Facebook

Facebookで顔写真を提示されたらアカウント停止?具体的な解決策を解説!

Facebook(フェイスブック)は、
2018年に約2900万人分の個人情報が
流出してしまう問題が起きてしまいました。

それによって、
同年2018年10月以降、
セキュリティに関する審査や評価が
厳しくなってしまいました

実際問題、
そのアップデートが関係してか、
私のFacebookアカウントも

顔写真を提示し、
審査通過しない限り、
アカウント再開はできない

という状態に陥ってしまいました。

現状、
写真をアップロードした時、
下記のようにログインすると
下に添付した画面が表示されます。

このように、
Facebook側が写真を確認して
安全性や信頼性を確認できれば、
アカウントは再開出来ます。

もし、
本人確認の写真が確認できなければ、
アカウント停止になってしまう可能性が
高くなってしまいます。

そこでですが、当記事では
Facebookで顔写真の提示を求められた場合の
対応方法などを中心に解説していきます。

Facebookに限らず、Twitter、Instagramも、
定期的に規約変更等は行われるのが普通です。

今、あなたに
この記事を読んで頂いているこの瞬間も、
微妙に規約が変更しているかも知れません。

この記事を読んでいて、
「え?今と違う…」
と思う所があるかも知れません。

ですが、常に情報や画面等は変わる物だと
理解しておくと業界に生き残る年月が伸びます。

Facebookで顔写真の提出を
提示された場合の対処方法

Facebookにログインしようとした時、
上記のような画面が表示されて
顔写真の提示を求められる場合があります。

なんか「怪しい…」と思って
SNSなど検索してみると…
多くの方がこの顔写真の提示を
求められている状況でした

「Facebookにはじめて登録したら、すぐアカウント停止された。顔写真、
免許証も送ったのに解除されない。勿論違反もしてない。」

Facebookってのを初めたんだが2日後に「本人確認のため顔が分かる写真をアップしろ。それまで停止するから」となった。

一昨日くらいに作り直したFacebookアカウント、顔写真を送りましたが
無事アカウント停止になっていました。

などといった投稿は、2018年10月以降、
頻繁に見つかるようになりました。

以降の時期は、
セキュリティ面で厳しくなってしまい、
顔写真を提示してもアカウントが
停止されてしまった人も
多いように見受けられます。

Facebookを
ビジネス目的でガツガツ使っていたり
Facebook広告のアカウントとしても
使用したりしていると、

■ログインできない
■再開できない

となると、
かなりの痛手になりますし、
フォローして頂いている方から見て、
社会的信頼が下がるのも痛手です。

なぜ、Facebookで、
顔写真の提示を
要求されてしまった?

Facebookをクリーンな運用、
つまり、
安全や健全に使用していてば、
このように
安全性について確認されることはありません。

ノンストレスで毎日使うことができるんですが、
たまに、ある意味「もらい事故」のような感じで、

「何かのセキュリティ面」

で引っかかってしまう可能性もあります。

その時は頭に来ますが、
単純にFacebook側が
SNSとしての安全性を維持する為に
確認されている可能性は高いです。

そのセキュリティ面を考えた場合、
下記のようなことが考えられます。

利用規約やFacebookのポリシーに従っていない投稿をしている

偽名や他の人になりすましている

Facebookのコミュニティ規定に違反して、Facebookで許可されていない行為を続けている

嫌がらせ、広告、宣伝、デート、その他の許可されていない行為を目的として、他の利用者に接触している

私はこうして、
Facebookに顔写真の提出を
求められました…

私の場合、
Facebookの顔写真を
提示される前に行っていたことは、
複数のデバイスやIPで
ログインをしてしまっていた

本来同じデバイスであれば
セキュリティ的には問題ありません。

私のように、
ビジネスで使用していたり、
複数スタッフで1つのアカウントを
運営している人は注意が必要です。

それぞれ別のスマホやPCでログインしたり
私のように頻繁に海外や他府県に行って
ログインする事によって
安全性の面で引っかかってしまった可能性があります

顔写真を提示する前に、
セキュリティ面で個人情報の提出が求められたので、
安全性にも幾つかのステップがある可能性が高いです。

Facebookに
公的身分証明書を提出

■アカウントに登録している名前
■生年月日
■写真付きの身分証明書の提出

が、
顔写真の提示の数日前に
求められる事が多いと思います。

私の時は、
スマホで撮影した
免許証の画像を指定されたページへ
アップロードすることでクリア出来ました。

この時に求められている箇所以外の項目は、
万が一の事を考えて、
隠しておいたほうが無難かな?とは感じました。

これを提出後に、
投稿や最近友達になった人など
不正で行われていないのか?をチェックします。
(関係ない場合はスキップ)

この流れで、アカウント自体は
私は使用できるようになりましたので、
あなたも使用出来るようになる筈です。

Facebookで
顔写真を退出しても
アカウント停止?

Facebookに顔写真を提示したとしても、
アカウント停止になる場合もあります。

この場合も
再開できる手段はあります。

それは、
Facebookの異議申し立てページから、
異議申し立てをする事です。

今回の私の場合でしたら、
アカウント停止は不当であると
異議申し立てを行いました。

運営側に再度チェックしてもらい
再開してもらえる可能性もります。

もちろん、
100%の成功率ではありません。

異議申し立てを行ったのに却下された場合、
再開不可能になりますので、
今後も新規でアカウントを作るしかありません。

このような画面が表示されますので、

氏名:アカウントに登録されているものを入力

ID:免許書などの個人情報がわかる写真を添付(*名前や生年月日、顔写真などはわかるもの)

追加情報:アカウント停止を再開できる根拠となる情報(健全なアカウントであるという証明)

を記載して送信することで、
とりあえずは、
異議申し立ては完了になります。

数日待つと担当から

再開できたので停止のままなのか

という内容がメールで送られてきます。

個人情報を提出する
書類とアカウントが一致していれば、

不正をしていない限りは
アカウントが再開できる可能性は高まります。

ですが、名前や生年月日が
一致していない場合には難しいかもしれません。

異議申し立ては1回しか行うことが出来ません。

この場合は、
慎重にアップロードする
書類や内容を確認してみてください。

Facebookで顔写真を要求?
アカウント停止と対策まとめ

2018年10月頃以降、
セキュリティ問題が厳しくなり、
本人確認や顔写真の
提示を必要とされるケースも多いです。

慌てずに提出して
アカウントを再開してもらうようにしましょう。

最悪、
異議申し立てを行うことで
再度アカウントを
確認してもらうこともできます。

そこまでは必ず行てもダメな場合、
新規でアカウントを作るしかありません。

個人情報の流出により年々チェックが
厳しくなっている事は確かですので、
少し時間を置いてから
アカウントを作ってみるのも正解です。

2018年10月当時、
私自身が顔写真の提示を行っていた状況で、
約1ヶ月後の11月3日時点では、
新規でアカウントを作ってみたり
試行錯誤していました。

顔写真提示されたら
100%アカウント停止の状態でしたね。
(複数アカウント所持の影響が
一番大きいかと思います。)

もし、あなたがFacebook集客に
依存しているのであれば、
リスク分散と売上の加速を考えるべきです。

インスタグラムやTwitter、
You Tube、ブログ等も
自分の「強み」属性に合わせて
採用するべきだと思います。

実際にSNSは、
有料広告の次に結果が出るのが早いのですが、
相応のリスクが生じるのも確かですからね。

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!