SNS集客ができないと悩むなら「やらない」選択もするべき理由とは!

SNS集客ができないと悩んでいる方もいると思いますが、そもそも自分のビジネスにおいての集客でSNSを活用した集客を今行うべきかということを考える必要があります。

なぜならSNS自体で集客できるターゲットやユーザがSNSにそもそもいるのかという問題もありますし、目先の集客や長期的な集客を考えて集客をしていく必要があるということです。

なのでこの記事ではSNS集客に関してお伝えしていきますが、SNS集客ができないと悩んでいる方は最後まで読み進めてみてください。

 

SNS集客ができないならしない選択をある

SNS集客ができないのであれば、無理してSNSにこだわって集客をする必要がないと私は考えています。

というのもSNS集客が全てでは無いですし、自分の発信や集客したいターゲットの特性がSNSにいないと言う可能性も非常に高く、その他の選択肢である集客の仕方というのも考えるべきなんです。

もちろんSNSを活用して、自分の集客したユーザがそのSNSにいるのであればSNSを活用した方が良いケースもありますが、SNS集客良いからと言う理由で得るのではなくてしっかりとそのターゲットやユーザがいるのかというところを明確にしてからSNS集客に取り組んでいくといいです。

 

集客するターゲットによって集客方法も変わる

SNSといってもTwitterやFacebook、InstagramなどのようにSNSの媒体ことによって発信の仕方や、アクティブなユーザの属性と言うのも変わってきます。

なので集客するターゲットによって集客するSNSの媒体も変わってきますし、このターゲットと発信する媒体がマッチしていないと、そもそも発信しているのにターゲットとなるユーザがいないがために集客できないと言うことも起こってきてしまいます。

まずは、自分が集客したいターゲットがこれから行いたいと思っているSNSの媒体にいるのかどうかそして相性がいいのかと言う事をまずはチェックしてみて、その上でSNSの集客をやるかと言うところの判断をしてください。

 

Twitterの場合

Twitterの場合、FacebookやInstagramのようにリアルで面識のある人同士がつながると言うよりかは最近ではTwitter上のオンライン上のつながりから、リアルであったりなどのケースが多く見ます。

なので完全にオンライン上のSNS媒体になっていて、特に最近ではブロガーや、ネットビジネス系の方などもTwitterで情報発信している人も多く、特に専門性の高いアカウントを作って情報発信をして集客を行っています。

専門性と言うのも、一般的にSNSの場合だと一定や自分の感じたことなどを情報発信していくと思いますが、それだと他の人との差別化であったりとか自分のアカウントの価値としてはあまり高まらず、専門性の高いアカウントを作ることによって、その情報求めている人が昔のアカウントに集まってくると言う事が作れます。

なのでTwitterでの集客を行う場合だと、自分の発信に対しての専門性の高いアカウントを目指す必要がありますし、そもそもその発信のテーマを求めているユーザがTwitter内にどれぐらいいるのかと言う希望かもすごく重要になってきます。

もちろんTwitterの場合にはリツイートも文化もあるので、投稿がより拡散されやすかったりとかFacebookやInstagramよりかは、発信力がつきやすいメリットもあるので端のテーマと集客できるユーザがついたら家にいることが明確であればついた集客と言うのもオススメです。

Twitterの集客方法に関しては最近ではTwitterとnoteを活用した集客が流行っているので詳しくは、Twitter×noteを使ったメルマガ集客!2019年最新のTwitter集客術とはをどうぞ。

Twitter×noteを使ったメルマガ集客!2019年最新のTwitter集客術とは

 

Facebookの場合

Facebookの場合、ユーザ層としては30代から50代などといったビジネス系の裏を落としてやるな友達のつながりや仕事関係のつながりでのSNSの活用というのが行われています。

そのため10代や20代がFacebookでアクティブに活動していると言う事は少なく、そやな発信のテーマや集客を行う場合にはFacebookは不向きと言うことです。

特にFacebookの場合では面識がある人同士がつながる傾向であったりとか、お互いにビジネスに取り組んでいてその集客目的でFacebookを使っているなどと言うケースが多く、企業や副業やセミナー関連などの集客を行っている人をよく見ます。

なのでそのような人をターゲットとした発信であればFacebookを活用した集客も可能ですが、Facebookの場合TwitterやInstagramと違って友達同士に対して投稿が表示されるので、不特定多数の人に発信を見てもらうと言うことが難しくなります。

また投稿自体も新しい投稿が友達のフィードの上に表示されるわけではなくて、友達同士の関連度が高くないとそもそも相手の投稿に表示されないので、その辺はFacebookでの自分の投稿をより多くの方に見てもらうための対策が必要だと言うことです。

その方法に関しては、言われるに書かれていますのでFacebookでより多くの方に投稿を読んでもらいたい方は、Facebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップをチェックしてみてください。

Facebookは集客できない?個人でもリスト獲得する7ステップ

 

Instagramの場合

Instagramの場合、やはりユーザ層としては女性や20代30代といった男性の方がリアルな友人とかのつながりのためにInstagramを活用しているケースが多いです。

なので、ビジネス系と言う人よりかは、潜在的なユーザ層が多く、最近では検索する時もInstagramのハッシュタグなどから調べたり情報を入手したりと言う行動が行われています。

そのためビジネス系の集客よりかは、教育系やダイエット、パーソナルトレーニングやヨガや旅行などといったテーマの集客には向いていて、このように非稼ぐ系の集客に関してはInstagramが相性が良いと思われます。

Instagramの集客に関しては、Instagram(インスタグラム)集客で必要な7つのコツをチェックしてみてくださいね。

Instagram(インスタグラム)集客で必要な7つのコツ

 

SNS集客することが一番の解決策なのか?

そのためSNS集客ができない場合にも、今からSNS集客することが1番の解決策であるのか、もしくは今すぐに集客するのか長期的な集客の媒体を作っていくのかにもよって異なってきます。

SNSを使った集客方法以外の手段としては、SEO対策を行ってGoogleなどの自然検索から流入があるブログやホームページなどを作っていくことや、リスティング広告等を使った広告を使った集客方法と言うのもあります。

SNSの集客と比べると、ブログの場合は時間がかかりますが長期的に集客し続けられる資産として作ることであったりとか、あなたの発信のブランディングにもつながっていくと言うメリットもあり、発信するテーマに問わずブログ等からの集客と言うのは長期的にも安定的な集客をすることが可能です。

一方で広告を使った集客の場合だと、もちろん広告費用はかかりますが、集客の即効性としては1番ありリスティング広告の場合だと自分が広告を出したいキーワードに対して広告を出すことが可能になります。

例えば、SNS集客できないと検索してる人に対してSN集客の仕方を教えているコンテンツや、メルマガなどの集客などを行っていくことができ、悩んでいる人が検索するキーワードや求めてる情報に対しての答えとしてメルマガやline@等の集客をここ形で行っていくということができます。

 

ブログ経由で集客を行う

ブログ経由で集客を行う場合には、SEO対策を行っていき狙ったキーワードの上位表示を目指していく必要があります。

SNS集客と比べると、ブログ記事を日々投稿していたりとか投稿の質やSEO対策などを行っていき、アクセスが集まってきたりとか集客につながるまでには最低でも3ヶ月や半年と言う期間が必要になってきます。

ですが時間がかかる分、いちど構築できたらある程度のアクセスは日々何もしなくても集まり続けるので、SNSのように日々投稿等を行っていくしてはなく安定的な集客を行うことが可能になります。

もちろん狙うキーワードによってライバルの強いわいもあるので、特にネットビジネス系だとそもそもライバルが強いことが多いですが、地域ビジネスなどリアルビジネス系のキーワードとか妥当ネットに集客に弱い方が多いので、割と簡単に上位表示させてアクセスを集め集客することにつなげることも可能です。

ブログ集客もどのようなテーマでブログを作っていくのかであったりとか、どのようなキーワードで上位表示させたいのかによってライバルの強い弱いも決まってきますし
それによってどの程度の記事を入れていくのかなどもきまってきます。

なでブログ集客すれば鈍も自分の発信やどのような人集客したいのかをまずは明確にしていき、その分野で競合が少ない場合にはSNS集客よりも、まずは取り組んでいた方が長期的な集客につながっていきます。

 

広告を使って集客を行う

リスティング広告を使った集客を行っていくのも1つの集客の手段で、この場合には広告費がかかりますが、すぐに狙ったキーワードに対して広告を出しアクセスを集めることが可能になります。

ですが広告運用をやったことない方だと、そもそも広告のやり方などを学んでいく必要があったりとか、広告代理店とかにお願いするとかなり高額な費用がかかりますので、個人ビジネスであったりとかそこまで広告費用がかけれない方と言うのは少し難易度が高くなります。

もちろん広告をこれから始める時にでも、YouTubeやブログなどで広告の出し方などを解説されている情報は無料で手に入りますし、基礎的な広告を出すと言うステップまでであれば個人の方でも今から少し勉強すれば広告を出して集客につなげると言うこともできます。

リスティング広告を使った集客の場合には、広告を使って費用対効果が合うビジネスモデルを作る必要があり、集客はすることできたけどそもそも売り上げに繋がらなかったりとか赤字になってしまっては意味がないので、どれぐらいの予算で集客するのかそしてその後の成約率なども数値として管理して費用対効果の合うビジネスを作っていくということが必要です。

 

SNS集客ができないならしなくてもいい

そのため、SNS集客ができないのであればそもそもしなくてもいいと思いますし、仮に発信する手間や集客するターゲットがSNSを頻繁に使っているようであればSNSを使った集客を行っていくと言う選択をするといいです。

なぜならSNSの場合だと集客に時間がかかりますし、日々投稿等の発信をしていく必要があるので集客していくのも労働型の集客媒体になってきてしまいます。

ですがブログや広告といった集客の方法は、いちど集客の仕組みを作ることによって集客し続けることができる資産になることができますし広告の場合であれば広告費用を入れ続けていれば、安定的に集客をし続けるということにもつながってくるということです。

なので短期的な集客をしていくのか、それが長期的に集客し続ける媒体を作っていくのかによって今やるべき事は変わってきますし、そもそも集客に対する根本的な何を求めるのかというところをまずは考えてみてそれに合った集客の仕方をチャレンジしてみると良いです。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより