fbpx
メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
ステップメール

ステップメールは何通まで仕組み化すべき?半年以上の自動化をした私が教えます

メルマガのステップメールをこれから設計していく中で何通ぐらいメルマガを設定すればいいのかわからない方も多いと思います。

実際にステップメールで自動化した経験がありますが、実は完全に自動化してもメルマガの全体の売上UPに繋がらないケースがあります。

そこで、この記事ではメルマガのステップメールをこれから設計していく中で、オファーする時には何通くらい必要なのか、そして最適なステップメールの組み方について解説していきます

ステップメールは何通くらいで設計するものなのか

ステップメールは何通ぐらいで設計するのがいいのかという話がありますが、そもそも一つの商品やサービスのオファーをするだけに設計するのかどうかで変わります。

というのも一つの商品のステップメールであれば約10日前後というケースが多いですが、その後のダウンセルであったりとか二つ目の商品三つ目の商品などもステップメールがしてると必要な部数というのも変わっていきます。

なので、ステップメールは何通必要なのかという話よりかは、自分がメルマガ発行の中での目標設定や戦略次第でステップメールの部数というのは大きく異なっていくということです。

目標設定と戦略次第で異なる

ステップメールで何通設計してけばいいのかというのは、目標設定と戦略次第で異なっていきます。

というのも一つの商品だけをステップメールする場合と、それ以降するだけでは部数が変わっていきますし、そもそもメルマガ自体での売り上げ目標として月10万円なのか30万円100万円なのかによっても変わってくるっていうことです。

また、戦略によっても異なっていきます。

例えば…一つの商品のオファーだけをステップメール化した後に商品を購入した人だけでに対しての購入者通信などを充実させるという場合もあります。

その場合には購入者通信でバックエンドであったりとか濃いユーザーにだけその後のメルマガを配信するなどの設定をしているというケースもあるんです。

なので、全体に対してのステップメールかをしていくのか、それか濃い読者さんだけに対して配信をして商品やサービスをオファーしていくのかという戦略によってもステップメールで必要な部数は変わっていきます。

毎月の売上で30万円以上を目指している場合

仮に毎月の売り上げで30万円を目指している場合のメルマガで言うと一つの商品の販売価格は1万円だとしたら行きセールスだけでは月に30件の成約が必要になります。

仮に成約率10%だったとしても、300人を毎月集計をして30人が購入してくれるという計算になります。

ということは1セールスだけで毎月売り上げが30万円以上上がるというのは一つのステップメールを組むだけでは難しいということになります。

要は新規の集客数を増やすのか、そのメルマガ内で売り上げ伸ばすかという選択がありますが、個人の方であれば、メルマガ内での売り上げを伸ばす戦略を組み立てる方が結果というのは早く出ます。

例えば…1セールスだけではなくて、メルマガ登録後にフロントの商品で2つやめてなどの商品のオファーをしていくことであったりとか、バックエンドで10万円以上の高額なサービスを提供するのが理想です。

それを考えると、ステップメールを何通作ればいいのかというと、全体でのメルマガで仮にに商品のサービスオファーする場合であれば最低でも約30日ぐらいのメルマガが必要です。

また、その先の購入者に対してのバックエンドへのステップメール化していくので、あれば更にアップセルやダウンセルなどのメルマガが必要になっていきます。

全てをステップメールで自動化することは難しい

メルマガを始めた時に、完全に自動化を目指しステップメールかをしようと思いますが、実はそれではなかなか売上というのは増えないケースがあります。

実際に私もそう思ってステップメールを構築して約半年ぐらい自動化したことがありますが、やはり売上としてはなかなか増えないであったりとか、商品のオファースは増えても成約されないっていうことが起こってきます。

というのは、その場では良くても、時代の変化によってオファーする内容や求めているユーザーの情報や悩みなども変わっていくからになります。

なので、ステップメールで100通やそれ以上を設計していくよりかは、最低限の商品のオファーなどまではステップメールかしてその後は日刊メルマガなのリアルタイムでのメルマガ配信をしていくことがおすすめの方法になります。

ステップメールとリアルタイムでのメルマガ配信がおすすめ

完全自動化でステップメール出来る、やっていくのは売り上げが上がりにくかったりとか、メンテナンスが大変なってくるので、リアルタイムでのメルマガ配信を組み合わせていくのがオススメになります。

なので、例えば商品のオファーだけはステップメールかしてその後はリアルタイムの日刊メルマガなど不定期配信などをしていくということになります。

そうすることによって、リアルタイムでのメルマガでの商品やサービスのオファーをすることはできますし、オファーだけはステップ化していくなどで自動化していくことも可能ということです。

1つ目のオファーまではステップメールで約10通前後

では一つ目のオファーまでのステップメールは何通ぐらい必要なのかというと、大体多いのが7~10通ぐらいのステップメールを組んでいる方が多いです。

  1. 共感
  2. 現状の危険性や問題点
  3. 解決策の提示
  4. 解決策のエビデンス
  5. ベネフィット
  6. 特典発表
  7. 追加特典発表
  8. 募集開始
  9. 募集2日目
  10. 募集最終日

もちろん一概にこのようなステップメールの流れが成約獲得できるというわけではないですが、一般的なセールスメールとしてはこういう構成が多いってことになります。

また最近ではメルマガも時間が経つに連れて読まれなくなっていく傾向が強くなっているので、オファーを早めるという方もすごく多いです。

例えばメルマガ登録後3日以内にオファーしていくなど、今までは長期的に信頼関係を構築していくメルマガをやってる方が多かったですが、最近では早めにオファーしていくという流れになります。

セールスとセールスの期間はあける

ステップメールを構築していく中で、セールス回数を増やしていくそれよりかは少ない商品やサービスのオファーで売上を簡単に増やしていった方が効率的です。

その方法として一番なのが、単価を上げることになります。

結局数万円の商品やサービスをいくら売ったとしても、売り上げとしては限界値がありますので、それよりかは10万円を超えるサービスなどを創り上げることであったりとか、一つ高額なサービスを作るのもひとつになります。

なので結局なんで自分のメルマガでの売り上げであったりとか何を最終的に何を売りたいのかというのを明確にすることが重要で、コンサルティングであったりとか塾やスクールなどのサービスなど最終的にオファーしていくということです。

最終的にオファーしていくというのも、フロントの商品として1万以下の商品であったりをオファーし、その後のバックエンドとしてそのような商品やサービスをオファーしていくということになります。

結局、単価を上げることは一番簡単なので、オファーする回数やステップメールを構築することに時間をかけるよりは一つ一つの商品の価値を高めるということがオススメになります。

また売上を簡単に上げる一つのほうをどうして、アップセルをすることが効果的で、アップセルの方法は、【実話】アップセルをメルマガでしたら売上が1.5倍に増えた話に詳しく書かれているのでチェックしてみてください。

まとめ

このようにステップメールで何通送るかというのは、自分の目標やどのような設計でメルマガをやっていくのかによって異なってきます。

一般的に一つのオファーでは7日から10日程度の接吻メールが一ですが、その後の仕組みとして複数の商品のお顔をしていくのか笑または商品買ってくれた人に対してバックエンドや方角な商品をサービスを作っていくのか、こう考え等があります。

結局ステップメールも何通人なのかってのは一つの家庭を例でしかないので笑テストをしていく中で自分が売上を増やせる西武メールを構築するテスト開発ようになっていきます。

またステップメールを構築して胸まで稼ぐ方法に関しては、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】をどうぞ。

あわせて読みたい
メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】 メルマガで稼ぐためには読者集客とメルマガ内でのセールスが必要になりますが、最近ではメルマガだけでセールスして稼げている人とい...
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!