ステップメールの作り方〜高反応に激変させる3つのフロー

ステップメールの作り方って何処を探しても見つからないのに、皆どうやって高成約率でメルマガセールスしているのか気になりませんか?

実はステップメールにも売れる手順が存在していて、その手順に従うことによってアフィリエイトでも自社コンテンツでも高額な個別コンサルなどのオファーでも高成約率を叩き出すことができます。

では、私がどのようにしてステップメールを構築しているのか、その作り方に関してこの記事ではお伝えしていきます。

 

高成約率を叩き出すステップメールの作り方

ステップメールの作り方として、今回は1つのオファーの募集終了までのステップに関して解説していきますが、まず決めて欲しいのがステップメールのゴールを何処に設定するかということです。

ゴールというのも「どんな教材やコンテンツや企画でいくらの物をオファーするのか」という部分を明確にして、そのオファーを成立するための動線がステップメールになるわけです。

なので、【ステップメール=1日目から作成する】ではなくて【ゴールからステップメールを作成する】という考え方をまず持ってください。

 

ステップメールでの2つのセールス方法

次にステップメールの作り方として2つのセールス方法があり、それはメールの文章だけでオファーしていくのか動画解説を作ってセールスしていくのかということです。

で、多くの人は動画は話すから嫌だとか苦手意識を持っていると思いますが、成約率が確実に上がるのは動画セールスになり、同じメール回数でも伝えられる情報が動画の方が多いのが理由です。

で、この2つのセールス方法として高額なオファー(10万円を超える)ものは文字だけでは厳しく動画を使ったセールスが必要で、それ以下は文章だけでのオファーでも成立することができます。

  • 高額なオファー(10万円以上):動画セールス
  • 10万円以下のコンテンツ販売:文章だけのセールス

なので、仮に10万円以上を超えるようなオファーをステップメール化したい場合には、動画セールスをすることをオススメしますし、それ以下なら文章だけでもOKという感じです。

では、具体的にステップメールの作り方としては3つのフローが存在します。

  1. 興味関心(必要性を感じてもらう)
  2. 企画詳細(特典発表含む)
  3. 募集開始(セールス&購入しない理由を潰す)

 

1:興味関心(必要性を感じてもらう)

ステップメールの作り方として1つ目のフローとして興味関心を持ってもらうということになります。

どういうことかというと、オファーする商品をいきなり詳細を解説していも必要性を感じていなければ内容も見ませんし欲しいという感情に変わることはありません。

例えば…メルマガを教えるコンテンツをステップメールでオファーするのであれば、そもそもメルマガをやる必要性を理解してもらう必要がありますよね。

そこで、「メルマガはやった方がいいです!!」なんて言っても具体的な根拠がなければ納得する人がいません。

 

具体的な根拠で必要性を感じてもらう

必要性を感じてもらうためには、「メルマガをやりたい」状態にしたいわけなので、今やっていることやメルマガをやっていく期待感を高める必要がありますよね。

例えば…「ブログを続けていてもGoogleのアルゴリズムが変わって検索順位が落ちれば収益も下がるし、本当の意味で資産にはならないので、ブログの1媒体だけは危険すぎる」

みたいな内容があれば、仮にブログをやっていてメルマガに少しでも興味ある人なら、「確かにブログだけだとリスクがあるな」と感じてもらえるわけですよね。

*今やっていることへの危険性や悩みの共感をまず行うということ

 

ベネフィットを明確にする

で、その解決策がオファーするメルマガのコンテンツになるので、メルマガを始めることによるベネフィットを明確にしていきます。

  • 読者数が増え続けるので資産になる
  • レベレッジが効かせやすい
  • プラットフォームに依存しないの

などが考えられると思いますが、よりベネフィットは明確にして、さらに言うのであればライフスタイルにも影響を与えて想像しやすいベネフィットがあるといいです。

【ブログなら毎日書かないといけないのに月に1通のメルマガでもこのように稼ぐことができる!(報酬画面を出す)】など、「メルマガって凄いやりたい」って状態になることを意識することですね。

 

「メルマガやりたい」と言う気持ちを高める

具体的な根拠や共感や危険性、そしてベネフィットを明確にすることですが、全てのメール1通1通で読んだ人がどのような感情になっていて欲しいかを考えてみてください。

このフローの究極は「メルマガを今すぐやりたい」と言う感情に読者さんが思っていれば、オファーする前に欲しいと言ってくれる状態なわけなのでオファー時の反応が上がってきます。

なので、興味関心のフローでは必要性を感じもらい「興味関心値を高めておく」と言うことを意識してみてください。

ちなみにこのフローでのステップメールの数としては3日程度(3通程度)か、読者さんの感情が高まっていない場合にはそれ以上でもステップメールとして構築していくのがいいです。

*動画の場合であれば1本の動画で興味関心値を高めてもいいでしょう。

 

2:企画詳細(特典発表含む)

興味感心値を高めることができたら次に解決策の提示としてオファーする商品や企画の詳細についての解説をしていきます。

この時に個別コンサルなどであれば動画で解説した方がいいですし、仮に文章だけでオファーする場合にも内容をグダグダ説明しても伝わらないので販売LPを用意しておきましょう。

アフィリエイトや販売LPを用意しているのであれば、メルマガ内で解説する意味がないので「募集開始時に募集レターを公開します」くらいの内容でも大丈夫。

この場合であれば、ステップメール内で伝えたいのは詳細よりも「手に入れることによってどうなれるのか?」と言うベネフィットの部分になります。

この時に一番効果が高いのが、参加した人の声などを入れることで、「参加する前は、コピペもできなかったのに参加して3ヶ月後には10万円も稼ぐことができた」みたいな感じです。

参加者の声がない場合には、ベネフィットをより明確に伝えることをして、参加者さんにアンケートをとるなどしてリアルな声を集めておくとそれ以降のセールス時に書き換えるようにしましょう。

 

特典内容の発表

次に行うのが特典内容の発表で、メルマガ内でのオファーを強くする1つがメルマガ限定特典を用意することになります。

特典がなぜ必要なのか、そして作り方は、アフィリエイト購入者特典は必要?コンテンツの作り方【4選】をどうぞ。

特典内容の発表はできたら動画を使った方がより特典内容を伝えることができ、パワーポイントで特典タイトルだけ作って口頭で内容を説明してもいいです。

仮に文章だけで行う場合には、特典のタイトルと説明文を用意して、「その特典を手に入れることでどのようなメリットがあるのか」を1つずつ明確にしましょう。

と言うのも、特典だけ用意してつけても魅力が伝わらなければ意味がなく、なぜ必要で手に入れたベネフィットも特典も同様に必要になり、読者さんに必要なコンテンツを用意しましょう。

 

特典の数と追加特典・初日限定特典に関して

特典の数としてはあればあるほどいいです。その最低限としては5つ以上は特典が欲しく、マジックナンバー 4±1と言う心理効果で5つ以上は多いと感じることができるからです。

なので5つ以上と多ければ多いほど、価値がある特典であったりとかお得感に変わるので特典の1つ1つの内容よりも数をまずは意識することが重要になります。

で、メルマガでよく見かける追加特典と初日限定特典はあった方がより成約率が高まります。

そのため特典発表時に用意した7つの特典を全て公開するのではなくて、5つだけ公開して残り2つは追加特典として発表することや初日限定特典を別で用意してオファーしていくといいです。

 

 

3:募集開始(セールス&購入しない理由を潰す)

いよいよ募集開始ですが、ステップメールでの募集開始から終了までに日数は3日ほどが良くて、募集期間が長いとダラけてしまいますし、短すぎても読んでいる人が少ない可能性もあります。

募集開始と共にアフィリリンクや自社コンテンツであれば販売レターを公開するような形で、この募集開始から終了までに行いたいのは限定性と購入しない理由を潰すと言うことです。

 

ステップメールで限定性を出していく

ステップメールの強みとしては自ら募集期間を決めて限定性を出すことができることで、ここがブログなどの媒体とは大きく違う部分になります。

人は機嫌が迫ってこないと行動しなく、夏休みの宿題のように期限まじかになって行動するのでメルマガ内でのオファーでも一般的には初日と最終日の募集が増えます。

特に募集終了まじかになったら限定性を出していき「もう一生手に入れることができない」等の失う恐怖を刺激してあげるのが効果が高いです。(*失う恐怖の方が人が行動するため)

 

購入しない理由を潰す

募集開始したのに参加しない人といのは、何か引っかかっている部分があるから購入しないと考えるべきで、募集終了までにその購入しない理由を潰して意識を変える必要があります。

例えば「金額が高い」のであれば、分割払いに対応することや参加してもペイできる方法を明確にすることなど、同じ金額でも見せ方や捉え方を変えると言うことなんですね。

よくネット通販でも見かけるのが青汁とかで1杯32円などといった表記をしているのも、1ヶ月で見たら5,000円とかで高いと感じる人に向けて「それなら安い」と感じさせる効果があります。

なので、金額でブロックがかかっているならその価値観を募集終了までに変えるためのステップメール の内容や、そのほかに理由も同様に価値観を変えていくことを意識してみてください。

また、メルマガで稼ぎ出すための方法をもっと知りたい方は、メルマガで毎月100万円以上を自動化して稼ぐ方法【まとめ】もどうぞ。

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより