メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
Instagram

Instagramでアクションがブロックされる事案が急増【そのままだと凍結する可能性大】

【この記事を書いた人】黒沢 誠
メルマガ・LINEセールスの仕組み構築・情報発信で 強みをビジネスに変える専門家。
有料商品の成約数ランキングで何度も1位獲得。
自身の魔法のセールステクニック技術をメルマガで全て無料公開。

 

全8回の動画講座への無料受講はこちら


Instagramでフォローぽちぽちして相互フォローを増やしたりとか、ツールをぶん回して大量フォローやフォロー解除している人も多いですよね。

ですが…最近ではInstagram側が不自然なアカウントに対して厳しくなっていて、「アクションがブロックされる」ということが起こってきています。

ブロックされる=凍結される

ではないので安心だと思っている諸君はイエローカードをもらっている状態と同じなので、近い将来、アカウント凍結や連鎖凍結で全てのアカウントが終了するかもしれません。

ということでこの記事では、Instagramのアカウント凍結やアクションブロックされないための手段をお伝えしていきますね。

なので・・

  • Instagramで大量フォローしている人
  • Instagramで大量フォロー解除している人
  • Instagramで大量いいね!している人
  • アクションブロックされた経験がある人

はそのままでは危険なので最後まで読み進めてみてくださいね。

Instagramでアクションがブロックされる原因

Instagramでアクションがブロックって初めて聞きました

という純粋でピュアな人に向けてまずここから話をしていくと、Instagramは少し前まで規約もゆるゆるで大量フォローやいいね!でアカウントを増やす手法が王道だったんですよね。

ですが、ここ最近では不自然なアクションをしているアカウントと判断された場合にはInstagram側も対応を始めていて、このアクションブロックという現状が起こるんです。

実際に私もなりました↓

ブロックされています

アクションがブロックされています。後ほどもう一度実行してください。コミュニティをま守るため一部のコンテンツやアクションは禁止されています。このブロックが何らかの間違いであると思われる場合はおしらせください。

という表記がInstagramに表示されます。

で、実際にこのアクションブロックも分かっている範囲では2種類のブロックパターンがあり、このように期限が記載されていない場合と以下のようにブロック期限が設けられているケースがあります↓

アクションはブロックされています

あなたのアカウントはこのアクションの実行から一時的にブロックされています。アカウント「いいね!」やフォロワーの獲得を支援するサービスと共有することは、コミュニティのガイドラインに違反しています。このブロックは2019-09-18に期限切れになります。これが何らかの間違いであると思われる場合はおしらせください。

アクションがブロックされるとどうなるのか

Instagramでこのアクションブロックが表示された場合に機能が停止される項目としては以下のことになります。

  • 投稿
  • ストーリーズの投稿
  • いいね
  • コメント
  • フォロー
  • フォロー解除

ぶっちゃけほぼ全てのアクションができなくなるので、ブロックされたままではアカウント凍結とさほど変わりませんし、ブロック解除されないなんて人も今後現れる可能性も高いと私は考えています。

アクションがブロックされる原因は不自然な行動

このようにInstagramでこのアクションブロックされると、全てのアクションをすることができないので、特にInstagramをメインの媒体として集客や情報発信を行なっている人だったらかなりの致命傷です。

特にInstagramやTwitterのようなSNSは投稿やアクションをしないと、自分のアカウントへのアクセスは減少するので、人の目に止まってなんぼのSNS何ですよね。

だからこそアクションブロックされずにクリーンに運用するのがベストです。

ちなみにアクションブロックされる原因は公式では公表されていませんが、事案としてブロックされているケースとしては以下のような場合です。

  • ツールを使用してのフォローやフォロー解除などの運用
  • 大量のフォローやフォロー解除・いいね・コメント

最強レベルにわかりやすく言えば、一般的なユーザーと比較した時に不自然な動きがあった場合にはアクションブロックになりやすいということです。

だからこそ、どこまでがブロックされないかという基準を知ることができれば、そのスレスレで運用をすることができるということで、そのことに関しては記事の後半で話をしていきますね。

Instagramのツール関係はお勧めできない

Instagramのフォロワーを増やすために、有料のツールや業者なども最近増えていますが、ここ最近のInstagramの動きとして、ツールを使っての運用はかなり見られているのでアクションブロックなど起こりやすいんです。

また一部の人の事例だと、

そのままツール等を使用しているとアカウント凍結する

なんていう警告が表示された人が周りにもいるので、無料・有料関係なしにツールを使用してのInstagramの運用は厳しくなっているということになります。

もちろん、そのギリギリを攻め続けるというのもInstagram集客などするための選択肢としてはありますが、長期間でフォロワーを増やして育てきたのに一瞬でアカウント凍結などしたら意味がないですよね。

なので、ツール関係を使用する場合には以下のようにリスクヘッジする運用をした方がいいかもしれません↓

  1. Instagramのツールを使用して初動のフォロワーを増やす・アカウントを育てる
  2. フォロワーが2000人など超えたらツールは使用せずに手動に切り替える

このように、1万フォロワーに近いアカウントをツールで動かして仮に凍結などした時のリスクを考えると凍結されてもダメージが少ない範囲までは育てて、それ以降は手動に切り替えていくのが賢い運用だとも考えられます。

Instagramでアクションブロックされない運用方法

Instagramでアクションブロックされてしまうことによる制限や最悪凍結などのことも考えるとまともに運用するのが得策だと思った方も多いと思います。

ですが…

まともに投稿だけしていてもフォロワーは増えませんし集客できません!

だからこそ、アクションブロックされる原因を知り、そのギリギリを攻める運用をしていくことがこれからの運用には必要になるんです。

先ほどの話でもあったようにアクションブロックされる原因は…

  • ツールを使用してのフォローやフォロー解除などの運用
  • 大量のフォローやフォロー解除・いいね・コメント

によりものになるので、どれくらいが大量フォローと受け入られるのかを知ることによって、限界までフォローをしたり解除することができるということになります。

アクションブロックされないフォローやフォロー解除数

ここからお伝えしていくのは、あくまでも私のアカウントの場合であり、アカウントの状況によっても上限やアクションブロックが発生する条件も変わっていくので、1つの参考としてみてもらうといいです。

ちなみにアカウント毎による違いとしては、「通常の投稿やストーリーズへの投稿の頻度」が影響していると考えられます。

普通に考えても、投稿しないでフォローばっかりやフォロー解除ばかりしているアカウントは不自然ですしスパムアカウントと客観的にはみられるということです。

では、実際にフォローやフォロー解除数としては以下のような感じです↓

  • フォロー数100×1日複数:数日でアクションブロック
  • フォロー解除100×1日複数:数日でアクションブロック
  • フォロー解除1日300件:アクションブロック
  • フォロー数50×3時間以上時間を開けて複数:通常運用可能
  • フォロー解除50×1日複数:通常運用可能

このように、フォローやフォロー解除でも1回に100以上行って、それを複数行ってしまうとその場でアクションブロックする場合と続けるとアクションブロックされるということが発生しました。

逆に50件程度であれば今のところは通常に運用できているので、大量フォローやフォロー解除としてアクションブロックされない範囲としては50以下で時間をあけてやるのが今の段階だといい感じだということになります。

アカウント毎の上限を正確に調べるための方法

私の場合は50フォローくらいでブロックがかからないのでそれ以上を増やすことはしていませんが、仮に正確に調べたいのであれば、フォロー数を50→60のように増やしていって、どこでブロックかかるかを知るのも1つです。

そこまでのリスクを追ってやる必要があるのかとも考えられますが、私のアカウントは投稿をほぼ行っていないものなので、投稿を継続的に行ってアクティブなアカウントの印象を持っていれば、もう少しフォローの数を増やしても大丈夫な気もします。

正しく運用するためにも…

アクティブなアカウントと客観的に見られる運用

をしていくのがベストなので、フォローだけしたり解除だけするのではなくて、投稿や他の人の投稿にいいねやコメントをするなどをすることをオススメします。

詳しくは、インスタグラムで1日にフォローできる上限と効果的にフォローする方法にも書いてるのでどうぞ。

あわせて読みたい
インスタグラムで1日にフォローできる上限と効果的にフォローする方法Instagram(インスタグラム)でフォロワーを増やすために、自らフォローをして相互フォローを獲得していく方法がありますが、このフォロ...

連鎖アクションブロックもあるので要注意

Instagramのアクションブロックに関して研究をしている中でも、個別のアカウントがアクションブロックされるのではなくて関連するアカウント全ては連鎖してブロックがかかるケースも実際に起こりました。

1つのアカウントがブロックかかったら残りの4アカウントもブロックかかるというかなり恐ろしいことです・・

これも数日で解除されましたが、今度のInstagramの動きとしては、Twitterもそうだったように紐づいているアカウント全ては凍結するなんてことも考えられるということになります。

そうなると、クリーンなアカウントとそうでないアカウントで分けていても道ずれが起こる可能性も考えられるので、どこかのタイミングで全アカウントをクリーンな運用にして大量フォローや解除を卒業することがリスクをとらない運用になるかと思います。

SNSの場合、規約がゆるくなることはなく厳しくなる一方なので、今はいいけどという段階でアカウントを伸ばしておいて、どこかで厳しくなったら見極めて運用を切り替えるようなことはしないと全凍結の恐れもあるので頭の片隅にでもいれておいてくださいね。

実際にフォロー解除に関して、【実体験】Instagramで最大7500人のフォローを一括解除【検証してみた】にて実験もしてみたのでこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
【実体験】Instagramで最大7500人のフォローを一括解除【検証してみた】Instagramのフォロワーを獲得するためにフォローをポチポチ行っていき、相互フォローを増やしていくというやり方がありますが、フォロー...

まとめ

Instagramでアクションがブロックされるケースが増えていますが、どこまでは限界でギリギリいけるのかをアカウント毎に知って運用をすることが今の段階でブロックされずに運用する方法の1つになります。

特にツールなど使って自動化などに頼りきっている人は、その点では現状厳しくなっているので、外注さんを雇って自然にフォローやフォロー解除をしてもらうとか、投稿など継続的に行って自然なアカウントという印象を与えるのがベストです。

このように少し前と比べるとInstagramも厳しくなっているのはそうですが、TwitterやFacebookと比べるとまだまだ規約など緩いので、どこかのタイミングで必ず一気に厳しくなりフォロワーを増やしにくくなります。

そうなる前に先行者利益という感覚で今の段階からアカウントを育てておくと、今後のInstagram集客等にも繋げやすいので、ブロックかかるからと止めるのではなく、対策をして今のうちにアカウントを育ててみてくださいね。

ぶっちゃけ「Instagram×LINEステップ」だけでも情報発信ビジネスは成立しますし、特に非稼ぐ系との相性もいいので、今のうちに集客媒体とマネタイズの仕組み構築しておくことをオススメします。

具体的な方法に関しては、LINE@×インスタグラムで稼ぐ仕組み構築を解説【初心者必見】をどうぞ。

あわせて読みたい
LINE@×インスタグラムで稼ぐ仕組み構築を解説【初心者必見】LINE@で稼ぐための集客媒体の1つとして、インスタグラム(Instagram)が注目されていて、特に非稼ぐ系ジャンルとの相性がバッチリ...

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!