【初心者必見】ブログ×リタゲ広告の集客がエグい!再現性の高い手法を教えます

メルマガ集客するための手段の一つとして、広告を活用する方法がありますが、広告運用をしたことない人が、新たに始めるということに対しては難しいと感じると思います。

そんな初心者の方でも、今すぐに実践することができて、反応の高い広告運用の方法としてリタゲ広告(リターゲティング広告)を活用することがオススメです。

1度アクセスした人に対してだけ広告配信することのできる、配信方法で特にブログを運用している方であれば、アクセスの集まる媒体を持っているので、リタゲ広告と掛け合わせることでメルマが集客することが可能になります。

そこで、この記事ではブログ媒体を使ってリタゲ広告を運用し、メルマガのリスト取りをする方法を解説していきます。

ブログ×リタゲ広告の集客

ブログ媒体と人だけ広告を掛けあわせる方法が初心者にとっても、メルマガのリスト集客に向いていて、1度ブログにアクセスをしてきた人なんで、見込み客として非常に濃い読者さんを集客することができます。

もちろんブログのタイプにもよりますが、特化型の、ブログや専門性の高いブログであれば、現在総のユーザーがアクセスしてきている訳なので、ブログとメルマガないでの商品サービスの販売の一貫性があれば、リタゲ広告で集客しマネタイズもできるようになります。

そもそもリタゲ広告とは?

利下げ広告というのもいターゲティング広告やマーケティング広告など広告媒体によって呼び方は様々ですが、1度アクセスした人に対して広告を追いかけて配信し続けることができることには変わりがありません。

経験したことはありませんか?

特に企業などのウェブサイトやアマゾンなどを見た時に、他のサイトを見ているのに、さっき見たサイトの商品などが広告として表示されていたりしますが、それは全てはリタゲ広告を活用した方法になります。

再アプローチするから反応が高い

特にギター下校国を活用することによって、見込み客に対して再アプローチし続ける事が可能になります。

一般的にブログや商品やサービスなど1度目にして高原まで至るケースというのは少なく多くの方はそこから検討していきます。

例えば・・・

  • この商品は良さそうだけれども、少し考えていきたい
  • 他の商品と比較して内容や価格だと判断した上で決めたい

というように、離脱してしまう訳ですが、普通の場合そこから自分の商品やサービスがいいと思ってくれて再度アクセスしないと購入やメルマガ登録などしてくれません。

ですが、リタゲ広告を活用することによって、他のウェブサイトを見ていても広告が表示されて接触回数を増やすことや、この広告に対しての興味関心度というのも高まります。

登録率が高く設定も簡単

そのため1度、メルマガ集客用のLPにアクセスしてきた人やブログにアクセスした人などに広告を配信するので、全く自分を知らない人に向けて配信する広告と比べ、登録率が高いのも特徴です。

やはり全く知らない状態のユーザーに対して広告を出していくと、興味関心が高かったりとか悩みや求めていることというのがマッチしないと、メルマガ登録してくれるということはありません。

ですが、1度検索エンジンからブログを知ってアクセスをしたり、さらにそこから集客用のLPにもアクセスしたユーザーであれば非常にターゲットとしても濃いということです。

また、リタゲ広告を活用しない方法で広告運用をしていくと、キーワードやターゲティングの仮説検証やメンテナンスなどを非常に時間がかかりますし、初心者の方にとっては難しいのでオススメはできません。

ですが、リタゲ広告の場合、タグを埋め込んで、どの記事(URL)にアクセスした人に対して広告を出すのかという設定をするだけなので、ターゲッティングの部分が不必要になり、広告作成するだけで配信することが可能です。

ブログ×リタゲ広告を始めるステップ

このようにリタゲ広告を活用することによって、メルマガ集客を広告運用から獲得することができますし、ブログ運用している方との相性が非常に良いです。

では、ブログば言いたい思っている人がこれからリタゲ広告を活用してメルマガ集客するための方法として以下の4ステップがあります。

1.Yahooプロモーション広告に登録

yahooやgoogle、Facebookなど広告媒体は様々ですが、今回はYahooプロモーション広告の中でもYDNの活用したリタゲ広告について解説させていただきます。

リタゲ広告を配信するためにはまずyahooプロモーション広告に登録する必要があります。

その時に必要な情報としては、名前やメールアドレス、または電話番号と一般的な情報に関して登録する時に必要で、最近ではアカウント登録の審査も厳しくなっているので、身分証明書などを提示するケースもあります。

基本的にはすぐにアカウントを作ることができますが、身分証明書などの提示をしないとアカウントが使えないなどのケースもあるので、その場合には2~3日時間がかかることもあります。

YDNのリタゲ広告を活用し、配信するというのも、アカウント登録ができて、広告を出稿したらすぐに表示される訳ではなくて、広告にも審査があり審査に通らなければ高校が表示されません。

また、Yahooの場合であれば、銀行やクレジットカードで先に使用する広告費を入金して走行からクリック課金型で広告費が発生し、入金した広告費から差し引かれていきます。

なので、広告は表示されているけど、クリックされなければ広告費はかからないということです。

入金に関しては最低3000円からすることができるので、ブログ×リタゲ広告を活用した方法であれば、大きな予算を使わなくても、メルマガ集客することが可能なので、低予算から始めることができます。

2.YDNよりリタゲタグの取得と埋め込み

登録をすることができたら、まず初めにYDNの管理画面よりリタターゲティングタグの習得と埋め込みをしていきます。

タグの取得はすぐにすることができますが、その時に条件としてリタゲタグを活用して情報を集めていると言ったことに関して記載しなければいけません。

プライバシーポリシーに必要な記載事項に記載されているのでご確認ください。

なので、タグを取得してそのタグをブログの中に埋め込みをしておく必要があります。

勘違いしやすいのはタグを取得したから、リタゲ広告をすることができるのではなくて、あくまでもタグを自分のブログやウェブサイトに埋め込んで、そこで情報を集めて配信することができるということです。

3.配信するリタゲリストの作成

三タゲタグをブログに埋め込むことができたら、配信するための人だけリストを作成していきます。

ブログ全体が一つのテーマや専門性の高い記事だけであれば、どの記事にアクセスしてもメルマガとの一貫性があり、濃いリストを作ることができるので、「ブログのドメインを含むURL」というようなイメージで作ることができます。

ですが、ブログの中にごちゃまぜの記事や一貫性の低いテーマでブログ運用してるのであれば関連するブログ記事でないと集客に結びつかないという可能性が非常に高いです。

その場合には関連するブログ記事にアクセスした人だけに広告を配信するように設定すればいいので、一つ一つURLを設定していかなければいけません。

それもマインドセットにについて書かれた記事と、このようにブログと人たげ広告を活用した記事では選んでいるユーザー属性が違うということです。

  • 専門性の高いブログ→ブログにアクセスした人全体
  • 専門性の低いブログ→メルマガ集客に関連する記事にアクセスした人

というような感じで、リタゲ広告を配信するイメージです。

4.広告出稿

最後に広告出稿をして、実際に広告を配信するまで行っていきますが、YDNの場合サーチターゲティングとインフィード広告という二つの配信方法に分かれています。

イメージとした以下のようなもの。

  • サーチターゲティング
  • インフィード広告

どちらで配信した方がいいのかという質問を頂きますが、両方配信して反応の高い方の広告配信タイプにメンテナンスして絞っていけばいいので両方出すことがおすすめです。

その次の画面として広告グループを作成していきますが、年齢や性別や地域など細かい設定を、この広告グループの設定ですることが可能になります。

本来なら新規のユーザーに対して広告を出すためにターゲッティングを絞っていく人がありますが、リタゲを活用するのでリターゲティングの項目から作成したリタゲリストを選択するだけで設定が完了です。

皆に設定するのであれば、対象の年齢や性別などだけでも設定しておくのもいいかもしれません。

最後に広告出稿する画面になりますが、広告配信方法によって配信できる広告の種類も変わっていきます。

  • サーチターゲティング:テキスト・テンプレート・ディスプレイ
  • インフィード広告:テンプレート・ディスプレイ

このようにテキスト・テンプレート・ディスプレイという三つの広告タイプに分かれていますが、簡単に作成することができて、反応も高いケースが多いのはテンプレと広告の活用になります。

テンプレート広告での配信方法

テープレード広告の場合、事前に画像をアップロードしておき、画像の審査をクリアする必要がありますが、広告配信する時に画像をその場でアップロードすることも可能です。

この時の広告の画像の取得ですが、広告部にあった画像を使うことがおすすめなので無料の惣菜サイトなどから関連する画像を何枚かダウンロードしておっきい使用することがおすすめになります。

ちなみにこの広告の画像の審査に関しても二三日ぐらいかかるケースがありますので、テンプレート広告を活用する場合は即日広告を配信することはできません。

画像を設定することはできたら、広告に対してのタイトルと説明文または主体者情報などといった項目を入力していきます。

広告文を作成するポイント

広告文を作成する時のポイントとして、タイトルや説明文など最大の文字数が決まっているので、最大の文字数までの広告を作るということです。

やはり情報量が多い方がユーザーにとって訴求をすることができますし、他の広告配信者と比べた時に、どうしても情報量が少ないと目に留まりにくいということが起こります。

なので、文字数は最大限まで使用することと、文章の中に数値も入れることによって反応率を高める効果があります。

ブログにアクセスを集める方法よりも、ブログのアクセスを10倍にした方法などと言った方が広告の反応率も高いので、初めて広告は作成する人は数値を入れることを意識するといいです。

広告は仮説検証の繰り返し

この手順でYDNでのリタゲ広告を一旦は配信することができますが、広告運用の場合、広告画像やタイトルやテキストの部分はつねに仮説検証を繰り返して行っていく必要があります。

というのも広告文を変えただけでもクリック率に大きな変化があり、クリック数が多ければもちろんアクセスも増えますし、集客できる人数も増えていくということです。

直で配信して終わりではなくて、配信することがスタートであり、そこから仮説検証を繰り返し最適化を目指していく必要があります。

また、今回はYDNを活用したギター芸広告の配信方法ですが、より顕在的なユーザーに広告を出したいのであれば、リスティング広告を活用することがおすすめになります。

リスティング広告の場合は、今検索している人に対して広告を配信することができるので、さらに経済的な層にアプローチすることができるんです。

詳しく知りたい方は、リスティング広告でメルマガ読者を毎月100人集客する【3つのポイント】に書かれているので、チェックしてみてくださいね。

リスティング広告でメルマガ読者を毎月100人集客する【3つのポイント】

まとめ

このようにブログと宴広告を活用をすることによって、広告運用が初めての方であっても、手軽に広告を配信することが可能になります。

ブログからのメルマガ集客もできて、リタゲ広告からのメルマガ集客もすることができれば、集客できる人数を増やすことができますし、売上に直結していきます。

ブログのアクセスを騙し続けることも一つの選択肢ですが、このように広告を活用することによって、集客を加速することは出来るので是非活用してみてくださいね。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより