メルマガ読者を毎月300リスト安定的に集客する7つの方法

メルマガをこれから始める、または発行してから1番の悩みというのは「メルマガ読者さんを増やすためのメルマガ集客」になります。

なぜならメルマガ内でステップメールを組んで高い成約率のオファーすることができたとしても、新規の集客できる数によって売り上げというのは比例して変わってきますし、メルマガ集客が今よりも2倍にすれば単純に売り上げも2倍になります。

なので、集客の仕方や方法を学び、毎月100リストや300リストを獲得できるようなメルマガを作り上げていくことが一番の課題であり、この記事ではメルマガ読者さんを集客するためのメルマガ集客7つの方法について解説していきます。

メルマガで月300リスト集客するための7つの方法

メルマガ集客で、メルマガ読者を毎月300リスト以上を安定的に集めるための方法としてはいくつかのやり方があります。

実際に私が実践していてメルマガ集客が初心者の方でもしやすい7つの方法があるので、今以上にメルマガ集客を加速させたい方はチェックしてみてください。

その7つの方法が下記の集客方法になります。

  1. ブログからのメルマガ集客を行う
  2. Twitterを使ってメルマガ集客の動線を作る
  3. Instagramからメルマガに集客を行う
  4. Facebookからメルマガに集客を行う
  5. 無料レポート(メルぞう)を使って集客をする
  6. PPC広告を用いて広告からの集客をする
  7. Facebook広告経由でメルマガリストを集める

 

1.ブログからのメルマガ集客を行う

メルマガ集客の中で、最も濃い読者さんが集まる集客方法がブログやオンドメディアを用いた集客方法になります。

なぜなら、ユーザのアクセスとしてはキーワードを入れた自然検索からの記事への流入にありますので、そもそも悩んでいることであったり解決したいことがあって検索しブログに訪れているわけです。

なのでその解決策であったり関連する記事やブログの情報が価値の高いものであればブログ自体のファンになってくれて、さらに言えばそこから先のメルマガ登録でもっと濃い情報をつかみたいと言う考えが生まれてきます。

いろいろなメルマガ集客の方法を行っている中でも、やはり実践して感じるのはメルマガ集客後の読者さんの質が高い事は確実なので、ブログは時間がかかり集客するまでにはとても大変ですが、長期的にはあなたの資産となるのでブログ集客も行なっていくのが理想です。

 

濃い読者リストを安定的に集客できる仕組みが作れる

またブログ集客が優れているのも、ある程度ブログ自体がアクセスが集まるようになれば、記事の更新などしなくても一定数毎日記事にアクセスが来てそこからメルマガ登録してくれるようになります。

そのため、SNSであれば毎日投稿したりフォローしたりと労働型の集客媒体にはなってしまったり、広告であれば広告費が永遠と語り続ける集客方法になってしまうので、それと比べたら無料で濃い読者さんを安定的に集客できるブログというのは魅力的な方法だということです。

 

ブログ集客するために行うべきこと

ではブログ集客を行うためには何をしなくてはいけないのかと言うと、メルマガ集客するための発信するテーマの一貫性を持つことと専門性の高いブログを目指すと言うことです。

そのため雑記ブログのように何でも記事を書くのではなくて、例えばこのブログであれば情報発信に関連する記事だけを書き続けていると言う事になります。こうすることによってその専門性が高くなりSEO的にも効果であったりとかメルマガ集客までの一貫性を作ることができます。

なので、どのキーワードで自分のブログが上位表示させたいかそしてその関連するキーワードを中心に記事を書き進めていく必要があり、まずは100記事を3ヶ月や半年と言うスパンの中で作成し投稿する位の勢いが重要になります。

なぜならブログが評価されるのが数カ月後とかになるので、一定数の記事が入っていないとそもそもブログが評価されずに全体の検索順位が上がってこなく、アクセスが集まりにくい傾向にあるためです。

 

ブログを継続的に書く秘訣は書ききる事

このようにブログからメルマガ集客するためには、一定数なく雪が必要でそのためには着所投稿していくことを継続的に行っていただくてはいけません。

100記事と言われても難しいと一般的とは思いますが、まずは完璧な記事を求めるんじゃなくて書ききることを優先し記事を書き進めていくことがお勧めです。

その中でも記事を早く書くポイントとしては、スマホやパソコンを使った音声入力で記事を書く方法で、普通に入力するのと比べると入力スピードも上がりますし頭で考えたことを喋るだけで記事を作ることができるので、私もこの方法用いてから記事の書くスピードも速くなりストレスなく継続してブログを書くことができています。

 

2.Twitterを使ってメルマガ集客の動線を作る

Twitterを使ってメルマガ集客をしていくことも可能で、特にTwitterの場合だと発信するテーマやターゲットによって集客できるかどうかが大きく異なってきます。

そもそもが普段Twitterを使っているユーザ層がメルマガ集客のターゲットとなっているかと言うことがポイントで、例えば30代の女性であれば、今TwitterよりもInstagramの方がアクティブなユーザが多いので集客本としてはTwitterよりもInstagramの方が相性が良いといえます。

その中でTwitter集客での相性の良いメルマガの発信のテーマとしては、投資や転売、アフィリエイトもしくはブログ、起業等といったビジネス系でのアクティブユーザが最近出多い傾向にあります。

また一概に大きく副業と言うわけではなく、使っているユーザ層としては1つの専門的なアカウントや情報を求めるために使っていると言う方が非常に多いです。

なので、Twitterからメルマガ集客する時も、あなたのブランディングや小さい市場でもいいので専門性の高いアカウントというの作り込んでいく必要があります。

 

Twitterからメルマガ集客の動線の作り方

Twitterからメルマガ集客するための導線としては、まずはTwitter内でのフォロワーを増やしていくために日々投稿だどうして価値提供してことが必要になってきます。

そこからメルマガ集客につなげていくためには、単純にプロフィールや投稿からメルマガのLPを用意して投稿しても登録はしてくれません。

なので無料オファーの様にコンテンツ提供をして、その先にメルマガ登録してくれる仕組みを作ってい行かなくてはいかなくて、最近ではTwitterとnoteを活用したメルマガ集客の方法が相性も良く効果的に集客が可能です。

その方法に関しては、Twitterも新時代に突入!最新の成功事例と活用方法とはに詳しく書いているので、Twitter集客に興味がある方はチェックしてみてください。

Twitterも新時代に突入!最新の成功事例と活用方法とは

3.Instagramからメルマガに集客を行う

Instagramからのメルマガ集客ですが、Twitterと同様に発信のテーマやターゲットがInstagramとの相性が良いのかをまず確認する必要があります。

なので女性や20代30代といったターゲット層や、稼ぐ系の発信よりかは、非稼ぐ系の情報発信の方が相性が良い傾向にあります。

その時にInstagramの場合、メルマガ集客すると言う事は少し難易度が高く、使っているデバイスがスマホが大半であったりメルマガ登録することに対する壁を感じている方が多いので、メルマガよりはline@に集客する方が集客はしやすい印象です。

なのでメルマガではなくline@への発信をしていくことも1つですし、一旦line@に集客してからメルマガに誘導するような形で集客を行っていくと言うことも1つの手段にはなります。

ですがInstagramのように無料オファーのような登録する目的やコンテンツがないと登録率はがくっと落ちますので、Instagramのユーザ属性に合ったコンテンツ等の提供をしていくことが必要です。

 

Instagram集客の鍵はハッシュタグ

その中でInstagramからの集客をうまくするためには、ハッシュタグの活用が必須で、1番の目的としてはハッシュタグ検索での人気投稿で上位に投稿を表示させることが1番アクセスを集めることができます。

しかも狙ってハッシュタグを検索しているので、ブログと同様に悩んでいるであったりとか求めているターゲット層からのアクセスを集めることができるです。

そのために必要なのが、投稿へのいいねの数になっているので、それを集めるためにはフォロワー数も一定数が必要であったりとか、いいでしてくれるフォロワーさんを集めていくということが重要になります。

なので、専門性の高い投稿Instagramでもしつつ、フォロワーを獲得し狙ったハッシュタグで人気投稿表示させていくと言うことが、アカウントへのアクセスを増やしそこからline@やメルマガへの集客へつながっていくと言うことです。

 

4.Facebookからメルマガに集客を行う

Facebookからのメルマガ集客ですが、Facebookの場合投稿したからといってすべての友達のフィードに表示されるわけではなく関連の高い友達の投稿がより表示されやすくなります。

なのでまずは友達数を増やし、多くの友達に投稿が表示される状態を作らなければ、投稿の中でメルマガの集客や案内をしたとしても未来の数が少ないことには変わりがないんです。

じゃあ、投稿に対してより表示回数を増やすためには何をしなければいけないのかと言うと、友達数を増やす事と、友達との関連頭を高くすることになります。

そうすることによって投稿へのいいねがつきやすくなり良い子が多ければより、投稿が拡散され表示されやすくなり、投稿からのメルマガ登録なども多くの方に見ていただくことができます。

 

投稿のいいね!を集めて投稿をより多くの人に見てもらう方法

では投稿のいいねを多く集めてより多くの友達に自分の投稿を見てもらうためには、過年度を高くするといいましたが具体的には、投稿に対してのいいねやコメントそしてMessengerなどで個別でやりとりをするなど行うと関連度が高くなります。

なのでただいい投稿していても、そもそも表示されなければいいねやコメントが付きませんし今年度も高くなりませんが、こちらから相手の投稿に対してアクションすることによって関連度が高まり相手のスピードに自分の投稿を表示させることができるということです。

具体的な行動としては、

  1. 友達数を増やす
  2. 友達との関連度を高くするアクションをする
  3. 質の高い投稿を継続的に行う
  4. 投稿からメルマガ集客を行う

になりますが、さらに細かく知りたい方は、Facebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップをどうぞ。

Facebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップ

 

5.無料レポート(メルぞう)を使って集客をする

また無料レポートを使ったメルマガ集客の方法もあり、この場合妥当なビジネス系の発信であれば集客を行うことができますが、ひー稼ぐ系の発信とは相性が悪いので、端のテーマによっては横尾南集客方法になります。

ですが無料レポートからの集客というのは基本的には質の悪い読者さんの集客が大変なので、メルマガ読者さんは増えたとしても、そもそもメルマガを開封してくれていないと言うような状態のユーザも多くリソースが売り上げにつながらないケースもあります。

また、新規のレポートを作っても数日経ったら新着の表示から消えてしまうのでダウンロードはされにくくなってしまったり、無料レポートスタンドのみでの活用では集客の見込みと言うのは基本的には少なくなっています。

そのため外部から無料レポートをダウンロードしてくれる仕組みとして、メルマガやSNS等で拡散してダウンロードしてもらいランキング上位を狙っていくことや、配信スタンド内の広告枠に掲載してダウンロードしてもらうようなことが必要になってきます。

もちろんメルマガ集客をすることできますかその後の利上げにつながるかというところはまた別の話になってきますので、無料レポートを作り掲載する労働型の集客をするよりかは、SNSやブログ等といった資産構築型の媒体を育てていった方が長期的にも集客が安定するのでお勧めです。

6.PPC広告を用いて広告からの集客をする

無料集客以外にも、 PPC広告を用いた高校からの集客を行っていくこと有効です。 PPC広告と言うのも、Yahoo!やGoogleなど検索エンジン連動の広告で、検査結果の下の所に表示されるのがこの広告枠になります。

そのため狙っているキーワードに対して広告を出すことが可能で例えばメルマガ始め方といったキーワードをブログで上位表示を狙うとするとライバルも多くて時間もかかりますが、広告の場合は即日検索窓の下に対して広告を表示させることができアクセスを集めることが可能なんです。

なので、広告費はかかりますが狙っているキーワードに対して広告を表示させることができピンポイントにメルマガ集客したい人たちが検索しそうなところに広告を表示させLPのアクセス集めて濃いメルマガ読者さんを増やすことができるんです。

 

PPC広告でメルマガ集客をするためには

ではどのようにしてここに自分のメルマガ集客LPを掲載して集客していけば良いのかと言うと、まずは広告掲載するためのサービスに登録する必要があります。Yahoo!に掲載するのであればYahoo!プロモーション広告、GoogleであればGoogle 広告に登録し、広告費用入金をし掲載までの手順を追っていく必要があります。

このときのかかる広告費といえども、クリック課金型になりますので広告が表示されていてもクリックされなければかかる広告費は0円ですが、クリックされるたびに1クリックいくらと言うな形で広告費が加算されていきます。

掲載するときに必要な準備としては、集客するための審査に通るLPと、どのキーワードに対して広告を出すのか、そして広告分になります。

特に最近では審査が厳しく、表現などによってLP自体が審査に落ちてしまい広告に出せないケースが多く、普段使っている集客LPで落ちる場合には広告用のLPを再度用意して広告に出していくと言うことが1人なってきます。

 

どれくらい集客できるのか

PPC広告を使ったメルマガ集客を行った場合、大体1リストに対して1000円以下で獲得することが可能で、これも狙うキーワードであったりとかターゲット層によって左右はされてきます。

またキーワードによっても1日の検索条件などもあるわけなので、専門性の高いキーワードから幅広いキーワード何などにも広告を出していくことで多くの集客をすることができます。

ですがその中で考えなければいけないのは広告費がかかる集客の方法になりますので、実際の費用に対しての費用対効果がメルマガ内で会うかどうかというところを数値として判断していかなくては集客はできるけれども赤字になってしまうということが起こってしまいます。

そのためリストの数よりもリストの質が求められていたり、実際に1リストあたりどれぐらいの獲得単価であれば費用対効果と会うビジネスモデルなのかと言うところも先に計算しておくと獲得単価の目安であったりとか集客するターゲット層を明確にすることができます。

なので PPC広告を用いたメルマガ集客、費用対効果の合うビジネスモデル遅作れてしまえば、先ほどまで紹介した量の集客方法を行わなくても読者さんを集めることができそしてメルマガ内でマネタイズしてことが可能になります。

そうした場合には集客の媒体を持たずに広告費を払うだけで毎日集客することが可能になりますので、集客するための日々の行動や作業というのが不必要でそのなビジネスモデルを作っていくと言うこともオススメなやり方です。

 

7.Facebook広告経由でメルマガリストを集める

最後にFacebook広告を使ったメルマガ集客と言うのも一般的で、Facebookの場合はFacebookやInstagramいや金するサイトを利用している人に対して広告を出していくと言う形になります。

なので先程のBBC広告と違って検索結果に連動して狙うキーワードを決めて広告を出すわけではないので、興味関心であったり類似しているユーザに対して広告を出すと言う設定がすることができます。

イメージとしては PPC広告の場合ではよりターゲットを絞った広告の配信ができるのに比べて、Facebookをこの場合は幅広いユーザに対して広告を配信することができるということです。

また難易度としてもFacebook広告の方が難しく、幅広いユーザ層に対しての広告廃止になってしまうので、広告のクリエイティブであったりLPの質と言う部分が特に問われてきます。

ですが幅広いユーザ層に対して広告を出すことのメリットとしては、一度広告が最適化されてしまえば、予算に対してのリスト書くとこすることが可能で、例えば1リストせいだとしたら1万円で10リスト、10万円で100リストのような予算に対しての集客をすることができちゃいます。

また相性の良い配信方法としては、ブログや城戸のメルマガ登録者の情報をFacebook広告に連動させて、そのユーザに似た人に対して広告を出す設定が可能なので、そうすることで一定の質の高いユーザ層にだけ広告を出すということが可能になります。

Facebook広告に関しては、Facebook広告でメルマガのリスト取りがエグかったにも詳しく書かれているので気になる方はチェックしてみてください。

 

まとめ

このようにメルマガ集客を行っていく方法は色々とありますが、やはり1つの集客媒体だけでは1日じゅうリスト等を安定的に集めることと言うのは初心者の方にとっては難しいです。

なのでお勧めとしては無料の集客媒体をブログとSNS相性の良い1つを持つこととそれに加えて広告を使った集客も行っていくことで月に300リストの集客と言うのも可能になります。

特に広告と聞くと敷居が高そうに思えますが、費用対効果の合うビジネスモデルさえ作ってしまえば1番手っ取り早く安定的に集客できるのが広告を使うことなので、全て無料だけで行うことだと時間も労力もかかります。

そのため、広告を使った集客で補うと言うイメージを持って、無料の集客以外にも広告を使った集客などを行っていくことがお勧めで、無料のSNSでも集客を行いたい場合にはSNS集客のコツ!王道3つのSNSで集客する方法【まとめ】をどうぞ。

SNS集客のコツ!王道3つのSNSで集客する方法【まとめ】

 

有料動画10本を無料配布中

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより