PPC広告(リスティング)

リスティング広告でメルマガ読者を毎月100人集客する【3つのポイント】

メルマガ読者を
集客する方法として、

ブログやSNSを活用した、
無料集客をする方も多い
と思いますが、

実は集客までの道のりが長く
継続することができなければ
集客することはできません。

その中で無料集客を一切行わずに
メルマガで稼いでいく方法として、

リスティング広告を活用した
メルマガ集客がオススメ

です。

なぜなら、
リスティング広告を活用
することによって、

すぐに
自分のメルマガ集客用の
LPなどにアクセスを
集めることができ、

メルマガ読者さんを
やすことができます。

そこから
ステップメールなどを
構築してあれば
売り上げを作ることが
できるようになります。

そこで、
この記事では
リスティング広告を活用した
メルマガ集客の方法として

3つのポイントについて解説

していきます。

リスティング広告でメルマガ集客していくには

リスティング広告を
活用したメルマガ集客は、

私も行っていますし、
広告運用できる方であれば

無料の集客媒体を使わずと
も広告を使って
費用対効果を合わせる
メルマガ運用をするこ
とができます。

やはり無料の集客と比べると
広告費がかかっていきますので、

集客することはできたけど、
メルマガの中で商品や
サービスを販売したけど、
商品が売れないということが
起こる可能性があります。

そうなってしまっては、
集客できるけどトータルで見たら
赤字になってしまう
ということ。

なので、
リスティング広告に限らず、
広告媒体での集客を行う場合には、

集客にかかった広告費に対して、
メルマガでの商品や
サービスの販売での売り上げとの
費用対効果を合わせる必要

があります。

そもそもリスティング広告とは

ここまで
リスティング広告という
言葉を使って
話をしていきましたが、

そもそも、
リスティング広告という言葉を
初めて聞いたという方も
いると思います。

リスティング広告とは
検索連動型広告とも言われていて、

yahooやgoogleなど
検索キーワードに応じて
広告を表示させることができる
という広告媒体になります。

なので、
普段の生活の中でも、
ヤフーやグーグルを使って
検索した時に
一番上に出てくるサイト
というのは

このリスティング広告での
広告であって、

通常のウェブサイトよりも
広告の方が上位に表示されるので、
アクセスも集まるということです。

また、
狙ったキーワードを設定して
広告を出すことができるので・・・

新宿三丁目の美容室をやっている方で、
集客しているのであれば、
「新宿三丁目美容室」など
検索した人に対して
広告を表示させることが
できるということです。

顕在層に対しピンポイントに広告表示が可能

このリスティング広告の
素晴らしいことというのは、

広告を表示させるキーワードを
出稿者が指定することができるので、

ビジネスモデルにあった現在的な、
ユーザーに対して
ピンポンで広告を表示
させることはできます。

これがウェブサイトなどで
SEO対策を行い、
上位表示させようと思うと

それこそビッグキーワードなどの
キーワードでは長い期間の
運用が必要ですし、

ライバルが強ければ
上位表示させること
言うのは難しくなります。

なので、
感覚としては広告費を払うことによって
時間とアクセスを買うことができる

ということです。

もちろんアクセス集めても
登録されなければ
無駄な広告費は
かかってきてしまいますし、

仮に集客することは
できていたとしても、

メルマガ内で商品が売れなければ
意味がないので
費用対効果を合わせる必要
があります。

費用対効果の合うビジネスモデルが必要

ブログやSNSなどを活用した
無料集客であれば
読者さんを集めるのに対して
一切お金が出ていないので、

例え商品が売れなかったとしても
マイナスになることはありませんし、

低単価の商品でも売れれば
それだけでプラスになります。

ですが、
リスティング広告を活用した
メルマガ集客の場合、
広告費が発生しますので、

かけた広告費以上の
売り上げを上げる
必要があるんです。

そのため、
低単価な商品や
成功率の低いセールスしか
出来なければ
赤字になってしまいますので、

使用する広告費に対して
それ以上の売上になるような
ビジネスモデルを
組まなければいけません。

例えば・・・

1リストを獲得するのに
1000円かかったとして
100人集客した場合には
10万円の広告費かかります。

低単価な商品で
5000円の商品をメルマガで
販売していった場合には、

最低でも20件の成約を
獲得しなければ、
プラスになることはないので、

成約率20%以上を
メルマガ内の成立で
叩き出す必要があります。

さらに利益という面も考えると、
成約率をさらに上げる必要があったり、
現実的にはかなり厳しいと思います。

なので、
設定メールでの
仕組みかという部分で

全体で見た時にプラスになる
メルマガのビジネスモデルを
組むこともありますが、

単純に考えるのであれば、
単価を上げることが
一つの解決策です。

なぜなら、
仮に2万円の商品を販売したとしたら
100人の集客に対して
5件以上の成約が必要ですが、

その時の成約率は5%以上で
十分に達成することができます。

もちろんその後に
複数の商品のオファー
であったりとか、

バックエンドや
アップセルなどと言った、
単価の高い商品の
セールスをすることによって、

費用対効果を
合わせることができますので、
そのビジネス戦略が
必要だということです。

リスティング広告を使ったメルマガ集客は難しい

このように
リスティング広告を
活用することによって、

ブログやSNSなど
毎日更新し続けなくても
広告系からメルマガ集客
することができるようになります。

ですが、
広告運用というのは、
ぜひがない方が始めたと知っても、
集客することができずに

無駄なく広告費だけ
使ってしまう恐れがあります。

せっかく
リスティング広告を活用して
集客しようと思ったのに
思うように集客できずに

コストだけが
かかってしまうとなっては
意味がないですよね・・・

なので、
広告代理店のような
ビジネスモデルがあり、

代行する代わりに使用した
広告費の20%などを
代理店に支払うことや、

最低の広告費を使用するライン
なども決まっていたりします。

中小企業などであればいいですが、
個人のメルマガ集客だけで、
このような代理店に
お願いすることは
金銭的にも難しかったり、

そもそも受けてくれるかも
分かりません。

だからこそ、
初心者の方はいきなり
リスティング広告を活用して、
集客し続けることは
難しいですが、

ひとつひとつ勉強をし
実践ベースで
スキルを身につけていき、
運用できる状態を
目指すことがおすすめ
です。

あわせて読みたい
PPC広告のリスト取りで成功する3つの方法と事例PPC広告(リスティング広告) を使って メルマガのリスト取りを することができれば、 ブログやSNSなどやらなくても リ...

参考:PPC広告のリスト取りで成功する3つの方法と事例

リスティング広告で集客を成功させる3つのポイント

では、
リスティング広告を
これから初めて行き、

メルマガ集客をしていく時に
押さえておきたい
3つのポイントについて紹介

していきます。

特にこの三つのポイントを
押さえていくことによって、
メルマガ集客するための
考え方であったりとか、

どこがボトルネックになっていて
重要な要素なのかということを
理解することはできるので
活用してみてください。

1.顕在層に向けたキーワードの選定

リスティング広告で
メルマガ集客する時に
一番重要になってくるのが
キーワードの選定であって

いくら集客LPが
イケているものを作れていて、
登録後のステップメールで
高成約率のセールスをかけたとしても、

ターゲットがずれていたら
集客することはできません。

また、
集客することはできたとしても、
販売する商品の見込み客ではなくて、

読者数は増えるけれども、
成約はされないということが
起こってきてしまいます。

なので一番キーワードの
要素として
考えなくてはいけないのは、

販売する商品の
見込み客を明確にして、

その人達が顕在的に
調べているキーワードを
選定していくということです。

見込み客の明確化と顕在的キーワード

例えば・・・

転売に関する商品を
メルマガ内でセールス
していくのに対して、

リスティング広告で
集客していくキーワードが
「副業」などといった場合には
どうでしょうか?

