メルマガ発行するタイミングはいつがベスト?2つの手順を公開

メルマガ発行するタイミングに関して、最近メルマガやLINE@などで聞かれることが多くなってきました。

それもブログやSNSなどの情報発信は始めたんだけど、キャッシュポイントがないからメルマガを発行したいけどタイミング的にいつがよいのか分からないとうケースなんですね。

そこで、この記事ではメルマガ発行のタイミングに関して解説していきます。

 

メルマガ発行の2つの始めるタイミング

実はメルマガ発行を早くした方が、読者集客を初めて商品やサービスのオファーまでできそうと思いがちですが、実は中途半端なタイミングでメルマガ発行するのは危険なんです。

それもメルマガには、【集客→教育→セールス】という3つの順序があり、今までは集客の部分でSNSやブログ投稿をしていたのに急に2つの項目もこなしていかないといけません。

全てを両立してできる自信はありますか?

おそらく多くの方が全て中途半端にしてしまうので、収益化のタイミングとしては「メルマガ読者を集客できるようになってから」が最低限必要になってきます。

 

メルマガ読者を集客できる基準とは

「メルマガ発行するのは読者集客できてからだ!!」とザックリしすぎの表現をしちゃいましたが、結局メルマガ発行しても読者さんいなきゃ意味ないよねということです。

だから月に数件集まる程度でメルマガ発行しても、商品やサービスのオファーをしても限界値がありますしそもそも成約件数0件の可能性が非常に高いです。

一般的にメルマガの成約率は3%程度になるので、1成約獲得するのに最低でも33件の読者数がいないと成約されない計算になりますし、そもそも発行したてで高反応のオファーができるかは別問題です。

メルマガで成約率を上げたい方は、メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法を参考にしてみてください。

 

そのため月に最低でも10件~30件くらいのメルマガ登録されるくらいの媒体をまずは作ってからメルマガ発行してもタイミング的には遅くなく、

その時点では集客はできるようになっているので、メルマガを書くことやセールスメールを書くなどのステップに移動して専念することができるんです。

なので、まずは集客できる媒体を育てるそしてメルマガ発行するのがタイミング的には一番いいです。

 

まずはLINE@で無料集客する方法がオススメ

メルマガ発行のタイミングは集客できるようになってからでも遅くはないが、「じゃあ集客できるようになっているかどう基準があるのか」と聞かれそうなので方法を話ししていくと。

メルマガは月額最低でも3,000円程度かかり、月に数件の集客しかできずに数通の発信と数万件の配信するのではな同じプランであれば同料金になります。

なるべく固定の費用はかけたくないですよね。

なので最初はメルマガではなくて、LINE@に集客することで無料でしかも集客できているかどうか確認でき集客媒体が育ってきているのかどうかの判断もできるようになります。

イメージ的には下記のような感じです。

  • 集客媒体→メルマガ
  • 集客媒体→LINE@→メルマガ

 

LINE@にまず集客することによって、ブログやSNSなど投稿しつつ少なくても読者さんが増えていきますので、メルマガ発行したタイミングでLINE@にアナウンスすればいいんです。

そうすればLINE@の友だち→メルマガ読者さんに移行してくれますので、メルマガ発行した瞬間にいきなり読者さんがいる状況を作ることができるんです。

*移行といってもLINE@でメルマガ発行したことを告知して登録してもらう必要があります。

 

メルマガ発行を先に始めるのも1つの選択肢

メルマガ発行のタイミングとして綺麗に行うのであれば集客媒体を育てることにまずは専念した方がいいですが、先にメルマガ発行してセールスまで完成させるという手段もある。

真逆の考え方ですね。

この場合の考え方としては、「まず受け皿を作ってそこに読者集客をしていきましょうね」というもので、オファーまでのセールスメールを作ってステップメール設定しておくということです。

そうすることで、少ない読者集客であってもセールスが自動で配信されてキャッシュポイントを作ることができ、受けざらがあるので集客もPPC広告や無料レポートなども行うことができるのが利点です。

逆にオファーまでのセールスメールを作成する期間は集客媒体(ブログを投稿するとか)がおろそかになってしまうのと、セールスメールも独学が教えてもらうかにでもだいぶ異なります。

 

高成約率のセールスメールが書ける場合に限る

メルマガ発行のタイミングを早めて、オファーまでのセールスを完成させたとしても、独学で始めてメルマガを書く人がいきなり反応の高いオファーをすることは無理です。

「先に作ったはいいものの、全く成約されない」ということが起こっちゃうリスクがあり、それこそせっかく登録してくれた読者さんを無駄にしてしまう可能性があります。

なので、メルマガ添削やステップメール作成など教えてもらいながら反応のでるセールスメールを書けるのであれば、先にメルマガ発行して作成してしまうのもありだが、独学の場合はやめておいた方がいいですね。

特にメルマガ内でのオファーってメールを配信しているから成約されるということはなく、成約される法則や手順というテクニックの部分もかなり影響していきます。

そのため日々の情報発信でブログやSNSを投稿していくと人に伝える文章を書けることに繋がるのでメルマガもスラスラ自然と書けるようになっていくんですよね。

そのため独学で見よう見まねでセールスメールを作ってオファーしても失敗する可能性が高いので、記事前半で出てきたタイミングでメルマガ発行していくのがベストな方法になります。

 

まとめ

メルマガ発行するタイミングですが、私が考えるに「集客媒体が育って集客できるようになってから」でも遅くないので、そこからメルマガをガシガシ書くのがいいでしょう。

それかメルマガ内でのオファーするセールスメールを添削など誰かに教わって反応が出るものを最初から書ける環境にある場合は先にメルマガ発行しちゃうのもありです。

この場合だと、特にPPC広告を使って有料集客して読者さんを集めることがすぐにできるので売上としても早い段階で収益化することができ、メルマガで成約される感覚をつかむことができます。

ですが、PPC広告もメルマガ内でのオファーも独学でやれば必ず失敗するので、そのあたりのサポートがある環境にある場合にはこの手順でメルマガ発行してみてもいいと思いますよ。

ちなみに、メルマガ発行するならマイスピー がオススメで、エキスパよりもマイスピー(MyASP)を選んだ5つの理由にその理由が書かれているのでのぞいてみて下さいね。

 

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより