メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
LINE@

LINE@アカウント削除の危険性!対策とリスクヘッジ3つの方法

LINE@を使って情報を発信や商品やサービスのセールスなどを行っている方も多いと思いますですが、LINE@はメルマガと違ってLINEという媒体に依存しています。

なので、規約違反などを起こしてしまったら、せっかく集客した友達が多くいるアカウントであっても削除されてしまう危険性があるんです。

もちろん規約を守って運用する事を意識することも大事ですが、仮にアカウントを削除されてしまった時には何も残らなくなってしまうので、今のうちからリスクヘッジを行なっておくことをおすすめします。

ということで、この記事では、LINE@アカウント削除の危険性がありますので、運用している中でのリスクヘッジの三つの方法についてお伝えしていきます。

LINE@アカウント削除の危険性!リスクヘッジ3つの方法

LINE@のアカウント削除など少し前までは話を聞いたことがありませんでしたが、最近では削除されたなどという話を多数聞いたことがあります。

アカウント削除されるのをそっちで契約違反を起こしてやっているのであればしょうがないかもしれませんが、正しい運用を行っているので削除されてしまってはかなりの痛手になってしまいます。

特にLINE@をメインの柱としてビジネスをやっている方であれば、削除された後に発信力を失ってしまう危険性が非常に高いです。

だからこそLINE@であってもそのリスクを考えて仮にアカウント削除されてしまった時にでも、今と同じぐらいの発信力を保てるリスクヘッジを行う必要があるということです。

LINE@もアカウント削除などの危険性がある

LINE@のアカウント削除など停止という処分を受けてしまうのもLINE@の規約の禁止事項に触れてしまった場合には一発で削除されてしまうということが起こってしまいます。

特に再開などの方法もなく、いきなり使えなくなるようなので、それは確実に避けなければいけません。

実際…LINE@の規約の部分にも下記のような記載があります↓

当社は、お客様が以下のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合、お客様によるLINE@の利用を予告なく一時停止し又は何らの催告を要することなくお客様との間の本規約に基づく契約関係(以下「本契約」といいます)を解除して、LINE@の提供を中止することができます。

このように、利用規約の中に、LINE側が判断し、運用している、LINE@のアカウントも予告なく一時停止や解除などすると記載があります。

その中での判断基準というのも細かく詳細は書かれていないので、LINE側がすべて判断するというような認識になります。

変な話ですか、LINE@の発信方法が自分の中では規約を守り運用していたのにLINE側の捉え方によっては規約違反とみなされてしまえば停止や削除などのリスクが考えられるということになります。

個人の発信者でアカウント削除にならないために気をつけるポイント

LINE@の規約の中でいくつか禁止行為という項目がありますがほとんどの項目は普通に発信を行っていれば、起こさないような規約になりますので、基本的には大丈夫だと思います。

ですが1部、個人の方で規約に触れてしまいそうな項目としては以下の部分です。

14.6. LINE@を第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスをLINE@を利用して宣伝することを含みますが、これに限りません)

このようにLINE@を第3者のための広告媒体として使用することを禁止されていますので、個人の方であれば例えば第3者となる商品のアフィリエイトを行うことは禁止だということです。

特にこれを知らずにやってしまっていては、禁止事項として契約違反になってしまうので、アカウント削除のリスクがあります。

こちらに関しての詳しい内容や対策方法に関しては、LINE@でアフィリエイトは禁止?絶対にヤメとけで、解説しているので、チェックしてみてください。

あわせて読みたい
LINE@でアフィリエイトは禁止?絶対にヤメとけLINE@に集客して商材等をアフィリエイトし稼いでみようと考えたことがあるかもしれませんが、実はLINE@では禁止されていたんです。 ...

その他の利用規約などに関しては、LINEアット利用規約に書かれていますので1度目を通しておいていただくことをおすすめします。

LINE@という媒体依存をしていることを忘れてはいけない

なので、普段普通にLINE@という媒体を使って集客した友達にメッセージを送ったり、個別のトークを送ったり使用していると思いますがLINE@という媒体に依存していることを忘れてはいけません。

ブログであればGoogleのアルゴリズムの変更やSNSであれば、SNSの規約変更やアカウント削除など他媒体に依存している限りはその規約を守り、そしてリスクがあり続けるということです。

特にSNSとかの場合であれば、契約は最初ゆるいのに対してユーザー数が増えてくれば、規約を厳しくしていく傾向にありますので、LINE@も同様に今後は厳しくなるという可能性も高いということです。

なので、これを読んでいる方でLINE@を発行している方であれば、リスクヘッジを行ない、その対策を行うべきになります。

LINE@で情報発信を行う場合の3つのリスクヘッジ

LINE@で情報発信を行っていく中でのアカウント削除などのリスクを感じてもらえたと思いますので、今からすぐに始められるリスクヘッジの三つの方法についてお伝えしていきます。

その方法として下記の三つです。

  1. LINE@のアカウントも複数作成して友だち追加しておいてもらう
  2. メルマガでの発信も行いメルマガ登録しておいてもらう
  3. Facebookグループを作成して参加しておいてもらう

1.LINE@のアカウントも複数作成して友だち追加しておいてもらう

一つの方法としては、LINE@のアカウントを複数作成しておいてもらい、メインのアカウントとは別にサブアカウントにも登録しといてもらうという方法になります。

仮にアカウント停止や削除されるとしても、その対象となるアカウントだけの可能性があるので、彼にサブアカウントに登録した、ユーザーを移しておいてもらえればサブの方で再度発信を続けることができます。

もちろん、名のLINE@のアカウントでこちらのLINE@にも登録しといてくださいという誘導をしても登録する方というのは少ないと思います。

なので、実践的な活用方法で言えば、

特定や企画などを行う時に欲しい方や興味ある方はこちらのLINE@に登録しといていただいたら、こちらで発信を行っていきます。

というように、自然に登録しておいてもらい、サブアカウントを活用し一時的に発信をするなどしておくと、メインからサブに濃いユーザーだけ移すことができます。

このようにしておけば、サブアカウントにもLINE@の中で扱い、ユーザーの友達がいる状態になりますので、定期的に行っていけばメインとサブでの二つのアカウントを用い、リスクヘッジとなります

2.メルマガでの発信も行いメルマガ登録しておいてもらう

次の方法としては、メルマガ発信も行ってラLINE@に登録してくれたユーザーにもメルマガ登録してもらうということになります。

もちろんLINE@とメルマガの、ユーザーの属性は違っていて、スマホを普段使う方やメールを普段使わない方であればメルマガを見ないというケースも多いです。

LINE@での発信のテーマにもよりますか、メルマガなど使う発信ジャンルであればメルマガにも登録しておいてもらって、LINE@で発信してる内容も同時にメルマガで配信するなどしていくことができます。

この場合にも、LINE@の複数アカウントの運用と同じように、ただ登録してくださいと言っても登録はしてくれないので、メルマガ登録特典や何かしらの理由をつけていかなければいけません。

魅力的な特典コンテンツの作り方は、「つい購入しちゃう」メルマガで魅力的な特典を付ける裏技をどうぞ。

あわせて読みたい
「つい購入しちゃう」メルマガで魅力的な特典を付ける裏技メルマガやLINE@に限らず商品の販売レターなどを見て特典がついているから「つい買ってしまった」などと言った経験はありませんか? ...

3.Facebookグループを作成して参加しておいてもらう

三つ目の方法として、Facebookを活用したリスクヘッジになります。

他のSNSでフォローしておいてもらうことも重要ですが、もっと距離感の近いような運用方法としては、専用のコミュニティを作り、参加しておいてもらうことです。

Facebookの場合は無料でコミュニティを作ることができて、参加しておいてもらえれば、LINE@のアカウントが削除された時などにも、コミュニティー内で発信して再度登録してもらうということができます。

同様に参加してもらう理由をつける必要があるので、方法としては「ライブ配信を行うのでこのコミュニティーに参加しておいてください」などというのが一つの手段としてあります。

ライブ配信であればSNSを活用した方法が最近では使われるケースが多いので、コミュニティ内にLINE@に登録してくれてる方だけに向けた配信というのも1つです。

まとめ

このようにLINE@のアカウントというのは、規約に触れてしまった場合など、いきなりアカウント削除されるリスクや危険性があります。

だからこそ、他媒体に依存しているモデルというのはずっとそのリスクがある状態になりますので、最低限の運用としてリスクヘッジを行わなければいけないということです。

特にその中でもメルマガであれば媒体依存しないモデルで、仮に配信スタンドがなくなっても、メールアドレスのリストさえ手元に保管しておければ他の配信スタンドからはメルマガを送ることができます。

そういう意味ではずっと昔からメルマガが残り続けている理由というのも、そこにありますし、今後も情報発信のメインとなっていきますのでLINE@だけではなくて、メルマガを使った発信をすることがオススメです。

また、LINE@よりメルマガの方が、ステップメールを低単価で活用することができるので、自動化に興味ある方は、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】 メルマガで稼ぐためには読者集客とメルマガ内でのセールスが必要になりますが、最近ではメルマガだけでセールスして稼げている人とい...

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「5大特典」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「悪魔級メルマガノウハウ含む5大特典×3つの動画講義」をプレゼント中です!

【5大特典の内容】
  1. 弱小メルマガで数万リストの発行者をぶち抜いて成約数1位を獲得した全9章に渡る動画教材
  2. メルマガの基礎から実践までを解説した7つの解説動画
  3. 通常1万円→0円で受けることができる個別体験セッション参加権利
  4. Instagramで潜在層のユーザーを集客する約60分に渡るWEBセミナー
  5. ランキング1位を獲得したセールスメールの全貌を丸裸に暴露
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!