メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
Facebook広告

Facebook広告で1リスト600円代で獲得した5つの方法

Facebook広告でメルマガ読者リストを獲得する時に問題となるのが、1リストの獲得単価をいかに下げて広告運用を行なって集客を行うかになります。

特にビジネス系の場合、1メルマガの獲得リストは1,000円~2,000円近くまで高騰しており、一般的に1,000円以下でリスト獲得できた場合には、「安く獲得できている」という認識があります。

そんな中で、私がFacebook広告で過去14日間に640円で獲得することができた5つの方法について解説していきます。

Facebook広告でリスト取り5つの方法

Facebook広告でメルマガ リストの単価を1,000円以下に抑えるためには、広告のクリエイティブのテストなど日々のメンテナンスが重要になります。

仮に1リスト1,200円から半分の600円に下げることが出来たら同じ広告予算でも倍のリストを獲得することができ、同じ成約率なら売上も2倍になるということです。

なので、メルマガ やline@でステップ化していて費用対効果の合うビジネスが作れていれば、Facebook広告経由の集客でリスト単価を下げて数を獲得するだけでも費用対効果が合います。

そのため、Facebook広告の運用であってもメンテナンスやテストを実践して獲得単価を下げていく必要があり、私が実践したのか下記の5つの方法になります。

  1. 毎日のデータをスプレットシートで管理
  2. 広告のクリエイティブのテストの実施
  3. メルマガ登録LPのCV率の改善
  4. 広告グループが最適化されてきた
  5. 1広告グループだけ予算を投入した

1.毎日のデータをスプレットシートで管理

Facebook広告や、他のPPC広告などの広告運用を行う媒体であれば、日々のインプレッション数やクリック率・成約率などの数値を管理していく必要があります。

なぜなら日々、広告のクリエイティブをテストしたりLPを改善して成約率の変動なども日々の数値管理をしていないと分からないということです。

私の場合は、Googleのスプレッドシートを使って日々のデータを管理しています。

日々のテストの中で何を実践したのかということを書くことによって、数値の変化が分かりますし成功と失敗の改善が分かります。

2.広告のクリエイティブのテストの実施

Facebook広告の場合、広告画像や広告文などのクリエイティブによってCPCも大きく変動するので、ダイナミッククリエイティブ広告でテストを実施していく事が重要です。

もちろん、配信先となるターゲット設定がLPとマッチしていなくて獲得できない場合があるので、「類似オーディエンス」を活用した配信設定がオススメで、類似オーディエンスは、作成したカスタムオーディエンスの似ているユーザーに対して配信をする事ができます。

なので、メルマガ登録したユーザーや商品やサービスを購入してくれたユーザーリストの類似オーディエンスを作成して配信していくのがいいです。

広告のクリエイティブのテストとして、優先的に行うのは以下の画像と広告文のテストになります。

ダイナミッククリエイティブで画像のテスト

ダイナミッククリエイティブ広告を使った配信設定を行うと複数の画像や広告文などを設定して、最もCVが期待できる広告設定を自動で最適化してくれます。

その中で優先的にテストする項目としては、「広告クリエイティブの画像」です。

広告画像は、Facebook上から素材を検索して取得することや、フリー素材サイトから関連する画像をダウンロードしてアップして使用する事ができます。

この時にも、自分が想像していた反応の出る画像ではないものから反応が出ることも多いので、画像のテストを日々行なっていくことがクリエイティブの改善に繋がります。

ダイナミッククリエイティブで広告文のテスト

ダイナミッククリエイティブでの画像のテストと同様に広告文のテストを同時に行なっていく必要があります。

広告文のテストの場合は、一番先頭となる文章の訴求だったり、広告文の文言の並び替えだけでも反応率は変わっていきます。

なので、最初は5つの広告文を全く違う訴求にして反応率のいいものを残し、反応が一番高い広告分の訴求をさらにブラッシュアップしていくなどテストが必要です。

画像であればフリー素材などから取得して設定していけばいいですが、広告文は基本0から考えなくてはいけないので文章のテストの方が大変です。

オススメの方法としては、日々FacebookやInstagramに表示される広告文などのクリエイティブを保存したり、反応の高い広告文の型を参考にしていくといいです。

3.メルマガ登録LPのCV率の改善

三つ目に改善していくポイントとしては、メルマガ登録するためのLPのコンバージョン率を上げるためのテストを実施していきます。

先程の広告の画像や広告文というのはあくまでもFacebook広告上でCPCを捧げていく役割を果たしますが、クリックした人を対象に登録されるかどうかというのはLP次第になっていきます。

なので、広告クリエイティブだけテストしていてもコンバージョン単価となら安くならないので、広告のクリエイティブテストと同様にLPのテストも実施していく必要があるということです。

全体の構成であったりとか、ボタンの色、そしてヘッダー画像のABテストなどを細かいところまで見ていくとキリがないので私が実践した二つのことについてお伝えします。

ヘッダー画像のABテストの実施

やはりLPが表示された時に印象が大きく変わるのはヘッダー画像になります。

特にファーストビューで第1印象が決まりますので、その後の登録するかどうかというところまで関わってきていて、ファーストビューのヘッダーの文言だったりとか画像そして色というところもテストしていきます。

特にFacebook広告の場合だと広告の審査に通らないということもあるので、あまり責めすぎた広告LPにしてしまうと審査に通らない危険性もあるので、その辺りは実際に広告出ているLPなどを参考にしていくといいです。

具体的に、ヘッダーのテストとして私がやったことというのは、登録することによるベネフィットを明確にすること、そして金額や数値などをえー具体性をしっかり出していくことを文言にしました。

また色合いとしても色を使いすぎるのではなくて、2~3色というように、少ない色でわかりやすく、そして大きくというのをイメージして行っています。

メルマガ入力フォームのABテストの実施

2つめとしてメルマガ入力フォームをABテストになります。

入力フォームというのは使っているwordpressのテーマであったりとか、デザインによって異なっていきますが、多くの方はデフォルトのままにしてしまいがちです。

ですが、入力フォームの項目を少なくするであったりとか、登録する手順をより簡単にすることによって登録率というのは上がっていきます。

またフォームの文言であったりとか、フォーム内の文言もABテストを行っていくと反応が変わっていくのであまりやらない方も多いですがフォームだけでもかなり登録率は変わってくるので、この部分もテストを行っていくことをおすすめします。

4.広告グループが最適化されてきた

もちろん広告のクリエイティブのテストであったりとかLPの改善をしていたのはもちろんのこと、その中でFacebook広告の広告ループが最適化されてきたというのが一つの理由として挙げられます。

結局Facebook広告の場合は広告予算を使っていき最適化され始めるとコンバージョンされやすい人に対して広告を出し始めることができます。

なので最初から600円台で獲得できていた訳ではなくて1,000円や1,500円という価格でメルマガリストを獲得していたので、最初は最適化されないうちが高くなってしまうのはしょうがないです。

そのため…最適化されていくまで広告のテストやLPの改善などを行いつつ待っていくことが必要です。

5.1広告グループだけ予算を投入した

また一番初めで言うと、複数の広告グループで細分化された、ターゲティングで広告を配信していましたが一つのグループに対する予算であったりとか管理する手間がかかるのであまりいい結果が出なかったんです。

なので、そこから私が実際に行なったのは一つの広告グループに対して予算を投入し、グループの中でもごちゃまぜのターゲティングを設定し、最適化が行っていくという方法になります。

結果的にこの方法で1リストの獲得単価600台円台で取れていますし、そこから細分化して広告グループを複数作り、横展開していけばいいという判断ができています。

そのため、最初から複数の広告グループを作ってテストしていくのではなくて一つの広告グループでしっかりとテストを改善しながら画像や広告分、そしてLPの改善などを行っていって広告費をつぎ込んで行くことをオススメします。

まとめ

このようにFacebook広告でのメルマガのリスト取りというのは一般的に1000円〜1500円以上かかっていきますが、広告グループが最適化され始めてテストを重ねると600円代でも獲得することができます。

1000円以下で獲得することができれば、Facebook広告だけでも費用対効果が合うメルマガやLINEやっとのビジネスモデルを作ることはできますし、他の無料集客などを行わず、有料集客だけに頼ってでも結果を出すことができるということになります。

ですが、集客が出来ても成約はされなかったら意味がないので、ステップメールを構築して自動化で稼ぐ方法として、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】 メルマガで稼ぐためには読者集客とメルマガ内でのセールスが必要になりますが、最近ではメルマガだけでセールスして稼げている人とい...

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!