Facebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップ

Facebookを使ったメルマガやLINE@の集客ってよく聞くと思いますが、集客できないで挫折したことありませんか?

実はFacebookでの集客は、ただ毎日投稿や友達申請をポチポチ押していても集客することができなく、必要なのは友達との関連性をいかに上げてフィードに表示させるかなんです。

なので、Facebookは使っているけどなんとなく毎日投稿やポチポチしかしていないのであれば、これから解説するFacebookで個人でもメルマガやLINE@のリスト獲得した方法を参考にしてみてください。

 

Facebookで集客できないは嘘!集客するための7ステップ

Facebookを個人アカウントで運用してメルマガやLINE@の集客するための方法として下記の7つのステップが重要になります。

  1. アカウントを育てる→集客のフローを意識する
  2. 濃い友達数5,000人を目指して友達申請を行う
  3. 友達の投稿に超いいね!やコメントを残す
  4. コメントがきたら返信+超いいね!を行う
  5. メッセンジャーで友達承認時のあいさつ文を送る
  6. 投稿は画像が命!3枚が一番反応が高い
  7. 投稿の見出しと集客までの訴求と動線を意識する

 

1.アカウントを育てる→集客のフローを意識する

Facebookでの集客できない人の多くは、アカウントが育っていて集客できる状態でもないので、集客を行う投稿やメッセンジャーでセールスするような人がいますよね。

実はこれが失敗で、認知されていない発信力もない状態で集客しようしても上限値がありますし、そもそもビジネス的な投稿が嫌われてしまうので拡散力も少なくなるんです。

なので、フロートしてはFacebookの投稿やプラベート感が多めで友達数や投稿のいいね!を増やす施策を行う(最低でも100いいねくらいつく状態)そこから集客の動線を作っていくという感覚です。

 

なぜ、投稿のいいね!を増やす必要があるのか?

単純に【いいね!が多い投稿=質の高い投稿=友達に表示されやすくなる】ということが今のFacebookの仕様で、Twitterのように新規投稿が上位にくるわけじゃないんですよね。

なので、どんなに価値のある投稿をしていても、いいねが少なければ表示されないですし、見られる数も少ないので集客も行うことができないわけです。

Facebookでの集客をするには投稿へのいいねの数は必須で最初は投稿のいいねを増やすための施策を行なっていくことが集客攻略の鍵となります。

 

2.濃い友達数5,000人を目指して友達申請を行う

いいねを増やすために、いかにいい投稿をしていても友達数が100人であれば上限も決まってしまうので、Facebookでの友達数の上限5,000人を目指すことでより多くの人に投稿が表示されます。

ですが…中身のない5,000人を集めても無駄で、自分の投稿に反応してくれるような人が多いアクティブなFacebookの友達をより獲得することで、投稿の質に繋がり集客に繋がっていきます。

その濃い友達を作る方法として、facebookで濃い友達を作る方法と信頼関係を築く3つのポイントを参考にしてみてください。

 

3.友達の投稿に超いいね!やコメントを残す

投稿をより表示されやすくするためには、友達との関連性を高める必要があります。

Facebook上でいいね!やコメントをし合う、メッセンジャーでやり取りするなどを行うことで友達との関連性が増していき、関連性が高い人の投稿を表示されるようになっているんです。

ということは、機械的にでも友達との関連性を高めることでより投稿が相手のフィードに表示されて、投稿をみてメルマガやLINE@などの集客に繋がる可能性も増えるということになります。

そのために1つの方法としては、友達(相手)の投稿に超いいね!やコメントを投稿するなどして関連性を自分からアクションして高めていく事で関連性を高めることに繋がります。

 

コメントを投稿する時は内容に関連した内容を送ろう

Facebookの投稿をしていると、関連性を高めるだけにコメント投稿をしまくるような人もいて、中身のないコメントが実は多いんですよね。(*今日もよろしくお願いします・こんばんは、など)

数をこなすことを考えたら固定文でコピペで送った方がコメントも楽ですが、同じ投稿に同じような中身のないコメントがあったらどう思いますか?

なんかビジネス臭プンプンに出てきちゃいますし、スパム報告など受ける危険性もあるので同じことをすれば、あなたも同じような見え方をしてしまうということなんです。

あくまでも投稿に対するコメントを残すことによって差別化になりますし、それによって本当の意味でその人との関連性を高めることに繋がってきます。

 

4.コメントがきたら返信+超いいね!を行う

自分の投稿にもビジネス的な要素でコメントを残していく人も多いですが、これは無視せずにコメントがきたら投稿への超いいね!とコメントへの返信を必ず行いましょう。

この理由として、まずはそのコメントを投稿した人との関連性を高めるための効果と自分の投稿のコメント数など増えることによって、投稿がより表示されやすくなります。

いいねとコメントの数が基本的には友達のフィードへの表示されやすさに繋がってくるので、返信することでより数を増やすことや友達目線ではコメントのしやすさにも繋がってきます。

「皆がコメントしていれば自分もコメントしても大丈夫だ」みたいな心理です。

 

5.メッセンジャーで友達承認時のあいさつ文を送る

友達を増やしていく中で承認されたらまず行うべきこととしては、メッセンジャーで「友達になってくれてありがとう」と自己紹介もかねて挨拶文を送ってみましょう。

この挨拶文も一人一人作成していたら大変なので、固定文を作って置いてコピペでいいですが、やってはいけないのは最初から集客の誘導を行おうとする行為です。

最近では最初のメッセージから集客を行おうとする人がいますが、集客できない+集客できても購入してくれないので、関係性0の状態で集客しても無駄でスパム報告を受ける危険性もあります。

なので挨拶文などできたらメッセンジャーで何通かやり取りを行うことによって、関連性を高めることに繋がるので投稿した時に表示がされやすくなるメリットに繋がっていきます。

現にこれを行なっているかどうかでも投稿の表示されやすさは左右されてくるので、細かな部分ですが、集客できている人や投稿にいいね!を集めている人は行なっているケースが多いです。

 

6.投稿は画像が命!3枚が一番反応が高い

Facebookの投稿ですが、いいねやコメントのつきやすさとして画像付きの投稿が最低限必要で、中でも反応が高くなると言われているのが画像を3枚以上載せた投稿になります。

まず画像をつけるかつけないかですが、Facebookを利用していて全ての投稿の文章を読むわけではなく、感覚的に美味しそうなご飯の画像や綺麗な風景などに反応します。

なので、画像の中でも美味しそうなご飯や風景などが反応が高く、また私のデータとしても3枚以上の上記で載せたような投稿の方が反応が高い傾向にあります。

文章の中身を見ていなくてもいいね!やコメントを投稿してもらうことによって、他の友達に表示される効果があるので、一部の人にだけわかる投稿ではない画像をつけた方がいいんですね。

画像と投稿内容のマッチもさほど関係なく、投稿内容の中に「最近食べたラーメンが美味しかった」など載せておけば関係のある写真に繋がっていきます。

 

7.投稿の見出しと集客までの訴求と動線を意識する

画像付きの投稿を最低限していく中で、次に意識しないといけないのが【投稿→集客】になります。

目的として集客なのであれば、LINE@やメルマガの集客LPやブログへのアクセスが必要になってくるので投稿の中で誘導していく動線を作っていく必要があります。

そこでまず目を止めるのが見出しになります。

 

魅力的な投稿の見出しの作り方

Facebookの投稿での見出しは最初の1~2行の中で、投稿の一部しかフィードには表示されないので、興味を持ってもらえないと投稿内容を全て見てもらえないんですね。

そこで見出しの作り方としては以下のポイントを気をつけるといいです。

  • 具体的な数字を入れる(読者リストを7日で100人集めた裏技)
  • 悩みの共感(Facebookで集客できずに悩んでいませんか?)
  • 続きを読みたくなる内容(ある有名人からメッセージが届きました)

 

このような感じで見出しを作っていますが、投稿内容も見られて反応も高いのが続きを読みたくなるような見出しを作ることで、0から考えて作るのは難しいです。

私が参考にしているのは、2ちゃんねるのまとめサイトやYouTubeは短い文章で見出しで続きを読みたくなるように作られているので、同じような表現なども使うことができます。

 

集客までの訴求と動線を作る

見出しで興味を持ってもらっても肝心なゴールの集客まで行うことができなければ意味がないので、投稿内容で集客まで訴求を行うことが必要になります。

具体的には…

  1. 見出し
  2. 投稿内容
  3. 悩みの共感
  4. 解決策
  5. 登録するメリットや特典内容
  6. リンク(もしくはコメント欄)

このようなFacebookの投稿の流れで集客することができて、本来であれば2の投稿内容までで投稿は完結することができますが、それ以降が集客までの訴求という部分になります。

いきなり「メルマガ登録してみませんか?」と訴求しても登録はされないので、必要性をまず感じてもらう「悩みの共感」として、「〇〇で悩んでいませんか?・〇〇があったらどうですか?」など。

そこから解決策として、「〇〇の情報を今だけ無料で公開しています。」という具体的な解決策から、その解決策を手に入れるための方法とてメルマガやLINE@ということになります。

さらに登録するメリットや登録特典があるとより登録しやすくなるので、自分の発信やターゲットなるユーザー層が欲しい特典をつけることが重要で、メルマガ登録特典の魅力的な3つの作り方でも解説しています。

 

その後の誘導としては、投稿本文にリンクを入れるかコメント欄にリンクを入れる方法がありますが、直でリンクするよりも集客LPを作成した方が反応も高くなり濃い読者さんになりやすいです。

もちろん集客といってもFacebookだけじゃないので、他の集客方法など知りたい方は、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】もどうぞ。

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより