LINEステップ

LINEステップ組んで放置の人が多すぎ問題【ステップ配信後の運用方法をガチで教えます】

オンライン商品やサービスの販売で、
LINEステップを組んでLINE配信を自動化し
教育、販売までを
仕組み化している人も増えてきましたが…

『ステップ終わったらプツンと音信不通』

こんな人ばかりが増えていて、

結局…商品を売りたかっただけなのかよ
セールス専用のLINEだったんですね

なんて思われてしまって、
せっかく必死に集客した人たちを
ぽいっと捨ててしまっているような
ものを気づいていない人が多すぎます。

いや~無駄にしていて、
これちゃんと運用すれば売上も倍以上に
サクッとなるのにとか私は心の中で
思いながらもスルーしていたりします。

ですが、
私はせっかくそこまでのスキルがあるなら
「その後の運用までして売上UPもしてほしい」
と本気で思ったので、

この記事では、
LINEステップ構築し配信終了後の運用について
お伝えしようと思います。

LINEステップ配信後の運用と売上の関係性

そもそもLINEステップでの配信が終わり、
何もしない人とそこに施策を入れて
運用をしっかりしていく人との売り上げの変化は
どれくらい違うのかお伝えします。

仮に下記のような人の
LINEステップでのオンライン商品の販売をしているケースの場合

A商品単価:30万円
B商品単価:10万円(未購入者へのダウンセル)
成約率:A商品2%/B商品2%

という条件であれば、
新規LINE登録と売り上げのバランスは
以下のようになります↓

新規LINE登録100人
=A商品(30万円)-成約率2%=2件(売上60万円)
=B商品(10万円)-成約率2%=2件(売上20万円)
=80万円(年間960万円)

このままでも十分な数値ですが、
もちろん集まったリストを活用できていないので
勿体無いことをしていることは、
大半の人は気づいていると思います。

では、仮にですが、
3ヶ月に1回集まったリストに対して
A商品(30万円)のセールスを年4回行い、
成約率が1%だったらどうなるのか?

毎月100人LINE登録したと仮定して、
そこからブロック率30%で計算します。

3ヶ月後の1回目セールス(リスト数210)
=A商品(30万円)-成約率1%=2件(売上60万円)6ヶ月後の1回目セールス(リスト数420)
=A商品(30万円)-成約率1%=4件(売上120万円)

9ヶ月後の1回目セールス(リスト数630)
=A商品(30万円)-成約率1%=6件(売上180万円)

12ヶ月後の1回目セールス(リスト数840)
=A商品(30万円)-成約率1%=8件(売上240万円)

となるので、
年間計算だと売上は+600万円ということです。

なので、
LINEステップ後の運用をしっかり行い
セールスをしていない人と比較すると、

『同じ商品だけで売上は年間約1.6倍の差』

がたった運用をしっかりやっているだけで
変化するとい計算になるので、
これは何もしないで放置するよりかは
やっておいた方がいいですよね。

LINEステップ配信後の運用3ステップ

仮にこの記事でお伝えしているように、

・定期的にA商品(30万円)を販売する方法
・別商品をリリースして販売する方法

と既存の商品を定期的に販売するか、
別商品を販売するのかにもよるんですが、
私のおすすめは、

【本命の商品を売ること】

に特化するべきで、
私も色々な講座など作って販売した時期がありましたが、
やはりセールスをしたり講座をやる労力もかかりますし、

その講座は何年も販売し続けられていないことを考えると、
本命の商品だけしっかり売れ続けられるようにしたほうが
遠まりも少なくてシンプルです。

その中でも考えなければいけないのは、

同じ商品をどう1度セールスした人に対して再度販売をしていくのか?

ということになり、
結局同じような教育動画を使うわけにはいかずに
別のセールス方法を取るしかないんです。
(*してもいいですが反応悪いので私はしません)

では、私がおすすめする、
今から誰でもできるLINEステップ配信後の
3ステップの運用方法をお伝えします。

⑴週1回程度のLINEの定期配信の継続

LINEステップを組んでシナリオの
配信終了後の人たちに向けた配信ですが、
Lステップの場合であれば以下の方法で
配信をすることができます↓

「一斉配信」→「新規配信」→「友だちを絞り込んで配信する」→「シナリオ」→「シナリオ停止中」

このような条件の絞り込みをすることで、
現在シナリオ稼働済みの人へは配信を除外して
実質シナリオ停止している人のみに配信ができます。

仮にシナリオ停止中の人の中でも配信除外したい人がいる場合には、「除外リスト」などのタグを作成してタグで配信除外するといいです!!

LINEでの定期配信はどんな内容を配信すればいいのか?

これは情報発信でブログでもSNSでも共通ですが、
【無料の中でも最大限の価値提供】
を続けていきたいです。

私の場合であれば、例えばですが…

  • 受講生の結果の出た方法やポイント
  • 最新のセールス事例
  • 最新のLINE活用術
  • 最新の集客事例

とかこれらのプレイヤーだからこそ得られる
「生きた情報」に価値が生まれます。

逆に言えば、
皆が知っているような情報であったり、
SNSで調べれば出てくるようなものって
あんまり価値がないんですよね。

それよりも、
「今何がうまくいっているのか?」
といった内容の方が圧倒的に価値が高いです。

だって、これらって実際に
やっている人しかわからない情報ですし、
それを公開するってめっちゃ良くないですか?

私もこれを自分で書きながらも、こういう発信をどんどん増やしていこうと思いました・・

LINEでの定期配信はブログやYouTubeでの配信がおすすめ

価値の高い情報を提供するとなると、
LINEのメッセージの中では難しいですし、
その発信って集客には繋がらないですよね。。

なので・・

  • LINE登録者にも価値提供できる
  • 発信したコンテンツが資産になる集客に繋がる

この2つを目指すべきで、
それにあった媒体がブログとYouTubeです。

ぶっちゃけ、この記事もこれが目的でやっています(笑)

もちろん、SEO対策がどうとか
YouTubeのアルゴリズムがとか言って、
行動しない理由をつける人がいますが、

とりあえず100記事でも100動画でもやりましょう!!

と私は思っていて、
質の高いコンテンツ記事や動画であれば、
ある程度の精度で集客できる媒体つながりますし、
それ以上に・・

自然にあなたの媒体を見て教育(信頼関係構築)できる

ことに価値があって、

  1. SNSや広告であなたを知りLINE登録
  2. LINEステップでの配信が流れる
  3. あなたに興味を持ち調べてブログやYouTubeがヒット
  4. ブログとYouTubeを見て自然と教育

のような動線が出来上がるということです。

目的はLINEステップの設定した配信終了者に対しての
価値提供のはずが、このように繋がっていき、

  1. 新規LINE登録される媒体が育つ
  2. LINEステップでの成約率にも影響を与える

というメリットがあるので、
ぶっちゃけ私はやらないと損だなと思います。

⑵数ヶ月に1回WEBセミナーやワークショップの開催(全5開催など)

次に実施すべきなのは、
定期配信での価値提供から
オファーに繋げるということになります。

この際のオファーの方法は複数あり…

  1. 教育動画など作成し再度セールスを実施
  2. 新しい商品を作り再度セールスを実施
  3. ZOOMセミナー等のフロントエンドのセールスを実施

その中でも、
記事の前半にお伝えしたように
本命商品の販売につなげるのであれば、
③の方法が一番おすすめです。

なぜなら、セールスする際に必要なのは…

  • zoomセミナーのテーマと内容資料の作成
  • 日程の決定(開催数や人数)
  • zoomセミナーのLP作成
  • zoomセミナーの参加フォームの作成
  • LINEメッセージの作成

だけなので、
3日もあればこれらの準備が整って、
既存リストに向けてのセールスをすることが
簡単にできるということになります。

その際のセールスの流れですが・・

  1. 伏線(zoomセミナーのテーマに沿った内容)
  2. 理由づけ(こういった声が多かった等)
  3. zoomセミナー開催の告知
  4. zoomセミナーの募集開始(LP公開)
  5. 募集終了の告知を行う
  6. 募集終了日までLINE配信

という感じで、
至ってシンプルなLINE配信ですので、
全く複雑ではないです。

ですが、ポイントとしては・・

  1. 読者の求めているテーマを扱ってzoomセミナーを実施すること
  2. zoomセミナー参加するベネフィットを明確にする
  3. 参加者特典をつけるなどしてオファーを強くする

といったように、
興味のない内容でzoomセミナーには参加しないので、
ある程度のオファー設計は必要になるということです。

オファー設計の作り方に関しては、
こちらで配っているPDFを参考にしてみてください↓

⑶個別相談を行い提案・商品案内の実施

そしてzoomセミナーやzoom勉強会を実施して、
その後半で本命商品の案内や個別相談予約のオファーを
大体最後の30分くらいで行っていきます。

なので全体のセールスの流れは以下です↓

  1. LINEでの定期配信(教育・価値提供)
  2. zoomセミナーの開催オファーの実施
  3. zoomセミナーを実施して個別相談予約のオファー
  4. 個別相談で本命商品の案内

という形になります。

仮に全体の数値を計算してみると・・

  • zoomセミナー参加:30名
  • 個別相談への参加:9名(30%)
  • 本命商品の申し込み:3名(30%)

となった場合に、
仮に商品単価が30万円の場合であれば、
合計90万円の売上になるということです。

なので、
これをどれくらいの期間で開催するかですが、

毎月数開催定期的にテーマを変えて行うか、
3ヶ月に1回まとめて開催を行うような方向性で
やっていくのも1つかなと思います。

私としては、
毎月開催するよりかは3ヶ月に1回などの
イベントで希少性を出した方が、
申し込み率は高いのでおすすめです。

何より毎月だと、また来た!このセールス!となるのが少し嫌ですね〜

LINEステップ配信後の運用まとめ

LINEステップ配信後の運用としては、
今回紹介したのはほんの一部の戦略でしかないですが、
やらないよりはやった方が確実にいいです。

忙しいやそこに時間を使えないと思って、
放置していてはいざ何かしようと思った時に
反応はめちゃくちゃ落ちるのは当たり前です。

私がみていてうまく運用できている人は、
LINEだけではなくて、YouTubeなどの外部メディアを使い
LINE登録者への発信と新規流入のための資産として
積み上げている人が多い印象なんですよね。

私も結構な効率人間なので、
「何かこの発信を他でも使えないかな?」
と考えてブログや動画での資産を
コツコツと積み上げようと思っています!!

この記事の感想などいただけたら嬉しいので、
LINEなどでメッセージくださいね〜。
https://landing.lineml.jp/r/1571615615-eKz26Px8?lp=EwoAfO

 

追伸:【先着200名限定】LINE友達限定特典をプレゼント中!

当ブログをここまで読んで頂き、誠にありがとうございます。 ここまで読んで頂いたあなたにだけ、私がLINEステップによる仕組み化で、最小の労働時間で売上を最大化させた秘密について、「4つの特典」と一緒にプレゼントします!  
【LINE友達限定特典の内容】
  1. 1.LINEステップの仕組み化 〜個別相談セールス版〜
  2. 2.売れる商品やサービスの作成方法
  3. 3.魅力的で価値を 最大にするオファー設計シート
  4. 4.商品設計の教科書(Amazon書籍1位獲得!)

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<

 
こちらの記事もおすすめ!