メルマガが書けない5つの原因と効率的に書く方法

メルマガ発行したはいいけど、何を書いていいのか分からなかったり日々配信していく中でネタに困りメルマガを書けないなんてケースも実は多いんです。

私もメルマガを始めた当初はメルマガが書けなくて数ヶ月は放置したこともあるくらいなので、メルマガは稼げて資産になるといっても書けなければ読者離れが起こり成果は出にくくなります。

この記事では、メルマガが書けない人に向けてどのような思考でメルマガを書いていくのか、そして効率よく発信して成果を上げる方法をお伝えしていきます。

 

メルマガを書けない原因と効率よく発信するステップ

メルマガが書けないことが続けばメールが全然届かないメルマガであれば信頼関係も構築することができないですし、急に商品のオファーをされても残念ながら商品は買われないです。

また書けない状況で頑張って書いたとしても質が低ければ同じように読者離れを起こしてしまうので、メルマガの質を下げてしまうことに繋がってきちゃいます。

このようにメルマガ発信を続けていく中では、メルマガを書けないことは非常に悪影響になっていてその原因としては以下のことが考えられます。

  1. 情報発信する(アウトプット)習慣が付いていない
  2. 読者さんが求めている情報が理解できていない
  3. メルマガのゴール(成約)までの動線が理解できていない
  4. 日々のメルマガ配信の意味を理解できていない
  5. 読者さんにどう思われるのかと発信のブロックがかかる

 

1.情報発信する(アウトプット)習慣が付いていない

メルマガ発信といのも、読者さんに対して情報を提供して価値を感じてもらうことが一番なので、日頃から自分がインプットした情報や体験などを情報発信(アウトプット)する習慣が付いていないとブロックがかかります。

要はセミナーや教材などで勉強はするけど、人に日々伝えていないのでメルマガでも相手に伝える文章が書けないということなんです。

特に文章を書くことを日々やっていない人はこのケースが多くて、対処方法としては情報発信(アウトプット)を習慣化して伝えていくことに対してのブロックを外していくこと。

その為にはメルマガ以前に、SNS(Twitterやfacebook)やブログ記事などでユーザーに対して情報を届けることを日々行なっているとメルマガも日々かけるようになっていきます。

2.読者さんが求めている情報が理解できていない

メルマガが書けないのは読者さんにとってその情報を求めているものかを理解していいかわからないから、何を書いていいか分からないようになってしまいます。

基本的にはオファーする商品のターゲットを決めて集客を行なっていくので、オファーする商品位関連する情報であれば反応も高いはずですが、理想は読者さんに直接聞くことになります。

いきなり「メルマガで聞かせてください」と送っても誰も返信してくれないと思うので、プレゼント企画としてアンケート回答者にコンテンツを配布するなどして欲しい情報が何かを聞くといいです。

その回答してくれたデータを元に発信をしていけば読者さんからしても質の高い求めている情報を提供してくれるメルマガになるわけです。

発信する側としても、どういったメルマガを書けばいいのか明確になるので書けないということは無くなります。

 

3.メルマガのゴール(成約)までの動線が理解できていない

メルマガのゴールである商品のオファーまでの動線が理解できていないと、何を書いていいか分からないのも当然です。

なので登録からどういったメルマガを配信していくのかではなくて、ゴールから逆算していき、何日に募集開始をするから今日と明日では関連する情報発信をしていくなど内容も決まってきます。

さらに言うと、セールス方法は実はどんな順番でメルマガを配信していくのかのテンプレートともあるので、それに頼ってメルマガを書くようにしても、内容が定まってきます。

 

4.日々のメルマガ配信の意味を理解できていない

メルマガ発信というのも書けば収益化できるわけではないので、日々のメルマガに価値を見いだすのは難しいですが、なぜ日々のメルマガを書くのかを理解するとかけるようになっていきます。

その理由の1つとしては読者さんとの信頼関係の構築であり、価値の高い発信を続けることによってあなたの信頼度も上がりセールス時などに発信時にも反応が高くなります。

なのでセールスだけしていればいいという考えではメルマガでは失敗しますので、日々のメルマガで価値の高い情報を提供していくことを心がけてください。

参考:読まれるメルマガを作り上げる7つの秘訣

 

5.読者さんにどう思われるのかと発信のブロックがかかる

SNSやブログ、メルマガのように誰かに自分の考えや情報提供するのに対して、「どう思われているんだろう」と思ってしまい発信できないような人もいます。

ぶっちゃけた話をすると大半の方はあなたのことをなんとも思っていないので、情報提供することにブロックするだけ無駄だということです。

さらに発信を続けていくと、メルマガ発行の中でもあなたの価値観なども含めて共感できるような人が残っていきますので、結果的には自分と同じような人が周りに集まるようになります。

(*私の場合だとギラギラ系の読者さんは少ないです 笑)

 

効率的にメルマガを書くならステップメール化

メルマガが書けない、またはなるべくであれば非効率に書くのは嫌だと思っているのであれば、ステップメール化して自動化することをお勧めします。

普段の日刊メルマガであれば、その1通はその場だけでの配信になってきちゃいますが、ステップメール化することによって同じ1通のメールであっても新規の読者さんに対して配信できるため価値としては高いですよね。

変な話100通のメルマガを書けば100日間ステップメールに設定して自動化することもできちゃうわけです。

こう聞くとステップメール化した方が効率もいいし楽チンだと思いますが、実際に実践するとなると配信の順番なども考えないといけないので初心者には難しいです。

 

自動化できるけど成約されない可能性が高い

ステップメールの設定自体は難しいものではなくて、単純に登録から何日後の何時に配信するのかを設定するだけなのでマニュアルでも見ながら誰でも行うことはできます。

ですが…重要なのってメルマガで商品をオファーして成約を高成約率で獲得することですよね。

なのでステップメールで自動化してメルマガも効率的に書くことができたけど成約されなかったら意味ないわけで、特に初心者の方であれば可能性として非常に高いです。

なぜならステップメールにも配信する順序やセールスフローなどの構築を細かく行ってやっていくものであって、なんとなくオファーを自動化しても成約率はかなり低くなってしまいます。

 

メルマガが書けないなら戦略的に効率化していく

なのでメルマガが書けないのであれば、少ない配信数でいいので質の高い1通のメールを作る方が向いているかもしれません。

ステップメールは難しい…ですが何にも考えないでやった場合に限っての話なので、戦略的に構築して行なっていけば成約率も高く効率よくメルマガをかき自動化することができるんです。

そのためには何が必要なのかというと、登録からセールスまでのフローで成功者の真似をするのが一番でモデリングしていくんです。

 

戦略的に行うのであれば成功者の真似をする

0からステップメール化しても失敗するのが目に見えていますし、誰かがアドバイスしてくれるわけでもありません。

そういう遠回りをするのではなくて、すでにメルマガで成功している人のステップメールを実際に登録してどういう順序で内容を配信していくかオファーまでの流れを勉強していくんです。

そうするとステップメールであっても「何通目にこういう内容を送る」みたいな部分が見えてきますので、それを真似して自分のメルマガに反映させていくことが短時間でも結果を出すには必要です。

その書き方に関して実は他の記事で解説しているので興味のある方は下記よりのぞいてみてください。

参考:ステップメールの書き方と高成約率の裏シナリオ

 

まとめ

メルマガが書けないのは原因がありますし、最終的には慣れの部分も大きいのは事実です。

私も最初の頃のメルマガの内容はまあ酷かった記憶がありますし、業界で有名な方もいきなり今のように質の高い情報発信をできていたわけではなく、数をこなしてスキルが身についてくんです。

なので、読者さんにどう思われてもいいのでまずは自分が伝えたい情報をメルマガに書いて発信し続けることによって、あなたの思考などに共感できる人たちが集まってきますよ。

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中