マインド

成果が出る人と出ない人の違い!成果を出せる人の5つの特徴について

ビジネスで成果を出したり成功するためには、何が必要だと思いますか?

学歴があって頭も良くないと難しそう…
特別な経験やスキルがないと無理でしょ?

このように後ろ向きになってしまっている方もいるのではないでしょうか。

でも、安心してください。ビジネスで成功するためには、実はスキルも実績も学歴も不要です。

では何が必要なのかというと、「ビジネスに取り組むための姿勢」です。

ビジネスで成功を収めている人には、「ビジネスに取り組むための姿勢」について「ある特徴」があります。

今回は、成果が出る人と出ない人の違いと、成果を出せる人の5つの特徴についてご説明します。

ビジネスで成果を出せる人の5つの特徴

夕日に向かって手を挙げている人

ビジネスで成功できる人と成功できない人の違いは、その人の「ビジネスに取り組む姿勢」にあります

例えば、「ブログを100記事書くと成果が出る」という基準があったとして、実際に100記事まで継続できる人はどれくらいいると思いますか?

実は、ある調査では、

  • 何もしない人…70%
  • 行動する人…25%
  • 継続する人…5%

という結果が出ていて、100記事を書き切れる人は100人中に5人ほどしかいません

あとの95%の人はそもそも何もしないか、少しやって辞めてしまうのです。

この95%側にいる人が成果が出せない、あるいは成果が出る前に諦め続けてしまうのは、ビジネスに対して「自分にはどうせできない」「こんなことする必要ない」という姿勢でいるからに他なりません。

では逆に、ビジネスで成果を出している人の特徴はどういうものかというと、以下の5点です。

  • 成果に直結する行動の優先順位を決められる
  • 成果に繋げるための行動に移せる
  • 行動しながら常に仮説検証ができる
  • フィードバックを受け入れ自分のビジネスにすぐ反映させられる
  • 明確な目標がありそれに向けた努力を惜しまない

上記のような、成果を出せる人の「ビジネスに取り組む姿勢」を身につけることができると、ビジネスで成果が出るまで継続することができ、さらに売上アップを狙うこともできます

また、新しいことにチャレンジする上でも、失敗のリスク削減につながります。

ジネスで成果を出せる人の5つの特徴について、詳しくご説明します。

成果に直結する行動の優先順位を決められる

たくさんの付箋に向かう男性

1つめは、成果に直結する行動の優先順位を決められることです。

成果を出せるかどうかで重要になるのが、いま実践するべきタスクや行動で優先的に「成果に一番直結すること」を選択できるかどうかです。

成果の出にくいタイプの人はこの選択を誤ってしまいがちで、成果につながりにくいことを選択し行動してしまうので、モチベーション維持ができず諦めてしまいます。

タスクについては、以下の表を参考にして優先順位を決めることがおすすめです。

スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」では、日々の生活での活動を「緊急度」と「重要性」によって4つに分類しています。

緊急緊急でない
重要第一領域
・締め切りのある仕事
・クレーム処理
・病気や事故
・危機や災害 など
第二領域
・人間関係づくり
・健康維持
・勉強や自己啓発
・品質の改善
・真のレクリエーション など
重要でない第三領域
・突然の来訪
・多くの電話
・無意味な冠婚葬祭
・無意味な接待やつき合い など
第四領域
・暇つぶし
・だらだら電話
・待ち時間
・多くのテレビ
・その他の意味のない活動 など

上の表で言うと、第二領域が将来の成果に直結する活動といえるので、この第二領域の活動にかける時間を確保することが重要です。

まずはこの4分類にタスクを整理した上で、やるべきこととやらなくていいことを決めてみてください。

成果に繋げるための行動に移せる

アクションのイメージ

2つめは、成果に繋げるための行動に移せることです。

成果に繋がるタスクを理解できていても、行動を移す前の計画段階で手が止まってしまう人もいます。

もちろん、大きなお金が動くような企業なら計画に時間をかけるのも当然ですが、個人であれば計画に時間をかけるよりも、行動をしながらPDCAサイクルを早く回したほうがいいです。

私がコンサルティングをしてきた経験から言うと、成果を出せない人は「何をどうしたらいいのか」という行動の前段階での質問をすることが多いですが、成果を出せるタイプの人は「行動した後の改善や今後の方向性」について質問してくることが多いです。

数ヶ月や数年などの長い期間で見ると、行動するタイプはどんどん前に進み続け、行動できない人は計画段階が長く踏みとどまったままの状態になるので、差がつくのも当然ですよね。

計画ばかりに時間をかけすぎず、とりあえず行動に移してみることが成果への近道になります。

行動しながら常に仮説検証ができる

虫めがねを持つ女性

3つめは、行動しながら常に仮説検証ができることです。

ここまでの話だと、「とにかく行動すればいいの?」と思われるかもしれませんが、行動だけしていても成果が出るとは限りません

先程述べたブログ100記事の事例でいえば、中身のない日記のような記事を100記事書いても成果は出ません。

成果を出すには最低限の知識を持った上で書くことが必要です。

また、最初は100点満点の出来ではなくても、「どうしたらもっといい記事を書けるか」と仮説検証を立てながら書き続けることで、100記事を書き切る頃には別人が書いたかと思われるような記事になるわけです。

行動と継続に加えて、その過程で「どうしたらもっと上手くいくのか」と常に仮説検証を立てることを楽しみながらできることは、成果を出しやすい人の特徴でもあります。

仮説検証が苦手であれば、コンサルタントなどに聞いてフィードバックを受けるのも1つの手段ですし、自分だけでやるのであれば、エクセルなどに数値を記録するなど改善の施策を立てることの習慣づけが大切です。

フィードバックを受け入れ自分のビジネスにすぐ反映させられる

指導を受けている人

4つめは、フィードバックを受け入れ、自分のビジネスにすぐ反映させられることです。

私が講座やコンサルティングを行っていて思うことですが、「素直さ」はとても大事です。

成果の出ない人に限って他者の意見を取り入れずに、成果に繋がらない方法を続けてしまうのです。

素直な人の場合は、フィードバックを受けたことを即日反映させたり、他の人の成功事例などを自分のビジネスに置き換えて試してみたり、まずは素直に受け入れて、すぐに反映させられます

それでも上手くいかないケースももちろんありますが、まずは試してみなければ成功も失敗もありません。

人の意見を、どう自分のビジネスに取り入れられるのか?」という視点を常に持ち、他者の話や経験談を聞き「いい話を聞いた」で終わらせないのもひとつのポイントです。

明確な目標がありそれに向けた努力を惜しまない

ゴールに向かって走る人のシルエット

5つめは、明確な目標がありそれに向けた努力を惜しまないことです。

生活に不満や問題があって、理想の未来を実現するために起業をしたり副業を始める、という方は多いと思います。

その「理想の未来」がより具体的で明確な人の方が、成果を出せる可能性が高いです。

逆に、「100万円稼ぎたい」などのように理想が曖昧な人はコミット力が弱く、すぐに諦めてしまいます。

例えばダイエットなどでもそうですが、「太っていることが原因で恋人にフラれた」などの理由があれば死ぬ気でダイエットできると思いますが、なんとなく「痩せたらいいな」くらいの願望だと、つらい思いをしてまでダイエットしようとは思えないですよね。

これには、自分の中にある「痛み」や「恐怖」の記憶が関係しています

私の経験で言えば、「ブラック企業で働いていた頃の記憶」という「痛み」があり、もうその頃の生活に戻りたくないという思いから必死でビジネスを始め、今の生活を手に入れました。

自分の中で「どうしてもしなければいけない」と追い込むことで、自分が本来持っている以上の力を発揮して取り組むことができるのです。

自分の「痛み」や「恐怖」は何なのかを自覚し、「成果を出した先にどんな未来を実現させたいのか」、「いつまでに達成させるのか」などの目標を掲げてみてください。

成果が出る人と出ない人の違い!成果を出せる人の5つの特徴【まとめ】

成功のイメージ

今回ご説明した「成果を出せる人の5つの特徴」は、

  • 成果に直結する行動の優先順位を決められる
  • 成果に繋げるための行動に移せる
  • 行動しながら常に仮説検証ができる
  • フィードバックを受け入れ自分のビジネスにすぐ反映させられる
  • 明確な目標がありそれに向けた努力を惜しまない

というものでした。

今回はビジネス面に特化してお伝えしましたが、どんなことにチャレンジするにしても、この5つの考え方を持っている方がうまくいきます

私もビジネスを始めたばかりの頃は「成果が出ない」側の人間でしたが、「成果を出せる人の5つの特徴」を常に意識して行動したことで成果を出せるようになりました。

成果が出ずに悩んでいる方は、少しでも取り入れてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ!