メルマガの書き方! 1テーマに沿った1通を魅力的に書く方法

メルマガの書き方ですが、よく見れ教材やコンテンツなどを書き方を調べていると、メルマガで送る1通で1テーマについて発信をしましょうと言うことが書かれていることが多いと思います。

なぜ、メルマガ1テーマで書いていかなければいけないのかそしてどのようにして1テーマで書くことができるのかについてこの記事では解説していきます。

 

メルマガ 11テーマで書いていくこと

メルマガの書き方として1メルマガ11テーマで書いていくと言うことが基本で、それもその一通に対して何を伝えたい配信なのかであったりとか情報が多いとそれだけ受け取る側としては重要な事がインプットされにくくなります。

例えば1つのメルマガの中でも、アフィリエイトについてと転売についてと言う2つのテーマの発信を1通の内容の中に書かれていたら、どちらが重要なのかであったりとかじゃあ今後自分はどっちをやっていけば良いのかなど迷いが出てきてしまうと言うことです。

なので、その1通でアフィリエイトのことを伝えるのであればアフィリエイトのことに関してだけ書いていく必要がありますし、仮に転売のことを書きたいのであれば別日に転売についてだけ書かれているメルマガを書く必要があると言うことになります。

 

ごちゃ混ぜの内容だと伝えられない

じゃあなぜ1通のメルマガでごちゃまぜな内容ではいけないのかと言うと、1番の問題点は「伝えたいことを伝えることができない」と言う面になります。

メルマガと言うのも結局、最終的には商品やサービスなどメルマガ内での売り上げを作ることが目的になりますので、日頃の配信での情報なども、そこにつながるように考えながら配信をしていく必要があるのです。

なので、ただただ情報を入れていればいいというわけではなくて、メルマガを書くときにでも、この1通で読者さんにどう思ってもらいたいのかそして自分は何を伝えないのかということを明確にして読者さんへの教育を行っていくと言うになります。

仮にごちゃまぜでメルマガを書いているのであれば、今すぐその方法はやめて11テーマでの配信であったりとか何を伝えて読者さんに何を感じてもらってそして商品のセールスにつなげることも考えながらメルマガを書いていくことをお勧めします。

 

1テーマ=何をその1通で伝えたいのか

1テーマと言う表現をしましたが、そのメルマガを読んで読者さんがどう感じてもらえるのかであったりとか、発信者側が読者さんに対して何を伝えたいのかということが重要になります。

例えばこの記事で言えば、メルマガを書くときには11テーマで書いていくということが伝えたい事になるわけなので、そのことに対して記事をこのように書いて読んでいる人に伝えているわけです。

なので、とりあえずメルマガを書くであったりとか情報発信していくと言うことではなくて、まずは書く前にこのいつで何を自分が伝えたいのかということを明確にすることが重要だと言うことになります。

 

何を伝えたいのか明確にする

何を伝えたいのかメルマガを書く前に明確にして、1つのテーマを作ってしまった方がそのメルマガ自体書きやすくなります。

なので、この1通ではメルマガの書き方についてさらに11テーマについて伝えていくと言うことを決めたらそれに対しての情報をメルマガ内で伝えていけば良くて、それに関連しなかったりとか脱線してしまい情報と言うのは基本的にはメルマガ内には入れていかないと言うことです。

さらにその先の商品やサービスのセールスまでにつなげていくことを考えると、例えば転売についての商品をオファーする際には、商品の募集開始するまでに読者さんの気持ちとしては転売を今すぐやりたいと言う気持ちにさせていくことが成約率にもつながっていきます。

そのために、日ごろのメルマガの配信では何を伝えて読者さんに頭を感じてもらえればいいのかと言うことを落とし込んでいくことが重要で、例えば、転売とアフィリエイトで副業でどっちを始めていいかわからないから悩んでいるということなどが考えられる場合にはその解決策としてメルマガで伝えていくと言うことです。

日ごろのメルマガを配信する時にでも、商品のオファーするときに読者さんが頭を感じてもらっていることが1番良い状態なのかを考えて、それに対しての悩んでいることや求めている情報などそしてそのような感情になってもらうためにはどうゆう解消していけばいいのかと言うように落とし込んでいくと、日頃のメルマガ配信でもテーマを決めやすくなります。