お金を稼ぐという目的に対して
はまってしていますが、

副業を始めたいというユーザーよりも
もっと成約に結びつきやすいのは、

「転売・せどり・物販で稼ぐ」
などといったキーワードです。

既に副業の中でも、
転売というビジネスを知り、
その情報や稼ぐための方法について
知りたいと思い検索しているので、

メルマガ登録される可能性や
その後の商品を買ってくれる
可能性も高くなる
ということです。

なので、
大失敗してしまう方の例としては、
このように関連している
キーワードだけれども、

潜在的なキーワードや
ビッグキーワードなどを入れて
集客しようと思いますが、

より専門性の高く顕在層の
キーワードを選定していくことが
成功のポイントになります。

大きくテストして絞り込んでいく

広告運用を行っていく時の
考え方としては、

大きくテストして絞り込んでいく
ということが必要で、

専門性が高く顕在的なキーワード
というのは見込み客として
成約されやすいですが、

検索されるボリュームとしたら
少ないです。

そのため、
毎月100人以上の
集客をすることというのは
不可能になってきてしまいますので、

より、関連する市場の大きい
キーワードにも広告を
掲載していかなければいけません。

なので、

リスティング広告でのキーワードを選び、
配信していく設定の時に

完全一致のように決められた
キーワードしか広告が
掲載されない設定ではなくて、

フレーズ一致は部分一致などと言った
幅広いユーザーに広告を
配信することをオススメ
します。

2.登録率の高い集客LP

リスティング広告の
キーワードの考え方としては、

大きくテストしていくこと
であったりとか、

見込み客を明確にしていき、
顕在的な企業等に
広告を出していくことですが、

集客できるLPが必要です。

なぜなら、
集客LPの登録率で、
メルマガ登録される人数も
大きく異なっていくから
になります。

例えば・・・

1クリック100円で
100クリックされた場合には
かかる広告費は1万円になりますが、
メールの登録される人数というのは、

その後の集客LPと
登録率によって変わります。

登録率が1%であれば
登録者は1人で1人あたりの
獲得単価は1万円ですが、

仮に10%であれば
獲得単価は1000円また20%であれば
獲得単価500円というような形で

同じ広告費とクリック数であっても
この登録率によって差が生まれます。

なので、
登録率の高い集客LPを用意することが
リスティング広告において
メルマガ集客する成功のポイント

といえます。

登録率の高い集客LPの作り方

では、
どのようにして登録率の高い
集客LPを創り上げていき、
リスティング広告に
掲載していけばいいのか

と思うかもしれませんが、
発信するテーマなど
にもよって異なるので
100%の正解というのが
ありません。

もちろん基本的な
集客LP度構成というのはありますが、
リスティング広告を活用して、
集客している方というのは、

日々集客LPのテストを行って、
登録率を高めるための
施策を行っています。

要は最初から高い登録率の
LPを作ることは難しいので、
改善をしていき、
高めていくという思考が必要

だということです。

なので、
広告運用する
スキルだけではなくて、

集客LPを改善するための
データの分析や、
そしてライティング力など

といった要素も
集客するためには
必要になっていきます。

3.広告運用のメンテナンス

リスティング広告での
メルマガ集客では、

キーワードの選定で
見込み客に入った中での

広告掲載と登録率の高い集客LPを
用意することができれば、
リスト獲得することができます。

ですが、
広告運用の難しいところは、

ただその二つの要素
があるからといって
永遠と集客し続けられる
ということではなくて、

日々の運用のメンテナンス
が必要になります。

例えば・・・

100個のキーワードで
広告を掲載していたとして、
全体で見た時に

1リスト当たりの単価が
1000円だからそのまま放置
という人も中にはいますが、

仮に獲得コストを
半分にすることができれば、
全体の広告費も安くなり、
利益も大きくなります。

その時に100個のキーワードの中、
実は獲得されている
キーワードというのが
三つや四つという可能性も高く、

大半の場合は
クリックされるけど
獲得に結びついていない
キーワードが存在しています。

それを放置していては
無駄なクリックだけ増えて、
コストが上がっていくだけなので、

反応の取れないキーワードを
除外していくなどというのも
一つのメンテナンスの
手段になっていきます。

または以下のようなことも
メンテナンスの要素としてあります↓

  • 広告文をテストして
    クリック率を高める
  • 集客LPを改善して
    登録率を高める
  • ユーザー属性を絞って
    見込み客だけに広告を発信する

など

リスティング広告に
広告を出して終わりではなくて、

日々改善するための
仮説検証を行っていき、
意外に安い単価で
取れる日であったりとか、

そのあとのメルマガ登録されて
売れるかどうかなど
と言った部分まで
分析していく必要がある
っていうことです。

もちろん、
初めからできる
ということはありませんので、

日々運用していく中で
どのようにして安く
獲得することはできるのか
などを検証しながら進めていき、

実践ベースでの経験や
スキルを身につけていくこと
が必要になっていきます。

まとめ

このように、
リスティング広告を
活用することによって、

メルマガ集客を加速させることや、
毎月100人以上を集める
ということも
可能になっていきます。

その反面、
広告費がかかってしまったりとか、

運用するためには仮説検証、
そして運用するためのスキルを
磨いていかなければいけません。

広告代理店などにお願いする
というのも一つの手段ですが、

発信者や予算的に厳しい
という面もありますので、
自分で運用しながら
経験を積んでいくことや、

リスティング広告に詳しい人に
教えてもらいながら運用していく
という環境があるといいです。

メルマガ集客するという方法は
無料のブログや
SNSだけではないので、

短期間で集客もすることはできる
リスティング広告の集客も
活用してみてくださいね。

リスティング広告と
ステップメールを活用して
稼ぐ方法は、
【悪用厳禁】メルマガで毎月20万円をたった3ヶ月で稼ぐ方法【簡単3ステップ】
をどうぞ。

https://lhentertainment.net/mail-magazine-kasegu-houhou

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!



【有料級!10種の動画講座の内容】
  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9.   
  10. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  11. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<


こちらの記事もおすすめ!