メルマガの開封率は曜日よりも件名が重要だった!?

メルマガ発行して実践していくと、リンクのクリック率や開封率など気になるようになりますよね。

特にメルマガって最近ではLINEを使うユーザーが多く開封されにくくなっている傾向になっていて、開封率が数倍でも上げることによっての影響はかなり大きいんです。

例えば、メルマガ読者数が1000人で開封率が5%であれば50人ですが、2倍になれば100人が読んでくれるようになりますし、メールの開封率によってメルマガの影響は変わってきます。

その開封率の1つの影響としては曜日があります。

曜日?と思ったかもしれませんが、配信する曜日によって反応率がかなり変わってくるので、特にオファーを開始する時や重要なメールを配信する時には曜日を気にする癖をつけてみてください。

この記事では曜日によるメルマガの開封率と高くするための方法をお伝えしていきます。

 

メルマガの開封率は曜日で反応が全然違う

メルマガの読者層によっても違ってきますが、一般的にメルマガの開封率として高い曜日は火曜日とうデータがあります。

なんか会社員とか土日休みの人が多いので、週末の方がメールを読まれそうですが、休みの日はメールを見ないで趣味や遊びなどに時間を使って見逃している可能性も高いということなんです。

また火曜日の次には月曜日や金曜日が開封率が高い統計も出ているので、平日にメルマガ配信しておけば間違えないということですね。

 

週末は反応が悪いので重要なメールは送らない

このような曜日によるデータがあるため、特に土日や祝日にセールスの開始日や最終日になるということはお勧めできません。

結局メールを開封してくれないとリンクのクリックもされませんし成約にも繋がらないので、曜日の調整ができるのであれば、火曜日から募集開始するのが無難かもしれません。

土日に開封率が低い原因としては、休日の時間を遊びや趣味などに使っていたりとメールボックスを平日のようにゆっくり見る時間が少ないことが影響されている可能性が高いです。

なので祝日もこれと同様なことがいえるので、火曜日であっても祝日の場合には土日と同じように開封率は低くなるので配信日程の調整をする必要があります。

参考:メルマガで報酬が今より2倍以上にグングン上がる秘訣

 

統計であってメルマガの読者層によって開封率は変わる

メルマガの開封率は曜日によって左右されるのは確かですが、一般的な統計データになるので、あなたのメルマガの場合も同じとは限りません。

結局はあなたのメルマガ読者さんの属性がどうかなので、会社員が多いのか主婦が多いのか大学生が多いのかなどによって時間や曜日の開封率は変わってきます。

なので、自分のメルマガのデータをとって確認してみるのが確実に曜日ごとに開封率を調べることができます。

もちろん同じ件名でないとテストしても反応は変わってきますので、数ヶ月間のうちにテストメールとして件名と配信時間は同じで内容だけ変えたのを送ってみるといいです。

例えば…「件名:あることを知っちゃいました」とかであれば内容が変わっても件名に合えば言い訳なので、テストすることができて各曜日毎に何通かのメールの開封率の合計をみることをお勧めします。

(1通だけのメールであればデータとしての信憑性は低いので3通くらいは同じ条件で送ってみるといいです。)

 

ステップメールの場合は曜日は気にできない

あくまでも曜日での開封率を気にするのは、リアルタイムで配信日時を設定したメールのみになります。

今月末にキャンペーンを開始するからその開始日を火曜日にして逆算してセールスメールを作るなどで活用できますが、ぶっちゃけステップメールを構築している人には関係ないです。

なぜならステップメールであれば「登録して〇〇日後の〇〇時」といった配信方法になるので、曜日を気にすることができないんですよね。

なので私の感覚とてステップメール構築をメインでやっていくなら曜日は関係ないですし、それよりかは配信時間の方が重要かなと思います。

 

ステップメールなら曜日より配信時間が重要

なのでステップメールであれば曜日よりも「何日の何時に配信するか」によって開封率は左右されてきます。

特に時間に関してでいくと2つの考え方ができて、一般的にメルマガの配信時間として多い18時〜20時に合わせて配信することで、他の人のメルマガを読むついでに見てくれる可能性が高まります。

(もちろんこの時間だと仕事終わりから寝るまでの間に開封してくれるので一般的には配信が多い時間になります)

そしてもう1つの考えとしては朝の時間帯を狙った配信で、通勤や通学時間にメールを見てくれることを目的する場合です。

朝だと他のメルマガ発行者が少ないので自分のメールだけ読んでくれる可能性が高くなりますし、通勤時にこの人のメルマガを読むという習慣化もしやすいメリットもあります。

たった時間の変更だけでもステップメールの開封率は変わってくるので、ステップメール構築している人で開封率を気にする場合にはテストしてみてください。

 

開封率を曜日でなく簡単に上げるためには

メルマガの開封率を気にしているのであれば曜日よりも手っ取り早く開封率を上げる方法があります。

それは「開封される魅力的な件名」をつけるという単純で、曜日の場合の変化って0.0%くらいの差しかないので、曜日を変えたから劇的に反応が変わることってありえないんです。

それであれば配信している「メルマガの件名で悪く開封されていない」と言う原因で、開封率が低い可能性が高いです。

 

どのように魅力的な件名でメルマガ配信するのか

メールが開封されない原因として、メールボックスに埋もれてしまってクリックされないわけなので、本文を読んでみたくなるような件名を作る必要があります。

簡単な方法としては疑問文や数字を入れると反応されるという統計データもあるので、なるべく件名にはこの2つを意識するだけでも反応は変わりますし、または「気になる」と思わせることです。

例えば…「このリンクはクリックしないでください」と言われると、ついクリックしたくなりますよね。

これと同じように、「この方法は危険です…」などの件名であってもつい気になってしまうわけです。

 

ぶっちゃけ件名に正解はなく、いろんなメルマガの件名を見ていく中で、自分が思わず開封してしまった件名をベースに作っていくと開封率の高い件名をモデリングできます。

また、2chやYouTubeのタイトルとか見たことありますか?

あれ系もクリックさせるための誘導がかなりうまいタイトルが多いので同じように件名を作ることも実践していった中ではかなり反応の高い件名を作るポイントになります。

 

まとめ

メルマガの開封率として一般的な統計としては土日よりも火曜日などの平日の方が反応が高いのでリアルタイムで行う場合などは、平日に重要なメールを配信した方がいいということです。

ですが、メルマガ読者さんの属性にもよるので100%そうではなく自分のメルマガでデータをとって確認してみるのが一番正確性としては信用することができます。

ですが0,0%とかの開封率の変化の問題なので、私としたら曜日を気にするくらいなら件名にこだわった方が開封率としては上がりやすく、全体的にメルマガの開封率が上がれば売上UPにもつながります。

特にステップメールを構築するときには曜日は関係ないので、件名をこだわってメルマガを配信する癖をまずは身につけてみてくださいね。

参考:メルマガの登録率を上げる7つの方法

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中