メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
メルマガ

2019年メルマガがLINE@の料金プラン変更で再注目!?

メルマガでここ数年で言われていたのが、「メールを読まなくなっているからメルマガも終わりで今からはLINE@の時代」なんて聞いたことありませんか?

個人でもSNSやブログをみてもLINE@に集客している人を多くみますが、2019年はメルマガの再ブームが密かに期待されていたりするんですよね。

その理由というのも、LINE@の料金プランの変更が2019年の春頃に行われるということで、特に配信数の多い人は従量課金の影響がかなり出てくるんですね。

では、2019年はメルマガが個人の利用で再ブームが期待されてどのようになっていくのかを解説していきます。

 

2019年はメルマガが情報発信の中心に

冒頭にも記載したように、2017年・2018年辺りはメルマガよりもLINE@が注目されていて、LINE@はやっているけどメルマガ発行していない人もかなり多かったんですね。

それもステップLINEが気軽に使えることによって、メルマガと同じ機能を使い到達率100%で配信できるLINE@の方が期待されていたんです。

ですが、2019年の春ごろよりLINE@の料金プランが変更になると発表があり、個人で数百人規模であれば大きく影響はないが、それ以上の発信者になれば料金がかなりかかってしまうんですね。

LINE@の料金プランに関して詳しくは、LINE@の追加メッセージ料金が導入?情報発信者に大打撃をどうぞ。

 

発信力のある人が「メルマガでしょ」と言えば業界全体もメルマガが主流になっていきますし、それに合わせてメルマガ塾などのプロモーションも出てきます。

*現にLINE@で騒がれていた時には、謎のLINE@のプロモーションがめちゃくちゃありました

なので、再度メルマガが注目される可能性もありますし、LINE@をやらずにメルマガを中心の発信者からすれば「昔からなんだかんだあり続けるのがメルマガ」と私も認識しています。

結局…メールがなくならない限りはメルマガは有効な方法ですし、毎度新しいSNSやメッセージサービスなどが出ると「メルマガはもう古い」なんて言われますが、ただのキャッチコピーですからね(笑)

2019年はメルマガが注目というよりも再認識される感覚で、その中でも最近のメルマガ発信者で個人でも結果を出している人は有力な発信を続けてファン化できる人だけになります。

 

有力な情報発信者だけがメルマガでも残る

メルマガの傾向として数年前までは「メルマガ=読者数が多ければ稼げる」みたいな風潮がありましたが、最近では少ない読者数でも濃い関係性を構築できている人の方が結果を出しています。

現に私もあるキャンペーンで読者数2万人以上の発信者よりもたった10分の1程度の2,000人以下でも成約数で超えましたし、読者数と売上はマジで関係ないんです。

なので、有力な情報発信を続けていき読者さんとの関係性構築できているメルマガの方が結果を出すこともできますし、数年で消えるような発信者と違って長期的に稼ぎ続けることもできます。

*メルマガ業界見ていると無料オファー(オプトインアフィリエイト)などばかり流したりとか中身のない発信しかしていない人はドンドン消えていっています。

その背景としては以下の2つの理由があるんです。

  1. 情報商材やプロダクトローンチが低迷
  2. 2018年に流行ったオンラインサロンやコンテンツが主流に

 

情報商材やプロダクトローンチが低迷

メルマガといえば、インフォトップなどのASPで扱っている情報商材やプロダクトローンチというイメージも稼ぐ系の場合であれば強いですが、2018年はここが落ち目になっているんですね。

それも「1クリックで100万円」などの謎のオファーであったり中身のない塾やコンサルが問題になっていますし、集客のためのリスト単価も高騰したり、規約違反でのアフィリエイターが増えているんです。

なので、売上1,000万円でも広告費が8割近くかかっていたりとか中身のない内容なのでクレームや裁判などに発展するケースが増えていて、有力な塾やコンサルの方が珍しい状態なんですね。

 

また情報商材も数年前まではインフォトップを見れば欲しい情報コンテンツがすぐに見つかる状態でしたが、今はほとんどが新しい商材など販売してもインフォトップに掲載しないケースも多いんです。

アフィリエイター自体が有料の商材をオファーするスキルを身につけている人が少なかったり情報商材をアフィリエイトする人も少なくなっているのも理由として考えられます。

私もそうですが…情報商材アフィリエイトするくらいなら自分でコンテンツを作ったりして独自決済した方がいいですし、メルマガならステップメール化もしやすいんですよね。

参考:独自コンテンツの作り方!メルマガで初心者でも稼げる秘密

 

 

2018年に流行ったオンラインサロンが今後も注目

2018年ごろからのメルマガや個人の情報発信者の主流になっているのが、オンラインサロンと言われる月額課金モデルのサービスになります。

従来の情報商材やプロダクトローンチ系の多くはコンテンツを購入したり塾に入会して半年間学んだりというコンテンツありきのビジネスモデルでしたが、オンラインサロンは違います。

運用者によっても異なりますが、毎月オンラインセミナーを開催することや懇親会などでサロンメンバー同士が集まるコミュニティ化してビジネスも学ぶみたいなイメージになります。

要は人と人の繋がりが重点を置いているのと、オンラインサロンを開催している人からすれば月額課金なので継続させるモデルを作れば収益は安定して増え続けるということなんですね。

現にAdobe(Photoshopなど)も買い切りから月額課金モデルに切り替えていますし、数年単位で売上を増やし続ける施策としても最近ではこの手のビジネスが多くなっているんです。

なので、2019年はより個人でのオンラインサロンといったビジネスモデルが主流になってくるかもしれません。

 

メルマガやSNSなど個人の発信力を高めていくべき

結局メルマガでもLINE@でも、人と人が繋がることが大きくみたら重要になりメルマガでも関係性構築やオンラインサロンも人と人の繋がりになっていきます。

なので、前まではメルマガとブログだけで集客なんていうのも普通でしたが、有名な発信者と見ていてもTwitterやFacebook・YouTubeなど他媒体での情報発信している人を見かけます。

ブログはあくまでもSEOを意識した記事になりがちですが、SNSの場合は個人の思考やライフスタイルも見えてくるので、その人の思考や理念に共感できるなんていうのが必要なんですね。

人と人との繋がりになった時の一番は、尊敬できるや価値観が似ているなどの部分なので、自分と真逆の人(私ならギラギラ系)にはいくら内容が良くてもついていかないということです。

メルマガやLINE@、SNSなど結局は人と人でそれを繋ぐためのツールでしかないので、自分のキャラを活かした発信をすることで似たような人が集まってくるようになりますよ!!

 

まとめ

2019年はメルマガの再ブームや、塾やスクール系のプロモーションが増えてくるんじゃないかと思っていますし、個人の場合であればオンラインサロンのような月額課金モデルも増えていきます。

もちろん流行りがくれば、それに合わせて詐欺的なオファーも増えていきますので注意が必要ですが最終的に決断して欲しいのは、その人の思考や理念に共感しついていきたいかどうかです。

色んな人とオンラインコンサルで話をしていると、〇〇〇万円のコンサルを受けたが詐欺でしたみたいな話を何人も聞きますが、結局はその場のオファーに負けているだけで人を見ていません。

最終的に判断するのは、「人」になるので、人を見て判断することや発信者は人として濃い発信者を目指していきましょうね。

メルマガで売上をあげる秘密を知りたい方は、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】もチェックしてみてくださいね。

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「5大特典」を配付中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「悪魔級メルマガノウハウ含む5大特典×3つの動画講義」をプレゼント中です!

【5大特典の内容】
  1. 弱小メルマガで数万リストの発行者をぶち抜いて成約数1位を獲得した全9章に渡る動画教材
  2. メルマガの基礎から実践までを解説した7つの解説動画
  3. 通常1万円→0円で受けることができる個別体験セッション参加権利
  4. Instagramで潜在層のユーザーを集客する約60分に渡るWEBセミナー
  5. ランキング1位を獲得したセールスメールの全貌を丸裸に暴露
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!