メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
LINE@

LINE@で何を書けばいい?と感じた時に確認する3つのポイント

【この記事を書いた人】黒沢 誠
メルマガ・LINEセールスの仕組み構築・情報発信で 強みをビジネスに変える専門家。
有料商品の成約数ランキングで何度も1位獲得。
自身の魔法のセールステクニック技術をメルマガで全て無料公開。

 

全8回の動画講座への無料受講はこちら


LINE@に集客したはいいけれども、何を書けばいいのか、そして日々発信をどのようにしていけばいいのかわからない方も多いと思います。

というのもSNSやブログなど、LINE@を発行しているユーザーをリサーチしていると、友達追加じゃ挨拶は送られてきても、その後のメッセージが送られてこないアカウントというのがとてもあります。

結局、集客はできているけれども、その後のマネタイズができていなかったりとか、信頼関係を構築するということまで繋がっていないので、とても損しているのです。

そこでこの記事ではLINE@に集客をしたはいいけれども、何を書いていけばいいのか、そして成約につながっていく、メッセージのポイントについて解説していきます。

LINE@に集客したけど何を書けばいいのか!?

LINE@に集客したけど、何を書いていけばいいのかという時に一番は友達追加してくれた、ユーザーの求めている情報発信を行うことになります。

この時によくあるのがLINE@上で自分の売上を報告したりとかブログやYouTubeなどを紹介するという利用方法もありますが、そもそもLINE@に登録して情報をもらうという意味では意味がないと考えています。

要はメルマガと考え方は同じで、ブログやSNSなどの情報を表に出せない部分を何やっとの中で価値の高い情報発症を行うなど、それに価値が生まれてLINE@に登録していると見れないという限定性が必要になるんです。

集客したけど発信することができていない

集客したけれども、日々の発信することできていない、LINE@の情報発信者がとても多く、せっかく集客できているのに、その後のマネタイズまでできていないのはとても勿体ないです。

なぜなら登録してもらっている時点であなたに興味関心がある状態であったりとか、ビジネス属性を集客するの価値としては1,000円や1,500円というぐらい高騰しているわけです。

それほど集客するというのは難しくなっている現状なので、集客できる時点でスタートは切れていて、そこからLINE@の発信や、そしマネタイズを仕組み化することによって稼ぐことにつながります。

発信しなければ信頼関係0で成約はされない

オファーする時になったら、LINE@で発信すればいいということもありますが、ベースとなるのは信頼関係の構築になります。

要は他の発信媒体で、メルマガやSNSなどを日々更新しているのであれば、それを見て、接触回数が増え、信頼関係も徐々に構築されていきますが。

何かのSNSをぱっと見て、そしてLINE@に登録するだけの場合であれば接触回数はその後のLINE@がとても重要になるので、そこで発信をしないということは信頼関係ゼロでオファーしても成約されない関係性にしかまだないんです。

なので、集客できているのであれば、LINE@でのマネタイズまで考える必要がありますし、日々の情報を発信することによって信頼関係が構築でき、成約につながっていきます。

集客したらLINE@で日々情報発信することが重要

そのため、集客したらLINE@で日々情報発信することが重要になっていて、日々と言っても毎日更新する、発信するというわけではないです。

もちろん毎日発信してもいいですが、発信する内容の質が悪かったりとか、LINE@の場合だと通知が多いとウザイと感じてしまってブロックされてしまったりとかします。

なので、適度にLINE@送ることが重要で、量よりも質が問われていて、友達追加してくれた、ユーザーが求めてる情報を発信や価値提供を行っていくことが日々の情報を発信に求められています。

日々の発信をすることによるメリット

では、日々LINE@で情報発信することによるメリットとして何があるのかと言うと、一番は友達追加してくれたユーザーとの信頼関係の構築になります。

特にLINE@の場合はメルマガと違って個別でメッセージややり取りが気軽にできるツールになっているので、一方通行ではなく実際に個別でやり取りできるぐらいの関係性を作ることができるんです。

例えば同じ商品があったとしても、一方的にメルマガで発信している人よりかは、LINE@の中で個別でメッセージをやりとりとか行っている発信者の方が信頼関係も構築でき、商品を買われます。

日々情報発信をLINE@を行わなきゃいけないのかというと最終的な目標設定である、LINE@の中でマネタイズしていくことが多くの方のやる意味になります。

なので、どうすれば、成約率を上げることができるのか、その一つとして、日々の情報を発信、そして個別でのメッセージなどを信頼関係や距離感の近い存在になることが重要なのです。

何を書けばいいか分からない時に押さえておきたい3つのポイント

でも、集客はできたけれども、じゃあ「何を書いていいのかわからない」と思っていますよね。

その時にLINE@で日々の情報を発信を行っていくための3つの方法について下記でお伝えしていきます。

  1. 登録した人が何を求めているのかを理解する
  2. 週1回でもいいからLINE@で情報発信を行う
  3. LINE@でセールスする事を考えて配信をする

 

1.登録した人が何を求めているのかを理解する

日々の発信する中でも伝えたいから伝えるという一方通行の内容よりも、友達追加してくれたユーザーが何を求めているのかを理解するのがまず必要です。

なぜなら何を求めているのか分からなければ何を発信していいかわからないかったり、発信と求めているもののズレが生じてしまうからになります。

じゃあ、ユーザーが何を求めているのか、どのようにすれば知ることができるのか?

一番は、LINE@で直接教えてもらうことになり、日々の発信の中で読んでいる方がどんな情報が欲しいのかであったりとかどんなことを悩んでいるのかというのをヒアリングしていくことがおすすめです。

もちろん教えてくださいと送っても教えてくれる方はいませんので、例えばアンケートを取るとか回答してくれた方にはプレゼントを送るなどして現状のヒアリングをレイアウト上で行っていくと何を発信していけばいいのかというのが明確に見えていきます。

それを知ることができれば、LINE@で日々送っていく内容も決まりますし、悩んでいることであればその解決策を発信していく、そして求めているものを情報を提供していくことを心がけていくということです。

2.週1回でもいいからLINE@で情報発信を行う

何を書けばいいのかわからない、だから送らないという考え方をまず捨てる必要があって時間が経過してしまえばあなたとの距離感はどんどん遠くになってしまいます。

要は友達追加されて数日以内にメッセージが送られてくるのか一ヶ月後に送られてくるのかでは状況が違いますので、ユーザー目線で考えた時には見覚えのない人からメッセージ来たからブロックしようという心理が働いてしまいます。

なので毎日LINE@を送る必要はないですが、週に一回や二回などを定期的に送ることによって何を発信している人なのかそしてその後の信頼関係やオファーに繋げることが可能になります。

と言っても、週1回発信することも継続できないという方も多いので、できたら自分の中でのルールを決めることで、毎週月曜日の何時に送るなどというルールのもとを発信を行っていくと継続し発信しやすいです。

3.LINE@でセールスする事を考えて配信をする

友達追加してくれたユーザーが求めていることを、そして悩んでことの解決策を日々情報発信していくことが重要になりますが、もっと必要なのはLINE@での目的をクリアするための発信です。

例えば、個人の方であればLINE@に集客してそこから独自コンテンツ販売やコンサルティングなどのオファーをしていくなら、それがゴールになります。

言ってしまえばそれを達成するために必要なのが信頼関係で、そして、構築するために必要だほうが日々の発信だということです。

なので忘れてはいけないのは、日々発信してはいるけれども、目的である成立に繋がらないということはとても問題になります。

そのため、LINE@の中でどのようなオファーをしていくのか、そしていつオファーするのかを決めて、その成立することを考えた安心を日々行っていくことによって成約率は大きく変わっていきます。

この考え方はメルマガと同様なので、メルマガの書き方!伏線と潜在意識を意識したセールス前の配信方法を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
メルマガの書き方!伏線と潜在意識を意識したセールス前の配信方法普段のメルマガを書くときにでも、その後の商品やサービスのセールスを意識した内容を配信によって、セールスしたときの成約率も大きく関わってき...

まとめ

このように、LINE@で集客することはできていても日々の情報発信を行っていない方がとても多く、その解決策としては求めている情報提供を行うことになります。

また最終的な、LINE@での目的を再度自分の中で落とし込んであげて、商品のオファーやセールスをするのであればその成約率であったり成約をさせるためは何をしなきゃいけないのかが重要なのです。

なので日々の発信の中でも信頼関係を上げるであったりとか成立に繋がる、LINE@での発信を心がけることによって最終的な目的達成や成約率にも関わってくるので、その点にも意識を持って発信をしていくことをおすすめします。

参考:LINE@を見ない人の心理は?見られ続ける上手いLINE@運用方法

あわせて読みたい
LINE@を見ない人の心理は?見られ続ける上手いLINE@運用方法LINE@を活用して情報発信したりマネタイズする1つの媒体としてセールスや告知やしたりといった使われ方をしていますが、LINE@のメッセ...

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!