LINEステップ

LINE@を見ない人の心理は?見られ続ける上手いLINE@運用方法

LINE@を活用して
情報発信したり
マネタイズする1つの媒体として
セールスや告知やしたり
といった使われ方を
していますが、

LINE@のメッセージを
見ない人が急増しています。

LINEを見ない人の心理
(既読をつけない)と同様に、

「急いで返信しなくていいなら
読まなくてもいい」という
心理が生まれますし、

LINE@の場合であれば
基本的には一方通行ですよね。

なので、今読まなくても
「後でまとめて読めばいい」
と思っていたら

LINEに通知が
ドンドン溜まっていき、
嫌だからブログ→削除という
流れも考えられるんです。

この記事では、
そんなLINE@を見ない人の
心理と見られる
LINE@にするための方法を
解説していきますね。

LINE@を見ない人の心理と3つの原因

LINEをプライペートでも
使用している時に、

「未読無視」って
多くの人がやっていたり
メッセージを送ったのに

既読がつかなくて
読まれているのか
考えてしまうなんてこと
ありますよね。

受け取り側からすれば、
下記のような心理で
LINEを見ない場合が
多いです。

  • 今すぐ返信したくないから既読つけない
    (既読にするとすぐ返信ないといけない)
  • 冒頭の内容を見て判断
    (見ていないを言い訳にできる)
  • LINEをしたくないから
    見る頻度が少ない(暇な時しか返信しない)

などといった理由が
挙げられますが、

プライペートでも
LINEの未読が溜まっている
リアルな友達との
メッセージを見ない人が

LINE@からのLメッセージを
毎回開いて見ている可能性と
限りなく低いですよね。

「LINE@といえば到達率100%!!
開封率も高い!!」
などと言われていましたが、

LINE@での発信や
アカウントが増えたことによって、
LINE@も見られない
傾向にあるんです。

見られなくなると
どうなるかというと、

オファーしても
反応が低くなったり、
ブロックされる数が増えるなど

一方的な発信にだけなるので
情報発信での売上にも
大きな影響を与えます。

その中でも
LINE@が見られなくなっている
原因は下記の3つです。

  1. 複数のアカウントに登録したから
    情報過多になっている
  2. 通知が溜まるとLINE@も見なくなる
  3. 信頼関係が構築できていない

 

1.複数のアカウントに登録したから情報過多になっている

LINE@のアカウントが
個人でも簡単に
使用することができることで、

数年前までは
「個人での発信=メルマガ」から
メルマガはやっていないけど

LINE@でガツガツやっている人も
増えているんですね。

特にSNS関連や
リアルだと飲食店なども
LINE@に誘導して発信して

リピートや自信の
サービス提供などを
行なっているので、

自分のLINEのメッセージを見ても
LINE@の割合が増えていませんか?

私もLINE@の研究のために
登録はしているけど
全く読まないアカウントが
増え続けていますが、

見ない原因の1つとしては
LINE@情報過多に
なりすぎていることなんです。

というのも、
LINEの通知が0件で
LINE@のメッセージが
ピコンっと鳴って
通知1になれば
気になって
見ていたと思いますが、

情報過多になりすぎて
通知99みたいな人であれば

同じメッセージでも
受け取る側の環境で
価値が低くなるんですよね。

メルマガと同様に
多くの人から届けば
自分のメルマガを
開いてくれないように
LINE@も登録直後は見られても、

その後は見られないで
埋もれていき
ブロックされてしまうわけです。

2.通知が溜まるとLINE@も見なくなる

【情報過多=通知が溜まる】
通知が溜まって
リアルな友達からのLINEや

LINE@での
お得情報や発信などが
LINE上の溜まっていけば、
LINE@は見なくなります。

優先順位としたら
「特別な人(家族・恋人)→
リアルな友達→LINE@」
になるので、

LINEを開いてみる順序として
LINE@の優先順位って
かなり低いんですよね。

登録直後などは比較的
LINE@の内容も見られますが、
時間の経過とともに
熱も冷めていき、

LINE@のメッセージも
溜まってきちゃいますし、

溜まった時の心理としては
「見るのがめんどくさい」
と見ることをやめます。

現に私のLINE上にも
以下のように見ないで
溜まっている人のLINE@が
増えています(笑)

その中でもLINE@のメッセージが溜まりやすい発信とは

通知が溜まったり
LINE@のメッセージが
数日開いていない場合であれば、
見られなくなるわけですが、

溜まりやすLINE@の発信としては
配信の頻度が多すぎのが
一番の原因になります。

仮に毎日配信していた場合
(ステップLINEなど)であれば、

毎日届けてくれるのは嬉しい
という人もいますが、

頻度が高いので数日見ていないと
配信についてこれない
ということが起きるんですね。

配信についていけなければ、
通知がたまり見ない選択を
することになるので、

LINE@でメッセージが
溜まっている人は
嬉しいことに発信の数が
多いですが、

それが逆み見られていない
ということなんです。

その中でも毎日配信しても
見られる方法が…
「信頼関係」になります。

3.信頼関係が構築できていない

LINE@を見ない原因としては
発信者との信頼関係の構築が
できているのかどうかで、

例えば通常のLINEであれば
好きな人から
LINEの通知が来た瞬間、
見たくなりますし

届くのを楽しみに
待ちますよね。

逆に好きでもなく嫌いな人からの
LINEで見たくないと感じるように、

信頼関係が構築できていなければ、
LINE@のメッセージだって
読んでくれないですし、

見なければ通知が溜まって
ブロックの一直線を
辿ることになります。

そのため信頼関係を
構築することも
LINE@では重要で、

特に「登録時のメッセージ」は
ほぼ100%が見てくれるので、

この1通で
印象をどう持ってもらうかが
1つのポイントになります。

第一印象で感じた
イメージが残るように、
「なんか微妙」と思えば
その先入観でしか

LINE@のメッセージも
受け取らないので注意が必要で、

LINE@の友だち追加時あいさつで好印象を掴む4つのテクニック
で解説している方法を
使うといいです。

見られるLINE@を目指す運用テクニック

LINE@のメッセージを
見てくれるようになれば、

告知やセールスした時の
反応も上がり売上にも
繋がっていきます。

先ほどの見ない原因から
LINE@で見られる運用をするには

「信頼関係を構築して
メッセージが届いたら
すぐに確認したくなるような発信」

を目指していく
必要があります。

具体的な方法としては以下2つ。

  1. 配信頻度は少なく質の高い情報だけ提供
    (限定性もつける)
  2. LINE@とメルマガを組み合わせて運用する

 

1.配信頻度は少なく質の高い情報だけ提供(限定性もつける)

LINE@の通知など
溜まってしまっては
読まなくなり
ブロックに変わるので、

配信する頻度として
週に1~2通くらいの
頻度にしておき

配信する内容としても
価値の高い情報を
提供することです。

質を高い情報で
頻度が低ければ
読まれるわけで、

そこに加えて
限定性もつけることで

今すぐに読んでおかないといけない
状況もつけることがでいるんですね。

LINE@配信での限定性であれば、
エキスパのLINE@を
使うことでできる

期限付きのリンク(URL)での
配信などでの
音声や動画提供であれば

数日以内に読まないと
見れなくなる限定性を
作ることができます。

なので、
配信頻度が少なくても
質の高い情報発信と
限定性を作って見られる
LINE@を目指してみてください。

エキスパのLINE@機能に関しては、
エキスパのLINE@システムが無料ってマジ!?
をどうぞ。

2.LINE@とメルマガを組み合わせて運用する

2つ目の方法として、
LINE@とメルマガを連動させて無料版でもステップ化する方法
でも解説しているように

メルマガでの発信も
活用する方法で、

LINE@は時間経過すれば
読まれなくなる可能性が
高いんです。

要はLINE@の読者さんは
右肩上がりに増えていっても、

配信した時の反応が
イマイチだったり

LINE@内でセールスをした時も
同様に売れなかったり
しちゃうんですね。

最近LINE@で
上手くやっている人だと、

LINE@追加から
1つ目のセールスまでは
ステップ化
(最初の見られている期間内に)し

その後の発信頻度を
下げている人も多いんですね。

もちろんLINE@だけの
媒体であれば
マネタイズすることが
できないので、

それであれば
メルマガにも登録させて
メルマガは
完全ステップメール化して

自動化しての
収益化をしていくのが
効果的になります。

LINE@とメルマガでユーザー層が違う

その原因としては
LINE@とメルマガで情報収集する
ユーザー層が違っていて、

メルマガは頻繁に見るけど
LINEはあまり開かないから
気付きずらいなんて事が
あるんですね。

特に集客する
ターゲットによりますが、
若い人や女性向けであれば

LINE@のほうが
向いているかもしれませんが、

男性で30代以上の
ビジネス系であれば
メルマガを読み割合のほうが
多いです。

なので、
LINE@にこだわって
時間経過とともに
見られなくなる危険性も考えて
メルマガ発行し、

LINE@とメルマガを
上手く活用してみてくださいね。

メルマガでステップメール化して
稼ぐ方法は、

メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】
が参考になります。

 

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!