LINEステップ

LINEで送信を自動化出来るって知ってた?Lステップ以外の方法

特に最近では、
LINEをお店の集客などのために
活用している事例は多いですよね。

「LINEを自動的に
送信できる方法があったら…」
と考える人も多いです。

連絡のLINEやお礼のLINE、
様々な集客のためのLINEを
一斉に送ったりするのに
重宝します。

当記事では、
LINEの送信を
自動化できる方法について詳しく
説明していきますので、
参考にしてみて下さいね。

黒沢誠
黒沢誠
有料になりますが、
Lステップ等で管理して
細かく配信して
行った方が確実です。

今記事は、
そこまでお金をかけたく無い!
趣味の延長線上で!
と言う方向けの記事です。

実際、
LINEの送信は
自動化できるのか?

LINEを通して、
多くの顧客と繋がる方法が
集客には有効です

最近では多くのお店や企業で、
LINEを使って集客を行って
効果を得ています。

キャンペーンの情報を
一斉に送ったり、
定期的なフォローのLINEを
送ることで集客にも
役立てています。

そんな際に、
LINEが自動的に
送れるようになったら
とても便利ですが、

自動で予約送信することは
現時点でのLINE自体では
行えません。

一斉送信の
機能だけはありますので、
それを活用してみるのは
おすすめです。

また別のアプリを使うことで、
送信予約も自動化できますので
使ってみるといいでしょう。

アプリ
「LINE公式アカウント」
に変更するのも一つ


「LINE公式アカウント(LINE@)」は、
アプリの一つで、
企業や個人店舗向けに
自社のアカウントを開設
することができるものです。

集客や
マーケティングなどのために
自社アカウントを作り、
一斉送信ができる便利な
アプリです。

有料プランもありますが、
一斉送信は
無料で行うことができ、
月に1,000通まで送れます。

もっと多く送りたい場合は
2段階の有料プランがありますので、
検討してみるのもいいでしょう。

パソコンでも、
iPhone、Androidでも
あまり変わらずに作業できる
アプリが便利です。

ただし
「LINE公式アカウント」では、
個別に送ることはできず
一斉送信のみとなります。

LINE公式アカウントの
使い方について

使い方ですが、
「LINE公式アカウント」の
アプリを取得したら、

「LINEアプリでログイン」

をタップして、

「許可する」

にして
LINE公式アカウントを
作成します。

そして、
それを一斉送信したい人に

「友だち追加」

してもらいます。

「メッセージを配信する」

でテキストを追加し、

「配信予約」

をオンにして
予約日時を設定することで
配信ができます。

その際に

「すべての友だち」

「属性で絞り込み」

が可能ですので、
送る相手を
選ぶことができます。

iPhone限定
グループトーク限定アプリ
「予約送信for LINE」
も一つ

iPhone限定で
グループトーク限定ならば、
「予約配信for LINE」を活用して
予約送信する方法もあります。

注意点としては
「LINE Notify」
という送信者に

必ずなりますので、

メッセージに送信者名を

明記する必要があります。

グループで分けて送信し
あまり広くに
自動送信しない場合で、

お互いに
よく知っている関係であれば、
こちらを使っても便利で簡単です。

「予約送信for LINE」
の使い方

使い方は
「予約送信 for LINE」を開いて、

「追加」

でLINEにログインして、
グループを選んで

「同意して連携する」

にします。
これで「LINE」に

「LINE Notify」

が追加され、連携されます。
グループトークで
画面右上の三本線から

「招待」

「LINE Notify」

をタップして、
再度

「招待」

を押すことで

「LINE Notify」

を招待します。

次に予約送信するために
グループ一覧からそのグループに
チェックを入れて、

「LINEを予約する」

をタップし、
日時とメッセージを入れると
自動送信されるようになります。

【事例付き】LINEの
自動送信の活用法について

LINEの自動送信は
アプリでできますが、
自動送信の活用法について、
具体的に
ご紹介していきたいと思います。

どのようなLINEを送って
集客に役立てたらいいのか
の参考にして下さい。

・キャンペーン情報
新商品や
お得なキャンペーン情報などを
送信する際に、
自動送信を活用するのが
おすすめです。

また、新しく
お友だち登録してもらった人に
キャンペーンなどを行う場合も、
配信時期を決めて定期的に
設定しておくのもいいでしょう。

・定期的な商品や
サービスについての
メッセージ

定期的に商品や
サービスについて
メッセージを送る場合も
自動送信で行うと便利です。

自動送信で多くの情報を
送ることができ、
そのうち送られてくる情報を
待ち望む人が増えてきます。

集客にも結び付いていきますので
おすすめです。

・一番読まれそうな
時間設定で
自動送信

また自動送信によって、
LINEが一番読まれそうな
時間帯を狙って
忘れずに送ることができて
便利です。

よく既読になる
時間帯を分析しながら、
多くの人が見る時間帯に
一斉送信するのがいいでしょう。

年齢や男女によって
時間帯を考えて
自動設定するのも
おすすめの方法です。

実際、イオンでは
LINE公式アカウントで
友だち登録を展開

お店や企業でも積極的に
LINEを活用する
動きがありますので、
参考にするといいでしょう。

例えば、イオンでは

「友だち登録を
お願いします」

と多くの人に
呼び掛けています。

友だち登録で
クーポンをプレゼントして
LINEに登録する
お得感をアピールしています。

そして、
LINEの輪を広げることで、
LINEから様々な集客を
目指しています

これまでいろいろなお店が
ポイントカードなどで
展開してきたサービスを、
LINEでもお客さんに
提供するものです。

リアルな情報やサービスが
提供できるのが
LINEのメリットですので、
お客さんにとっても
嬉しい特典があります。

LINEで広くお客様と繋がるのは、
これからの集客手段として
おすすめと言えます。

ユニクロも
公式アカウントを
LINEに登録すると
お得がある仕掛け

また、
ユニクロもLINEに登録すると
チラシを見れたり、
最新の情報がもらえたりします。

お得情報やクーポンも
もらえますので、
LINEの輪が広がっています。

様々なお店や企業で
LINEを活用した集客を
行っています。

これからは、
LINEによって
顧客を囲い込んでいく方法が
おすすめと言えそうです。

LINEを効果的に
送る方法について
知っておきたい!

LINEを自動配信する方法は
あることがわかりましたが、

配信するタイミングも
よく考えて送ることが
大切です。

効果的な時間帯については、
属性やサービス等、
それぞれの内容によっても

変わりますので
詳しく知っておきましょう。

例えば、
飲食関係のLINEならば、
12時の昼食前、
18時の夕食前の2時間程度
が最もいい時間帯です。

飲食店を選ぶ時間帯が
この時間帯で
ベストなタイミングと言えます。

また、曜日では
金曜日がよくなっています。

他の商品では、
金曜日の夜や土曜、
日曜などがいい場合もあり、
ゆっくりした時に
みてもらえることが多くなります。

内容によって
ベストな時間が変わりますので、
分析してから自動配信しましょう。

また、
自動配信で簡単に送れるから
とあまり頻繁に送ってしまうと、
逆に嫌われる可能性もあります。

週一程度の頻度が
もっと良いとされ、
よく見られる曜日や時間帯に
自動配信で定期的に
送ってみるといいでしょう。

LINEの場合には、
あまり期間が空いてしまうのも
よくありませんので、

週一と決めて
どんな内容を配信するのかを
計画的に行うのがおすすめです。

LINEの自動送信と
自動返信の違いについて

自動送信と
自動返信についても
違いを知っておくことが必要です。

自動返信は、
こちらでその都度
内容を決めるのでなく、

あらかじめ決めた内容を
自動的にメッセージとして
送信する機能です。

・「ご登録
ありがとうございます」

・「後日あらためて
返信いたします」

・「承りました。
もうしばらくお待ちください」

など、定形文を作っておいて
自動返信します。

自動返信があると、
相手にすぐにお礼ができたり、
とりあえずの連絡ができて
便利です。

「LINE公式アカウント(LINE@)」に
自動返信機能もありますので、
活用するといいでしょう。

自動返信の使い方

「LINE公式アカウント」の
自動返信の使い方についても、
詳しく知っておきましょう。

パソコンでは

「自動応答メッセージ」

を設定し、
メッセージタイトルと日時指定、
メッセージ内容を決めます。

例えば

「ご連絡
ありがとうございます。
あらためて
詳細をお知らせします」

などと入力します。
スマホのアプリ版の場合
「LINE公式アカウント」では、
管理画面から

「応答モード」

「キーワード応答メッセージ」

をタップし、

「キーワード追加」

を選びます。

「キーワード応答」


応答メッセージを編集して
送信します。

忘れずに時間を置かずに
返信できますので、
自動返信機能を使うと便利です。

お客様との
コミュニケーションや
信頼関係を
保つためにいいでしょう。

「LINEアシスト」で
一斉ではなく
ステップメールを
安く試す方法も!

また
「LINE公式アカウント」では、
一斉にメールを自動送信
することしかできませんので、

登録してくれた日ごとに
異なるLINEを
ステップメールのように
送ることは不可能です。

これを
「LINE公式アカウント」
で行うには
有料プランならできますが、
高額となります。

「LINEアシスト」
というソフトを
活用する方法もありますので、
試してみるといいでしょう。

Google Apps Scriptで
送信を
自動化する方法もあり

また、
Googleの様々な
ツール・アプリを使うことで
いろいろなことが
可能になります。

スプレッドシートで

「スクリプトエディタ」

を呼び出して
新しいスクリプトを作り、
LINEと連携するように
作ることもできます。

少し難しくなりますが、
自分で関数を作ることで、
定期的に様々なタイミングで
自動送信ができるのが
メリットです。

自由なタイミングで送ることなど
もできるようになりますので、
試すのもおすすめです。

LINEを自動送信して
サ―ビスや
コミュニケーションに
役立てよう!

LINEを自動配信するには、
アプリを使うことで
簡単にできることが
わかったのではないでしょうか。

一斉に同じ内容を
多数に送りたい時や、

定型文を忘れずに送って
フォローしたい時などに
自動配信サービスや
自動返信などが役立ちます。

集客のためにも
自動配信機能を大いに活用して、
キャンペーンや商品情報などを
まめに配信してみるといいでしょう。

顧客と
コミュニケーションを
図る手段として
LINEでの集客が
注目されていますので、

自動送信を活用しながら、
こまめな送信を行っていく方法が
おすすめです。

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。
最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!

【有料級!10種の動画講座の内容】

  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  10. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

こちらの記事もおすすめ!