 

結論から述べて結論で終わる

11テーマで書いていくときの本文の書き方ですが、基本的には結論から述べて結論で終わると言う書き方をしていくのが1番書きやすいです。

その間には、その結論に対しての理由であったりとか解説と言うことを入れていく必要があり例えばこの記事で言えば、ごちゃまぜのメルマガ を書くことがいけなかったりとか、どういう風に書いていけば買うことができるのかということを伝えています。

なので本文の書き出し方でも、「本日は〇〇についてお伝えしていきます」などと言うような冒頭でもいいですし、人間の心理として、最初と最後に言われたことが頭に残ると言う傾向にあるので伝えたい事は最初と最後にしっかりと伝えていくということが重要です

 

深掘りしてより濃い内容にする

1テーマに沿ってメモを書くときには、書く内容が薄くなってしまう人も多いですが、その多くは深掘りしてより濃い内容にしていないことが原因です。

なので、伝えたことに対して「なぜ?」生すべてのことに自分に問いかけてそれに対しての解説さらにその解説をしてきた中でもなぜを問いかけることによってより1つのテーマでも深掘りした内容やメルマガを書くことにつながっていきます。

または読者さんが思っていることや、読んでいるか分からしてわからないことというのが出てくるので、例えば、専門用語などがあればそれに対しての解説をするなどといったように、中学生が見てもわかるような1つのメルマガに仕上げていくということが理想です。

参考:メルマガの書き方!上達のコツは質より量だった【実体験】

メルマガの書き方!上達のコツは質より量だった【実体験】

 

テーマや内容がズレる時の対策

ですが11テーマで書いている中でも、テーマの内容からそれてしまう内容を発信したいくなってしまったりとか、関連する情報などを発信したいと言う場合が出てきます。

その時の対策としては下記の2つの方法がオススメです。

 

明日のメルマガで続きを配信する

日刊メルマガやステップメールなどでメルマガを配信しているのであれば、11テーマでメルマガを書いていき関連する情報や内容そして内容がずれる場合には、明日のメールで続きを配信していくということがお勧めです。

例えばこの内容で言えば、11テーマでのメルマガの書き方についてお伝えしていますが、関連する内容としては、そのテーマから商品のオファーまでつなげる方法等といった関連する情報は明日のメルマガ内で伝えていくと言うふうにしていくことです。

なので、とりあえず1つのメルマガに文章量が多く詰め込むのではなくて、あくまでも11テーマでメルマガを書き進めていき仮に関連する内容などあった場合には、明日のメルマガやそれ以降のメルマガ等で配信していくと言う事です。

 

PS(追伸)で本文の最後で伝える

また伝える情報がそこまで多くなければ、本文の最後にPS (追伸)などを使って関連する情報などをそのメルマガに書いていくことも可能です。

そこまで伝える情報ではなければ、明日のメールで続きを配信しても本番自体が短くなってしまったりとか伝えれる情報が少なくなってしまうのでそういえば今こないだ方法で伝えていくことがお勧めのやり方になります。

 

まとめ

このようにメルマガを書くときには11テーマをまずは設定して意識して変えてことが重要で、ごちゃまぜで書いている場合には、数日に分けて配信することや1つの目量より深掘りしてこいメルマガにしていく事を意識すると良いです。

そのためには、そのメールで何を伝えたいのかそして読者さんに何を感じてもらいたいのかをしっかりと考えてからメルマガを作るようにすることや、そこから商品のオファーにつながるように長期的な視点にも立って日々のメルマガでの情報発信を行っていく必要があります。

特に1つのテーマを深掘りすることによって、より濃い情報や読者さんの求めている内容や満足度にもつながっていきますので、薄い内容を広く書くのではなくて、1テーマに沿って深い情報発信を心がけて行ってみてくださいね。

また、メルマガを書くときには、メルマガの書き方!話し口調で読みやすい書き方とはも重要になるのでチェックしてみてくださいね。

メルマガの書き方!話し口調で読みやすい書き方とは

有料動画10本を無料配布中

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより