メルマガ配信頻度の2つの戦略と効果的な配信方法

メルマガ発行を始めたはいいけど、配信頻度って毎日か週1回かどうすればいいか迷っていませんか?

メルマガにとって、この配信頻度をどうするかはめちゃくちゃ重要で読者さんとの信頼関係や解除率を下げるなどの影響もあります。

配信頻度の考え方としては2つあって、毎日配信派か不定期配信派で意見が分かれています。

そこで、この記事ではあなたのメルマガにあった配信頻度を見つけるべく、メルマガの配信頻度について解説していきます。

 

メルマガの配信頻度の考えは2つに分かれる

調べたりメルマガ指導している人によっても配信頻度の考え方がバラバラで、正直いうとメルマガの配信頻度に関して正解はないんです。

その理由というのも、考え方によっては毎日配信や定期配信であってもメリットとデメリットが存在していてどっちもいい影響というものがあるからなんです。

では、どんなメリットとデメリットがあるのかをまず見ていきたいと思います。

 

毎日配信のメリット&デメリット

メルマガの配信頻度の考え方の1つとしては、「毎日送った方がいいよね」という人もかなり多いです。

特に情報ビジネス系の有名な人たちを見てもわかるように、配信頻度がめちゃくちゃ多いので私も頻度が多い方がいいと思っている派なんですね。

その理由としては以下のメリットとデメリットがあります。

 

メルマガの配信頻度が多いメリット

  1. 読者さんとの信頼関係が構築しやすい(ファン化)
  2. メルマガを読むを習慣化することができる
  3. いつオファーしても高い反応を出す頃ができる

 

1.読者さんとの信頼関係が構築しやすい(ファン化)

ザイオンス効果 (単純接触効果)とも言われるもので接する回数が増えるほど好印象を持つという心理的な効果があり、配信頻度が高い方がより接する回数が増えるということです。

情報ビジネスで有名な方を見ていても、メルマガだけではなくて、LINE@やFacebook、Twitter、YouTubeなど様々なプラットフォームでの発信をしているケースが多いです。

メルマガだけではなくて、そのほかの場所でも接する回数を増やすことができ、より信頼関係が構築しやすくファンになってくれやすいんですね。

メルマガで信頼関係を構築できれば、発信する内容や提供する商品やサービスがいいように見えてくるんです。(変な意味ではないです)

いい商品であっても、すれ違った髭もじゃのおじさんにオファーされたら先入観で「怪しい」が先行しますが、逆なら「この人が紹介しているんだから…」に変わるわけです。

同じ商品であっても、この信頼関係で見え方が変わり成約率にも関わってくるということになります。

 

2.メルマガを読むを習慣化することができる

メルマガの配信頻度が高く「同じ時間に配信」すると、その時間になったらメルマガを読むということが習慣化されていきます。

例えば毎日19時に配信していたとしたら、会社から帰宅する電車の中で「〇〇さんのメルマガを読む」が日課になるということです。

習慣化されれば信頼関係も構築していきますので、同じように自分のファンになってくれるようになります。

 

3.いつオファーしても高い反応を出す頃ができる

頻度が少ないメルマガでオファーばかりであれば、「また商品のオファーか…」と読者さん目線で考えれば思われても仕方ありません。

ですが頻度が多ければ普段からメルマガを読む習慣や信頼関係を構築することができているので、高い反応を出せるメリットがあります。

 

メルマガの配信頻度が多いデメリット

  1. メール1通に対する価値が低く感じてしまう
  2. メルマガの解除率が高くなってしまう

 

1.メール1通に対する価値が低く感じてしまう

配信頻度が多く、仮に毎日メルマガの届く環境だと読者さん目線からすれば、「あとで読めばいいや」という感覚にもなりやすいんです。

そのため数日に1回のメルマガ配信よりは価値としては当たり前になってしまう分、低く感じてしまうデメリットというのがあります。

なので、音声や動画などで期限付きのメルマガ配信をして限定性を出すことによって、読まないといけない環境を作ることもできます。

 

2.メルマガの解除率が高くなってしまう

メルマガやLINE@の解除やブロックとして一番多い理由は「毎日届くことがウザイ」と感じてしまうことになります。

メリットのように楽しみに配信を待ってくれる信頼関係を構築できてファン化できればいいですが、「この人の情報はちょっと…」みたいな人からは嫌わてしまうということです。

メルマガ読者さん全員に好かれる必要はないので、一部のファン化できている人向けて大切にしていく考えも必要になります。

 

不定期配信のメリット&デメリット

メルマガの配信頻度が高いと信頼関係やファン化がしやすいメリットが大きいですが、その逆の読者さんには悪影響になるということになります。

では、逆にメルマガの配信頻度を少なくした場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

メルマガの配信頻度が少ないメリット

  1. メルマガの数が少なくていいので質の高い配信ができ価値が上がる
  2. 配信する内容に困らずに配信を継続できる

 

1.メルマガの数が少なくていいので質の高い配信ができ価値が上がる

メルマガの配信頻度が少なくていいので、メルマガ発行者からすれば質の高い濃い情報を配信することに意識としてすることができます。

読者さんからすれば、「配信頻度は少ないけど中身のあるメルマガだからつい読んじゃう」みたいな状況を作り出すメリットがあります。

特に文章だけでなくて、音声や動画などの手の込んだ情報発信であれば、配信頻度という面をカバーして信頼関係を構築しやすくなります。

メルマガは量より質?関係性構築が攻略の鍵

 

2.配信する内容に困らずに配信を継続できる

配信頻度は多くて毎日配信することってかなりキツいんですよね。

何より「今日は何を配信しよう」と続けていくほどネタに困っていきますが、配信頻度が少なければ発信するネタには困りにくいので本当に伝えたい情報だけを届けることができます。

 

メルマガの配信頻度が少ないデメリット

  1. 信頼関係の構築がしにくくファン化されにくい
  2. 読む習慣化されていないので開封されない

 

1.信頼関係の構築がしにくくファン化されにくい

メルマガ登録して初期の頃から不定期の配信だと、あなたというメルマガ発信者の存在や信頼関係の構築の前に「誰これ」という状態になってしまいます。

特に認知されないうちに配信頻度が低いと、そもそも読まれなくなってしまうので、ファン化できてから配信頻度を少なくするのがありだと思います。

 

2.読む習慣化されていないので開封されない

継続的に配信していけば、このメルマガを読むという習慣をつけることができますが、不定期であればその習慣化がされません。

なんとなくメールボックス見たら届いていた、みたいなことになってしまうので急なオファーなどした時には反応が悪くなるデメリットもあります。

 

私が考える効果的なメルマガの配信頻度は!?

このようにメルマガの配信頻度だけ見ても、メリットとデメリットがあってどちらもいい部分があるのは確かです。

ですが、私の考えとしては「ファン化(信頼関係構築)するまでは配信頻度は多い方がいい」というのが結論になります。

なぜなら多くのメルマガ発行者は有名な方見たく継続することができずに、何日間で配信がピタリと止まるケースが多いんです。

その中で、配信頻度が多くメルマガを届けてくれる発信者がいたら差別化できますし、あなたとの接触回数も増えて「どんな配信をするメルマガか」覚えてもらえます。

多くのメールが届く今の環境で、なんの情報を提供してくれる誰なのかを知ってもらうだけでも価値がありますし、その状態であれば不定期配信になっても読まれます。

そしたら配信頻度を下げて質の高い発信を意識していけばいいので、信頼関係をまずは構築するために頻度は高くした方がいいということになります。

 

ステップメール構築すれば全てを解決できる

リアルタイム配信であれば毎日配信や頻度を多くすることは発信者側からすれば労力を使いますので、あまりいい方法ではありません。

なので、ステップメールを構築して登録後からオファーまでを自動化することで、信頼関係構築してメルマガを毎日届けることができます。

今のメルマガスタンドだとだいたいステップメールの機能があるので、この機能を使って自動化でのメルマガを運用を行うのがベストになります。

ステップメールって何?という人は、ステップメールは仕組み化×戦略が成功の鍵を参考にしてみてくださいね。

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより