メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
信頼関係

読者さんを巻き込む4つのメルマガ運用術

読まれるメルマガや成約率の高いメルマガを作り上げていくのに必要なのは、【読者さんとの信頼関係の構築】になります。

特に何万リストのあるメルマガは別ですが、個人でのメルマガ配信で数千やそれ以下の規模感であれば、読者さんを巻き込むメルマガ運用をすることで信頼関係をググッと高めることができます。

そこで、この記事では読者さんを巻き込むメルマガ運用術を紹介していくので、メルマガで開封率や成約率が低くて悩んでいる人はチェックしてみてください。

 

「メルマガ=信頼関係構築」で読者さんを巻き込む運用とは

メルマガで個人の発信であれば、弱者の戦略として「少ない読者数でも濃い関係性」を作り上げていくことが、メルマガで収益を獲得するためには重要になっていきます。

その濃い関係を一番早く作ることができるのが、「読者さんを巻き込むメルマガ」にしていくことなんですね。

具体的にどのようなことかは以下です。

  1. 読者さんが気軽に相談や質問をできる環境を作る
  2. 1対1のメールやLINE@の返信をこまめに行う
  3. 目先の報酬ではなく読者さんのためを思ってアドバイスをする
  4. 読者さん参加型の企画等をメルマガで行う

 

1.読者さんが気軽に相談や質問をできる環境を作る

メルマガにおいて個人の発信者が数万リストのメルマガ発信者に買っていくためには、「読者さんとメルマガ発行者との距離感をいかに縮められるのか」ということがポイントなんですね。

数万リストある発信者や多くのメルマガ発信者はメルマガに返信したりお問い合わせをしても返信がなかったりとか返信が数日後とかがあ当たり前みたいな状況なんです。

では、そこに対しての差別化として行うことができるのは?

  • お問い合わせや質問・相談をしやすい環境にしてあげる
  • メールなど来たら差別化せずに読者さんの問題解決をする

という2つの意識を持ってメルマガでも気軽に感想や質問をできる相手だという認識を持ってもらうことで、1対1でのメールやLINE@のやりとりは読者さんとの一番の信頼に繋がっていきます。

 

最後に選ぶのは信頼をしているメルマガ発信者

「そんなに質問などきて対応していたら無駄な労力がかかる」なんて思ってメルマガ発信者も考え方によってはいるのが当たり前ですが、考えて欲しいのは競合とバッティングした場合。

例えば、気軽にやりとりしているAさんのオファー、数万リストのBさんのオファーが同時刻から始まった場合に読者さんが選ぶとしたらどっちだと思いますか?

もちろんこの場合はよっぽどBさんのオファーが強くなければAさんのオファーした商品やコンテンツを、「この人が紹介しているから…」のような感情も入りAさんに分配があります。

このように、何かしたの選択を選ぶ時になった時の最終手段は、「発信者との距離感がいかに近くて信頼されているか」だということなんですね。

なので、目先の収益に関係なくても関わっていくことが読者さんとの信頼関係にもなりますし、感謝されて自分と価値観合う人が増えれば楽しいですよね。

 

2.1対1のメールやLINE@の返信をこまめに行う

そのために個人の発信者さんが常にやらなきゃいけないのは、「1対1のメールやLINE@の返信」でこれが数万リストのメルマガ発信者との大きな差別化にも繋がっていきます。

もちろんメルマガを長くやっていると、「なんだこの問い合わせは!」みたいなものも多いですが、私の場合は無視します(笑)

いやいや…言っていることと矛盾していると思うかもしれませんが、理由があって「そういう質問する人と自分は合わないしオファーする商品すら買って欲しくない」ということなんです。

特に世の中には変な人がたくさんいるので、オファーした商品を買った後にクレームをガンガン言ってくる人もいて、売上が上がっても対応したりすることを考えたらそのような人は買わないほうが後々いいんですよね。

なので、小まめに返信をしていく中でも境界線を作って「自分と関わっていきたいと思う人だけ」に接してあげることが、ストレスフリー+信頼のできる読者さんを集めることに繋がっていきます。

 

3.目先の報酬ではなく読者さんのためを思ってアドバイスをする

読者さんを巻き込んでいく中で、細かな質問や問い合わせなど多くいただくことになりますが、やってはいけないのが「そこでオファーすることや情報を出し切らないこと」になります。

「これは〇〇の商品を買った人しか教えていないので買ってください」みたいな発信者もいますが、読者さん目線で考えた時にそれが解決策とならないので価値がないわけで売り込まれた感も強いですよね。

私だったら…なんだコイツは!!と思っちゃいます(笑)

発信者側からしては、「その人がその情報やアドバイスを受け取って売上アップしたり成功できることを心から思う」ことが私は重要だと思っているんです。

 

読者さんのためを思ったアドバイスを心から想えるか

「メルマガは売上を発生させるもんだ!売上あげてなんぼ!!」みたいに思っている人も多く昔は私はそうでしたが、最後は人と人との繋がりが結果に結びついていきます。

要は読者さんのためを思った行動ができていなければ、最終的にはメルマガも読まれなくなりますし離れていき、メルマガの売上だってリピート率が低いので伸び悩んでいくんですね。

なので、「ずっとこの人の発信や思考を知りたいとか、もっと関わりたい」思ってもらうことが重要で、そのためには発信者側も読者さんにとって何が一番幸せや価値を感じれるかを優先にして発信していくべきなんです。

ポイント:情報を包み隠さずに読者さんに「ありがとう」と感謝される発信者

 

4.読者さん参加型の企画等をメルマガで行う

読者さんを巻き込むメルマガ運用といっても、普段のメルマガに返信したり気軽にメールを送ったりできる人ってかなり少なくて、「メールしてもいいのか…」とかマインドブロックがかかりやすいんですね。

それに「送っても返信がなかったらどうしよう…」とか思ってしまうので、読者さんが気軽に参加することができる企画をメルマガ内で行なっていくことがオススメです。

私がよくやっているのが…

  • 質問企画(質問をいただいて送ってくれた方だけに回答音声を配布)
  • アンケート(特典をつけて読者さんこリアルな声をきく)

要は「いつでも質問してきてください」と言われても質問がしにくいだけなので、質問や相談をしてもらう場を提供することとしてアンケートや質問募集などを行なっていくんですね。

「質問回答音声が欲しいから…」「特典がもらえるから…」など理由は別につけてOKなので、「〇〇だからこの機会に質問してみました」のような環境を作ってあげるべきです。

私もそうですが、このような場がないと質問とか相談はしにくいと感じてしまうので、そのマインドブロックを解除するような仕組みとして巻き込み企画をメルマガで行うのがオススメです。

 

まとめ

メルマガにおいても最終的には読者さんと発信者側との、人と人の繋がりでの影響力が一番高いので、人を感じれるメルマガ運用をしていくべきなんですね。(*機械的にではなくて)

そのためには出し惜しみせずに情報を公開する事や、読者さんにとってその瞬間に価値があることとして何を提供できるのか考えて発信者サポートなどしていくべきなんです。

特に個人での発信者が弱者の戦略を取るしかないので、人として信頼のできるメルマガ発信をしてみてくださいね!

信頼関係と仕組み化で稼ぐための方法として、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】をどうぞ。

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!