LINE公式アカウント

相手のLINEから消える方法って知ってる?【最終奥義】

これまで、
LINEをしていたけれども、
途中で相手のLINEから
消えたいという場合は
ありませんか?
そんな場合に、
相手のLINEから自分が
消える方法や
消してもらう方法を
知っておくと便利です。

また消えた場合に、
相手にどんな風に
気付かれるのか?

も気になる方も
多いと思います。

当記事にまとめていますので、
参考にしてみませんか。

相手のLINEから
消えたい時ってどうする?

何かのきっかけで

「もう、
LINEをしたくない」

「LINEの友だちリストから
自分をなくしたい」

と考えることがあります。

ブロックをすれば、
相手とのトークは
しなくてすみますが、
友だちリストにあるのも
嫌だという場合もあります。

その場合の方法について、
いくつかありますので、
詳しくご紹介します。

自分から、
相手のLINEから消える方法

自分から相手のLINEの
友だちリストから
消える方法としては、

自分のアカウント自体を消す、
つまり、
削除する方法しかありません。

そして、その後も
LINEをやりたければ、
再度アカウントを作り直す
ようにするのが
おすすめです。

この方法の場合には、
これまでの他の全ての
LINEデータやアイテムなどが
消えてしまいますので
注意が必要です。

復活させることも
できなくなりますので
考えて行いましょう。

アカウントを削除するとは
LINEを退会すること

自分のアカウントを
削除するとは
どういうことなのか?

を再確認しておくと、
LINE自体から
退会することになります。

アカウントを削除すると
何もできなくなり、
LINE自体を退会することを
意味します。

自分のLINEアカウントを
削除して再登録する方法

自分のLINEアカウントを
一度削除して全て消した後に、
そこから再び新しく
LINEを始めたい場合は、
次の方法を取ります。

①LINEの

「友だち」

画面から

「その他」

に行き、

「設定」

に行きます。

「アカウント」

の画面で
下の方に行き

「アカウント削除」

をタップします。

②次に新しく
LINEアカウントを作りますが、

「友だち追加設定」

「友だち自動追加」

「友だちへの追加を許可」

を事前に
オフにしておきます。

そのことで、
自分が消えるようにした相手が、
また友達追加されることを
防ぐのがポイントです。

③そして、
新しいLINEアカウントを
再登録します。

これで、
新しいLINEアカウントで
一から始めることになります。

友だちも自動的には
追加されないので安心です。

相手のLINEから、
自分のアカウントを消してもらう

また相手のLINEから
自分のアカウントを
消してもらう
直接的な方法も
おすすめです。

人によっては
難しいとは思いますが、
相手にお願いして
行ってもらえれば楽です。

相手に
自分のLINEアカウントを
削除してもらう方法

①相手のLINEのホーム画面に
行ってもらい、
自分のアカウントを
長押ししてもらいます。

②一番下に

「削除」

と出ますので
削除してもらうだけです。

ブロックしてから
削除してもらう場合、
復活しないように消せる

もし、完全に自分を
削除してほしい場合は、
ホームの友だちリストから
ブロックをしてもらい、

その後に設定の

「友だち」

から
ブロックリストにある
自分のアカウントを
削除してもらう方法も
あります。

これで、
また自分が二度と
登録されないように
できます。

自分から、
相手のLINEから消えると
相手にはどう伝わる?

相手のLINEから
消えるようにした場合に、
相手にどう伝わるのかも
気になることです。

自分が消した連絡が
届くのではないか?
という心配があります。

実際にどう伝わるのかも
ご紹介します。

相手には
自分が消えた連絡は
いかないので安心

自分が相手のLINEから
消える方法について
ご紹介しましたが、

自分が消えたという
連絡自体はいきませんので
安心です。

自分のアカウントを
削除した場合は
相手の友だちリストから
消えますが、

その際に通知などは
行きませんので
大丈夫です。

もしかしたら、
ブロックされたと相手に
思われるかもしれませんので、

そう思われたくない場合は
自分のアカウントを
削除したことを伝えるのも
一つの方法と言えます。

自分のアカウントを
削除しても
相手のトーク履歴には残る

自分のアカウントを
削除した状態は、
自分がLINEを
退会している状態ですが、

相手に実際にどう見えるかを
ご紹介します。

相手のトークには、

「メンバーがいません」

と出ますが、
これまでのトーク履歴や
メッセージ、アルバムなどは
残ったままの状態です。

以前の物は
消せませんので
そのことはよく
知っておきましょう。

ブロックして友だち削除を
してもらった場合にも、
同じようにトーク履歴や
メッセージなどは残りますので
注意が必要です。

自分のアカウントを
削除することで、
自分のLINE上のトークは
一切消えてしまいます。

自分が何も見たくない時には
おすすめですが、
相手から
全部消すことはできません。

履歴が残ることは、
あらかじめ知っておくことが
大切です。

自分から消えるか?
相手に消してもらうか?
を選択するポイント

自分が相手のLINEから
消える方法は、
自分から消える場合と
相手に消してもらう
場合があります。

どちらを選択するのかは、
相手に気付かれてもいいかどうか?
で判断するといいでしょう。

自分から消える方法は、
相手に気付かれずに
いつの間にか
自分のアカウントが消える
方法です。

また、
相手に消してもらう方法は、
消してもらうきっかけが
ハッキリしている場合などは
おすすめです。

お願いして消してもらう
ようにしましょう。

相手に消してもらうことで、
自分のアカウントは
そのまま残りますので
後が楽になります。

他の人とのトークは、
通常通りそのままできて
便利です。

自分でアカウントを
削除する方法では、
アカウントを作り直すことで
他の友だちをまた新しく
追加しなければなりません。

その点では
相手にお願いできれば、
相手から消してもらう方法が
おすすめの方法と言えます。

相手のLINEから
消える方法は、
あまり相手を
気にしなくても大丈夫

相手のLINEから
消える方法について
見てきましたが、

自分から削除しても
連絡が行かずに
あまり気付かれなくて
済みます。

消える場合は
いつの間にか消えた状態で、
後になって
トークしようとした際などに
気付かれることが多くなります。

それほど心配せずに
消えることができますので、
もうトークしたくない場合は、
あまり気にせずに
行ってみるといいでしょう。

消える場合は、
自分から行う方法と、
相手から行う方法が
あります。

相手のことや手間を考えて
選択することができます。

LINEから消えることで、
その後の新しいトークを
しなくて済むようになるのは
メリットです。

ただし自分で消えるように
アカウントを削除した場合、
自分の全てのデータは
なくなりますが、

相手画面のトーク履歴や
メッセージなどは残ります。

その点はよく考えて
アカウントを削除する事が
必要です。

そして一度アカウント削除して
LINEを新たに再開した場合も、
友だちとして相手が再度
自動登録されないように
きちんとした設定が必要です。

自分が

「友だちへの追加を許可」

をオフにして
再登録しないように
設定すること、

再度相手に登録されないように
ブロックして
消してもらうなどを
気を付けて行いましょう。

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!