メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
情報発信

情報発信ビジネスで成功する7つの手段【完全初心者向け】

【この記事を書いた人】黒沢 誠
メルマガ・LINEセールスの仕組み構築・情報発信で 強みをビジネスに変える専門家。
有料商品の成約数ランキングで何度も1位獲得。
自身の魔法のセールステクニック技術をメルマガで全て無料公開。

 

全8回の動画講座への無料受講はこちら


情報発信するための手段として、最近では様々なメディアやSNSなど無料で発信できる媒体というのが増えています。

それによって自分の発信したいテーマやビジネスモデルにあった発信の手段を選ぶことであったりとか、ユーザー側も普段から使う、SNSやメディアというのは異なっているので、ターゲットを明確にして発信していく必要があります。

では、具体的に情報発信するための方法として、今から始めるのであれば、どの手段を選んで発信していけばいいのかということをお伝えしていきます。

なので、これから情報発信ビジネスを始めたいと思っている方は、自分の発信したいテーマを頭に浮かべながら、どの手段を選んで発信していくのか決めていただきたいと思います。

情報発信ビジネスを今から始めるための手段

なぜ情報発信する意味?

そもそもなぜ情報発信をする必要があるのかということですが、ビジネスとして発信し、そして自分のことを知ってもらい、集客、そして商品やサービスなどの販売などに繋げていく人が多いです。

ただ、情報発信もしたいからやるという方は恐らくこの記事を読んでいないので、ビジネス的に情報を発信するためにはマネタイズしていく必要があり、その集客の手段として情報を発信し、価値提供していくということになります。

特にネットビジネスとしてアフィリエイトや転売などといったビジネスモデルであると、初期費用がかかる事も多く、また転売であれば仕入れる金額などの投資金額も必要になります。

ですが、情報阪神の場合であれば、自分の経験やスキルなど、得意なことを発信することによって、集客マネタイズをすることができるので、貯金費用もかからず、特にSNSであれば無料で始めることができるというのが大きなメリットです。

ゴールを設定しない発信は無意味

情報発信の手段として、SNSなどを無料で手軽に始められますが、ただ情報発信をするであったりとか、目標を明確にしないで行っていても時間と労力の無駄になりますのでおすすめしません。

情報発信する意味として、ゴールを設定するということです。

例えば・・・

自分の商品やサービスやすいにあるのであれば、集客をする目的として情報を発信に取り組むことであったりとか、情報発信で稼いでいくのであれば、集客を目的とし、そこからマネタイズしていくことを考えなくてはいけません。

なので、SNSやブログなどで無料で情報を発信したその先の事として、何を提供していくのか、やまねたいずをどうしていくのかということを先に頭の中で考えておいてから、その見込み客の集客の目的として情報発信に取り組んでいくということです。

いろんな手段がある中で自分の発信にあったものを選択できる

このように情報発信の手段は色々ありますが、その目的やその後のマネタイズの方法までを設定して大きいその見込み客の集客として情報を発信に取り組んでいきます。

なので、ただ、ブログを始めるからいいというものではなくて足に対して見込みとなる、ユーザーがどこにいるのかってあったりとかはしのテーマと相性のいい手段を選んでいく事が、情報発信ビジネスで成功するためには重要になります。

例えば

20代前半や大学生に向けた情報発信を行うのにFacebookでいくら投稿していて、もうまくいくはずがなく、Facebookのユーザー層としても30代やそれ以上などというように煮込みとなるユーザーが少なければ発信しても無意味だということです。

そのため、情報発信するための手段を選ぶことはいくらでもできますか、その手段が自分の発しのテーマに合っているのかということをよく認識した上で情報発信に取り組んでいきましょう。

発信のテーマやあなたが続けられる方法を選ぶといい

情報なしの手段は色々あるから、自分で選ぶことができ万数が発信していく中で自分に向いている、発信かそうでない発信なのかというのが分かれていきます。

ブログ記事など文章を書くことは苦手なのに、ブログをいくら頑張ったとしても継続することはできないですし、結果を出すことに繋がっていきません。

苦手であればやる必要はないということです。

それよりかは自分が向いているであったりとか、やりがいや、熱意を持てる発信の手段を選ぶ方がよく降って、ブログを書くのが苦手なのであれば、YouTubeで動画を投稿していくなどと違った手段を選択していくことが継続する秘訣です。

王道!7つの情報発信するための手段

オープンメディア(ブログ・SNS・YouTube)

オープンメディアの媒体というのは、不特定多数の人が見ることができる媒体の手段で、このブログ記事も同様に毎日不特定多数の人が見ることができるメディアになります。

ブログ以外にもSNS(Twitter・Facebook・Instagram)や最近であればYouTubeもいろんな発信のテーマでの情報発信を行なっている人も多いですよね。

あくまでもオープンメディアの手段は認知になります。

まあ、ブログの中で商品やサービスなどを販売している人もいますが、やはりメルマガやLINE@などに集客し教育して販売した方が成約率も高く、読者数という資産も溜まるわけです。

ブログ(オウンドメディア)

ブログを使った情報発信の手段として、発信のテーマに問わず集客することができるのが特徴で、SNSであればアクティブなユーザーの属性が分かれますが、ブログであればGoogleなどの検索からの自然検索経由になります。

なので、あらゆる発信のテーマに対応できる手段ですが、その反面で集客できるまでに時間がかかり多くの方は集客できる前に諦めてしまいます。

それも…

ブログ記事を1記事投稿したからと言ってアクセスが集まるわけではなくて、ユーザーの求める記事を投稿し数を増やしていかないとブログ自体が評価されずにアクセスがこないんですね。

よく「100記事は投稿しましょう!!」なんて言われているのは、そのアクセスの1つの基準となるもので、このように記事を書き続けることなどできる人にはブログを使った発信は向いています。

あわせて読みたい
ブログ集客で情報発信ビジネスを成功させる方法【まとめ】情報発信ビジネスにおいてメルマガやLINE@への集客が常に必要になってきますが、その中でも濃い見込みユーザーを集客して集客の資産として長...

参考;ブログ集客で情報発信ビジネスを成功させる方法【まとめ】

アメブロ

アメブロもブログと同様に記事を書いていく必要がありますが、このブログのように独自ドメインとサーバー・ワードプレスを使ったブログとは異なりアメブロに依存しますので、自然検索経由よりもアメブロ内でのアクセスが期待できます。

なので、アメブロの場合にはアメブロにユーザーとの相性が関係するわけです。

上手くいっている人で言えば、女性向けの発信テーマでアメブロをやっている人が多いので、男性訴求の発信よりも女性に対しての発信のテーマの場合には、ワードプレスでがっつり記事を書くよりもアメブロ の方がオススメです。

特にアメブロの場合は、1つのSNSと同じ感覚なので、記事もキーワードに沿って3,000字以上など書かずに1,000文字とかであっても大丈夫で、自分の世界観などといった発信の軸などを大事にすることが大切になります。

SNS

SNSを使った情報発信の手段としてTwitter・Instagram・Facebookという媒体があります。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

ブログなどと違ってSNS毎の発信方法が異なったりとか、アクティブなユーザー属性も違うので、自分の発信のテーマはそのSNSとの相性がよくないと集客に繋がっていきません。

発信しているのに結果が出ない可能性が高いということです。

なので、SNS毎の情報発信の手段として相性をまずは知る必要があるので、SNS集客のコツ!王道3つのSNSで集客する方法【まとめ】をチェックして確認してみてください。

あわせて読みたい
SNS集客のコツ!王道3つのSNSで集客する方法【まとめ】メルマガでアフィリエイトや独自コンテンツ販売していくのにも【集客】を行うことができなければ、成約率100%のセールスメールがあっても読者...

 

クローズドメディア(メルマガ・LINE@)

クローズメディアというのは、ブログやSNSなどといった不特定多数の人が気軽にみれるメディアではなくて、登録した人だけが情報を受け取ることができるようなメディアのことを言います。

例えば…

  • メルマガ
  • LINE@
  • Facebookグループ

などといった発信の手段は登録者は参加した人しか情報を受け取ることができませんが、逆に言えば興味関心の高い濃いユーザーが集まる発信媒体になるということなんですね。

情報発信ビジネスでマネタイズしていくときには、このクローズドメディアに集客していき独自商品やサービスなどをセールスして販売していくことが一般的で、メルマガとLINE@であっても発信するテーマによっての相性もあります。

女性やスマホを利用する頻度の高い人であればメルマガ登録しても読んでくれないので、LINE@に集客した方がいいですし、SNSなどのスマホ利用するメディアであれば同様にLINE@の方が集客もしやすい特徴なんです。

あわせて読みたい
メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】 メルマガで稼ぐためには読者集客とメルマガ内でのセールスが必要になりますが、最近ではメルマガだけでセールスして稼げている人とい...

参考:メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】

情報発信ビジネスでの仕組みが成功の鍵

このように情報発信ビジネスで発信するための手段としては、様々な方法があり、自分に合った発信であったり安心するテーマや見込み、ユーザーが多い手段などを選んでいきます。

その中で考えなくちゃいけないのか、情報発信でも千さんが構築できる手段と毎日コツコツと発信し続けなきゃいけないという手段に分かれています。

もちろん毎日入らなくてはいけなくなるとそれは労働型のビジネスになってしまうので、オススメはできません。

なので、情報発信ビジネスでより結果を出すためには、仕組みを構築する必要があり、例えばブログでいえばブログ記事を積み重ねることによって記事を書かなくてもある程度のアクセスを集めないことができん焼却することはできます。

さらにそこからメルマガやLINEアットでステップメールやLINEステップなどを組むことによって、集客が自動化し、そして集客後も成立まで自動化することができるので何もしなくても売上が発生するという仕組みを構築することができるんです。

どうマネタイズして稼ぐビジネスモデルなのか

情報発信ビジネスの仕組みが重要といっても、どのようにしてマネタイズしていくのか売上をどこで作っていくのかを事前に決めておく方が発信の軸も明確になります。

独自商品やサービスでもいいですし、個別のコンサルティングやオンラインサロンなどといったサブスクリプションモデルといったように様々な方法があります。

その中で自分の発信のテーマにあった、ビジネスモデルを作りあげていくのが重要で、自分で考えるよりも、既に同じような発信のテーマで情報発信している人がどういうマネタイズをしているのか参考にするといいです。

勿論結果を出していそうな人にね。

逆にモデリングできる人がいなかった場合には、その市場での発信やマネタイズは難しいということなので、最初は成功モデルがいるような市場をみつけて情報発信ビジネスに取り組むことがオススメです。

まとめ

このように情報発信するための手段としては、ブログやSNSなどのオープンメディアや、メルマガやLINE@などと言ったクローズドメディアの存在があります。

情報発信で稼ぐためにはメルマガやLINE@などに集客し、教育し商品やサービスの販売・セールスをする必要があるので、あなたの発信に対して価値が生まれるのかも始める前にリサーチする必要があります。

せっかく発信をし続けているのに、それがビジネスとしてうまくいかなければ意味がないので、最初の段階から成功できる確信を持った上で情報発信ビジネスに取り組むことがオススメです。

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!