メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
LINE@

【初心者必見】LINE@の使い方!個人の発信者が商品販売セールス【売上を作る方法】

 LINE@を発行して集客できるようになったはいいけれども、商品の販売やセールスの方法が分からなくて売上を作ることはできないという方も多いと思います、

それもLINE@で独自商品をセールする方法などを書かれている記事やコンテンツなども少なく、個人の発信者で、セールスをしたことがないのであれば難しいのもしょうがないです。

そこで、この記事ではLINE@を使って商品を販売セールスし売上を作る方法について解説していきます。

LINE@初心者の個人がセールスしても売れないわけ

ただLINE@で商品をセールスしても売れない

LINE@にブログやSNSなどから集客し、そして関連する商品やサービスを作成してLINE@でメッセージを配信し紹介したとしても売れません。

LINE@に集客することが目的になっている人も多いですが、実は集客してから商品やサービスの販売までのセールスの流れが非常に大切になっていきます。

特に集客してから販売するまでの期間にLINE@でメッセージを配信しない方は非常にもったいないことをしています。

なぜなら、メルマガもそうですが、登録した瞬間が一番熱がある状態で数日経てば登録したことさえ覚えていなかったりとか、配信されなければブロックしてしまう可能性も高いんです。

時間が経てば経つほど、その気持ちは離れていきますので、登録されてから定期的にLINE@でメッセージを配信し、価値提供をしていく事が商品やサービスを販売する時に、信頼残高として売上に大きく影響していきます。

では、そもそもなぜLINE@で商品が売れないのか?

友だちになってくれた人との信頼関係ができていない

やはり一番の原因としては、友達になってくれたユーザーとの信頼関係が構築できていないので、例え良い商品であっても第1印象で怪しいと思われてしまったら怪しい商品として見られてしまいます。

逆に日頃のメッセージから登録してくれた、ユーザーの悩みや求めている情報提供をしてGIVEすることできている人というのは印象もいい状態で信頼関係が構築されていきます。

同じ商品にあっても見え方が違うんです。

だからといって、LINE@に登録された瞬間に商品をセールスしたとしても売れないので販売するまでのその過程が大切になります。

だって、好きな人とLINEをしていていきなり告白するということはなく、LINEや電話、そしてデートなどを重ねて一定の関係性が築けてから告白というセールスをしていくのと一緒です。

なので、いきなり商品のセールスをするということは、見ず知らずの人にいきなり告白するのと同じような感覚だということで、売れない理由も明白です。

必要性を感じていなければ買わない

では、商品のセールスまでの過程を大事にしていけば売れるのかというと、そうでもなく、その商品の必要性を感じていなければ、例え良い商品であっても購入することはありません。

だって、パソコンに無関心で使ったこともないような人の前に、最新のMacBookプロが80%オフで売られていたとしても、見向きもされないはずです。

なので、商品をセールスするにはその無価値な人に対してMacBookプロの必要性や価値を提供していく事によって、必要性を感じてもらうことができるということです。

 LINE@に登録された後に販売までの期間中に必要性を感じてもらい、そして友達になってくれたユーザーとの信頼関係を構築した上でセールスを仕掛けていかなければいけません。

教育し信頼関係を構築しセールスする必要がある

このように LINE@人集客して商品をいきなり販売してメッセージの中で紹介しても売れないというのにはこの二つの理由があげられます。

なので、 LINE@に登録後、商品のオファー開始までは信頼関係を構築しユーザーの求めてる情報提供は価値提供、そして必要性を感じてもらうための教育をしていくということです。

もちろん、これもただただ配信するだけでは反応は下がってしまいますので、セールスフローを考えた上で販売までのスケジュール、そして何日目にどのようなLINEを送るのかという戦略を練って行動することがおすすめになります。

では、初心者の方であってもLINE@の使い方をマスターし、商品やサービスをセールスし売り上げを上げるためのセールス方法を解説します。

初心者の個人発信者でもLINE@でセールスし売上を作る方法

 LINE@を使って初心者の個人の発信者でも商品をセールスし、売りを作るためには教育し販売するセールスフローを行う必要があります。

よく教育という言葉が使われていますが、この教育というのは必要性を感じてもらったりとか、商品を購入した後のベネフィットを感じてもらうなどという要素のことを言っています。

なので、セールスを行ったことない方であれば、商品を販売してからのステップの方が十と考えがちですが、実はこの教育のフローで商品が買われるかどうかの大半は決まります。

誰かから事 LINE@に登録直後から教育し、商品の販売まで信頼翔のこちか必要性を感じてもらい、そして購入してもらうというお風呂で行うことが主役に泊まった各売上を作ることができます。

教育フロー

教育のフローで送るLINEのメッセージとしては、ユーザーが悩んでいることに対しての解決策や、そして現状の危険性を知ってもらう必要があります。

結局、人が行動する一番の理由としては、悩みを解決したかったりとか、そのままじゃやばいと感じた瞬間に解決するための商品やサービスなどを行動を起こします。

なので、それを訴求しなければ行動を起こさないということです。

もちろん、ユーザーによって悩みは違っていきますが、集客する段階で同じもの属性を集客をしているので、その人たちのユーザー目線で悩んでいることや何か求めているからこそ LINE@に登録しているので、その気持ちを理解してこちらからメッセージを送ってあげるということです。

その場合に不明確で共感ができないという場合には、直接LINE@で友達になってくれた人に対して、アンケートをとって聞くのが正確でメッセージする時に訴求も強くなります。

アンケートで直接きく

この場合にアンケートだけ行ったとしても回答してくれる方というのは少ないので、アンケート回答者特典なので求めてる情報やコンテンツを提供していくことがおすすめです。

 LINE@に友達数がそこまでいない人であれば、直接今悩んでる事を教えてくださいなどと言ってメッセージを送ってもらい送ってくれた人いたりして個別トークで特定を提供していくということもできます。

または、キーワード応答メッセージの機能を使って答えをこちらで用意しておいて、アンケートのような感じで提供していくという方法も可能になります。

おそらくアンケートフォームなどのサイトに入力してもらうよりかは、 LINE@情報で完結したほうが回答率も高いと思うので、このような使い方がオススメです。

悩みに対しての解決策の提示

次に悩みを理解したらその悩みに対してユーザーに解決策を提示してあげる必要があります。

必要性を感じてもらうことにつながり、悩みを解決するための選択肢を与えて絞らせるということです。

例えば、副業でお金を稼ぎたいという方がいたと教えた場合には、副業で稼ぐための選択肢として解決策を出していきます。

転売やアフィリエイト、または投資などといった選択肢がありますが、もちろんその先の商品の政府節つなげるためには、ここの中で選択肢を絞らせていただければいけません。

転売の商品をするのであれば、アフィリエイトや投資がめちゃくちゃいいと言ってしまっては、訴求がずれてしまうので、アフィリエイトや投資が副業で稼ぐことに対しては難しく転売の方が副業で稼ぎやすい。

などを具体的な理由をつけて呼んでいる人に納得させてもらうことで、副業で稼ぐなら、転売がいいという意識を持ってもらうことができます。

あわせて読みたい
LINE@の1:1トークの始め方と設定!売上に繋がる1:1トークの活用方法LINE@を使って集客し、そして独自商品やサービスなどをオファーしていくために重要になる機能が1:1トークになります。 1:1トー...

参考;LINE@の1:1トークの始め方と設定!売上に繋がる1:1トークの活用方法

解決策を実施することによるベネフィット

もちろんそれだけでは副業で稼ぐなら先輩がいいという状態なので、その転売を実施することによって得られるベネフィットを明確に感じてもらう必要があります。

例えばライザップなど想像してほしいんですけれども、ライザップの場合は数ヶ月後に痩せている未来に対して高額なお金を支払います。

どのように痩せるのかなどという内容よりかは、ベネフィットとしてモデルや芸能人のビフォーアフターで受けることによるベネフィットを明確にしていることが人気の理由なんです。

なので、 LINE@でセールスする時も、その解決策となる行動をした後に得られる未来という部分を読んでいる人に想像させて、これをやればこうなれるという状態にさせていく教育メッセージを送っていきます。

LINEのメッセージでは教育が不十分

また、アンケートや教育などといった LINE@へのメッセージを送る時にメッセージで千文字以上などという長文を送ることはやめた方がいいです。

なぜなら、LINEを見る属性として長文をLINEで見るという文化がないので、長くても300文字ぐらいに収める必要があり、教育する上ではその文字数では伝えれる情報量も少ないです。

その場合には、下記の方法を使って情報を発信していくことがおすすめになります。

ホーム投稿を活用した発信

メッセージの中では長文での情報発信はすることに向かないので、 LINE@のホーム投稿を活用し、そちらで文章を書き読んでもらうという方法を利用するといいです。

ホーム投稿であればメッセージと違って文章が読みやすく、文章を読む習慣にあるため、 LINE@のホーム投稿に本文を投稿し、メッセージでホーム投稿に誘導していくということです。

この場合には、ホームに投稿が完了していないとホーム投稿のURLを取得することができないので、実質予約投稿という形で発信することができないのが一つネックになっています。

なので、メッセージとホーム投稿の文章だけ先に作っておいて、ホーム投稿を完了していたら、メッセージにそのURLを貼り付けて投稿できるような状態にしておくということがオススメです。

音声や動画を使った発信

もう一つの方法としては、メッセージの中に音声と動画での発信をすることがLINE@ではできます。

実は文章よりも音声や動画を使った方が少ない時間での情報量を多く、ユーザーに届けることができるので、文章を書くことよりも話すことで情報を届ける方が向いている方にはオススメです。

一つネックになってくるのは音声や動画であると、出先などで見れなかったりするので、なんやとのメッセージのに、どんな時でも気軽に見ることができるということができなくなります。

なので、情報量が多く、文章では伝えきれない場合には音声や動画と言った提供方法をするやり方の方がよく、基本的にはホーム投稿とメッセージを活用したら、 LINE@の使い方をした方がいいです。

 販売セールス

教育の中で、ユーザーの悩みから解決策、そして解決策を行動することによるベネフィット明確にすることができたら、商品の販売に移っていきます。

この時にいきなり販売するのではなくて、募集開始する告知を必ず行うことです。

なぜなら募集開始したとしても、期待感やワクワク感、そして今だけのキャンペーンという状態を作り出すことができなく、反応ももちろん下がります。

なので、募集開始は明日の19時からなどというように告知を行って募集開始時を先に伝えておく必要があります。

募集開始時には欲しいと言われる状態

この時の募集開始までの期間であってば、ユーザーに募集開始前から欲しいと思われるような期待感を高めておく必要があります。

そのため、 LINE@限定の特典であったりとか、 LINE@限定のオファー設計などをすることがおすすめで、「先着〇〇名様限定特典や〇〇名様限定で何%OFFなぞというオファーもありだと思います。

ワクワク感を出すことがオファーする上では非常に大切で、募集開始とともに、ユーザーの思いが最高になっている状態で行わなければ商品は売れません。

限定性の訴求

募集開始から終了までの期間で言えば、意識しなければいけないのは限定星の訴求で残り何名や、残り何日と言った表現を使うということです。

結局、人は夏休みの宿題のように期限が迫らなければ行動をしないので、募集開始よりかは募集終了間際の方が購入されやすい傾向にあります。

なので、募集期間中であればこのを募集終了までの限定性や先着何人という限定性も混ぜて使うと効果的です。

バンドワゴン効果の訴求

また、もう一つのマーケティング心理として活用できる方法としては、バンドワゴン効果を使ってのLINE@でのメッセージになります。

バンドワゴン効果というのも簡単に説明すると、人気の商品だと分かったら安心安全やウェブ上であれば間違いないなどというように認識する効果になっています。

なので、みんなが買っているから大丈夫だろうと思ってくれるということで募集開始して売れたなどであれば、既に商品が売れたであったりとかお客様の声を提供していくのも一つです。

この商品は売れていないですと言ったら、誰も買ってくれませんので、売れている人気の商品は皆が欲しがりますので、このバンドワゴン効果を効果的に使っていくことがおすすめです。

あわせて読みたい
LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法LINE@にSNSやブログ、そして広告などを使って集客を行っていくのも、最終的な目的はLINE@から商品やサービスなどをセールスし売上を...

参考:LINE@を使ったセールス術!手動LINEステップ化で売れるメッセージの方法

まとめ

このように LINE@で商品をオファーしたことが初心者の個人の発信者の方であれば、教育から販売までのセールスフローを作って成立していくことが重要になっていきます。

教育のなんかには悩みに対しての危険性や緊急性として解決策、そして解決策を行動することによるベネフィットの明確化をユーザーに理解してもらい商品の販売まで繋いでいきます。

商品の販売から募集終了日までは限定性やバンドワゴン効果などといったマーケティング心理活用することがおすすめで、このセールス方法もゼロから学ぶというよりも、 LINE@で成立をしていた上手い人のものをモデリングすることが確実です。

今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「5大特典」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「悪魔級メルマガノウハウ含む5大特典×3つの動画講義」をプレゼント中です!
【5大特典の内容】
  1. 弱小メルマガで数万リストの発行者をぶち抜いて成約数1位を獲得した全9章に渡る動画教材
  2. メルマガの基礎から実践までを解説した7つの解説動画
  3. 通常1万円→0円で受けることができる個別体験セッション参加権利
  4. Instagramで潜在層のユーザーを集客する約60分に渡るWEBセミナー
  5. ランキング1位を獲得したセールスメールの全貌を丸裸に暴露
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!