Instagram

インスタグラムの自動ツールは使うな!オススメしない理由【炎上覚悟】

インスタグラム(Instagram)
の自動ツールは

需要と比例し
最近とても増えていてます。

自動ツールを活用すると
「いいね」や「フォロー」や
「アンフォロー」等、

面倒な作業をツールに
任せる事が出来るように
なりますので、

一見すると、
「自動ツールを使うだけで、
有名なインスタグラマーに
なれるんじゃ無いか?」

「ツールを購入するだけで、
人件費が大きく
削減されるのでは無いか?」

「爆発的に作業効率が
上がるのでは無いか?」
と、

魔法のような便利さを
感じてしまうかも知れません。

インスタグラム 自動ツール

結論から先に言ってしまうと、
私は、あなたに
インスタグラム自動ツール
の使用をオススメしません。

疑問が出て来ると思いますが、
数分程度で構いません。

この記事を最後まで
読んで頂ければ、
あなたなら、
必ず納得して頂ける筈です。

話は戻り、
基本的な話ですが、
インスタグラムを集客として
活用して行くのであれば、

この注意点は、
ご存知でしたでしょうか?

それは、
「投稿だけしていていたとしても、
発信力や拡散力に繋がりにくい事」
です。

大切なアカウントを
育てるためにも、
初期の段階では、

自らがフォローして、
自分のアカウントを
認知してもらうこと

が必要です。

そのため自動ツールを
活用することや、

「いいね」や「フォロー」
などといった行動に
時間をとらわれずに

運用するためには
どのようにして
行けばいいのか?

この記事では、
以下の疑問に
お答えしていきます。

・ インスタグラム集客の
媒体として活用している人

・インスタグラムの自動ツールを
活用しようか検討している人

・自らいいねやフォローなどの
行動をしている人

あなたが、
当てはまるのであれば、
必ず、最後まで
読み進めてみて下さい。

インスタグラム自動ツールで出来る事と注意点

インスタグラムの
自動ツールでできることは、
サービスによって
異なりますが

大きくはこの四つを
活用するケースが多いです。

・自動いいね

・自動フォロー

・自動アンフォロー

・自動コメント

このように、
今までであれば
手動で行っていたこと、

  • 見込みとなるアカウントの
    投稿に対して「いいね」
    押していくこと
  • アカウントを見つけて
    「フォロー」していくということ

 

こんなことが、
自動ツールを
活用することによって、

ターゲットをセグメントし
ツール上で自動で
「いいね」や「フォロー」
などをしてくれ
ます。

また「アンフォロー」も同様に
自動ツールを貸しておけば、

相手がフォローしていない
片思いアカウントを抽出し、

「フォロー」を自動ツールで
行うということが可能です。

ですので、
アカウントを育てるために
今まで毎日「いいね」や
「フォロー」を繰り返し
行なっていた人からすると、

その時間をツールで
任せることができるので
作業効率を高める
ことができます。

でも、価格はどのくらいするのか?

ここまでの話を聞くと
インスタグラムを活用して
集客を行う人は、

自動ツールを活用した方がいい
と感じるかもしれませんが、

もちろん月額の費用
発生していきます。

価格帯はサービスによって
異なり
ますが、

月額3,000円程度のものから
3万円程度のもので

サービスの質や
できることの違いによって
価格は大きく異なってくる
のが現状です。

どのくらいの希望価格で
インスタグラムを
運用していくのかによって、
受けるサービスも
違ってきます。

まずこれから
インスタグラムを活用し
集客をして行こうと
考えている人であれば

低予算で使える自動ツールを
選んでいくことが
お勧めになります。

便利な自動ツール。
ですが、
もちろんインスタグラムの
自動ツールにも
デメリットが存在
しています。

インスタグラムで自動ツールを使用すると凍結するリスクが高い

2019年の前半くらいまでは
インスタグラムの規約もゆるく、
アカウントの凍結等も
多くはありません。

「フォロー」を1日
何百件行ったり
「いいね」も
何百回行ったりしても、
問題がありませんでした。

ですか、
2019年の10月後半あたりから
インスタグラムの
規約も厳しくなり、

「いいね」や「フォロー」など、
一定数を超えると
アクションブロック
がかかったり、
アカウントが凍結してしまったり
という事例が、
多数、発生しています。

このアクションブロックについては、
インスタグラムでアクションがブロックされる事案が急増【そのままだと凍結する可能性大】
の記事で詳しく
説明していますので、
大切なアカウントが
凍結される前に、
是非、参照にして下さい。

あわせて読みたい
Instagramでアクションがブロックされる事案が急増【そのままだと凍結する可能性大】Instagramで フォローぽちぽちして 相互フォローを増やしたりとか、 ツールをぶん回して 大量フォローや フォロー解...

もちろん、
アクションブロックは、
手動で行った時にもかかる場合

もあります。

でも、それ以上に
インスタグラムの自動ツールなど
活用した場合には

不自然なアクションとして
認知されやすく、
手動で行うよりも
アカウント凍結や
ブロックなどのリスク

が高まります。

また
このアクションブロックや
凍結に関しては、

アカウントによっても
異なっていて、

ツールを活用しても
ブロックなどされにくい
アカウントもあれば、

すぐにされてしまう
アカウントもあります。

じゃあ、自動ツールは使わない方がいいの?

インスタグラムの自動ツールには
このようなリスクあることを
知っておきましょう。

仮に自動ツールを使って
アカウントが育っていっても、

アカウント凍結されてしまっては、
今までの苦労も水の泡

となってしまいます。

ですので、
仮に活用するのであれば

アカウント開設からフォロワーを
「2203」になるまでの
集客期間だけツールを活用し、

それ以降は手動に切り替える
などといった方法が
確実です。

もし、
1日辺りのフォロー数の上限やより
一層効果的に行って行く方法
が知りたい方は、

インスタグラムで1日にフォローできる上限と効果的にフォローする方法」
の記事を
参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
インスタグラムで1日にフォローできる上限と効果的にフォローする方法インスタグラムで フォロワーを増やすために、 自らフォローをして 相互フォローを 獲得していく方法があります。 ですが...

実際に私もインスタグラムの
自動ツールを活用したことがあります。

でもやはり手動でやるよりも
アクションブロックなどの
規制が早く入ってしまうので、

投稿などもうまくできずに
終わりました。

長期的に見たら手動で
コツコツやって行った方が効率的

と感じています。

そこで私が現在行っているのは
インスタグラムの自動ツールを
活用せずに

「いいね」や「フォロー」などを
運用を手動で効率的に
進めていく方法として、

インスタグラムの運用の外注化
を行っています。

インスタグラム自動ツールより外注化がおすすめ

インスタグラムの自動ツールより
外注化がおすすめ。

私がそちらに切り替えた理由
としては以下の
三つの理由があります。

  1.   凍結されにくい
  2.   ツール費用よりも外注費用は安い
  3.   手動なので精度も高い

ポイントの詳細を
みてきましょう。

凍結されにくい

自動ツールのように機械的な
「いいね」や「フォロー」
などを行うよりも、

やはり手動で行っていく方が
インスタグラムの見え方
という意味でもいいですし、

アクションブロックが凍結をするのを
かなり抑えること
もできます。

実際に私のアカウントだと
フォロワーが
約6,000人近くいるので、
アカウントが凍結してしまったら、

今までアカウントを育ててきた
意味が全くなくなってしまうので、
慎重に運用したほうがいいでしょう。

またアクションブロックが
起こってしまうと、
「投稿すること」や
「他のアクション」も
できなくなってしまいます。

そうなると機会損失が大きく、
長期的に見たら
アカウントでの発信が
できなくなるので
集客の逆効果

なってしまうということです。

ですので、
凍結リスクという面でも
なんでもツールを活用するよりも、

手動で行っていく外注化の方が
リスクを抑えることができます。

ツール費用よりも外注費用は安い

インスタグラムの自動ツールを
活用するとサービスによって
月額表が大きく異なってきますが、

私のお勧めする外注は
月額1万円から2万円程度
という費用が発生してきます。

年間でも12万円から
24万円程度
という
お金がかかります。

外注費用の相場はどのくらい?

「外注費用は高額」と
感じている方も多い
と思いますが、

外注費用の単価というのは
やることによって大きく異なり、
記事を書くことなど
クリエイティブでスキルが
必要なものほど高く
なります。

逆に
インスタグラムで
いいねやフォローを行う
ということはいてしまえば
誰でもできることなので、

良い価格で依頼をすることが
できます。

実際にクラウドソーシングで
調べてみても
インスタグラムの
いいねやフォローなど、
1アクション0.1など、

かなり低価格な依頼であっても
仕事を受けている方が
多い印象です。

月間でどれくらいの外注費用がかかるの?

 

これは、
インスタグラムの
アカウントの数や
運用方法によっても
異なってきます。

もちろん
依頼する単価にもよって
異なりますが、

例えば、先ほどお伝えした
1アクション0.1選んで
お願いした場合だと
以下のようになります。

 

1日100フォロー×0.1円×30日=300円

1日100いいね×0.1円×30日=300円

=600円(月間3000フォロー・3000いいね)

 

こちらは、
単価が0.1の場合ですが

仮に0.5年だったとしても
月間で3,000円程度の
外注費用で抑える
ことができます。

一度お願いすると
同じ内容もしくは、

それ以上の質
そしてリスクを抑えて
発注することができます。

手動なので精度も高い

インスタグラムの自動ツール
と比べると手動で
「いいね」や「フォロー」など
を行うということは

非常に精度がいい可能性が高いです。

実際に私が自動ツールを
活用して行った時には、

「いいね」や「フォロー」も
ターゲットセグメントを
細かく設定することができずに
精度が低く、

「フォロー」をしても
フォロワーが増えなかった
印象があります。

逆に手動の場合であれば、
「いいね」や「フォロー」をする
ターゲットややり方を
明確にすること
によって、

00以上の精度で
3Gの運用を行うことが
できるということです。

手動の場合にはどうアクションをしていけばいいの?

これはやり方によって
異なってきますが、

フォロワーを集める目的であれば、
現在インスタグラム上で
アクティブなアカウントに
フォローしてもらうことが
一番の目的になります。

ですので、アカウントよりも、
投稿に「いいね」やコメントなどの
反応をしてくれている
アカウントに対して

「いいね」や「フォロー」などの
アクションを起こしていく方が
効果的です。

もちろんビジネスモデルによって
投稿内容も変わります。

例えば、ゴルフ属性の
フォロワー集めたいのであれば、

ゴルフに関連する投稿に
アクションしている人に対して
行なっていくと、

フォローバック率も高くなる
傾向にあります。

インスタグラム自動ツールを使わず外注!手順

では
どのようにして
インスタグラムの
外注化をしていくのか?

以下の三つの手順に沿って
行うことによって外注化し、

自動ツール以上の運用を
行うことか可能になります。

  1. クラウドソーシングで依頼する
  2. 運用の管理や作業方法を伝える
  3. フォローなど作業した分の費用を支払う

ポイントの詳細を
詳しくみていきましょう。

クラウドソーシングで依頼する

クラウドソーシング
というのは、
個人間で仕事の依頼や
受注を行うことが
できるサービス
です。

有名なものだと
「クラウドワークス」や
「ランサーズ」といった
クラウドソーシングサービス

があります。

ここでは、
ブログのライターや動画の編集など
様々な仕事の依頼をする発注者と、

仕事を受ける受注者の方が
多くいます。

その中でもSNSの運用や
インスタグラムでの運用代行
などといった依頼も
多く見かけます。

このクラウドソーシングサービスでは、

「どれぐらいの単価で
何を行ってもらいたいのか?」

ということを明記した上で
仕事の募集をかけます。

初めての場合、どうやって依頼するといいの?

特に初めての依頼の場合だと
どのように仕事の依頼を
していいのか分からないと
思います。

でも
一旦クラウドソーシングの
サイトに登録すれば、

仕事を依頼する為の
テンプレートなども
用意されていて、

その通りに仕事の依頼をするのが
簡単でいいでしょう。

またおすすめの方法として、
同じような仕事の依頼を
過去にしていた依頼内容や
詳細などを確認
し、

その依頼内容をベースに、
実施のお願いしたい単価や
仕事内容などを明記した上で
依頼するという方法です。

真似をしたい仕事の依頼方法は、
過去に応募が多かった
仕事依頼の内容などを見て
依頼内容などを決めていくと、

失敗もなく簡単に
依頼することができます。

運用の管理や作業方法を伝える

外注さんが決まったら、
その後は運用の管理や
作業方法を伝えておく
必要があります。

できれば
手順書のようなものを
用意しておく
と、

依頼する内容との
ギャップが少なくなり、
きちんと作業をしてくれます。

PDFなどで作ってもいいですが、
お勧めは動画を使い
実際にフォローを行う方法
で、

画面録画し、

そのやり方を解説した上で、
手順書として渡す方法です。

また
インスタグラムの
運用の場合であれば、

「いいね」をした数や
「フォロー」した数などを
記録しておかないと

実際にどれくらいの作業したのか
分からなくなります。

エクセルやスプレッドシートなど
管理シートを活用して

記録してもらう運用方法
お勧めします。

フォローなど作業した分の費用を支払う

最後に支払いに関してですが、
私の場合は、
運用の管理シートに
記録してもらった分を、

月末に合計をし支払う
というフローで行っています。

このように
クラウドソーシングでの
支払い条件など
(例えば月末にまとめて支払い)など

サイクルを決めておくこと
お勧めします。

単価に関しても一定な金額で
ずっとやってもらうより、

フォロアーやアカウントが育ったら
単価を上げる
(例えば全員フォローしたら
単価を上げる)

などといった
条件での依頼方法や
運用がいいでしょう。

なぜこのようにするのか?
なぜなら、
仕事をしてくれる人が、
同じ価格のままで安いと
感じでしまったら

他の依頼に移ってしまう
可能性があります。

また新たに人を探してお願いする
となると手間がかかりますので、

せっかく慣れてきてもらった人
質の高い外注さんには
対価としての単価を高めて

囲いこみましょう。

インスタグラム自動ツールのまとめ

このように
インスタグラムの自動ツールを
活用するよりも、
個人的にはアカウント凍結や
質の部分も考えると、

手動で行える外注化をした方が
低価格でパフォーマンスも
高いと思います。

もちろんお伝えしたように、
アカウントをゼロから
育てる目的であれば
ツールを活用してもいいですが、

それ以降などの部分は
リスクも考えて
外注化をする方が確実です。

実際にインスタグラムを
集客目的として
発信力をつけたい
と思っているのであれば、

自動ツールに
頼るのではなくて、
このような運用

やってみてくださいね。

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!



【有料級!10種の動画講座の内容】
  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9.   
  10. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  11. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<


こちらの記事もおすすめ!