LINEステップ

LINEステップの評判は?今すぐ活用すべき5つの事例【活用方法も解説】

個人の情報発信者の中で
SNSやブログから
LINE@に集客して
商品やサービスを販売していく

という方も増えている
と思いますが、

LINEステップを
活用しないと損です。

LINEステップというのも
メルマガのステップメールのように
配信を自動化することが
できる機能
で、

LINE@登録後から
販売までのセールスを
自動化することができます。

なので、現状を
LINE@でリアルタイムで
セールスなどを
している方であれば、

それを仕組み化して
時間や労力といった
効率化を図ることが
できるんです。

そこで、
この記事では、

今すぐLINEステップを
活用した方がいい
5つの事例を紹介

しますので、

仮に当てはまる方は
今すぐに導入を
考えてみてくださいね。

LINEステップ 評判

LINEステップの評判として
良い評判や悪い評判を
目にするかと思いますが、

ぶっちゃけ発信者の使い方と
セールス技術によって
その評判は分かれている
と思います。

というのも、
ただLINEステップを組んで
自動化したからといって
稼げるわけではなく、

セールススキルや
ライティングなども必要

になってくるからです。

売れないセールスをいくら
自動化したとしても無意味

だということです。

仮に売れるLINE@のセールスを
LINEステップ化し、
自動化することはできれば、

今まで配信していた時間なども
カットすることができますし、

その時間を
集客を増やすための
行動に変えることができます。

そうなれば、
集客の人数が増えて売り上げも
増やすことができるということ
です。

LINEでステップ化しない理由が見つからない

正直、
LINEでステップ化しない理由が、
私は見つからなく

それも最近のLINE@と
LINE公式アカウントの統合によって、

LINEステップの導入のハードルを
下がったからになります。

今までで言えば
LINE@の料金プランで
32,400円(税込)のプロ
に入らなければ、

APIという他のサービスと連動する
機能を使うことはできなく

LINEステップを使うことは
できませんでした。

月々3万円となれば
個人の発信者で毎月の売上が
3万円以上上がっていなければ
導入することは難しく、

ある程度売り上げが
出ている人だけが
ステップ化していたんです。

LINEステップの導入するハードルが下がった

ですが、
LINE@とLINE公式アカウントの
統合による
新料金プランが発表されて

現在切り替えや
新規のアカウントであれば
この新料金プランを導入
することはできます。

この場合、
料金プランに関係なく、
APIの機能を全て
使うことができるので、

無料プランであっても
LINEステップを組むことができる

ということです。

なので、少し前までは、
月々3万円払わなければ
使用することはできなかったのが、
無料で導入することができるので、

その場合には活用しないと
もったいないということ
になります。

LINEステップを導入するメリットとデメリット

では、
LINEステップを導入する
メリットとデメリットとしては
以下のようなことが考えられます。

メリット

  • LINE@登録から、
    商品サービスの販売までの
    自動化が可能になる
  • 重複したセールスにならないので
    ブロック率も下がる
  • 販売までを自動化して
    集客に専念することができる

デメリット

デメリットに関してですが、
色々考えましたが、

今の現状であればデメリットと
感じることはほぼない
んです。

料金も無料から
使うことができますし、

普通のLINE@と同様に
リアルタイムで
配信することもでき、

一対一のトークも
登録者にメッセージや
スタンプアクションを
起こさなくても
送ることもできます。

なので、
通常のLINE@の機能に加えて
プラスの要素として
ステップ化を組むこと
が出来るので、

デメリットと感じることがない
ということになります。

あわせて読みたい
エキスパでステップLINE@を作成する手順を解説エキスパの LINE@システムは 無料登録だけで利用ができ ステップLINEの機能も フルで使用することが できます。 ...

参考:エキスパでステップLINE@を作成する手順を解説

今すぐにLINEステップを導入した方がいい5つの事例

では、
このようにLINEしてップを
活用することによって、

商品やサービスの自動化を
することであったりとか

一対一の投稿をすることなど
というように
活用した方がいいです。

では、実際に今すぐ
導入した方がいい人としての事例が
以下の5つに当てはまる人
です。

  1. LINE@に集客することが
    既にできている人
  2. 既に商品やサービスなど
    販売するものを持っている人
  3. LINE@でセールスを
    定期的に行なっている人
  4. これからLINE@を
    始めようと思っている人
  5. メルマガのステップメールを
    構築している人

1.LINE@に集客することが既にできている人

既にLINE@にSNSや、
他の媒体などで
集客することができている
状態であれば、

その集客できている人に対して
商品やサービスの販売セールスを
しなければもったいないです。

何故なら、
登録して時間が経てば経つほど、
自分の価値は下がりますし、

登録してくれた人の熱量も
どんどん下がって
いってしまいます。

そうなってしまっては、
セールスしても
反応率が下がってしまいますし

登録された瞬間から
販売セールスまでを
しなければいけません。

もちろんこまめに
LINEでメッセージを送って、
信頼関係を構築している
人ならいいですが、

そうでない場合には
LINEステップを組んで
セールスまで
自動化してしまった方が
売上も作ることができます。

2.既に商品やサービスなど販売するものを持っている人

また、
集客することはできていなくても、

既に商品やサービスなどを
販売していたりとか
持っている人であれば

LINE@に登録されてから
販売セールスまでの
受け皿を作っていくことが
おすすめです。

そうすることができれば、
あとは集客するだけなので、

集客すれば自動で配信されて
売り上げが発生する
という状況になります。

LINE@でのメッセージも
放置していてもいいですし、

あとは集客に専念して
入り口を増やしていく
ことであったりとか、

そこから売れるイメージを
掴むことができれば、

さらに新規の集客を増やせば、
それに比例して売り上げも
増えていくということです。

なので、
商品やサービスが
あるのであれば、

販売までのセールスを
作ってしまうことを優先して、

その後に
集客に専念することが
結果も出やすいです。

3.LINE@でセールスを定期的に行なっている人

集客もできていて、
商品やサービスがあり、
すでにLINE@でセールスを
行ったことある方であれば、

それを自動化することが
LINEステップを導入することで
可能
です。

そうなれば
セールスするための
労力もかかりませんし、

フロントエンドの
セールスからバックエンドや、

さらに二つ目の商品や
サービスの販売までといった

仕組みを構築していくことも
できるようになります。

また、
自動化することによって
一定の成約率や数値というのも
見えていきますので、

そこを改善して
正確率を高めていくことや、
新規の客の数を増やしていく
ということで、

売上アップにも
繋がっていきます。

4.これからLINE@を始めようと思っている人

これからLINE@を始めよう
と思っている人であっても、

スタートの段階で
LINEステップを導入
した方がいいです。

なぜなら、
LINE@で既にリストある状態から
LINEステップを導入すると

LINEステップ上での友達数は
ゼロになってしまって、

登録した人からメッセージや
スタンプなどのアクションを
起こしてもらわないと

こちらからメッセージを
送ることはできません。

それであれば、
LINEステップを導入する
予算もかかりませんので、

最初の段階から
LINEステップを導入
しておくほうがいいですし、

商品やサービスなど
集客できるようになったら

ステップを組んで
行けばいいです。

5.メルマガのステップメールを構築している人

また、
現状をLINE@を
やっていなくても、

メールマガで
ステップメールを構築し、
商品やサービスを
販売している人であれば、

LINE@を初めてLINEステップで
自動化していくのもありです。

なぜなら、
メルマガも最近では
日数が経てば経つほど
読まれなくなっていますし、

それよりかはLINE@の方が
読むという人も増えています。

メルマガを読む人と
LINE@読む人の属性が
違うということです。

メルマガを読まない
属性の人であれば、

そこの読者さんを
逃していることになりますので、

LINE@も展開し、
発信し、
セールスをしていくと

LINE@からの売上も
作ることができるようになります。

ステップメールがあるのであれば、
それをLINE@バージョンに
書き換えて
配信設定することもできますので、

いきなりLINEステップを
組むということもできます。

まとめ

このようにLINE@の
新料金プランになったことで、
LINEステップを低単価で
組むことができ、

登録から販売までも
自動化することができるので、

使わないのがマジで勿体ない
と思うんですね。

もちろん、
販売だけがLINEステップの
活用じゃないので、

1対1のトークや信頼関係を
構築するという面でも
LINEステップを
活用することができるので、

毎回LINE@でメッセージを
送らなくても良くなります。

その中で反応のある人だけに
商品やサービスの販売や
セールスをしてもいいですし、

月額3万円なら
全員にオススメできませんが、

今なら低予算から
導入することができるので
活用してみてくださいね。

あわせて読みたい
LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法LINE@にSNSやブログ、そして広告などを使って集客を行っていくのも、最終的な目的はLINE@から商品やサービスなどをセールスし売上を...

参考:LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法

追伸:Amazonランキング1位獲得電子書籍無料プレゼント

Amazon電子書籍イメージ

当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、電子書籍をAmazonで販売した所、ランキング1位を獲得しました!その感謝の気持ちとして、「売れる商品設計の教科書」を無料プレゼントします!

【「売れる商品設計の教科書」の内容】

    第一章

    ①現状に満足していますか?

    ②「ノウハウ」や「情報」にもはや価値はありません!

    ③そのセールス、投資、無駄になっていませんか?

    第二章

    ①手取り16万、残業代なし、6時から23時まで働く毎日

    ②どん底で変化したマインド

    ③マインドが変われば環境が変わる。環境が変われば世界が変わる

    第三章

    ①「売れる商品設計」で8割が決まる!

    ②今目の前にいる人は、結局何を求めているのか?

    ③「理想」と「現実」のギャップを埋める商品に人は価値を見出す

こちらの記事もおすすめ!