オンラインサロンや講座や起業塾など、
自社の商品を作って販売をスタートして一時的に
売上は作れたもの安定化や右肩上がりに増えない状況を
何ヶ月も過ごしている人は多いです。

特にその人たちがやりがちなのも…

  • 複数のSNSで発信をし続けて集客を増やそうとする
  • 既存の顧客リストに同じセールスばかり行う
  • 売上に繋がらないことを無意識にやってしまっている

など。

少ない集客数の中で、
そして来月も同じように売上が作れているのかや、
「さらに倍以上の成果はきっといつか出るはず」
と期待を込めて毎日過ごしていると思います。

それにいくらSNSでの発信を頑張ったところで、
毎月のメルマガやLINEの集客が2倍3倍になることの
可能性はほとんどないですし、
せいぜい月100リスト集めるのが限界ですよね?

ですが・・

  • 発信をやめれば集客できなくなり売上が発生しない
  • もしかしたらバズって集客数も増えるかもしれない

なんて思っているかもしれませんが、
きっと心の中では
「この集客数であれば、売上の限界もこれくらいだな」
と感じているんじゃないですか?

仮に月100リストをSNS等で集客できた場合に
おそらく限界の売上は以下のような感じです↓

LINE登録100人・商品単価50万円・成約率2%
=売上100万円

が仮に50万円の商品やサービスを作れて、
販売の仕組みができた時の現実的な目指せる数値です。

もちろん月100万円がゴールであれば、
気合いで無料の媒体をやり続ける未来も悪くないですが、
その先の売上やスケールアップを狙おうと思えば…

先に言っておきますが、
無料集客の成功例はインフルエンサーですが、
あの規模で集客できるメディアを育てて成功する確率は
極めて低いと思いませんか?

あなたがインフルエンサーになりたいなら別ですが、
ビジネス的に確率の高いことを実践して稼ぐのであれば、
もっと効率的な方法がWEB広告の活用です。

WEB広告というのも、
Facebook広告・YouTube広告・リスティング広告を使用して
広告を掲載して集客をしていく方法ですが、

多くの人は…

「広告ってお金がかかるから極力リスクを負いたくない‥」

「広告は難しそうなイメージがあるから手をつけられない‥」

「赤字になるリスクもあるから無料集客の方が安心‥」

と思ってしまって参入できない人が多いですが、
一般的な企業が自社のサービスを売り出す時には、
SNSやHPだけではなくて広告はほぼ必ず活用しています。

WEB広告だけではなくて、
CMや新聞や電車の車内にある物も全て広告です。

なぜなら、

集客はお金で買うことができて
時間も買うことができる

ということなんです。

仮にあなたのボトルネックが集客だというのに、
6ヶ月や1年かけてSNSを発信し続けても
その先に見える集客の限界があるのであれば、
非効率だと思いませんか?

・毎日SNSを発信し続けて1年後に月100リスト獲得
・広告で初月に月100リストを獲得

のようにこの時間を買うことができますし、
何より肝心な販売部分に対してのPDCAを早く回せることや、
このビジネスモデルで成果を出せるのかの判断も早くできます。

これが、1年後にやっぱり反応が薄くて売れませんでした。

では副業レベルであればいいですが、
個人事業主や経営者が目指すことではありません。

なので、そのための最初の一歩としては、
費用対効果の合うビジネスモデルを作り上げることであり、
これが悪ければ広告を使っても失敗します。

この3ヶ月での期間の平均1LINE登録の獲得単価は、
2,243円で326リストを獲得しています。
(広告費:731,218円)

これに対して私が提供している商品の
6ヶ月のコンサルティングの価格が約50万円なので、

成約率1%の場合=売上150万円(利益約77万円)
成約率2%の場合=売上300万円(利益約227万円)

という計算に広告経由の場合なりますよね?

もっともこの1商品だけではないので、
約73万円の広告費に対しての売上はこれ以上ありますが、
これであれば赤字になるリスクは少ないです。

費用対効果の合うビジネスモデルで
レバレッジをかける売上2倍以上も目指せる

になってくるわけです。

仮に広告費約73万円に対して売上300万円が発生する
ビジネスモデルが作れたとした場合には、

広告費約73万円=売上300万円
広告費約146万円=売上600万円
広告費約219万円=売上900万円

のようにSNSなどの無料集客であれば、
集客を増やすことが永遠のボトルネックになるのに対し、

「ポチッと広告予算を増やす」ことで

毎月の広告予算を調整して費用対効果が合えば
それに対して拡大化を目指せるはずなのです。

このように広告を活用することができる
ビジネスモデルを構築できれば、
集客の問題を解決することができますが‥

・商品もよくて販売も上手くできている
・成約率も高いセールスの仕組みができている

という状況でも集客経路がSNSなどだけで
毎月一定の数しか集客できないのであれば、
売上の限界を感じるのも当然の結果なんです。

実際にそのような人たちの場合であると、
「そもそも広告で費用対効果の合うビジネスモデル」
になれていないケースも多く、

SNSなどと比べれば広告というのは、
全く知らない人がLINEに登録されるので
信頼関係0のなかで関係性を作り販売を行うので
ハードルはかなり高くなります。

なので、「SNS経由だと売れるのに広告だと売れない」

とかよく起こりがちなことで、
広告に挑戦したのに費用対効果が合わないで
諦めた経験がある人も多いんじゃないでしょうか?

だからそのためには‥

 

になります。

先程広告での数値の事例を出しましたが、
あの時に大事なのは広告費をいかに安くするかよりも、
「限界CPA(1リストの獲得単価)をいかに上げられるか?」
になります。

例えばこの2つの事例だとどうでしょうか?

事例A:商品単価30万円を成約率2%で販売
この場合には100リストで売上60万円になるので、
1リストあたりの価値は6,000円になります。

仮に広告費に対して売上を3倍にしようと思えば、
限界CPAは2,000円に設定されるので、
この数値以下で広告でリスト獲得しなければいけない。

事例B:商品単価50万円を成約率2%で販売
この場合には100リストで売上100万円になるので、
1リストあたりの価値は10,000円になります。

仮に広告費に対して売上を3倍にしようと思えば、
限界CPAは3,333円に設定されるので、
この数値以下で広告でリスト獲得しなければいけない。

ということは広告で集客する場合に優秀なのは、
後者の事例Bであり限界CPAが高いので、
その予算間で勝負することが可能だということです。

ということは、集客した後の部分での差があります。

そこに影響してくるのが、

  • 商品単価
  • 成約率
  • 商品数(セールス数)

という3つの部分でここを改善していきながらも、

顧客生涯価値を最大化して限界CPAを高めることが
この場合の成功には必須になってくるんです

では、どのようにして顧客生涯価値を最大化して
限界CPAを高めるのか大きく3つのステップがあります。

1.費用対効果の合うビジネスモデルに変える

商品の設計をはじめにするときから広告からの集客を考えてシュミレーションをしていればいいですが、大半の方はこれができていません。

最初は無料の集客から始めるものだと思って、広告費がかからないから安い単価の商品(10万円やそれ以下)でのビジネスモデルにしてしまうんです。

そうなれば、そのまま広告で集客を使用しても費用対効果が合わないので戦う前から負けてしまっている負け戦に調整するようなものになります。

なので、広告を使っても費用対効果の合うビジネスモデルに変えるための、そもそもの商品設計の部分から改善を行っていき、商品単価の底上げや成約率などの戦略をもとに勝てる戦いという確信を持った状態で進めていく必要があります。

実際に受講者の方でも、商品単価2万円から20倍の40万円にして、今では広告からの集客からの販売の切り替えた成功事例もあり、そもそものビジネスモデルを少し変えるだけでも売上げアップが目指せるでしょう。

2.販売の仕組みを構築して自動化と成約率アップ

ビジネスモデルを変えて商品の単価を高く設定できたとしても、その商品が売れなければ意味がありません。

実際にLINEを活用し販売するときには、売上の基本は、「リスト数×単価×成約率」になるので、成約率が低いままで全体の売上は低いままです。

成約率を高めるための一番の方法は、「結果の出ているセールスの流れを取り入れること」がまずはやるべきことで、独学やオリジナル要素で販売しても成約率は改善できません。

もちろん、これもスタートラインに立っただけであって、重要なのは販売セールス部分の仮説検証を繰り返して成約率を上げるための改善です。

なのでベースは売れるセールスの流れを取り入れながらも、配信を行いテストを繰り返していき目標の成約率を目指していくことが必要なんです。

※LPの改善・教育動画の改善・コピー(メッセージ)の改善が必要

3.限界CPAを高めた状態で広告でレバレッジをかける

1と2の部分のビジネスモデルや成約率の改善ができた状態であれば、あとは集客数(リスト数)に比例して売上も増えていく計算になります。

要はここが無料集客であれば、決められた集客以上を集めることを短期間に行うことができませんが広告ならできます。

 

広告費約73万円=売上300万円

広告費約146万円=売上600万円

広告費約219万円=売上900万円

のように費用対効果があい、限界CPAを高めた状態で広告運用を始めれば
赤字のリスクが低い状態での集客から販売までの運用を行うことができるであろうということです。

もちろん広告も出せば終わりではないので、日々の数値管理やテストを繰り返して改善をこない、目標のCPAやそれ以下の数値を目指していく必要があります。

※LINE登録ページの改善・広告クリエイティブの改善の実施が必要

 

 

そこでコンサルティングコミュニティKMCで提供している、会員コンテンツや資料などをベースにして商品設計から販売集客までを実施できる環境を用意しました。

それも今まではコンサルティングコミュニティKMCを受講した方だけに提供をしていましたが、私はこの会員コンテンツや資料だけでも自分自身で行動できる人は成果を出せると思っています。

ですが、安い価格で販売してもマインドセットができていない人や、そもそも知識だけが欲しくて行動に移せない人が購入してもこの講座の価値はなくなってしまいます。

なので、本気でオンライン商品やサービスの販売やビジネスモデルの改善やセールス部分の仕組み化を行っていきたい人に向けて特別に公開することを決めました。

 

1.コンサルコミュニティ限定で提供している会員サイト閲覧権

会員サイトには商品開発からマーケティング・販売の仕組みを作るためのLINEステップ構築や広告・無料集客・外注化の採用などオンライン商品販売に必要なコンテンツを全て視聴することが可能です。

またコンテンツも随時アップデートを行なっていて、今活用できる情報やノウハウも1年後には通用しないなんてことも多々あるので最新の情報を常に提供していきます。

なので、基本的には会員サイトに沿って実践しながらもサポートやコンサルティングで方向性の修正やフィードバックなど行って目標の売上を実現できるビジネス構築を目指していきます。

2.3ヶ月間の実施スケジュールを個別で提案

3ヶ月という期間はとても短いものなので、目標設定をせずにダラダラ実践していても期待以上の成果を出すことはできません。

そのため最初のスタートアップコンサルの際に3ヶ月間の実施スケジュールを個々に作成していき、優先順位を決めて何から実践していけばいいのかを理解した上で進めることができます。

よくある会員サイトや提供して終わりではなくて、成果を出すことが目的なので、個々に合わせた目標に対してのタスクを実施していきましょうね。

3.月1回60分間のzoomコンサルティング(計3回)

90日間という短い期間の中で、どうすればより結果を出せる環境を提供できるか考えたところ、

月1回のzoom個別コンサルティングを
定期的に行うことで、現在の進捗状況と
より理解力・行動できるようになります。

具体的な数値の共有をしてもらった上での
改善やタスクの優先順位などを整理したり、
ボトルネックになっている部分の改善を
このコンサルティングで実施していきます。

zoom個別コンサルティングは基本的には
曜日問わず10時~22時までの間で
予約していただく形になりますので、
希望の日時で予約いただいて進めていきます。

現在単発の個別コンサルティングでは
60分間で2万円ほどの価格でやっているので、
この特典だけでもかなりの価値になります!

4.グループチャットで質問相談~期間内無制限~

オンライン講座の中でも、
最近多いのは動画などのコンテンツを配布して
サポートやフィードバックがない提供方法がありますが、
私的にはあれは結果出ません。

コンテンツには正直価値がなくて、
その内容をもとに実践できる環境や、
個別にサポートしながら進められる環境こそ
重要な価値になってくるんです。

そこで講座期間内は
グループチャットでの質問相談を
無制限で受け付けますので、

今回の講座の内容はもちろんのこと、
気になることはいつでも聞ける環境を
講座内容に加えておつけします。

5.グループコンサル参加権利(DRM研究室

特典で3ヶ月権利のあるDRM研究室でのグループコンサルも参加することができます。

グループコンサルは月2回の実施で1回あたり3時間程度の時間の中で、現状実践していることの振り返りや今後実践していくことの目標や現在抱えている問題や質問などを全て回答していく時間になります。

なので、KMCオンライン講座を受講して実践しながらも個別コンサルティングを受けて、それ以外にもグループコンサルで直接フィードバックなども受けることができるということです。

※日程に関しては毎月1~3日にアンケートを実施して回答数の多い時間帯で4日に日程を確定し実施していきます。

6.KMC参加者限定WEBセミナー参加権利(月1回開催)

コンサルティングコミュニティKMCで、
毎月ウェブセミナーを会員限定で行っています。

もちろん参加しているのは、
「このコンサルティングを受けている方のみ」
になりますが、

今回は特別にこの3カ月間、
月1回のウェブセミナーの
参加権利をプレゼントします。

内容に関してはその時の状況によって、
必要な内容をセミナーのテーマとして
お話をしていきますが、

セミナー後の質問や相談など
受けることができるので
セミナーと合わせて実践していることに関して
このセミナーの中で聞いていただければと思います。

特典1:スタートアップzoomコンサルティング

講座のスタートは、
このスタートアップコンサルティングを
行った日から3カ月間になります。

スタートアップコンサルティングでは
3カ月間どのような形で進めていくのか、
自社商品をベースにやっていくのか

今回の講座の仮案件をベースに
進めていくのかといった方向性を決めていきます。

やはり大事なのは全体像を知った上で
一つ一つ成果につながることができているか?

でありそのイメージをより体系化していくために
このスタートアップコンサルティングを
1回60分間1番最初に行って行きます。

特典2:DRM研究室~3ヶ月無料参加権利~

DRM研究室と言う月額4980円で
提供しているセールスに特化した
コミュニティを3ヶ月無料参加権利をプレゼントします。

このサービスの内容としては
月2回のグループコンサルティングまたは
会員限定コンテンツそして有益情報チャットを
見ることができますので
こちらのサービスも活用することができます。

特にセールスの部分など、
添削やフィードバックだけでは
伝え切れない部分があるので

積極的にグループコンサルティングに
参加してその中で実践していることを
質問相談していただければと思います。

※無料期間終了後は有料に切り替わります。

特典3:LINEセールステンプレート(真似してOK)

LINEステップを導入しLINEで
教育から販売を行う際に一番成果の出やすいのが、
既に成果の出ている流れを使用することです。

もちろん0から自分で考えてセールスするスキルを身につけるのも大切ですが、それ以上にまずは成果を出すことが目的の優先度が高いはずです。

そのため私が過去にセールスなどしてきたLINEセールスのメッセージの内容や配信順序なども複数商品販売ケースに分けて公開します。

なので、この価格帯であればAのテンプレートを使用することなど成果の出るベースの形を使用して自分のビジネスのセールスを作り込むことができます。

その先に改善などをしてきながらも、自分だけのオンリーワンのLINEステップの構築を行い売上の最大化を目指していくことがおすすめです。

特典4:LP作成テンプレート

オンライン商品やサービスを販売する中でもLP(ランディングページ)を作成する機会が複数発生していきます。

例えば、このページもそうですし、LINEに追加した際にもLPを経由して登録してくれた人が多いはずです。

なので、商品販売ページ・個別相談や説明会ページ、動画視聴ページ、LINE登録ページといったLPを作成する必要が出てきて、これもLINEのセールス同様に0からやるよりも成果の出ている流れを採用した方が失敗しません。

そのためのこの辺りの必要になるLPの作成テンプレートも特典としてはプレゼントするので、まずはその型にはめることでLPの全体像を作ることができるようになります。

あとはデザイン等は依頼するなどすれば、通常であれば10万円程度かかるLP制作も自分自身で行うことや費用をあまりかけなくても制作することが可能でしょう。

特典5:LPスワイプファイル集~計150LP以上~

LPを制作するときに私や多くの人がやっているのは0から制作するのではなくて、モデリングできるLPを見つけて参考にしながらも制作をしていくということです。

なぜなら、デザインやコピーの内容など0から書けるのは優秀なコピーライターや経験が多い人でなければそもそも文章が思いつくはずもなく、それ以外の人はリサーチに多くの時間をかけているんです。

私はこのLP関係を常に普段の生活で見かけたものをストックしているので、「このジャンルだったらこういうLPが良さそう」みたいなものがすぐにシェアすることができていますし、私もかなり参考にしているんです

なので、このLPスワイプファイル集は常に更新され続けていますが、このシートを共有させてもらうので自分でリサーチしなくてもこの中から見つけて参考に制作などすることが可能になります。

※LINE登録ページ・動画視聴ページ・説明会ページ・YouTube広告動画など複数のリサーチしているものをまとめているシートになります。

特典6:過去WEBセミナー録画版の視聴権利

私が毎月セミナーを開催し出したのは2018年11月からになるので、この毎月のセミナー動画というのもが現在30動画以上がストックされている状況です。

もちろん今後毎月セミナーを実施していくのでこの録画版のセミナーコンテンツも増えていくんですが、この過去のセミナーも全て視聴できる権利をプレゼントします。

内容は、その時の状況やトレンドなどを見てセミナーの内容なども必要なものを選定して開催しています。

また過去に行ったセミナーの内容の一部です↓

21年9月: LINEステップで診断を導入しセールスを分岐させて成約率を改善する方法

21年8月:個別体験会ステップのLINEセールス構築方法~DRMのセールスの傾向と変化~

21年7月:LINEステップのセールス改善の方法について

21年6月:既存リスト向けLINEセールス~Zoom勉強会~のセールス方法や勉強会のコツ

21年5月:LINEステップ診断×複数訴求セールス術

21年3月:既存リストへのプロモーション・セールスの仕方

21年2月:DRM戦略~2021年版~

21年1月:個別相談なしで高単価を販売するLINEセールス分析セミナー

特典7:各種シート関係

オンライン商品やサービスの販売を行っていく中で、成果を出すために必要なのは「分析し改善を繰り返していくこと」だと私は思っています。

何より一度構築したものも時代の流れの変化によって、それが成果が出続けるとは限らないので、常に自分自身も変化していくことが必要で、私も常に変化を意識しています

ですがその中でも感覚的に行うのではなくて、数値で判断しながらもボトルネックを見つけて改善を実施することで、そのためには「日々管理するためのシート」が必要になります。

そこで私が実際に使用している、「広告運用管理シート」と「LINEセールス分析改善シート」の2つプレゼントするので集客と販売の管理を行い数値化して成約率アップなどを目指していってくださいね。

講座でお伝えしていく内容は、
私がオンライン講座の商品開発や販売に
約100人以上のセールスに関わり研究した本質です。

ここでお伝えする内容を実践したことで、
私はLINEマーケティング運用や自社商品の販売で
多くの成果を出してきましたが、

3ヶ月間でビジネスモデルの見直しから
LINEセールスの仕組み構築・集客など
一緒に作り上げることであなたのビジネス、
そして人生は大きく変わるはずです。

参考までに、
商品開発やLINEセールスやステップ化を
コンサルなどお願いする場合には、
年間100万円ほどかかるそうです。

この金額を参考に、
KMCオンライン講座の受講料を
100万円に設定することもできました。

ただ、今回は、自分の強みを活かして
クライアントファーストで価値提供できる人を
一人でも多く増やしたいという想いがあります。

そこで、

参加費用
149,800円(税込)

KMCオンライン講座では、
1対1で商品開発やビジネスモデルの改善などから
徹底サポートする都合上少人数の募集になります。

それも結果を出すことを目的にしているので、
大人数を受講させてサポートの質を下げたくないという気持ちから
規定人数に達した時点で終了とさせていただきました。

商品価格:149,800円(税込)
動画100本、約30時間収録

サポート期間:3ヶ月間

*別途クレジットカード会社所定の分割手数料が発生します
*デビットカードでは、分割払い、リボ払いはご利用いただけません。
*銀行振込の場合、振込手数料が発生します。

 

これまで、KMCオンライン講座に
申し込む方への提供内容と7つの特典、
そして受講料の話をしてきました。

KMCオンライン講座に申し込みたいけど・・

「一括で支払うのは現状厳しい…」
「受講しやすい分割払いで払いたい…」

という人も、いると思います。

そこで、最大24分割払いにも対応することにしました。

149,800円/24回=6,241円

月々たったの6,241円で
KMCオンライン講座を受講することができて
さらに特典ももらえるという、とてもお得なご案内です。

※別途分割手数料がかかります

期間内に15万円の売上に満たなかった場合は
1か月のサポート延長

ここまでの内容でこの価格帯は正直、めちゃくちゃ安いです。

おそらく普通の方であればこれをベースに30万円の講座として販売しているような人も多いですし、ぶっちゃけそれでも成立はします。

ですが、「参加しても成果が出るか不安」と少しでも思っている人いるはずで、当然私も逆の立場であればそう思いますので当たり前のことなんです。

その中でも最低限で今回の参加費用以上はペイしてもらわないと参加しても意味がないですし、私も成果を出すためにやっているんで成果を出させなければ価値がありません。

なので少しでも安心して参加できるように、参加費用と同等の15万円の売上が期間内に発生しなかった場合には1ヶ月の延長保証としてサービスの内容を全て1ヶ月延長して受けることができます。

※条件として毎月の個別コンサルティングを受けた方のみになります。

Q:自分自身の商品やサービスがありませんが参加しても大丈夫ですか?

A:このサービスはひとつのカリキュラムに沿って進めるのではなくて、個々に合わせてスケジュールや優先順位は立てた上で行動をしていきます。そのため自分自身の商品やサービスがない人であれば、まずはそれを作るための商品開発から始め販売の仕組みそして集客といった一連の流れで進めていきます。

Q:既に商品販売している状況でも参加した方がいいですか?

A: 私が行っているコンサルティングサービスでもすでに集客や販売などで聞いている方も多く参加しています。その場合には現状の販売の数値などを見せてもらった上で改善を行い売上アップするための施策などを実施していきます。また売上アップだけではなくて自分自身の時間を減らしていくということも必要になっていきますので、その辺りの仕組みなども参考になります。

Q:月1回のコンサルティングではどのような事を行うんですか?

A: 個々によって異なります。 すでに販売など運用が始まっている人であれば毎月の数字を見せてもらった上で改善の施策などの優先順位などを決めた上での提案になりますし、逆にそこまで至ってない方は優先順位をつけて商品の販売そして集客を行うためのタスクをスケジュールをこなしていくための具体的な提案をしていきます。

Q:延長サポートの条件などあれば詳細を教えてください

A:毎月の個別コンサルティングを受けた方のみで、参加費用と同等の15万円の売上が期間内に発生しなかった場合には1ヶ月の延長保証としてサービスの内容を全て1ヶ月延長して受けることができます。

Q:他の講座などとの大きな違いはなんですか?

A:多くの場合は会員サイトやコンテンツがありその他の質問などはチャットなどだけというケースが多く、1つのカリキュラムに沿って進めるものが多いです。今回の場合には「個々に合わせた上で優先順位をつけてサポート環境の中で実践できる」という点が大きな差になります。

Q:わからないこと質問はできますか?

A:質問や相談はチャットワークを利用して行いますので、いつでも質問や相談を行える環境があるのと、あとはグループコンサルや個別コンサルの中で具体的な話や相談なども行うことが可能なので安心してください。 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

正直今回の講座を設計する中でもサポートなしの講座にしようか最後の最後まで迷っていたんですが、私としてはサポートなしで情報だけ提供しても成果が出ないと思っていて、このような環境の中での提供にしました。

というのも、いくら正しい情報が身についても、それを実践ベースで自分のビジネスに置き換えて実践しながらも方向性や優先順位などをつけて行うことができなければ成果は出ません。

少しのズレで成果は出ないからで、間違った方向のまま突き進めても失敗します。

もちろん提供側からすれば、サポートなしで販売すること以上に楽なものはありませんが、私の想いとしては「成果を出してほしい」というものは何を提供する時にも必ず軸として存在しています。

何より成果が出なければ提供側の私の価値がないのと一緒だからです。

ですが、そんな環境を用意しても素直になれずに過去の情報や経験ばかりが邪魔をしてしまい、間違った事をしてしまう人や行動の基準値が低ければ成果の出るスピードは遅くなります。

なので、誰でも参加して欲しいというよりかは、この期間コミットして素直に実践できる方だけに参加して欲しいと思っています。

そういった意識の高い人たちが集まることでより、この環境のレベルも上がっていきますし周りや全体で成果の出やすい環境にどんどん育てていくことが叶うからです。

周りが成果でない人ばかりなのか、逆に成果の出る人たちの集まりなのか、どちらに参加したいですか?

私は断然後者の環境に参加したいですし、そういった環境を作りたいと思っているので、この価値観に共感できる人だけ参加してもらえればと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

商品価格:149,800円(税込)
動画100本、約30時間収録

サポート期間:3ヶ月間

*別途クレジットカード会社所定の分割手数料が発生します
*デビットカードでは、分割払い、リボ払いはご利用いただけません。
*銀行振込の場合、振込手数料が発生します。

特定商取引法の表記