こんにちは。黒澤(https://twitter.com/ft96r)です。

いつもはnoteで色んな記事を無料公開していますが、、、

今回は、
1度のセールスで安定的に100万円以上の
売上を作り上げるオファー設計の方法」

についてお話していきたいと思います。

私が数万~数十万のコンテンツを
販売し売上を安定して上げるために、
普段から組み立てている思考ルートをそのまま紹介しますので、

再現性としては非常に高いと考えています。

ぜひ、あなたのビジネスにトレースして、
コンテンツの作成や売上アップに役立ててください✊

なぜ、安定的に売れ続ける商品を
ドンドン作り出すことができているのか?

私自身、2016年ほどから、
独自コンテンツの販売やオンライン講座・コンサルティングなどの
サービスを提供をし続けています。

今と比べると、
個人の人が気軽に決済を導入できる時代ではなかったし、
ここ数年の変化によって商品やサービスも変化させながらも、
現在は・・

  • 年間100万円以上の講座に20名以上が参加したり‥
  • 20万円の講座にも計50名近くの人が参加したり‥

全て無料の個別相談や説明会などを実施して、
クロージングをしなくても売れ続けているんです。

これは魅力的なオファーが作れているからこそ、
クロージングなどを無理しなくても購入意欲の高い人が
集まってくれているということなんです。

要は・・

独自商品や講座の販売で売れる=魅力的なオファーが必要

だということで、
コピーライティングやクロージングのテクニックがない人など
特にオファーをどう魅せるのか?価値の高い提供できるか?
による影響がものすごく大きいんです。

お客様に価値のないもは売れない

魅力的なオファーが必要ということですが、

魅力的=お客様の問題を解決し理想を現実化させる価値提供

と思ってください。

逆に言えば売れない商品というのは、
お客様に価値を与えることができていないということです。

特に今の時代は情報過多の時代だからこそ、
ただのコンテンツにはあまり価値が生まれないです。

このnoteも同じで、
数年前であれば9800円でも安いと感じるくらいの
商品価値にはなると思いますが、今では売れないです。

情報は・・

  • Twitterの発信を見る
  • noteやブログ記事を読む
  • YouTubeで動画を見る

で大抵の情報は手に入りますし、
お客様の問題や悩みも最低限のものであれば解決します。

では、何に対してお金を支払うのか?

それは・・

理想の未来を実現できるコミット型のサポートやサービス

になり、情報にお金を出す時代から、
結果をお金を出して実現する風に最近は変わってきているんです。

だからこそ・・

テクニックやノウハウ以上に
売れる魅力的なオファーを作ることが重要

になります。

自分が提供したいから商品化したり、
お客様目線を捨てて自分が稼ぐための商品を作れば
きっとそれは売れないオファーかもしれません。

現に無料相談や説明会に商品を伝えずに誘導する人も同じです。

いい商品なら後出しで出さなくて売れる

ということで、
魅力的なオファーを作ることは成約率に影響し、
そして売り上げへと全てが連鎖していきます。

実際に私が関わった人の事例をシェアすると・・

商品設計やセールスに関わった人は‥

▶︎在宅で自分の強みを売れる商品化するビジネスサポート
メルマガ添削をしてもらって、ローンチをして
初回で2名に60万の商品を買ってもらい売り上げ100万を超え!!!

 

▶︎起業女性向けのオンライン講座販売
弊社の場合広告も使っているので、頑張ってブログを書かないと!とかインスタやらないと!というところからどんどん手が離せています。
もちろん大事な要素なのでそれは「やらなくっちゃ」ではなく
「楽しく」できるようになりました。
数字的には今期に入って4ヶ月目で昨年の半分の売り上げが作れています。

 

▶︎教育関係のオンラインサービス提供
成約率ほぼ8割でコンサルを獲得しました。
1回目のオファーは月10万の収益が出たので、次は2倍、3倍と
上げつつ作業は自動化して労力を減らす方向に変えていこうと思っています!

 

▶︎アドセンスのオンライン講座・コンサル販売
売上は月に30万円程度でしたが、
導入後は100万円を超えることも多くなりました。

 

▶︎LINEを使ったエバーグリーンローンチでコンテンツ販売
約6000人のコールドリストに対して実施したところ
800万円ほどの売上を作ることができました。
新規集客の反応率も以前の1.5倍~2倍程度で推移しています。

*いただいたお客様の声を掲載しています

魅力的なオファーを作り出していき、
多くの価値提供をできる人を増やしたい

もう既にコンテンツを販売している人も、
これから個人で発信していきたい!という人も、

今からお伝えするオファー設計の流れを参考に、
売上を安定して伸ばしていってもらえたら、嬉しいです。

そうすることによって・・

販売者側も無理なセールスやクロージングをしなくても
「欲しい」と言われる販売をすることができます。

先ほど紹介した販売実績に関して全て、
「あるルール」に基づいて商品の設計をしているだけです。

では、早速そのルールをお伝えしていきましょう!

1:どのような形で売れる商品開発をしていくのか

まずは、

商品の作り方と、どういう風な商品が売れるのか?

という話をしていきます。

重要なポイントがいくつかあるのでそれぞれ説明していきますね。

1-2:重要ポイント①高単価商品を作ろう

高単価商品と低単価商品はどちらを作るべきか?
という相談をよく受けます。

高単価にしちゃうと、ファンが離れていくんじゃないか…とか、
低単価だと全然目標金額に到達する気がしない…とか、

色々考えますよね。。

まずは、商品ごとや、広告の有無によって、
向き不向きがあるので確認してみましょう。

▶低単価でもよいケース

月に何十万も広告費をじゃんじゃん使って
顧客リストを拡大できる場合など、
要は「薄利多売」な商売が可能なケースは、低単価でもOKです。

例えば、
リストを月100人集めるのに広告を10万円使ったとして、
そのうちの5%、つまり5人が、3万円の商品を買ったとしましょう。

すると、5人×3万円=15万円の売上となり、
広告費を軽くペイできていますよね。

まずは小さい金額で広告テストをしてみて、
ある程度販売率が読めてきたら、広告額を増やしていけば、
それだけ顧客リストも増え、売上も増えていくことになります。

このように、<広告ぶん回し型>の薄利多売方式や、

また、
低額商品(数千円~数万円)を入口(=フロントエンド商品)にして、
購入者にもう少し高い価格帯(数万円~数十万円)の商品を
ステップ式に販売していくような設計をしておくと、

一人の顧客からの売上をどんどん伸ばしていくことになるので、
自己紹介を兼ねて低額商品で「あなた自身」の価値を感じてもらう
という場合もあります。

▶個人の発信者の場合

とはいえ、ジャンルや知名度によっては、
SNSなどの無料集客や広告を頑張っても、
思うように顧客リストが増やせない
など個人の発信者が可能な集客の数には、限りがあります。

少ない集客で大きな売り上げをあげるには、
高単価商品を売る必要があります。

高単価商品を作ることによってのメリット


「本気を出して結果を出してもらえる」
環境が作れます

自分の商品を買ってくれた人が結果を出せなかった場合、
要は販売しているこちらの実績にもなりません。

高単価商品を買ってもらって本気を出して行動し、
実績を出してもらえば、それはリアルな”お客様の声”になります。

あなたの実績になり、価値も上がるわけです!

あなたの価値が上がると、

  • もっともっと商品の単価を上げることができる
  • 実績によって申し込みが増える

何かちょっと高いもの買うとき、実績のない商品よりも、
実績が出た商品のほうが安心感を感じた経験、あると思います。

「私はこの商品で、〇kg痩せました!」とか、
そういうお客様の声は、ホントに効果が高いです。

高単価商品の売上をあげることにつながることはもちろん、
買ってくれた人のやる気・モチベーションが高い状態で
参加してくれるので結果が出やすいですよね。

参加費以上の売り上げを作ってもらえれば、
ペイできるのでお互いにwinーwin!

高単価商品は最終的には必ず作ったほうが良いです◎

では、
どのように魅力的で売れるオファーを作り上げるのか
をこれから解説していきます。

目次

2:重要ポイント②売れる商品は設計で8割決まる
2−1:見込み客が欲しいと言ってくれる
2−2:価値提供の対価=売上
2−3:断れないオファーを作る
2−4:買わないとおかしいと思うくらいのオファーが必要
3:重要ポイント③ターゲットの明確化
3−1:どんな現状・悩みを持っている人なのか
3−2:理想の未来”実現できるベネフィット”
3−3:未来を実現するために必要なこと
4:提供する商品・サービスの設計
4−1:提供方法
4−2:期間の設定
4−3:未来を実現できる内容(できれば7個以上)を考える
4−4:特典(7個以上あると◎)
4−5:保証
4−6:価格
5:購入者限定の特別特典のお知らせ
6:最後に

【1/14~16の3日間限定で先行割引価格500円】*決済完了後にメールで続きの記事を含めたものを配布します