メルマガ

メルマガで何を売るか決まっていない?王道3つのオファーの仕方

メルマガは
「読者リストも蓄積されていくし
レベレッジも効かせやすく稼げる!!」

とか聞いたことがありませんか?

早速メルマガを始めよう
と思っても、

何を売ることで稼げるのか
分からずに始める人や

メルマガ発信しているけど
売るものが見つからないで
収益化できていない人も
多いはずです。

そこで、この記事では
メルマガで何を売ることで
稼ぐことができるのか
について解説していきます。

メルマガで何を売るかは発信によって変わる

メルマガで何を売るのか
を考えた時に、

メルマガをどう使うのか
にもよってきて一般的には
以下の3つになります。

    1. アフィリエイトして商品を紹介する
    2. 自社の商品をメルマガで売る
    3. 自社サービスを作ってメルマガで売る

メルマガで何を売るのかは
発信するテーマ
にもよってきちゃいますが、

アフィリエイトで他社の商品や
サービスを売って稼ぐのか、

自社で商品やサービスを作って
売るしかありません。

発信するテーマにもよる
と書きましたが、

内容によっては
アフィリエイトするよりも
自社の商品やサービスを
提供した方が稼げる場合
というのもかなり多いので

アフィリエイトだけではない
ということです。

では、
この3つを細かくみていき
自分のメルマガで何を売るのかを
イメージしてみてください。

1.アフィリエイトして商品を紹介する

メルマガで自社の商品や
サービスがない場合の
一番の選択肢としては、

アフィリエイトして
他社の商品やサービスを
紹介して稼ぐことになります。

アフィリエイトと言っても、
物販系(青汁や加圧スパッツ)と
情報商材(転売で稼ぐ方法、
ダイエットで〇〇kg痩せる方法)

などで別れているので
発信する内容的に
どちらがいいかですね。

集客とメルマガでの
セールスまでの
一貫性があった方が
より成約はされやすいですし、

アフィリエイトの場合は
その商品に依存してしまうので、

販売停止などの
影響をもろに受ける
デメリットもあります。

物販系のアフィリエイトの場合

物販系のアフィリエイトを
行う場合には、

A8netやafbなどのASPが有名で
美容からサービス系まで
多くのジャンルがあるので

発信内容に関連する商品としては
見つけやすいです。

何を売るかを先に
明確にしておいた方が

メルマガの場合には
日々のメルマガ発信などから
紹介する商品に
結びつけやすいので、

関連しているから
紹介してみようだと
成約はされにくいです。

また物販系の場合は
アフィリエイト報酬が
自社商品やサービス、
情報商材アフィリエイトよりも
安くなってしまうので、

1メルマガリスト当たりの
単価もやすくなる
デメリットがある。

数を売らなきゃ稼げないモデル
になりやすいので、

これから紹介する自社商品や
サービスをメルマガで
売ることができるような

メルマガ発信のテーマに
できないのかを考えた方がいい。

情報商材のアフィリエイトの場合

情報商材アフィリエイトの場合は、
ノウハウなど
PDFや動画コンテンツなど
形のないもので提供されて

販売者の在庫に関係がないので
報酬金額としては
高く設定されています。

また確定率も
ほぼ100%なこともあって、
メルマガ内でアフィリエイト
と聞くと多くの場合は

この情報商材を扱う
ケースが多いんですね。

実は情報商材と言っても
稼ぐ系だけではなくて、

「ダイエット・犬のしつけ」
などと言った
ニッチなコンプレックス系の
案件も多いので、

メルマガ発信の軸にあった
案件も見つけやすい。

メルマガで何を売るのか
決まっていない場合には、

まずは
情報商材アフィリエイトから
初めてみて

結果が出たら
自社の商品やサービスを紹介する
メルマガに切り替えていく
方がいいです。

(*アフィリエイトだと
報酬が決まっていることと
高いサービスなどは
紹介しにくいという部分もある)

2.自社の商品(コンテンツ)をメルマガで売る

アフィリエイトではなくて、
自社の商品(コンテンツ)を作って
メルマガで売ることができれば

メルマガでの売上や成約率も
アフィリエイトに比べると
高くなります。

というのも
アフィリエイトであれば
報酬金額は
30~70%ほどになってくるので

1万円の商品を紹介しても、
高くても7,000円ほどしか
紹介者の元には来ませんよね。

ですが、
自社コンテンツで1万円の
商品を作成して

メルマガで売ることができれば
「販売価格=売上」になるので

アフィリエイトと比べても
全体の売上としても
上がります。

またアフィリエイトであれば
紹介する商品のコンセプトが
決まっているので、

自分のメルマガ発信との
コンセプトのズレが出ていれば

読者さんには響かない
オファーになります。

(月1万円稼ぎたい人が多いのに
1億円を稼ごうというオファー)

逆に自社の
商品(コンテンツ)であれば

自分のメルマガ読者さんが
何を求めているのかを
一番知っているわけなので、

欲しい情報や
解決策となる商品を作って
ピンポイントにオファー
することができるんですね。

自社の商品(コンテンツ)と言っても難しくない

自社の商品(コンテンツ)を作成して
メルマガで売ることができれば、

売上も上がるし
できるならやった方がいい
に決まっていると
多くの方は思っていますが、

難しそうという
イメージもありますよね。

物販系の商品であれば
難しいですが、

ノウハウ系であれば
自分がやっていることを
コンテンツ化するだけで、

画面収録しながら
解説している動画コンテンツでも
全然いいんですね。

少し前までだと
PDFでグダグダ解説
しているものが多かったですが、

今は動画や
音声・セミナー動画などが
コンテンツとして
販売されているケースが
多いんです。

もし、
独自商品(コンテンツ)を作ろう
と思っているのであれば、

独自コンテンツの作り方!メルマガで初心者でも稼げる秘密
を参考にしてみてくださいね。

3.自社サービスを作ってメルマガで売る

メルマガ内での
自社サービスとして
最近多いものは、

個別コンサルティングや
スクール・オンラインサロンなどの
ビジネスモデルがあります。

自社商品(コンテンツ)の場合は
販売して終わりの部分もありますが、

コンサルティングや
スクールの場合だと
購入者(参加者)と近い距離での
サポートと結果を求められます。

その分、
費用もコンテンツと比べれば
コンサルする時間や
サポートなど含めるので
高額になるケースが多くて、

稼ぐ系でみていても
最低10万円から
高いものだと100万円以上の
サービスもあります。

メルマガでの売上を上げる為にも最高のサービスを1つ作るべき

メルマガで何を売るか
考えている中で、

安い単価の商品を複数紹介したり
オファーする方法もありますが、

上限値としては
決まってきてしまいますよね。

それに最近の傾向としては
メルマガは日数が経過すれば
読者離れを起こしていくので、

同じような高い成約率で
オファーを続けることが
できないんです。

じゃあ、
メルマガで売上を上げるには、
「自分にとって
最高のサービスを作って
高い価値を提供すること」で、

個別コンサルティングでも
スクールでも形は問いません。

これを売ることによって
メルマガ全体の売上も
今までの倍か
それ以上にもなりますので、

安いものを
売り続けるのではなくて、

結果を出してもらえる
高い価値提供のサービスを作って
販売してみてくださいね。

ちなみに
メルマガの売上を上げる方法として、

メルマガの売上を10倍以上に増やす5つのテクニック
も参考にしてみてください。

まとめ

メルマガで何を売るのかは、
発信するジャンルや
内容によっても
変わってきますが、

メルマガ内での
最終的に売りたいサービスなどを
決めておくといいです。

高単価になりやすい
最高のサービスを作って

それを売る為に
フロントエンドのオファーが
あるなど戦略的に
行うことで、

メルマガでの仕組みを構築できて
稼ぎ続けることができます。

逆に何を売ればいいのか
不明確なままでメルマガを始めたり
発行するのは無駄なので、

メルマガの戦略を立ててから
行動してみてくださいね。

メルマガの仕組みづくりに関しては、
メルマガアフィリエイトで稼ぐ7つの仕組み作り
を参考にしてみてください。

追伸:Amazonランキング1位獲得電子書籍無料プレゼント

Amazon電子書籍イメージ

当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、電子書籍をAmazonで販売した所、ランキング1位を獲得しました!その感謝の気持ちとして、「売れる商品設計の教科書」を無料プレゼントします!

【「売れる商品設計の教科書」の内容】

    第一章

    ①現状に満足していますか?

    ②「ノウハウ」や「情報」にもはや価値はありません!

    ③そのセールス、投資、無駄になっていませんか?

    第二章

    ①手取り16万、残業代なし、6時から23時まで働く毎日

    ②どん底で変化したマインド

    ③マインドが変われば環境が変わる。環境が変われば世界が変わる

    第三章

    ①「売れる商品設計」で8割が決まる!

    ②今目の前にいる人は、結局何を求めているのか?

    ③「理想」と「現実」のギャップを埋める商品に人は価値を見出す

こちらの記事もおすすめ!