LINEステップ

【怪しい?】Lステップが怪しいかどうかまとめ【Lステップ配信システム】

Twitter界隈などでも話題のLINEステップ配信システムのLステップですが、「Lステップでこれだけ稼げました」みたいなツイートとか見ると、普通怪しいと思ってしまうのも当然です。

私もこのようにLステップが流行る前の2018年ごろから使用していますが、その時と今では配信システムの数がめちゃくちゃ増えているので、Lステップ以外の選択肢も多いのが事実です。

「ぶっちゃけLステップって怪しいの?実際導入すべきなの?」と思っている人も多いと思いますので解説していきますね。

Lステップが怪しいと思われている理由

Twitterを見てもらうとわかるが、「Lステップの構築など案件を受注して稼げる」といった副業など始めている人が多いのもわかります。

実際にそのような人たちの多くは、Lステップを学ぶための講座などに参加して使い方を学び構築代行などで稼ぐことを目指している人で、自社で導入し運用した経験がない人がほとんどです。

まこと
まこと
HP制作代行と似ていますね!SEOなど全く無視してアクセスのこないHPを作って納品して稼ぐみたいな・・・

なので、マーケティングやそもそも自社の販売に活用したことがないので、構築代行など依頼してもほとんどは見た目はいいが成果の期待できないものがほとんどです。

またはコンサルなどもやっている会社がありますが、その辺りに関しては別記事のこちらをチェックしてみてください。

https://lhentertainment.net/lstep-consulting-how-to-choose

Lステップ側のビジネスモデルとしては、認定講師や構築代行の人を増やすのが狙い

このように「構築代行で稼ぎましょう!」みたいな人がウジャウジャと発生しているのも、Lステップ側としてツールの月額費用を継続して欲しいので、導入したけど使い方がわからないで解約する人が増えるのは阻止したいんですよね。

そこでどうするかというと、契約した人に対して運用代行などを提案するというアクションを起こすわけです。

そうなれば構築代行の費用+ツールの月額費用の継続につながるので、LTVも高くなるという設計になっていて、そのためには代行して構築や制作をしてくれる人を増やさないといけなくなります。

まこと
まこと
なので、Lステップで言えば認定講師を育成したり、構築代行で稼ぐというモデルを別の講座などで販売して構築者を増やしているんです
まこと
まこと
Lステップ側からすれば、認定講師などが増えて自然に広めてくれる人がどんどん増えることで契約数も増えていくので怪しいビジネスをしているわけではないんです。

実際Lステップだと正規代理店一覧などのページもあります

https://linestep.jp/lp/01/partner.html

ページ内にも記載されていますが、

「正規代理店の育成カリキュラムの募集は、Lステップご利用者様に不定期でアナウンスさせていただいております。」

というように代理店などになるためには別途講座などを購入してカリキュラムを実施しないとなれない仕組みのようです。

Lステップ以外の配信システムも同様の施策を行なっています

このように「Lステップで稼ごう」みたいな構築代行の副業の人が増えれば、そのような講座を販売していく人も増えますし、中身がないのに営業して案件を獲得して稼ぐなんて人たちも増えてきてしまいます。

なので、ほとんどが認定講師や会社があり、実際の請け負った後には副業で学んでいる人などに外注化して案件を振るのがほとんどだったりします。

実際にこれは別のLINE配信システムも同様です。

例えば、類似するLステップのツールとして紹介した『L Message(エルメ)』も同様に、代理店や認定講師などを増やしています。

Lステップもその他のLINE配信システムも同じような戦略で

LINE配信システムに契約してもらう

認定講師や代理店になるための講座を販売

認定講師や代理店が増える

LINE配信システムが認知されて契約が増える

といった形です。

まこと
まこと
私が同じようにツールを販売していたら同じモデルを実施すると思いますし、最終的には月額会員の継続率と会員数を増やすことが狙いですからね。
まこと
まこと
そうなると解約する理由を潰すのも大事ですし、ツール単体で広めるよりもインフルエンサーなど影響力のある人が認知を増やすって大事です。

Lステップは怪しくないが比較すると費用が割高

だからこのようにLステップだけではなく、LINE配信システムの販売会社からすればこのような代理店や認定講師を増やしていくことは仕方がありません。

もちろん構築代行など依頼する場合には、「誰に頼むのか」といった人の部分が重要なので、誰しも同じ成果が出るものではありません。

結論としては、Lステップは怪しくはありません。

ですが、私がシステムを導入した2018年の時代だとシステムの選択肢が少なくて、その中でも一番機能性なども優秀だったのがLステップで1強でした。

でも、現在は配信システムが非常に増えているので、費用面ではLステップは高くて予算に余裕がないと導入しにくいのも事実です。

実際に料金は以下のような感じです↓

月間1000通までであれば2980円と比較的安い価格で導入ができるが、それ以上の配信数やリッチメニュー・流入経路分析などの機能を使おうと思えばプランを上げなければいけません。

Lステップより費用を抑えてLINEステップの配信システムを使う方法

Lステップのサービスや機能は他のLINEステップの配信システムと比較しても1番だと思いますが、懸念点としては料金が高いことです。

その中でもおすすめなのが、「L Message(エルメ)」​​です。

出典:https://lme.jp/

「L Message(エルメ)​​」の料金プランは上記の画像のように2種類しかなく、1,000通まではなんと無料で使用できます。

また月額10,780円でも、リッチメニューや流入経路分析といったLステップで言えばプロプランと同等の機能が使えることができるんです。

Lステップで起業したい女性
Lステップで起業したい女性
え!逆にそんなに安いとL Message(エルメ)の方が怪しく感じちゃう・・・

まこと
まこと
確かに安すぎるとそう思うかもしれませんが、私も使用している中でも配信のトラブルとかもないですし、Lステップと同等のことは大体できます。

まこと
まこと
費用面で抑える目的であれば「L Message(エルメ)」の方がリスクもないですね!

また、Lステップの配信システムを選ぶためのポイントや、L Message(エルメ)については別記事で解説しているのでこちらもチェックしてみてください。

https://lhentertainment.net/lstep-similar-tool

Lステップは怪しいのかどうかのまとめ

Lステップを使った構築代行などのツイートなど多く見かけるのが怪しいと思うかもしれませんが、システム自体はめちゃくちゃ優秀なので安心です。

ですが、構築代行などのオファー等があった場合には、100万円以上や高単価な提案をされるケースも多々あるようです。

まこと
まこと
ぶっちゃけその辺りは副業などで稼ぎたい人に外注に仕事をふってしまう人が実際は大半なので、成果まで期待できるかというと微妙なんですよね。

なので、まずは自分自身でやってみるか、構築を全て任せるよりもコンサルタントに依頼するなどサポートしてもらいながら進める方が理想です。

やっぱり自社で運用することができなければ、誰かにお金を払い続けなきゃいけませんからね!

それに対して100万円など高い費用を払うなら学んで自社で運用できる方がいいと思いますので、まずは自分でやってみることから始めてみてくださいね。

あなたの実績や経験を使って月100万円以上を稼ぐ仕組みを作りませんか?

色々なビジネスをやってきた中でも、
【自分の商品(講座やコンサルティング)を持つ事】
が長期的な安定化&利益率の最大化に繋がります。

そのためには…

  1. 商品のコンセプトを決める
  2. 高額な商品のビジネスモデルを作る
  3. 販売する仕組みを構築する
  4. 集客する

といった4つのステップが必要なんですが、
全ての土台となるのは【売れる商品があるか】
に全てがかかっています。

そこでこの有料級の
4つの動画講義をプレゼントします!!


  1. 【完全解説】売れる高額商品の作成術(64分)
  2. 【完全解説】売れるプロセス型営業術(23分)
  3. シンプルステップ体験セミナー(102分)
  4. 成果の出るカリキュラム作成術(29分)

さらにLINEに追加するだけで
3大特典を用意しました!!

  1. Amazon9部門1位の「商品設計の教科書」
  2. LINEステップ×個別相談モデル自動構築の教科書
  3. 売れるオファー設計構築セミナー

合計で10万円相当の特典を用意したので、
こちらのLINEに追加してGETしてみてください。
LINE追加して無料で手に入れる
(※受け取り後にブロックしても構いませんので、 無料で完全にリスクフリーです)
こちらの記事もおすすめ!