LINEステップ

【簡単】LINEステップの使い方【高成約率のセールスの方法】

LINE@がLINE公式アプリと
統合したことによって、

APIが利用でき
「LINEステップを活用」する人も
だんだんと増えてきました。

ですが・・

LINEステップの効果的な使い方と
成約されるセールスフローが知りたい

という方も多いと思うので、

この記事では
LINEステップの使い方と
効果的なセールスのフロー
に関してお伝えしていきます。

  • LINEステップの使い方を知りたい
  • LINEステップを導入して
    自動化して稼いでいきたい
  • 成約されるLINEステップの
    使い方をマスターしたい

という方は最後まで読み進めてみてくださいね。

LINEステップで高成約率のセールスを実現する使い方

機能がたくさんあるがまずはシンプルでOK

LINEステップのサービスの中で、
特にLステップの場合には
ステップ配信以外の
細かな機能がたくさんありますが、

最初のうちは
「登録して販売セールスまでを
ステップ化して販売していく」
ができればOKです。

というのも細かい設定や
配信をしようと思えば
色々できますが、

複雑になればなるほど
思考が分散してしまって

大きな規模感で行う場合には
細かな配信設定をしないと
いけない場面が多いですが、

個人の発信者であれば
気にする必要がないです。

なので、
シンプルにLINEステップを
活用したいのであれば、

エキスパのLINEの方が無料で
使用することができますし、

有料のお金を払ってまで
Lステップを導入する
必要ないと思います。

特に細かいことが好きや
機械的なことに強い人であれば、

機能が豊富なLステップを
使いこなせるかもしれませんが、

苦手意識を持っている人であれば、
シンプルにLINEステップを
活用することを考えるといいです。

LINEステップでのセールスの3つのポイント

LINEステップを活用して
セールスをするときに
心がけておきたい
3つのポイントがあり、

これを最低限行なっていないと、

「成約されない・
ブロックされまくる」

ということが起こるので
まずチェックしておいてください。

その3つのポイントがこちらです↓

1.メッセージは短く100文字以内にする

LINEでメッセージを送るときに、
メルマガの本文のような
文字数になってしまうと

LINEのメッセージでは
基本的には読まれません。

というのも
LINEを普段使う時を
想像して欲しいんですが、

長文でのやりとりをするよりも
短い文章での
メッセージのやりとりを
基本的には行いますよね。

それと同様にLINEは
コミュニケーションツールの1つなので、

メルマガやブログのように
メッセージの中で
長い文章を読む習慣がない
ということなんです。

なので、
メッセージは短く簡潔に
100文字以内に抑えるのが基本で、

仮にメルマガのような
文字数のある文章を送る場合には、

【メッセージ→ブログ記事】のように
メッセージから続きを読まれる
方法を使うということです。

または動画や音声をセールスの中で
使用するのも1つになります。

文章で伝えることが
できる事よりも、
音声や動画を使ったほうが
情報量が多いのは事実で

LINEステップで
メッセージを送るときにも
短い音声や動画であれば
一緒に配信することができます。

なので
短い文章で伝えたいことを
伝えることができる手段として
用いることができるので、

メッセージから記事に誘導して
文章を読んでもらうよりも
数分の動画で訴求した方が

より信頼関係や情報量も多く
伝えることができるということです。

2.メッセージを送りすぎないこと

LINEの場合、
スマホの通知として
目に止まることも多いので、

メルマガのように
メールフォルダに自分からアクセスして
メールをチェックするよりも、

普段のLINEのやり取りで
目にする機会が増えるんですね。

だからこそメルマガよりも
LINEの方が反応も高い
とも言われているんですが、

逆に言えば自然に
目に止まってしまうからこそ、

メッセージを送りすぎてしまうと
「ウザがらせる」ということが
起こってくるんです。

「興味のない人から1日に何通も
メッセージは届いたらどうですか?」

おそらくブロックしたり
メッセージを読まなくなりますよね。

だからこそ
LINEステップでセールスする時も
メッセージの配信頻度が多すぎに、

1日1通程度におさせて
セールスする必要があります。

3.セールスまでの期間は短く簡潔に

一般的に
メルマガでのセールスの場合
7日〜10日程度が登録から
販売セールス終了まで
かかかる期間のケースが
多いですが、

LINEステップで
セールスする場合には
販売開始までの日数を
短くした方がいいです。

LINEの場合、
最初は反応高いけど読まれなくなり
ブロックされてしまう傾向もあり、

グダグダとセールスまで
長い期間設けてしまうと、

そもそも募集のLINEメッセージが
読まれていないや
ブロックされてしまっていること
があるんですね。

だからこそLINEステップで
セールスをするときには
登録から3~5日後には
募集開始できるくらい
セールスまでの期間を短くすると
いいです。

あわせて読みたい
LINE@の使い方からLINEステップを導入して自動化で稼ぐ方法【まとめ】LINE@をこれから始めて 情報発信ビジネスで稼いでいきたい という人も多いと思いますが、 ただLINE@でメッセージを送り ...

参考;LINE@の使い方からLINEステップを導入して自動化で稼ぐ方法【まとめ】

LINEステップを構築するための2つの使い方

LINEステップで成約される
セールスを行うための
使い方としては、

セールスフロー
(登録から販売終了までのスケジュール)
をまずは作り全体図から
理解することになります。

というのも、
LINEのメッセージを
1つずつ作りセールスして
LINEステップに組んでも

自動化はできるものの
売れないセールスに
なってしまうので
オススメできなく、

売れるセールスを
LINEステップ化して
自動化していく必要が
あるんですね。

そのためにまずは
セールスフローを作成する
必要があります。

1.セールスフローを作成する

LINEステップで
セールスする時には、

期間が短く
メッセージも短い方がいい

とお伝えしたように
使っていくのは
「動画」になります。

動画を使うことで
短い時間の動画だとしても
情報量も多く

LINE登録者を教育し
販売までつなげることが
できるんですね。

LINEステップを活用した
セールスフローの王道としては
以下の通りです。

登録時:教育動画1

1日後:教育動画2

2日後:企画内容と特典内容

3日後:募集開始

4日後:募集2日目

5日後:募集最終日

教育動画や企画内容・特典を
このように分割して
教育していくのであれば、

最低でも登録時を含めて
3日間で行なっていき
募集開始まで繋げていく
必要があります。

または最近
見かける事例としては、

WEBセミナーの録画版
(登録時〜2日後の動画)
を登録時や1日後に送って、
すぐに募集を開始する

という
セールスフローになります。

お互いに
メリットデメリットが
存在していて、

動画を複数に分けて
配信することで

動画の再生時間も短くなって
見られやすくなる反面で
数日に分けて配信するので、

その期間に読まれなくなる
可能性もありえるんです。

逆にWEBセミナーの録画版として
提供する際には、

動画が長くなるので
全てが見られていない
という反面で
登録時など熱があるうちに
提供できるのと

募集までの期間を短くできる
というメリットも
存在しています。

ぶっちゃけこれは
仮説検証する必要があるので、

2つのセールスフローを
テストして
どっちが反応高いかを
計測することがオススメで、

1つのセールスに
こだわる必要もない
ということです。

特にLINEステップであれば
シナリオ毎に配信を
分けることができるので、

テスト的に両方のセールスに
チャレンジしてみるのも
オススメです。

あわせて読みたい
LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法LINE@にSNSやブログ、そして広告などを使って集客を行っていくのも、最終的な目的はLINE@から商品やサービスなどをセールスし売上を...

参考:LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法

2.メッセージを作りLINEステップに設定する

エキスパの場合

エキスパでLINEステップを
設定する時には、

事前にLINEとエキスパを
連携する必要がある、

エキスパの公式サイトに
連携マニュアルが用意されているので、

それ通り設定することで
LINEとエキスパを
連携することができます。

連携することができたら、
下記の手順で進めていきます↓

  1. シナリオ作成
  2. ステップ管理
  3. 新規ステップ作成
  4. ステップ名:配信日時とテキストを設定
  5. 次へ(作成する)

Lステップの場合

LステップでLINEステップを
組んで行く時も
エキスパと同様に

LINEとLステップを
連携する必要があり、

Lステップの公式サイトの中に
記載されています。

連携することができたら
以下の手順でLINEステップを
設定していきます↓

  1. シナリオ配信
  2. 新規登録(シナリオ)
  3. 新規メッセージ登録
  4. 配信タイミングの設定
  5. テキスト(配信内容)
  6. シナリオ登録

まとめ:LINEステップの使い方

このように
LINEステップの使い方として
機能がたくさんあるものの、

まずは登録から販売終了までの
セールスをステップ化して
自動化することが先で、

そのあとに細かな機能を使った
シナリオ分岐やステップ化を
した方がいいです。

複雑になればなるほと
管理することが難しくなりますし、

それよりかはシンプルな動線で
まずはLINEステップを構築して

セールスの改善を行い
成約率の向上を目指していった方が
いいです。

またLINEステップのサービスを
どこのものか迷っているのであれば、

【検証】Lステップ(LINEステップ)とエキスパLINEどっちがいい?【徹底比較】

をどうぞ。

https://lhentertainment.net/line-step

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。
最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!

【有料級!10種の動画講座の内容】

  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  10. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

こちらの記事もおすすめ!