fbpx
メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
オプトインアフィリエイト

オプトインアフィリエイト5つの正統派集客の仕組み

オプトインアフィリエイトで今から稼いでいこうとか、まずは実績作りのために始めていこうと思う方もいると思いますが、やったら気づきますが集客がめっちゃ難しんですよね。

最初は、メルマガ登録で1件1,000円とかメルマガ1通で稼げるのは楽だと感じますが、そもそも配信する相手(読者さん)が0の状態のスタートなわけなので、いきなり数万円という報酬を発生できないです。

しかも、最近ではリスト単価が高騰していて(特にビジネス系)で言えれば1,000~2,000円程度とも言われていますし、それだけメルマガ登録などの敷居や価値も高くなっているんです。

そこでこの記事ではオプトインアフィリエイトをしていくためのメルマガ発行でどのように集客していけばいいのかを解説していきます。

 

オプトインアフィリエイトで稼ぐ秘訣は【集客】

オプトインアフィリエイトの集客で月に30件…100件とリスト数を増やし続けて、メール1通だけで数万円のアフィリエイト報酬をオプトインアフィリエイトで稼いでいきたいですよね。

特にオプトインアフィリエイトであれば紹介するオファーの案件とメルマガ読者さんとの属性のマッチが重要で、要はアフィリエイト属性の読者さんでないのに配信しても成約率はガタッと落ちてしまうわけです。

なので、オプトインアフィリエイトで稼ごうと思っても、どのような人をターゲットに集客してオファーしていく案件は何系をしていくのかをザックリでいいので決めておいたほうがいいです。

オプトインアフィリエイトの案件で多いジャンルで言えば…

  • アフィリエイト
  • 転売
  • 投資
  • 英語

などを多く見かけるので、どのジャンルに特化したメルマガを作り上げていくのか、そして集客のターゲットを明確にすることで、集客するための媒体や発信の一貫性も生まれてきます。

また、オプトインアフィリエイトの集客で調べているとSNSとかで怪しい集客をしている人も多く、オプトインアフィリエイトが危険な3つの理由に詳しく書かれています。

 

集客するならメルマガとLINE@はどっちがいい?

オプトインアフィリエイトのセールスを配信していく中で、メルマガかLINE@かの選択がありますが、スマホユーザーの多い媒体であればLINE@のほうが登録率が高いとも言われています。

スマホユーザーが多い媒体というのも、TwitterやInstagramなどのSNS媒体が特にスマホでの利用も多くてLINE@の登録に対して壁がない人も多いので登録率が高くなるんですね。

なので、LINE@のみ集客していくこともいいですが、LINE@の場合であれば規約によってアカウントの停止のリスクや長期的には読まれにくくなる傾向にあるので、集客した新規ユーザーが主な対象になっちゃうんですね。

そのようなリスクがあるのであれば、LINE@に集客してもいいが「LINE@→メルマガ」や媒体によってはメルマガに直接集客してオプトインアフィリエイトのセールスメールを配信したほうがいい。

(*リスク分散などの関係もあってリストをメルマガとLINE@に分散させるのが理想)

 

正統派なオプトインアフィリエイトの5つの集客方法

では、オプトインアフィリエイトの集客として正統派(クリーン)な方法としては、やはり無料集客を実践して各媒体ごとの発信力と集客までの仕組みを作る必要があります。

ぶっちゃけ有料集客(広告)の方が圧倒的に集客が早いんですが、お金がかかる分目先のアフィリエイト報酬では費用対効果がオプトインアフィリエイトでは合いにくいんですよね。

逆に長期的にと考えられる人は有料集客もありですが、「オプトインアフィリエイトをやろう!!」と思っている人の多くは目先の報酬だと思うので無料集客で再現性の高いことをやった方がいいです。

その方法として王道なのが下記の5つになります。

  1. 情報発信ブログ
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. YouTube
  5. 無料レポート

 

1.情報発信ブログ

情報発信ブログは言ってしまえば、このブログのようなビジネス系(私の場合であればメルマガや情報発信)などのテーマに沿っての情報発信をブログで行なっていく方法で集客の主な動線は自然検索になります。

なので、SEO対策やSEOを意識したブログ記事を書いていくことや更新頻度や記事の質が求められてくるので、記事を淡々と毎日のように書き続ける人であれば一番の集客媒体になりますが…多くの人はできません。

それも継続することや記事(例えば3,000字)以上を書き続けれる人がそもそも少ないので、ドメイン評価されて検索順位が上がる前に挫折してしまうケースが多いんですね。

また他のアフィリエイトなどで結果を出しているならブログも書きやすいですが、これからオプトインアフィリエイトをやるという場合には発信できるネタが少ないのも問題になります。

結果的には一番のオプトインアフィリエイトをするための集客方法になりますが、難易度が少し高めなので初心者には難しい集客方法ですね。

 

2.Twitter

Twitterを活用した集客方法で、王道なやり方で言えば固定ツイートなどからメルマガやLINE@に誘導して集客してもらう方法で、オプトインアフィリエイト系の人を見ていると実績をガンガン出す人が多いですね。

特に毎日オプトインアフィリエイトでの報酬画面を載せて、報酬画面だけを見て「凄い→気になる→登録」みたいな言ってしまえば情報弱者ターゲットの集客方法になります。

それ系の人を見ると最終的にはコンサルなどのオファーでオプトインアフィリエイトを教える(たぶん不正なやり方)が多いので、集客としてはその方法でも今だに通用しているのかもしれません。

また最近で言えば、「Twitter→note」の流れが流行っているので、noteで無料オファー(オプトインアフィリエイトで稼ぐ方法)などのコンテンツから集客を行なっていくのもありですね。

この方法に関しては、Twitter×note販売で稼ぐのは危険!メルマガ集客に繋げるnote活用術で解説しているので気になる人はチェックしてみてくださいね。

 

3.Facebook

Facebookの個人ページからメルマガやLINE@に集客していく方法で、Facebookの場合だと利用者が30代以上のユーザー層になって、ネットビジネス系の勧誘などのユーザーが多いんですね。

Facebookでの集客の手順としては「友達を増やす→投稿をする→投稿のいいねを集める→集客する投稿をする」というような大きな流れになっていて、特に発信力をつけるのに時間がかかるんですね。

投稿のいいねが少なければ拡散されにくいですし、そもそも友達のフィードに表示されないのでオファーしても誰もみていないような状態になってしまう可能性も高いわけです。

なので、友達との関係性やいいね!を獲得していくのが重要で、詳しくはFacebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップに集客する方法を詳しく書いています。

 

4.YouTube

無料の集客としてYouTubeの媒体を使ったリスト集客も注目されていて、ビジネス系の動画投稿(ターゲットとなる人ベース)で動画の概要欄から「集客LP→メルマガ登録」という動線になる。

SNSやブログと比べれば動画でのコンテンツが必要になるので、難易度がグッと上がりますが、ブログなど記事は書くのは苦手だけど話すことや解説することが得意な人には向いているかもしれませんね。

YouTubeもブログと同じように初動から再生数が集まって集客できるわけではないので、継続力と動画のコンセプトなどの要素が必要になってくるので難易度としては難しい集客にはなってきます。

 

5.無料レポート

最後に無料レポートの集客ですが、メルぞうやxamと言った有名な無料レポートスタンドにレポートを掲載してダウンロードしれくれれば集客できるという仕組みになっている。

なのでレポートを作成する手間があるが、最低限でも数リストからやり方によっては1レポートで数十件の集客もすることができるので、オプトインアフィリエイトの集客としては再現性もかなり高い方法になります。

ですが…メルぞうの評判でリストの質が低いは本当だった【証拠あり】に書かれているように集客できても質が低くてメルマガが読まれていない可能性も高いので注意が必要になります。

 

まとめ

オプトインアフィリエイトで結果をだす一番の秘訣は新規ユーザーの集客を継続的に行うことができるかで、数日でできるような裏技なんか残念ながらありません。

ブログにしろSNSにしろ発信媒体を時間をかけて育てていく必要や戦略が必要になってくるので、オプトインアフィリエイトでこだわらずに有料商材のアフィリエイトや自社コンテンツ販売とも集客は同じです。

それであれば目先の報酬しか獲得できないオプトインアフィリエイトよりは、長期的なメルマガ発信をした方が稼ぐことができるので、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】から自動化する方法を検討してみてくださいね。

ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより