fbpx
メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
書き方

メルマガの内容はどうでもいい!重要なのは「何を伝えたいか」

メルマガをこれから発行していく人や発行したての人に質問や相談されるのが、「どのようなメルマガを配信していけばいいのか」という事なんですよね。

メルマガのテーマに沿ったノウハウや最新の情報なども凄く重要なんですが、そのメルマガの内容以上に重要視しているのが、「その1通で読んでくれた読者さんに何を伝えて何を感じてもらうか」になります。

本質的な部分にはなりますが凄く重要な事なので、メルマガは内容ではなくて何を伝えるのか!という事に関してこの記事でお伝えしていきます。

 

メルマガの内容よりも「何を読者さんに伝えたいのか」

メルマガの日々の発信やセールスするときなどに、どんな内容で送ればいいのかって最初の頃って色々考えてしまいますし、中でも多いのが日記のような自己満メルマガになります。

「私はこんなに稼いでいる、昨日はこんなことがあった!」みたいな発信をしている人もいますが、あなたは有名人ではないので読者さんはその情報を求めていないです。

もちろイケてないメルマガな訳ですが、裏で「この1通で私が稼いでいる事を認識してもらって興味を持ってもらおう」とか1通に対して読者さんの気持ちや感情の変化も理解していればいいんすね。

要はやってはいけないメルマガの内容というのも…

  • 読者さんの気持ちを考えないで伝えたいことが定まっていない
  • 戦略0の自己満&日記的なメルマガ
  • 一貫性がないメルマガ

といった部分で、特に最後の一貫性に関しても「先週まではAと言っていたのに今週になってBと言い出した」なんて最悪で、メルマガのテーマに沿って一貫性を持った発信をしなきゃいけません。

 

一貫性を持って発信+セールスまで繋げる

このメルマガでの一貫性というのもセールス(オファーしていく商品)に対して興味関心を持ってもわないと買われないわけなので、ターゲットとして購入してくれるユーザー層な訳です。

【例えば:アフィリエイトで10万円を稼ぐ事を教えるコンテンツ販売の場合】

ターゲットはアフィリエイトで10万円を稼ぐことができていなくて、稼ぎたいと思っているユーザー層なので、日々の発信というのもこのターゲットを意識した発信にしないといけませんよね。

これがもっと上のレベルの話や情報だとオファーまでの一貫性が崩れてしまうので、オファーするゴールを設定して日々のメルマガ配信やステップメールであれば構成を考える必要があるんです。

一貫性とゴールに関しては、メルマガとブログは連動するな!一貫性を持たせるゴール設定をどうぞ。

 

小手先テクニックやライティング数をこなせば身に付く

メルマガをやっていると、「小手先のテクニックやライティングスキルという部分も勉強しないといけない!」と感じるようになりますが、これもメルマガを毎日のように買いていれば身につきます。

要はメルマガの本質は、「何を伝えたいか、読者さんは読んでどう感じてもらうのか」を想像しながら書くことで、このメルマガ1通でもテーマを作って考えて発信できている人の方が価値が高いです。

さらに読者さんに無意識に反応したり潜在的な部分にも響く内容にしていくには、この手のスキルが必要になってくるので、まずはメルマガの本質を理解してその後でスキルを磨くのが鬼に金棒になります。

 

その1通で読者さんに何を伝えて何を感じもらえるか

メルマガを書くときに内容やテクニックに注目されやすいですが、どんな形であってもそのメールで伝えたいことと読者さんがどう感じてもらえるのかが達成できれば形は関係ないんですね。

なので、文章で伝えることができなければ音声、そして音声でも伝えることができなかったら動画を配信するなどの選択もあるので、必ずしもライティングで勝負する必要ってないんです。

特に書くときに意識して欲しいのが、自分が何を伝えるかよりも読者さんが読んでどう感じて欲しいかの部分でそこも戦略的にメルマガを配信することで、オファーした時の反応がガラリと変わってきます。

詳しくは、ステップメールの作り方〜高反応に激変させる3つのフローをどうぞ。

 

「欲しい」と思ってくれればどんな商品でもメルマガで売れる

メルマガの目的としては、メルマガ内での独自商品(コンテンツ)やアフィリエイトで売上をあげることだと思うので、日刊メルマガ等での日々の配信というのも成約獲得の1つの動線なんですね。

その中での読者さんの気持ちとしての一番は「欲しい」と思ってもらえるかで、ぶっちゃけメルマガでの日々の配信やステップメールでの役割はこの感情になってもらうためです。

特にメルマガでセールスが下手な人は、これを考えて配信していないので、急にオファーしたり読者さんが欲しいと感じていないタイミングでオファーしても売れないわけです。

ポイント:欲しい状態になってもらうのがメルマガで重要で、その状態に日々のメルマガで教育して欲しいタイミングでオファーをする

 

欲しいと思ってもらうには証拠と情報の小出し

では読者さんに「欲しい」と言ってもらうためには、どのような内容のメルマガを配信していけばいいのかというと、一番単純なのがオファーする商品に対しての結果の証拠と情報の小出しになります。

【欲しい=期待度が高い状態】に近いわけなので、「たった1記事で〇〇万円!証拠はこちら→URL」とかあって本当に稼げている証拠を目にした瞬間どういう気持ちになりますか?

よっぽど捻くれていなければ、「凄い!どうやったらできるの?」というのが一番にくる感情だと思うので、その求めている情報に対して、証拠に対するノウハウを小出しにしていくんです。

「実はAやってBやってCやって・・・・」みたいなイメージで(もちろん大事な部分は伏せて)情報をメルマガで公開していくと、興味はだんだん湧いてくるし、最後は知りたいに変わることをよね。

【知りたいという感情が生まれた瞬間=その情報が欲しい】に近い状態なので、オファーをかけるタイミングだということです。

このように読者さんがどう思っているのか心境はどうなのかを発信者が理解して、「欲しい状態」を最大限に高めてから断れないオファーを仕掛けていくと反応はGoodですよ!!

参考:メルマガセールスで断れないオファーを作る3つの手順

 

ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!