未分類

メルぞうの評判でリストの質が低いは本当だった【証拠あり】

無料レポートスタンドで有名な
メルぞうがあると思いますが、

最近久しぶりに無料レポートを
掲載してみて
「リストは獲得できるけど…」
みたいな状況でした。

もちろんジャンルや
無料レポートの中身によっても
結果は左右されますが

掲載してから約10日ほどでの
ダウンロード数やメルマガ
登録後の反応も含めて

メルぞうの評判を
解説していきます。

メルぞうの評判でリストの質が低いのは確かだった

メルぞうや無料レポートは
リスト集客できるけど、

捨てアドレスや
専用のアドレスを入力して
レポートをダウンロードするから

リストの質が低いと
何年も前から言われていますよね。

「いやいやリストの質が
低いといっても一定数は
濃いリスト獲得できるでしょ」

と言うのが私の感覚で
約1年ぶりくらいに無料レポートを
メルぞうで掲載してみたんですね。

約10日ほどで
35件のダウンロードを
獲得できているので、

反応とは悪くはない感覚で、
新着レポートランキングも
5位くらいで
表示され続けているので

一定数はダウンロード
され続けていると言うことです。

単純にPPC広告であれば
1リスト1,500円程度かかるので、
35件×1,500円=52,500円くらいの
価値がある計算にもなる。

じゃあこのメルぞうから
獲得したリストに対して
メルマガを配信した
途中結果がこちら↓

登録済みのメルマガリストも
あったので
実質17件の新規読者さんに
3通のメルマガを配信したが、

メルマガ内で配布している
コンテンツのリンクを
クリックされていないのが
分かります。

逆にブログやSNS・広告経由での
読者さんは半数以上が
メルマガに反応しているので、

メルぞうの評判で多いリストの
質は確かに低い
と言うのが
これを見てもわかる。

リストの質が低いメルぞうで集客する意味はあるのか?

このように17件のリストを
メルぞうで獲得したのに対して、

反応が0の状態を考えると
メルマガ内でオファーしても
そもそもが見られていない
可能性が高い。

結局メルマガで稼ぐには
商品やサービスをオファーして
成約されるのがゴールになるので、

「リスト数が多い=稼げる」
ではなくて、
今では量よりも質とも
言われているんですね。

参考:メルマガは量より質?関係性構築が攻略の鍵

なので、
1つのレポートだけの
結果を見てしまうと
メルぞうの評判通りで

リストの質も低く、
メルぞうだけで集客して
メルマガで稼ぐには
限度がありそうですね。

ジャンルやレポートの内容にも左右される

もちろん
今回掲載したレポートは
稼ぐ系のノウハウになるので、

ジャンル的にも捨てアドや
専用のアドレスなど
不特定多数のメルマガに
登録していて
埋もれている可能性が高い。

なので
別のジャンルや
レポートの内容によっては、

メルぞうの無料レポート掲載
だけであっても
反応のでるリストを獲得できる
可能性があるが、

どうしても
ブログなどと比べれば
圧倒的に期待はできない。

メルぞう経由でもメルマガで商品は買われるケースもある

今回のケースだと
リストの数が少ないので
データとしての信憑生も
低い部分があり、

過去に掲載した
無料レポートから
メルマガに登録して

オファーした商品やサービスを
購入しているケースもある。

なので一概に
メルぞうで無料レポートを
掲載しても
全部が質が低いのではなくて、

大半は質の低いユーザーだけど
少数メルマガを読んでくれて
商品を購入してくれる
濃いユーザーもいると言うこと。

感覚的には全体の10%未満
のような感覚なので、

50件獲得できれば
実質1~5人ほどが
メルマガに反応してくれる
計算になる。

数をこなしていけば結果も付いてくる

メルぞうの場合であれば
質を求めようとしても
その入り口を絞ることが
できないので、

いかに多くの
ダウンロードを獲得して
リストを獲得して

少数の濃いユーザーを
見つけるがが
重要になります。

その中でも掲載された
レポートには寿命も
ありますし、

新着のレポートであれば
数日経てば
1ページ目に表示されなくなり

メルぞうのページを
見ている人からの
ダウンロードはされなく
なってしまいます。

なので、
考え方的には1つのレポートでの
ダウンロード数を少しでも増やす
施策を行うことと、

無料レポートの掲載数を
増やすことでしか
リスト集客に繋げることができん
と言うことです。

少しでもダウンロード数を
メルぞうで増やすには、

新着レポートランキングの掲載を
目指す必要があります。

メルぞうで新着レポートランキングに掲載されるには

10日ほと前から掲載している
メルぞうでの無料レポートの
ダウンロード数は35件に対して、

新着レポートランキングは
5位前後に現状だとなっています。

なので、
新着レポートランキングで
1位を獲得するには
50件以上は感覚的には必要で、

その時の新着レポートの
競合によっても
ランキングは左右されていきます。

結局、
新着レポートは数日経てば
埋もれてしまうので、

表示をされ続けて目に止まる
新着レポートランキングでの
掲載をさせないと
ダウンロードはまずされないです。

この順位ずけというのも、
掲載されてから一定期間内での
累計ダウンロード数になるので、

初動からランキングに
掲載された方が日に日に
ダウンロード数も増えて
順位を上げることができる。

逆に最初の段階から
ランキングに掲載されなければ
自然の力では
順位を上げることができないので、

ダウンロード数も5件以下とかしか
獲得できない可能性が
高いんですね。

このことに関しては、
メルぞうの新着レポートランキングで1位になる3つの方法
で、さらに詳しく解説しているので
チェックしてみてくださいね。

まとめ

メルぞうの評判として多かった、
リストの質が低い
ということですが、

今回掲載した
レポートのリストを見る限りだと
質が低いという判断が
できてしまいます。

もちろん濃いリストである
ユーザーも
メルぞう内にもいるので、

ジャンルや内容によっても
左右されてきますし、
獲得数が増えてくれば
少数でも濃いリストは
獲得できます。

ですが…
間違って欲しくないのは
メルマガはリスト数を増やせば
稼げるわけではないので、

メルぞうに掲載していれば
メルマガ読者数は確かに
増やすことができます。

蓋を開けてみたら
全く成約されなければ
意味がないので、

無料レポートで
メルぞうだけでの
リスト集客をする
のではなくて、

ブログやSNSなどの
他の無料集客を行うべきです。

情報発信やメルマガの塾や
コンテンツでは、

「無料レポートをガンガンやりましょ」
みたいなところも
あるみたいですが、

資産にならず
目先の集客しか
することができません。

なので、
メルマガの集客であっても
ゴールはどこなのか、

さらに長期的な視点を持って
集客にも力をいれた方が

半年や1年という長い期間での
結果は大きく変わってきますよ。

私のお勧めとしてはブログ集客で、
無料ブログで集客する3つコツとSEO対策
にも解説しているので
覗いてみて下さいね^ ^

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!
【有料級!10種の動画講座の内容】
  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  10. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

こちらの記事もおすすめ!