LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの「権限付与」ちゃんと使ってますか?管理する方法を解説

LINE公式アカウントは、
店舗や企業で活用すると
便利なLINEアカウントの
サービスです。

集客や売上げに
LINE公式アカウントを
結びつけるためには、
どのように運用していくのか?
がとても大事になります。

管理者として何ができるのか?
運用担当者を何人にすべきか?
などもしっかり考えることが
必要です。

LINEの運用担当者を
増やしていくことで、
より管理が楽になりますので、
権限を付与する方法も
知っておくと便利です。

運用に関する様々な権利が
付与できますので、
当記事を参考にしてみませんか?

LINE公式アカウントの
管理者権限で可能な事

まず、LINE公式アカウントに
登録した場合に、
管理者が
どのようなことができるのか?
についてご紹介します。

管理者は、
メッセージやタイムラインを
投稿した場合に

その分析結果を
見ることができたり、
アカウントを変更したり、
メンバー管理ができるのが
特徴です

配信や分析に関する
全ての権限を有します。

特にアカウントの
権限や管理ができ、
権限管理ができる
特徴があります。

また、
Messaging APIと言って、
外部ツールと
連携させることができる
のも管理者のみです。

LINEのプランを変更したり、
メッセージの追加課金や
プレミアムIDの取得、
支払いに関することなど
様々なことが行えます。

特に重要なのは、
管理者の権限で、
誰にどんな権限を持たせるのか?
も管理できることです。

配信をする際に、
どこまでの権限を持たせるのかは、
セキュリティの問題
もありますので

しっかり考えて管理する
必要があります。

パソコンでアカウント運用の
権限付与をする方法

LINE公式アカウントを
パソコン版で活用している場合に、
アカントの管理に関する権限付与、
変更、削除して使っていくこと
になるでしょう。

誰に行ってもらうのか
を決めますが、

変更したり、
削除することもありますので、
それらの方法を
知っておきましょう。

・アカウント運用の
権限を付与する方法

①パソコンの場合には、

「設定」

「権限管理」

に行きます。

「権限管理」

に行くと

「メンバーの追加」

が右にありますので
それをクリックします。

「権限の種類」

が3つに分かれています。

「管理者」
「運用担当者」
「運用担当者(配信権限なし)」
「運用担当者(統計閲覧なし)」

が選べます。

その場合、
通常LINE公式アカウントを
登録した人が
管理者になっています。

「権限管理」

「権限リスト」

でメンバーを追加し、
それぞれに

「管理者」
「運用担当者」
「運用担当者(配信権限なし)」
「運用担当者(統計閲覧なし)」

のどの権限を
付与するのかを選択肢、
追加登録できます。

「管理者」
「運用担当者」
「運用担当者(配信権限なし)」
「運用担当者(統計閲覧なし)」

を決めたならば、
それぞれの権限の

「URL発行」

ボタンをクリックします。

するとメンバーにURLが発行され、
受け取った本人が承認することで
権限を付与することができます。

・アカウント運用の
権限を変更する方法

一度決めた権限を
変更する場合は、

「権限管理」

のメンバーの横にある

「管理者」
「運用担当者」
「運用担当者(配信権限なし)」
「運用担当者(統計閲覧なし)」

の右横に

「変更」

がありますので選択します。

「権限の種類」

を選びなおし

「保存」

を押せば変更できます。

・アカウント運用の
権限を削除する方法

権限を削除するには、
権限を変更する方法と同じように

「変更」

に行き、

「権限の種類」

を選ぶ下にある

「このメンバーを
アカウントから削除」

を選ぶことで
削除できます。

管理運用画面に入れる
運用アカウントから削除され、
このメンバーは何の権限も
なくなってしまいます。

LINEアプリでアカウント運用の
権限付与をする方法

スマホで行う場合は、
下記の方法になります。

①ホーム画面から「設定」

ここにテキストを入力

に行き、

「権限」

をタップします。

「権限管理」

「アカウントへの
メンバーの追加や
権限の管理を行います。」

に行き、

「権限リスト」

でメンバーを追加します。

③権限の種類が
ここでも同じように
分かれていますので
種類を選びます。

④「LINE」

ここにテキストを入力

「URLを発行」

がありますので
どちらかを選んで送って、
相手に承認してもらえれば
完了です。

・アカウント運用の
権限を変更する方法

スマホでは、

「権限管理」

の中の
メンバーの右の欄の

「変更」

をタップします。

「権限の変更」

の画面から

「権限の種類」

を選びなおします。
下にある

「変更を保存」

をタップすれば
変更が完了です。

・アカウント運用の
権限を削除する方法

権限を削除する場合は、
権限を変更する画面で

「変更を保存」

の下に

「アカウントから削除」

がありますので、
そちらを選ぶと
権限を削除できます。

LINE公式アカウントで
権限付与や変更が出来ない理由

こうした権限の付与や
変更を行う場合に、
時々出来ないという
場合があります。

それは、
3つの理由が考えられますので、
参考にして下さい。

①権限の付与の
登録上限を超えている

100人までが
権限の登録の上限です。
それを超えて権限付与を
することはできません。

②権限の付与の
認証用URLを発行したが

期限切れになっている

権限の付与の認証用URL
を発行しますが、
24時間以内に相手が承認しないと
期限切れとなりますので、
再発行が必要です。

相手に発行したことを
連絡してきちんと承認
してもらうことが大切です。

③1回の認証用URLで
複数人を登録することは不可

認証用URLは一人分となります。
これを使って何人もが
登録することはできません。

権限を付与したり、
変更する場合は、
面倒ですが一人ずつ行う
必要があります。

LINE公式アカウントで
権限付与をして
活用幅を広げたい

LINE公式アカウントを
活用する場合に、
一つの部署や自社だけでは
管理が大変になってくる
ことがあります。

そんな際に権限付与をして
広く運用・管理を行ってもらうのが
おすすめの方法です。

またその際、
外部委託してお願いする方法もあり、
どんな権限を外部に委託するのか
を考えて行う必要も出てきます。

LINE公式アカウントを
複数人で運用する場合の注意点

LINE公式アカウントを
複数人で運用する場合の注意点
も知っておくといいでしょう。

外部委託する場合などは、
会社の統計資料などは
見てほしくない場合も
多くあります。

権限を付与して

「運用担当者」

になってもらったとしても、
配信を主にやってもらい、

「運用担当者(統計閲覧なし)」

として登録する方法も
おすすめです。

LINE公式アカウントを
複数人で運用する場合の
事例3種

ここからは、
LINE公式アカウントを権限付与して
複数人で運用する場合の
活用例をご紹介します。

複数人で運用することで
運用幅が広がり、
しっかりとした運用と
対応ができるようになります。

複数人で運用して
メリットを感じている例を
ご紹介します。

事例1:
メルマガをやめて
LINE公式アカウントで
顧客の返事に1対1で対応

メルマガをやっていた企業が
開封率が低いことから
開封率の高い
LINE公式アカウントを活用。

そのうち様々な質問が
寄せられるようになり、
売上は伸ばします。

しかし、そうしているうちに
多くの顧客からの質問が
寄せられるようになり、
それらの質問に対応することが
難しくなります。

そこで、
複数人で広く管理するようにし、
質問を分析して
返答をマニュアル化して
対応するようにした例があります。

質問にきちんと1対1で
受け答えをすることで、
ブロックされることも減り、
いい結果も生まれた例です。

また、
返答について
マニュアル化することで、
外部委託をしても可能
となった例です。

事例2:
多くの店舗で
活用しているため
メッセージの
検索や共有化を充実

多くの店舗がある場合は、
LINEの管理も大変になります。

各店舗で
LINEメッセージを検索して
確認しながら
共有する必要性も出てきます。

権限を広く付与することで
各店舗独自で管理したり、
顧客情報を共有することが
できるようになります。

きめ細やかな対応と
顧客に寄り添った対応が
可能になった例も
挙げられています。

事例3:
タイムリーに顧客と
やりとりするために活用

友だち登録を広く呼びかけた場合、
友だちが増えれば増えるほど
タイムリーに対応
できなくなります。

せっかく友だち登録を
してもらっても、

すぐに連絡メッセージを
届けられない、
お客様の困っていることなども
わからない状態のまま
ということもあります。

これらの友だち登録初期の
フォローのために、
権限を広く付与して
助かった例もあります。

LINEでは権限を付与して
広く細かく
管理することが大事

LINEでは、すぐに対応する、
きちんと質問に答える
などが大切なことです。

友だち登録が
増えれば増えるほど
追いつかなかなくなり、

顧客の不信感に繋がり、
LINEの意味が感じられなくなり
ブロックされてしまう
こともあります。

売上アップにつなげるためには、
権限を付与して広く
管理していくことも
大切なことです。

それらの
カスタマーサポートを受ける
店舗や企業も多くあります。

活用の幅を広げるために、
権限の付与や変更についても
大事なことですので、
しっかり検討して
活用してみるといいでしょう。

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!



【有料級!10種の動画講座の内容】
  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9.   
  10. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  11. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<


こちらの記事もおすすめ!