6.パソコンに向かって手を動かす

ブログを書く気がおきないときは何していることが多いですか?

私の場合はベッドにゴロゴロしながらスマホでネットサーフィンしている時が多くて、結局そこから行動する1歩目として何でもいいのでパソコンに向かうということです。

これはブログを書く目的でなくてもよくて、メールをチェックする動画を見る、メルマガを書くでも何でもいいのでパソコンに向かって作業しているうちにやる気が出てきます。

なので無理にブログをすぐに書かなくてよくて、書こうと思った瞬間に書き始めればスラスラ書くことや質の高い記事を短時間で書くことができるようになります。

 

7.運動をしてマインドを変化させる

モチベーションのコントロールと影響しているのはカラダになり、身体を動かしたり運動することによって気分を変えてポジティブな状態に変化させることができます。

そのためブログを書く気がおきなければ、外に出てみて散歩したりランニング、自宅で筋トレをしてみると気分が変わってモチベーションを上げることができるようになります。

なので、私はジムに行くようにしていて(健康面も含めて)それでポジティブな状態を作るようにしています。

(*書けない状態の日の多くは運動していなかったり家にい続けることが多いです)

 

まとめ

「ブログを書く気がおきない」これはあなただけでなくて、皆が思うことで365日高いモチベーションで入れる人はいません。

なので、モチベーションが下がっているときに、どのように自分をコントロールして「書く状態」に意識を変化させることが重要になり継続できない人もここで諦めるわけです。

私の場合には、この記事で紹介した7つの事で大半は「ブログを書こう」に意識を変えて毎日書くことができています。

ぶっちゃけ先ほどまでブログを書く気がおきなくて検索していたくらいの状態でしたが、今回は「パソコンに向かう手を動かす」を使ってこの記事をスラスラ書いています。

ブログを書く気がおきないときには参考にしてみてくださいね。

参考:ブログが書けない7つの原因と行動を変える解決策

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中