LINE@1対1トークの実践的な使い方と設定方法

LINE@を活用し集客やセールスなどいろんなビジネスで活躍できることで、最近ではSNSなどでも個人のLINE@アカウントを作って集客し商品やコンサルなどのセールスを行う人をよく見かけますよね。

なぜ、LINE@を使うのかというと、友だち数は資産となりメルマガと比較しても生活の一部で使われるLINEにメッセージが届くので親しみやすく信頼関係の構築にもつながるんですね。

その中でも、あらゆる場面で使えるLINE@の昨日が「1対1トーク」と言われる機能になります。

この記事ではこの1対1トークの使い方や機能、そして効果をお伝えしていきます。

 

LINE@の1対1トークとは

普段使っているLINEと同じようにLINE@のアカウントと友だち追加されたユーザーと1対1でのトークをすることができます。(上記のようなイメージです)

なので、メールのように固い文章で送ることや送りにくいという部分がLINEの場合はないので、友だち追加されたユーザーと1対1トーク内で質問や相談など気軽に受けることができるんです。

そのためユーザー目線でいえば、やり取りがスムーズに気楽につながることができメリットがありLINE@の発行者側からすれば信頼関係をより構築することができるんですね。

なので、SNSなどでLINE@に集客している人をリサーチすると1対1トークの中でやり取りを重ねてく商品の紹介などのセールスするような使い方もされています。

1対1トークを使うメリットと実践的な使い方

LINE@の1対1トークを使うことによって、一番のメリットは友だち追加してくれた方との信頼関係をより濃いものにできるということです。

どういうことかというと、メルマガなど特に信頼関係の構築が成約率にも関わってくると聞いたことがあると思いますが、信頼している相手の情報かどうかで捉え方は大きく変わるんですね。

例えば同じ商品であっても、LINE@で1対1トークで何回かやり取りしてくれた相手から紹介されるのと、なんとなく登録したLINE@で紹介された場合どっちに興味を持ちますか?

おそらく1対1トークで何回かやり取りしてくれたLINE@発行者の方が、「〇〇さんが紹介しているから安心できる」に変化でき、逆の場合であれば「またなんか商品セールスしやがった!!」とマイナスのイメージで見えてしまいます。

このように信頼関係は重要であって、早く信頼関係を築くためには1対1でのメッセージをすることが一番効率がいいんです。(直接会うが一番ですが現実的ではないです)

個人の場合であれば、何かの商品やサービスを紹介することが最終目的とした場合、その1対1トークの中で行うのはやめておいた方がいいです。

この時点では信頼関係を構築中というステップなので、ここでセールスしても成約率が低くいきなり最終目的であるゴールを狙いにいってはいけないということを覚えておいてください。

よくある例として、合コンで出会った女の子LINE交換して数通のメールで「彼女になってください」とメッセージして成功できると思いますか?

おそらく答えはNOですよね。これと同じで商品のオファーもある程度の信頼関係ができていないと買われないので、なぜ1対1トークを今しているのかを理解することがまず重要になります。

 

実践的に1対1トークを使う方法

では、LINE@の1対1トークをどのように使えば効果的なのかをお伝えしていきます。

その前に1対1トークを通常のLINE@アカウントだけで行う場合には相手から何かしらのアクションがないと送れません。(スタンプやメッセージを送信)

なので、友だち追加時のあいさつ(自動メッセージ)でなんでもいいので、登録したユーザーにアクションを起こしてもらいましょう。

参考:LINE@の友だち追加時あいさつで好印象を掴む4つのテクニック

 

アクションを起こしてもらった後にLINE@の1対1トークで何をすればいいのかというと、信頼関係の構築が目的になります。

なので、相手の悩みや質問などを受けてあげて解決してあげるようなサポートを基本的にはすることがベストになり、「質問があったら送ってください」と送っても基本的には返信しないです。

「〇〇について分かりましたか?」や「〇〇を初めてどれくらいですか?」など、相手が返信しやすいメッセージを送ってあげた方が会話のきっかけをつかむことができます。

また方法としては、1対1トークで相手が興味あると感じられた場合には、Skypeやzoomでの個別相談などを行っていき商品のセールスにつなげるのも1つの方法としてあります。(個別で話をした方がその人が何に悩んでどうしたいかが明確になり解決策を提示するということ)

特に個人でビジネスでコンサルなど行っている方では多いケースになっているので、信頼関係をより高めて高めて商品やサービスをオファーするという考えですね。

 

1対1トークだけで終わった場合には、その後のLINE@のメッセージで商品をオファーするか、組み込んであるステップLINEかステップメールを構築しているメルマガに誘導するのがベストです。

最初少ない人数であれば手動でも対応できますが増えてくると難しくなるので、ステップLINEかメルマガを始めてステップメールを構築して商品のオファーをすることをお勧めします。

参考:エキスパでステップLINE@を作成する手順を解説

 

1対1トークを使うためには設定が必要【スマホ】

LINE@での1対1トークに関してお伝えしましたが、活用した方がよりビジネス的にも有利になることがわかったと思います。

ですが、この機能を使うためにはスマホのアプリで少し設定を変えてあげないと1対1トークを使うことができないんです。(通常のLINE@マネージャーでは)

スマホでLINE@のアプリを開き下記の手順で設定を行います。

 

1対1トークモードをONにすることによって、個別でのメッセージが可能になります。(注意点:1対1トークモードをONにすると自動応答メッセージ機能は使えません)

なのでキーワードを送ると自動で返信されるなどができないのがデメリットとなりますが、少ない人数であれば1対1トークで返信をした方がより信頼関係としては構築しやすくなります。

ですが、「両方の機能を使いたい!!」そういう欲張りな方も中に入ると思います。

実はその両方の機能を使う方法としてエキスパのLINE@機能を導入することで、キーワード応答機能と個別でのメッセージも可能になります。

 

エキスパのLINEステップなら両方の機能を使用可能

エキスパのLINE@機能というのも、連携することでステップLINE(何日後の何時にこのメッセージを送る)ことや自動応答+個別でのメッセージ機能を使うことができます。(しかも無料で)

なのでこれからLINE@をガツガツとビジネスで使っていこうと考えているならエキスパのLINE@機能はかなりお勧めになるのでチェックしてみてください。

他の記事でエキスパのLINE@に関して解説しているので興味のある方は下記を参考にしてください。

参考:エキスパのLINE@システムが無料ってマジ!?

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中