メルマガアフィリエイトは読者数よりも質の時代!?

メルマガアフィリエイトは読者数は必要ない

メルマガアフィリエイトをやる中で、
読者数が何万人とかいないと稼げないじゃないの?
と思っている人も多いと思います。

もちろん読者数が多い方が
読んでくれる読者さんが多くなるので
成約も多くされるのは事実ですが、
質の高い読者さんの場合のみです。

読者数が多くても稼げないわけ

仮に1万人の読者さんを、
有料で買い取ったりした1万人であれば
そのメルマガに価値はありません。

自分のことで考えてみてください。

誰かも知らない人からのメールって
よっぽどじゃないと、
まずメールすら開封しませんよね。

仮に開封しても、
先入観として「怪しい…」
と思っていたらどんな有益な情報も
怪しい情報に受け取られてしまいます。

そんなメルマガで、
有料の商品やコンサルのセールスがきても
まずメールすら開きませんし
反応率は鬼ほど悪くなります。

1万人の読者さんがいても
セールスのリンクをクリックする人が
1%の100人であれば、

濃い読者を1000人集めて
10%のリンククリック者を集めれば
数ではなくて結果はそれ以上になります。

同じ100クリックだとしても結果は違う

先ほどまでの話だと、
読者数が少なくて反応が高い
濃い読者さんがいれば
メルマガアフィリエイトで結果はでます。

でも、1万人でも同じ結果なら
濃い読者さんを集めないでも
数勝負でいいんじゃないのか?
なんて思うかもしれません。

その後の成約まで考えた時…

なんとなくクリックした人と、
発信者(私)の発信を日頃見ていて
どんな人なのか知っている人。

では反応って違うと思いませんか?

発信する内容を見てくれる、
その発信の価値・欲しいと感じている人が
メルマガのターゲットになるなら
その分成約率にも関わってきます。

集客からの一貫性で質が決まる

先ほどから質の高い(濃い)読者さんであれば
読者数は必要でないと言いましたが、
これは発信内容によるターゲットを
集客できているかになります。

例えば、このブログであれば、
・情報発信
・メルマガを始めたい
・メルマガでの収益をあげたい
など

この手のユーザー属性になるので、
その人たちが求めている発信を
メルマガやLINE@などでもするわけです。

これがメルマガに登録したけど、
転売屋投資系の話をガンガンされたら
関係性が少ないので一貫性がないですよね。

そういうことも考えて、
メルマガやLINE@などで
どんな商品をオファーするかの
ゴールがまずは設定していき、

それを購入するユーザー層を
集客することが必要になります。

これが無差別に集客していたり
集客からセールスまでの一貫性がなければ
読者数が多くても稼ぎに直結しません。

濃い読者さんを集客するために

メルマガ内での発信する内容や
セールスする商品を事前に決定して
それに対するターゲットを
まずは決める必要があります。

・アフィリエイトで月に5万円稼ぐ方法
・毎月100万円稼いでタワマン男子になる方法

この2つであれば、
読者の属性も変わっていきますし
ターゲットを理解する必要があります。

じゃあその人が欲しい情報は!?

それを考えた時に、
月に5万円稼ぐのであれば、
「アフィリエイトって何?」
と言う部分から解説しなきゃ理解しませんよね。

ブログやSNSや集客LPであっても
「私が求めている情報はこの〇〇さんが…」
みたいなイメージを持つということですね。

なので、ターゲットが決まっていれば
発信する内容がブレることがなくなりますし
一貫性をもたせた発信が重要になります。
メルマガで信頼関係を構築する3ステップ

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより