Facebook広告

Facebook広告で1リスト約600円で集客するオーディエンス設定方法

Facebook広告を使ったメルマガや
LINE@の集客方法がありますが、

広告運用の経験がなかったり
Facebook広告を普段から
使用していない人からすると
難しいと感じると思います。

仮に自分で独学で
広告出稿してみても
99%失敗してしまって、

せっかくメルマガ登録されたのに
リスト単価が4,000円超えとか
損をする可能性があります。

では、Facebook広告で
より程単価で
リスト獲得するためには、

どのようなオーディエンスの
設定していくのが効果的なのか
この記事でお伝えしていきます。

 

Facebook広告のメルマガ集客で低単価で獲得するオーディエンス

Facebook広告でより
低単価(稼ぐ系であれば
一般的に1,500円ほど
と言われている中で
1,000円以下で獲得)で

リスト獲得するために
重要なのはオーディションの
設定になります。

【オーディエンス=配信先(ターゲット)】
とイメージしてもらうと
分かりやすいですが、

基本的には
3つのターゲット層が
存在しています。

  • コアオーディエンス
  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

コアオーディエンス

「コアオーディエンス」は、
Facebook広告でも基本的な
ターディング方法で、

ユーザーの住んでいる地域や
年齢・性別や興味関心などといった、

Facebook上で管理されている
ユーザー情報の中から

ターゲット層を細かく設定
することができるんですね。

「いざ!Facebook広告を始めるぞ」
となった時には、
このオーディエンスを使いますが、

興味関心などの情報だけだと
獲得したユーザーよりも
だいぶ幅広い層に
アプローチしてしまうため、

最初から低単価で
リスト獲得することが難しく、

リスト集客の場合には
あまりオススメしない
方法になります。

カスタムオーディエンス

「カスタムオーディエンス」は、
メールアドレスや電話番号などの
顧客情報をアップロードすることで
ターゲットのユーザーにすることや、

ブログなどのサイトに訪れた
ユーザーリストを作成して
配信することが可能になります。

(*リタゲやリマケとも
言われる機能なようなもの)

リスト集客の場合であれば、
ブログに訪れたユーザーに対して
広告を配信して

メルマガやLINE@の
登録を促すことや、
SNSなどから集客LPに集客して、

その集客LPに訪れた
ユーザーに対して

広告で再度アプローチする
といった使い方が
できるんですね。

なので、
コアオーディエンスと比べると
より濃いユーザーに対して
配信することができますが、

顧客情報やサイトなどといった
他媒体との組み合わせがないと
使用できない配信方法になります。

類似オーディエンス

「類似オーディエンス」は、
カスタムオーディエンスで作成した
ターゲットリストに類似した
ユーザーに広告配信すること
ができる配信方法で、

例えば、
自分のメルマガの読者さん
(メールアドレス)を
アップロードして

登録している読者さんに
似ている人にだけ
広告配信することができるんです。

なので
カスタムオーディエンスは
濃いユーザーに対して
アプローチできるけど、

アプローチできる数は
少ないですが、

類似オーディエンスであれば
濃いユーザーでさらに
幅広い層に対して
アプローチできるので、

Facebook広告でのリスト集客で
かなり使える
オーディエンスになります。

集客LPの類似オーディエンス配信が低単価で獲得可能

オーディエンスにも
複数の配信方法がありますが、

その中でもリスト獲得で
低単価で獲得するための
設定方法は、

「集客LPに訪れたユーザーの
類似オーディション」
を作成することになります。

なぜならブログの場合だと、
多くはブログに訪れるが
メルマガには登録しなかったり

記事を読んで終わり
のケースが多いですが、

仮に【ブログ→集客LP→メルマガ登録】
といったような
動線を作っているなら

集客LPに訪れるユーザーは
登録される可能性が
高いんですよね。

ということは
そのユーザーに似ている人に
配信できれば

より濃いユーザーだけに
広告を配信することができる
ということになり、

実際にこの類似オーディエンスを
作成して配信してみた結果↓ ↓ ↓

昨日から広告配信を
この方法でやってみて
最適化も進んでいない状態でも、

下のオーディション設定よりも
約30%も安い単価で
獲得することができていて、

このジャンルでの一般的な獲得も
1,500円くらいの中では
かなり安い単価で
獲得することができている。

流れとしては、
下記のような
オーディエンスの設定して
配信していくことで

このように低単価で
獲得することができます。

  1. ブログに訪れたユーザーの
    類似オーディエンスで配信する
  2. ①で配信する集客LPの
    類似オーディエンスで配信する
  3. ②で配信する集客LPの
    類似オーディエンスで配信する

このように大きな市場から
より濃いユーザーだけが集まる
オーディエンスを作って、

その類似オーディエンスで
配信していくことで

Facebookの場合には
低単価でのリスト獲得が
可能になります。

そのためにはまず
メルマガと関連したブログへの
アクセスが必要で、

ブログを100記事書いたらアクセスが約9倍増えた【検証】
にも書かれているように

メルマガをやるなら
ブログをまずはやったほうがいい。
(広告経由での集客も考えて)

Facebook広告での類似オーディエンスの設定方法

どのようにしてFacebook広告で
類似オーディエンスを
作成すればいいのかというと、
下記の手順になります。

  1. Facebookピクセルを
    ブログや集客LPに埋め込む
  2. カスタムオーディエンスを
    作成する(ブログに訪問したユーザーリスト)
  3. ②のカスタムオーディエンスを元に
    類似オーディエンスを作成

 

1.Facebookピクセルをブログや集客LPに埋め込む

まずFacebook広告の中で
Facebookピクセル(タグ)
を作成して

カスタムオーディエンスを
作成する媒体に埋め込んでおく
必要があります。

下記のように
Facebook広告の管理画面より
「測定とレポート→ピクセル」を
クリックすることによって、

広告アカウントの
ピクセルを取得可能になります。

詳しくは下記のページに
詳しく解説しているので
チェックしてみてください。

https://www.adgo.co.jp/blog/2017/5/26/how-to-install-fb-pixel

2.カスタムオーディエンスを作成する(ブログに訪問したユーザーリスト)

次にオーディエンスを
作成することが必要で、

同様に
「アセット→オーディエンス」
の手順で

オーディエンスの設定を
することが可能になります。

その中の
「オーディエンス作成→
カスタムオーディエンス」
を選択すると

以下のような
画面が表示されます。

ブログや集客LPなどの
オーディエンスを作成する場合には、

「ウェブサイトトラフィック」
をクリックし

下記の画面で、
訪問者リストを作りたい
URLを貼り付けます。

*日数に関しては訪問者リストが
蓄積される日数になるので、
まずはデフォルトの
30日でもいいでしょう。

3.②のカスタムオーディエンスを元に類似オーディエンスを作成

最後に
カスタムオーディエンスの
作成ですが、

②と同様の流れで
オーディエンス作成を
クリックした中に

「類似オーディエンス」
があるので選択します。

そうすると
下記のような画面になります。

  • ソース→②で作成したカスタムオーディエンスを選択
  • 地域→日本の場合には日本を選択(入力して)
  • オーディエンスサイズ→類似のユーザーにより近いターゲットに配信する場合には1を選択

このような手順で
作成することによって

類似オーディエンスを
作成可能になります。

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!