ステップメールは仕組み化×戦略が成功の鍵

ステップメールを活用することでメルマガ登録から商品セールスまでを自動化配信でき仕組み化することが可能ですが、そのステップメールで成功するにはこの仕組み化と戦略が鍵になります。

私も過去メルマガを約3年発行し続けていますが、最初の頃ってステップメールに設定をするけど結局目先のことしか考えていないで運用しているケースが多かったんですよね。

「とりあえずメルマガ登録からA商品の募集から終了までができればよくて、その後もメルマガを仕組み化すればいい」くらいの考えでしたが、それってかなり遠回りで非効率なんです。

後々ステップメールの構成を変えるとなるとかなり大変な作業になりますし、最初の思考で反応率が高いかというとぶっちゃけ微妙な部分があったので、これからメルマガを始める方は仕組み化と戦略を必ず意識してください。

と言っても何に意識すればいいのかわからないと思うので、この記事ではステップメールの仕組み化と戦略に関して解説していきます。

 

ステップメール仕組み化と戦略で全てが決まる

ステップメールはとりあえず設定しておけば登録ユーザーからみれば毎日メルマガが届き自動化することができていますが、発行者側の目的としたらメルマガ内のオファーをより成約率を上げることですよね。

単純に100人の読者集客を毎月できたとして、成約率が5%なのか10%なのかだけでも結果は2倍変わってきますし、50万円→100万円と考えるとめちゃくちゃ成約率は大事になってくるんです。

それをステップメール化して自動でセールスまでのフローを作るのであれな、セールスだけでなくで前後のステップメールでの配信内容もメルマガ全体で見たときには影響があり、今後も読まれるかリピートに繋がるかが変わります。

ようは1セールスだけのステップメールではなくて、メルマガ全体でのステップメールの仕組み化を戦略化することで全体での成約率も上がり結果的には今の何倍もの売上を達成することができます。

 

売上が倍増する仕組みを構築する

メルマガ発行していく中で、売上を伸ばしていくためには下記の2つの方法しかありません。

  1. 販売価格を上げる
  2. 販売する商品の数(セールス)を増やす

 

売上を上げていくことによって、同じセールスの回数であっても全体の売上というのは値上げした分だけ上げることができますし、成約数が少なくなっても少ない人数に高いサービスを提供することができます。

もう一つとしてはオファーする商品の数を増やすということで、ステップメール化したときに何度も他の商品をセールスすることによって、1商品と5商品ではリピートや購入する数を見ても売上を上げることができるわけです。

売上を倍増する仕組み化として一番なのは濃い読者さんだけに濃いサービスを提供するということ。

 

濃い読者さんだけに濃いサービスを提供

メルマガで全員にオファーしても、そもそも読まれていない読者さんの方が多いわけなので興味ない人にオファーしても無駄です。

それに興味ない人にメルマガをバンバン配信していくと、Gmailなどで「迷惑メールに報告」などされてしまうと、あなたのメルマガに悪影響なんですね。(到達率や迷惑メールフォルダに届いてしまいます)

これだと濃い人にメールが届かなくて成約率も落ちてしまうので、ステップメールの仕組み化としての1つとして興味関心おある人だけにオファーを流す方法があります。

メルマガスタンドによりますが、リンクをクリックした人だけに配信することや開封した人だけに配信するなどの細かな設定をすることができるので、基本読まれている人だけに配信していくのがベストです。

また、もう一つとしては商品の購入者に対してだけ行うサービスを提供することによって売上を何倍も上げることができます。

 

購入者限定のサービスを提供する

商品の購入者というのは、あなたのメルマガ読者さんの中でも最も濃い読者さんが集まっているので、その購入者通信などで自分の中でも一番高額で高いサービスを提供するのも売上UPの1つになります。

ビジネス系のメルマガでいうと、バックエンドとも言われて個別のコンサルティングやスクールなどのオファーが多いですが、購入者の中にはそれ以上の高いサービスを受けて結果を出したい人もいます。

なので、あなたの中での最高のサービスで結果を出せすビジネスモデルを作り上げて購入者限定のサービスとしてオファーをしないと、ぶっちゃけかなり損をすることになります。

なぜならメルマガは時間経過に連れて読者離れを基本的には起こしていくので、購入者に対してのオファーをしなければその濃い読者さんは他のメルマガで高いサービスを受ける可能性が高いです。

仮に同じ30万円であっても他の方で内容が薄いサービスに参加させるなら、あなたの最高のサービスに参加してもらって結果を出してもらえると確信ができているなら今すぐにでも購入者通信を活用してください。

参考:メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法

 

購入者通信を軸にするメルマガ発信するパターン

「購入者通信=濃い読者」が集まるわけなので、メルマガであっても反応してくれる人たちにだけ質の高いメルマガを配信して商品のオファーをすればいいんですよね。

そのためにメルマガ発行者さんの中には、購入者通信を軸に発信をし続けて濃い読者さんを自分のファン化しようという戦略でやっている人もいます。

ようは反応のない読者さんには発信しないので反応率も高くなりますしリピートにつながり売上も上がるということなんです。

 

ゴールを決めて戦略を練ってからステップメールを構築

ステップメールを構築してメルマガを自動化するのであれば、ゴールをまず決めてそこまでの動線として戦略を立ててステップメール化するのがベストです。

例えば、最高のサービスとして転売スクールを作ったとしてそこをゴールとして仮定します。

この転売スクールのオファーを成功させたいわけなので、必要なのは転売に興味のあるor実践していて結果の出ていない人になってきますが、最初のセールスでこのオファーをしても成約率は低いです。

なぜなら、あなたとメルマガ読者さんの信頼関係が構築できていないので、最高のサービスであっても読者さんからの捉え方としたら先入観で「怪しい」が先行してしまう可能性が高いです。

なので、まずは読者さんとの信頼関係と濃い読者さんに対してだけスクールの募集をすることが最も成約率が高くなります。

そのために何をしなければいけないのかというと、フロントエンドのオファー(転売教材やツールなど)をして行動してくれるような濃い読者さんとの関係性を築いていく必要があります。

ゴールに向かってステップメールを戦略的に組んでいくと以下のようになります。

メルマガ登録→フロントエンドのオファー(転売教材やツールなど)→購入者との信頼関係構築→転売スクールのオファー

 

単にこの転売スクールのオファーをゴールとして戦略的にステップメールを構築するにもザックリだとこのようなステップでの誘導をする必要があるわけですよね。

これができてしまえば、フロントエンドまでのメルマガ登録からセールスまでのステップメールを構築し購入者通信を作成し、転売スクールをオファーするステップメールを作成するまでを作り上げることになります。

このようにゴールを決めて戦略をねることで、どんなメールをステップメール化して構築してオファーしていき、いつまでに作成しなければいけないのかまでも見えてきます。

特にメルマガ発行した初期の頃はなんとなくメルマガを書いてしまうことが多いですが、時間も労力も無駄になりますので、戦略を練ってステップメールの仕組み化を構築してみてください。

 

私のメルマガ内であなただけのフローを提案しています

ステップメール化するには仕組み化と戦略が重要なのは理解できたと思いますが、実際に経験ない人が細かい部分まで戦略を練ってもそもそも成約されない可能性の方が高いです。

なので、私のメルマガ内で「あなたにあったステップメールのフロー構築」を少人数ではありますが提案していますので、興味のある方は覗いてみてくださいね。

同じ作業をするにも戦略的に仕組み化を構築できるかどうかで結果は大きく変わりますので、なんとなくではなく1つ1つの行動とメルマガには伝えたい意図があるということをよく考えてみてくださいね。

参考:ステップメールの書き方と高成約率の裏シナリオ

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中